2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~、クルクです(・▽・)ノ

ウィンダスに戻って、ペリィ団長にお話を聞きに行きました。
あ、現代では族長って呼ばないとダメね★
ルーヴランスが来る前に聞いておこうと思って、アル・タユのことを教えてくださいってお願いしてたら、ルーヴランスに 「待ちなさい」 とか言われちゃった(`・ω・´)

Klu4069.jpg

もぉ、なんなの!?
ヴァーン好きのクルクをこんなに不快にさせるなんて、ホントにムカつく奴なのですヽ(`д´)ノ
取って付けたような慇懃な話し方しちゃってさ。
ミスラはねぇ、ゴチャゴチャ回りくどい言い方がキライなんだよ!

ペリィ族長は、絵に描かれてあったアル・タユについては、何も知らないってさ。
罪狩りのミスラに聞いても、彼女たちは重要な使命を負って旅をしているから、答えは得られないだろうって。
ルーヴランスが何かの罪を追っているのかって聞くと、タブナジアの枢機卿に罪を償わせるためだって教えてくれたの。

罪狩りのミスラがあの絵を取り戻しにタブナジアに行った時に、枢機卿から取り引きを持ちかけられたんだって。
枢機卿は、ミスラに伝わる伝説とその使命のことを知っていて、タブナジアにはその使命を果たす準備がされていると言ったんだそう。
だから取り引きに応じたんだとか。
そのミスラの使命っていうのは、眠れる神々を目覚めさせることなんだって。

遥か昔の伝説の時代、古代の民が楽園の扉を開いてヴァナ・ディールを傷つけた。
その傷口からあふれ出たのが、虚ろなる闇。
虚ろなる闇が全てを飲み込もうとした時、生きとし生けるものたちは、女神アルタナが流した涙で世界を清めることにした。
だけど5つ目の涙を巡って、人の王と竜の王との間に争いが起こって、いつまで経っても決着がつかないまま。
そこで残された人々は、眠れる神々の力でヴァナ・ディールの傷口を癒した。

以上が、ミスラに伝わる伝説だって。

Klu4070.jpg

うん、ある(・▽・)ノ
あのクリスタルこそが、伝説の時代に、ヴァナ・ディールの傷口を癒すために呼び出された神々の眠る地なんだって。
そして虚ろなる闇があふれ出た今、一刻も早く眠れる神々を呼び覚まして、ヴァナ・ディールを癒さねばならないと族長は言います。
その役目を、タブナジアの枢機卿が行わなくてはならないわけなのね。
「どうやって?」 というルーヴランスの問いに、どうしても知りたいなら、あの戦乱を生き延びたというタブナジアの神学生に尋ねるといいって族長は答えるの。
それって、プリッシュのことね?

ペリィ族長、ありがとね~ん(・▽・)ノ

Klu4071.jpg

ルーヴランスが言うには、女神アルタナの5つの涙に関する伝説は、サンドリア大聖堂のものとは全く食い違っているんだって。
伝説ってのはそんなもんだよ。
罪狩りのミスラが、今追っているのがプリッシュだとすれば、彼女たちはミルドリオン枢機卿を見つけ出すことが出来なかったということ。
まぁ、名前も違うしねぇ。
つーか、あの人は今なにやってるんだろう?
プリッシュを指名手配してるのって、もしかして保護するため?
どういう状況になってるのか、イマイチわかっていないクルクなのだ(・▽・)

と、その時、一人のタルタルが現れたのです。

Klu4072.jpg

ホノイゴモイだ!
ほっほ~ぅ、君らは知り合いかね( ̄ー ̄)
ホノイゴモイの口ぶりでは、昔馴染みって感じだよ。
しかも、「あいもかわらず見事なお手前で」 だって。
それはなりすましがってこと?

ホノイゴモイはただ挨拶に来ただけじゃなくって、ルーヴランスの腹心の方々 の助言で、仕事によく役立つ品 を渡しに来たらしいよ。
腹心の方々って、ギルド桟橋でモンスターをけしかけて来たジジイじゃないよね~?
で、その品っていうのは、ルーヴランスが 憎たらしいブッキーの奴ら と剣を交えた時に割れてしまったものだって。

Klu4073.jpg

それを修復して持って来たわけね。
でね、ルーヴランスから依頼されていた件の目星がついたって言うの。

 あなたさまをあのような目にあわせました、
 あの憎らしい賞金稼ぎ……。


ほ~う、ルーヴランスは賞金稼ぎに狙われるようなヤツなわけね。
こんな話をクルクの前でさせてよかったのかなぁ~?
それとも、クルクなんてポカンとしたマヌケな冒険者だって侮ってる?

ルーヴランスはツキが戻って来たとか言っちゃって、「ここからは自分1人に任せていただきたい」 とか言いやんの。
どうぞご勝手に。
ルーヴランスが一人で行動するなら、クルクだってどこへ行こうがクルクの自由なのさ。
ホノイゴモイは、「あやつはマウラより南にある小さな無人島を買い取ったとか」 って言ってたの。
ルーヴランスがどこへ行くのか知らないけど、クルクは無人島を買い取ったっていう人に興味があるから会いに行ってくるよ~♪






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2017/06/19 23:59】 | プロマシアの呪縛
トラックバック(0) |
へ~い、クルクだよ(・▽・)ノ

クルクはコレが 「汝の罪は」 なのかと思ってたんだよね~。
でも記憶の人にお願いすると、違ってるのねん。
まあいいや。
ってことで、タブナジアに行ったお話。

さて、胡散臭さプンプンのルーヴランスと、タブナジアのジジイんとこに行ってみました。
神都アル・タユの調査だっけ。
ジジイは何か知ってるのかなぁ?

デスパシエールのジジイに会うと、ジジイはウルミアのことをとっても心配してます。
こんなジジイでも、孫は可愛いのだね。
いや、こんなジジイだから、身内が可愛いのか・・・。
まぁ、あんまり責めてはジジイが可愛そうですね。

クルクが、ウルミアは元気だよ~って教えてあげようと思ったら、ルーヴランスが横から口出ししてきました。
自分とクルクはヴァナ・ディール全体の幸福のために真実を追う者だとか言っちゃってさ。
言ってることが、一々芝居じみてるんだよね~( ̄_ ̄)
それに、ウルミアを心配してるジジイに、何て言ったと思う!?

Klu4066.jpg

 ウルミアさんは神学生ではないのですから、
 そのような絵のこと何も知らずとも、
 気に病むこともありませんのに。


うっわぁ~、イヤラシイ!!
そういうこと言うわけね!
当然、ジジイはウルミアを庇うように、自分が説明するって言うの。
そしたらルーヴランスは、ウルミアには責任をもって伝えるから、今自分に説明しろってさ。

これ、どうだろう?
もしもコイツじゃない他の人がコレ言ってたら、クルクは 「お、旨いコト言っちゃってw」 ってなってたのかなぁ。
だけど、なんかイヤだな。
普通に、教えてって頼んだら、教えてくれなかったのかなぁ?
きっと、こういう所がキライの原因かもね。

ジジイが話してくれたんだけど、あの絵はね、25年前にタブナジア大聖堂に持ち込まれたんだって。
ウガレピ寺院で見つかった物らしいよ。

Klu4067.jpg

ミルドリオン枢機卿は、この絵を見て 「アル・タユ」 だって言ったんだって。
なぜ知っていたのか・・・?
ミルドリオン枢機卿ってタブナジアに現われる前は、悟りを求めて辺境をさまよう僧だったんだって。
その時にその名を聞いて知ったとか。
ん?
あれ?
今更だけど、クルクは気が付いたよwww
フェイスがネタバレしてるよね。
ミルドリオンって、エシャンタールのことだよね!?
クルク今まで、ミルドリオンにお手伝いしてもらったことないから名前見てもピンと来なかったんだけど。
あ、これ、気づかないフリしていた方がよかった?
じゃ、そうするね( ̄! ̄)シー

で、その当時、辺境の地からミスラがやって来て、あの絵をウガレピ寺院に戻せって騒いでたんだって。
そのミスラは 「罪狩りのミスラ」 だって名乗っていたらしいよ。

ミスラのことはミスラに聞けってことで、ウィンダスに行くことになりました。

Klu4068.jpg

どうせだったら、カザムに行ったらいいのに。
ウガレピも近いじゃんね。
あ、もしかして、飛空艇のパス持ってないのかな?(  ̄ー ̄)フフン






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2017/06/18 23:59】 | プロマシアの呪縛
トラックバック(0) |
やっぴ~、クルクだよ~(・▽・)ノ

「汝の罪は」 って、タイトルだけなんだって~。
じゃ、そういうことで。
バイナラ(・▽・)ノシ


・・・って終れないから、次行くよ~★






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2017/06/18 23:58】 | プロマシアの呪縛
トラックバック(0) |
やっぷ~、クルクだよん(・▽・)ノ

バスのシドんとこに行ってきました。
そしたらさ、他の3人は来たのに、プリッシュはいなかったの。
あれぇ~?
まだ北にいるのかな?

最後に聞き込みをした鼻の院の研究員たちの話を、もう一度読み返してみたの。
プリッシュを魔法塔まで運んで来たサンドリアのエルヴァーンは、その後一人で北の方に行っちゃったっていう証言。
サンドリアのエルヴァーンがやって来て、エルヴァーンの女性とヒュームの侍を探していたっていう証言。
この2つ、クルクはどっちもルーヴランスだと思っていたけど、だとしたらちょっと変だよねぇ。
そして、3つ目の証言、ルーヴランスは印象と衣装、オーラとカラーが時々違うってやつ。
ルーヴランス別人疑惑が浮上!って思ってたけど、決定じゃない?
バハムートがどうとか、プロマシアの呪いがどうとか、そんなことよりもこっちの調査の方が面白そうだよ!(・▽・)

で、なんだっけ。

シドが、プリッシュはジュノから罪人として指名手配されたって教えてくれたの。
プリッシュが 「石の記憶」 の4番目を歌ったからセルテウスに逃げられちゃって、だからプリッシュはセルテウスの仲間だって容疑がかかったみたい。
プリッシュはバハムートとの契約を破る方法を知っているようだし、どっちにしても早くプリッシュを見つけなくっちゃね。

テンゼンはセルテウスを探すって言うし、ウルミアはプリッシュを探したいって言ってるし、ルーヴランスはアル・タユを探すって。
じゃあクルクは、みんなが何か情報を掴むのをココで待ってるよ(・▽・)ノ
だってホラ、そういう人は必要でしょ?

Klu4064.jpg

シドに取られちゃった(´・ω・`)
じゃぁさぁ、クルクは怪しいルーヴランスを見張ることにするね。






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2017/06/16 23:59】 | プロマシアの呪縛
トラックバック(0) |
やう~、クルクです(・▽・)ノ

一月半以上経っておりますが、プロマシアの続き~。
プロミヴォン-ヴァズに入ったトコロからだったね。
何でココにいるのかわかんないけど、深く考えるのは止めておきましょう。

Klu4056.jpg

クルクは廃墟マニアではないけど、この世界はちょっと好き。
地図はないけど、まぁ大丈夫でしょう。
出現する光の玉をやっつけて、一層づつ降りて(?)行きます~。
でね、スタート地点を1層目と数えるとして、3層目4層目5層目にある扉みたいなのを調べて行くのです。

Klu4057.jpg

そうするとNMが出て来るから、やっつけちゃうよ(・▽・)ノ
クルクね、シーフが99になってるから、余裕のよっちゃんだった。
NMを倒した後にもう一度調べると、テンゼン、ルーヴランス、ウルミアが出て来るの。
捕らわれてたみたい。

5層目でウルミアを助けたら、同じ層にあるBFに行くよ~。
でもね、行ってみると向こう側に渡れなくなってるの。

Klu4058.jpg

ダメじゃんね。
ウルミアが他の道を探そうとか言ってると、ナグモラーダがやって来たんだよ!

Klu4059.jpg

コイツのことすっかり忘れてたから、ちょっとビクッってしちゃったw
うわっ、出た! って思ったのに、クルク何だかイヤじゃなかったの。
そんな自分に動揺しちゃったwww
しかも、ディアボロスに会って、クルクを助けるように言われたとか。
「出口はこの先なのか?」 って聞かれて、フツーなら 「そーだよ」 って答えるのに、「違うよ」 とか答えちゃったんだ。
そしたら 「慣れぬ嘘などつきおって」 とか言われちゃった!
ギョーッ! コワイ!! タスケテ!!(>θ<)

ナグモラーダが奪っていった箱があったでしょ?
アレが何の箱だったかクルクは覚えちゃいないけど、それを使って道を作ってくれたの。
その光が、この箱の最後の力だって。
他に、何に使ったの?

Klu4060.jpg

BFでは三匹の敵がいるけど、相手にしなければ動かないから、一匹づつ倒せたよ。
ベストタイムを出したけど、もっと早く倒せると思うなぁ~。

全部やっつけると、ディアボロスがプリッシュを連れて出てきます。
ディアボロスはバハムートよりもちゃんと話をしてくれます。
でね~、なんかイロイロ話を聞いたけど、白い少年のセルテウスは、神都アル・タユを守るためにアル・タユから来たんだって。
えーっと、それってドコ?
ナグモラーダが、アル・タユはジラートの王が楽園の扉を開けようとした時に消滅したはずだって言うんだけど、ディアボロスは消滅してないって言ってた。
で、最後のクリスタルの向こう側にそれはあるから、クルクに行けって言うの~。
う~ん、クルクはどうでもいいけど、行かなきゃならないんだろうね~( ̄ω ̄)

ルーヴランスがその先に楽園の扉があるのかって聞いたら、ディアボロスに嗤われてたよ。
まだそんなことを言ってるのかってことなんだろうね。
ディアボロスが言うには、そもそも楽園の扉を開けたいと思うのは、プロマシアの意志に支配されているからなんだって。
それがプロマシアの呪いだとか。
でもって、バハムートはプロマシアの呪いに敵意を持っているから、プロマシアの呪いにかかっている人類を滅ぼそうってしてるわけなのね?
なんとなくその辺の事情はわかったような気がするよ。
わかったけど、結局バハムートから敵として見られているなら、滅ぼされないために戦わなくちゃならないよね~。
でもそうすると、男神の呪いでヴァナディールが虚ろなる闇に飲まれちゃうっていう、どっちもどっちな状況ってこと?
バハムートのやつは石頭でめんどくせぇのぅ( ´ _ ` )

そしたらプリッシュが叫びました。

Klu4061.jpg

おぉう、カッチョいい( *´ ▽ ` *)
男前だ。
だけどクルクは、その前に言った言葉が引っかかったよ!
プリッシュ、「ディアボロス、おまえも人だったならわかるはずだ!」 って言ったよね?
人だった?
ディアボロスが?
・・・( ̄□ ̄)
えっと、なに人?

ディアボロスが、バハムートとの契約を破る方法があるってなことを言ってたよ。
あー・・・契約ってなんだっけ?(^▽^;)
その後プリッシュがなんか言ってたけど、クルクは聞こえなかったんだ。

気づいたら、氷河の魔法塔にいました。
っていうか、気付く前にまた3カラーに囲まれてドザエモンとか言われてたよ。
だからね、ドザエモンっていうのは水死体のことだから!
その後ナグモラーダが来て、勝手にソ・ジヤを動かしたのかって怒ってた。
でも動かしたのは、エシャンタールなんだって。
ん~、よくわかんないや。
3カラーはプリッシュが向こうの塔の前に倒れてたってことを言いそびれたまま、ナグモラーダにくっついて行っちゃった。

で、起きたクルクは、行ってみたの。
タルタルたちがいたよ(・▽・)
鼻の院の研究員たちだっけ?
その人たちから、ルーヴランスについて興味深い話を聞きました。
この辺をウロウロしているようでよく会うらしいんだけど・・・。

Klu4062a.jpg

なるほどね。
青とか赤とかってことですね。
どぉ~も胡散臭いヤツだもん。
気をつけておこうっと。

それでプリッシュは、サンドリアのエルヴァーンが運んできたとか言ってたけど、それってルーヴランスのこと?
ルーヴランスはバスに向かったらしいから、クルクも行ってみるかね。






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2017/06/14 23:59】 | プロマシアの呪縛
トラックバック(0) |