2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
i_kab.gif
やあ、カボスだよ(・_・)

行方不明のフェンを探すため、ボク達はソロムグに散らばった。
探すって言っても普通の迷子じゃないからさ、手がかりを探さなくちゃならない。
そうだね、例えば、この前シュルツ先生を見つけた時のような陣とか。
つまり、明らかに人為的な何かを探せばいいんじゃないかな?
地面を見ながらウロウロしてたら、不自然に並べられた小石を見つけたよ。
ふぅん、これも陣の1つってわけ?
近付いたら、突然・・・。

Klu3709.jpg

気付いたら、ボクは見知らぬ場所にいた。
さっきのアレは、ワープの仕掛け?

洞窟のような、薄暗くて広い空間。
サボテンとか草は生えているけど、ほとんどが岩ばかり。
そこに、ボク以外にも人がいた。
名前を呼ばれて、そいつがウルブレヒトだってわかった。
その側に倒れているのは、マーシュデュオ。
ただ倒れているわけじゃなく、彼はすでに死んでいた。

Klu3710.jpg

ウルブレヒトも、あの陣でこの場所に転送されたのかな?
どうやらここは、ゴユの空洞って呼ばれている場所らしい。
アラゴーニュからサルタバルタの地下に存在している 、巨大空洞か。
ウルブレヒトは、一連の失踪した魔道士たちが行き着いた場所でもあるって言った。
どうしてそう言い切れるんだろう?
それを尋ねる前に、ウルブレヒトが底の見えない深い崖を指差して 「隠すには、もってこいの場所ってことなのさ」 って言ったんだ。
・・・そう言うことか。
でもボクは、あえて 「隠すって何を?」 って聞いてみた。
そしたら案の定、ウルブレヒトは出来の悪い弟弟子を小馬鹿にしたような半笑いの顔で、「失踪者の屍だよ。そう、君を含めた、な!」 と言って本性を現した。

Klu3711.jpg

陣が仕掛けられていたのか、赤い鎖のようなものが体に巻きついてきて、ボクは拘束されてしまった。
不思議と恐怖も焦りもしなかったけど、その代わり興味が湧いた。
こういう人を見下して優越感に浸るようなヤツってさ、自分の知っていることや自分がやったことを他人に喋りたくて仕方ないんだよね。
だからボクは、黙っているだけで知りたいことを聞くことが出来たよ。

グリモアは、魔道士の血を吸わせることで、本来の力を発揮できる。
ウルブレヒトは獣人の魔道士たちの血で試したけど、うまくいかなかった。
その原因は、グリモアに書かれている魔文字を、獣人が理解していないから。
つなり、魔文字を理解できる人間の魔道士ならば・・・。
それに成功して味をしめたウルブレヒトは、次々に魔道士達を襲ってグリモアに血を吸わせていた。
遺体は、誰にも見つけることが出来ないこの場所、ゴユの空洞にある崖の下に捨てていたってわけか。
そして今、ボクを見つけて助けに来てくれる人はいない。
なぜならば、捜索にあたっていた他のメンバーはみな、すでに崖の下にいるから。

とんでもない殺人鬼だね。
でもまぁ、気持ちはわからないでもないよ。
研究や実験のためなら、ボクだって多少人道から外れたことでもやっちゃうからさ。
だけどさすがに殺人は、外道中の外道がやることだよね。
そんな外道の次の獲物が、このボクってわけ。
ところが、ウルブレヒトが短剣を振りかざした時、ボクを護る力がヤツをはじき返したんだ。

Klu3712.jpg

この光や紋様の正体は、ボクにもわからない。
ボクが持っているグリモアの力なのか、それとも別の何かなのか・・・。

ウルブレヒトは、ボクを殺すのを諦めたみたいだ。
「真のグリモアの完成は間近だ」とか言って、逃げちゃった。
でも、気になることを言ってたね。
「そうすれば、あの人に近づける」 って。
あの人って言うのは、間違いなくシュルツ先生のことだろうね。

ふふん。
ウルブレヒトは、シュルツ先生に憧れちゃっているわけか。
彼のようになりたくて、彼の才能に嫉妬してる。
自分だってなれるはずだって自惚れていて、いつか彼を見下す立場になりたいって思ってるんだろうね。
バカなヤツ。

はぁ~あ、このこと、アーリーンに知らせなくっちゃいけないんだよね。
ちょっと憂鬱。
アーリーンのことだから、僕の言葉を信じないなんて頭から決めつけたりしないだろうけど。
ウルブレヒトが落として行った帽子を、証拠に持ち帰ることにしたよ。


エルディーム古墳に戻ると、すぐにアーリーンが何があったのか尋ねてきた。
ボクは事実だけをそのまま伝えたよ。

Klu3713.jpg

アーリーンは、ウルブレヒトのことが好きだったのかな?
恋愛感情ではなくても、口も態度も悪いウルブレヒトのことを、嫌いではなかったよね。
それからきっと、何かの間違えなんじゃないかって、少しの希望を祈ってると思う。
とにかく、ゴユの空洞を捜索させるために、バスにいるアーデルハイトに連絡するって言ってた。

と、その時・・・。

Klu3714.jpg

ナグモラーダと名乗る男が、連合参謀本部からやって来た。
魔道士失踪事件について、調べているのかな?
アーリーンはこれから本部に行みたい。
日を改めてまた来てって言って、ボクにスカラーブレーサーをくれたよ。

ナグモラーダか。
クルたんに教えてやろうっと!






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



スポンサーサイト

【2017/01/18 23:59】 | AF
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック