2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~、クルクだよ(・▽・)ノ

えーっと、カボスの学者を上げてたんだけど、やっぱりよくわかんないんだよね(^_^;)
でも99まで上げる予定になってるから、限界突破しておこうかなって思ってね。
マート爺ちゃんの限界突破と同じく、レベルが66以上ならオファー出来るのです。
ザルカバードにエリチェンすると、いきなりイベント始まるよ。
じゃ、続きはカボスで(・▽・)ノ


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

i_kab.gif
どーも、カボスだよ(・_・)

現代のザルカバードで、シュルツに声をかけられたんだ。
死んだとは思ってなかったけど、同じ姿だとはね。
てっきり、容れ物の交換をしてるんじゃないかって思ってたからさ。

Klu3744.jpg

あの後、ジュノの公宮で大騒動になったらしい。
シュルツが死んだってことで?
軍学者たちが各国の参謀になってるくらいだし、その師であるシュルツが死んだってことになると、まぁそりゃちょっとしたパニックにもなるだろうね。
あるいは、グリモアは危険な魔術書だってことで、グリモアとそれを持つ学者たちの処遇にアタフタしちゃってたのかな?
それか、死んだはずのシュルツの死体が消えた! って?
だけど、いずれもそれは、20年前の話。

シュルツは人外ではあるけれど、時間を飛び越えたボクとは違って、あれから今日まで20年っていう時間を過ごして来たわけだよね。
20年、何やってたんだろう?

Klu3745.jpg

シュルツはボクに、最後の高弟として、グリモアを継ぐものとして相応しいかどうか、最初で最後の試験をするって言ったんだ。
それは別にいいんだけど、ボクが最後の高弟?
それ、みんなに言ってるんじゃないの?
だってさ、シュルツにその気があるなら、これからいくらでも弟子は育てられるって思うもの。
今は冒険者の時代だし、強さを求める者は後を絶たないでしょ。
軍学者として名高いグンサー・シュルツから、最後の高弟だなんて言われたら、その気になっちゃう人も出てくるかもしれないもんねぇ。
中には、目的のためなら手段は選ばないって輩もいるだろうし。
まぁ、ボクもそういう輩の一人なんだけど。
でもね、冒険者はバカじゃないからね、あんまり侮らない方がいいよね。

まぁいいや。
その試験ってやつに合格すれば、今以上のものが見えてくるんだよね?
だったら、やらないわけないでしょ。

Klu3746.jpg

壁に書かれた魔道式。
移送先は、王の墓標。
そこで試験が行われるらしいよ。
なんとまぁ、舞台にはもってこいじゃないか。

壁に浮き上がった魔道式は、グロウベルグで見たものに似ているけど、偉大な学者であることを証明するパピルスに呼応するように書かれているんだって。
つまり、偉大な学者の証を入手しなくちゃならない。
やれやれ、手が込んでるね。

偉大な学者の証は、現代には存在しない。
っていうか、誰が発行してるものなの?
東ロンフォにいるオークが持ってるらしいから、ちょっと行って奪って来るね。


〔 続く 〕





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2017/01/29 23:59】 | 限界突破
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック