2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
i_kab.gif
やあ、カボスだよ(・_・)

Klu3736.jpg

今頃きたのか。
ウルブレヒトは魔に飲まれちゃったし、シュルツは逃げちゃったよ。
・・・って言おうとしたら、ナグモラーダが 「そこに倒れているのが本件の首謀者と目される共和国軍作戦参謀長ウルブレヒト・ゼークト。そして、その師グンサー・シュルツだな。相違ないか?」 だって。
え!?

Klu3737.jpg

消えてない。
でも、ウルブレヒトの魂は魔に取り込まれてしまったんだろうし、シュルツは抜け殻を残して逃げてしまったんだ。
多分これで、表向きは事件解決ってことになるんだろうね。
ビフロンスのことは、ちょっと黙ってようかな。
後でバレて問いただされたら、気が動転していたとか言えばいいでしょ。
それよりも、ここに死体が二体あって、ボクがいたわけでしょ?
目立った外傷や毒反応はなくて、弱体魔法によるものだろうって検死したヤツが言ったけど、ボクが殺したってことにならない?
また犯罪者扱いされるのはごめんだよ。

Klu3738.jpg

ナグモラーダが、落ちていた魔道書を見て、兵に触れさすなって言っていた。
今回の事件の元凶だって。
元凶ね。
それを言うならシュルツだと思うけど。
この魔道書は、禁書として厳重に封を施して、大公宮宝物庫で保管するってさ。
大公宮ってトコが、イマイチ信用できないけど。

そう言えば、赤かった表紙が白くなってるね。
もしかしてさ、もうこの本には、なんの力もなくなってるのかもね。
それから、ナグモラーダがアーリーンの拘束を解いてやれって命令してた。
なんでアーリーンが拘束されてるんだよ!?
アーリーンがこの場所のことを知らせたから、だから来たんだろ?
シロに決まってるじゃないか!
・・・っと、ボクらしくなかったね。
別に彼女がどうなろうと、ボクが困ることはないからね。
ナグモラーダに追い払われたから、エルディーム古墳に行くとするよ。

Klu3739.jpg

・・・君も、無事でよかったよ。
アーリーンは、連合参謀本部の捜査官から話を聞いたらしい。
やっぱり、事件は集団脱走事件として処理されるみたい。
集団にも程があるだろうに。
でも今は戦時中で、確認する術がないことが好都合ってことか。
あと、終戦後に全てのグリモアが禁書として没収されることに決まったらしい。
それだけで済めばいいんだけど。
そんな話をしてるのに、アーリーンは前向きだ。
今やるべきことに目を向けている。

それから、「先生に代わって」と言って、アーリーンがボクにスカラーボードをくれた。
いわゆる、角帽ってやつだね。
シュルツ流軍学エルディーム塾、ボクが最後の卒業生だってさ。
あぁ、そうか。
どんなにアイツを否定しても、ボクが グリモアを使う限り、シュルツとボクは師弟なんだな。
いいよ、わかった。
利用させもらう。

さて、これで制服が揃ったことになるね。
せっかくだから、ココで着替えてみたよ。

Klu3740.jpg

帽子とメガネってセットなんだね。
このメガネにも何か効果があるのかと思ったけど、ただの伊達メガネみたいだ。
まぁ、有能なボクが更に優秀に見える小道具ってことでいいか。
ちなみに、後ろ姿はこんな感じ。

Klu3741.jpg

それじゃ、ボクはひとまず現代に戻るよ。
また来るから、さ。
じゃあね、アーリーン。






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2017/01/26 23:59】 | AF
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック