2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やぴー、クルたんだよ(・▽・)ノ

えっと、それじゃ学者AF1の続きね。
ちなみにこれは、クルクじゃなくてカボスがやってます。
前回はクルクが語ってたけど、カボスのクエだから、やっぱりカボスが語る方がいいかなぁ。
ってことで、カボスにバトンタッチなのだ★


i_kab.gif
やぁ、カボスだよ。

さてさて、過去バスに到着したから、クルたんの知り合いだって言う二コッチに会いに行くよ。
えーっと、これは時間軸的にいつなんだろう?
ザイドがアレヤコレヤの前なのか後なのか。
・・・って、ボクは関わっていないから知らないことだったね。

大工房前で、ジェントルタイガーに二コッチを呼んでもらったよ。
おっと、きちんとニコラウスって呼ばないとね。
シュルツ先生が行方不明だってことを伝えて、手掛かりに出来るものはないか聞いてみたんだ。

Klu3697.jpg

シュルツ先生は新しい術を試すのが好きで、陣で作った空間に入り込んでしまって、3週間も行方不明になっていた騒動が起きたことがあったんだって。
どうやら入り込んだ空間とこちらの世界とでは時間の流れが違っていたみたいで、先生にとってはほんの数刻だったらしい。
その時の失踪事件を解決したのが二コッチなんだけど、二コッチは何もしていないって言うの。
失踪の手掛かりを探すために先生の部屋を調べていた時に、壁に陣が張られていたのを見たんだって。
それで二コッチは、先生は部屋から出ていないって何となく確信したんだってさ。
で、「先生~!」って大声で叫んでみたら、ヒョッコリ姿を現したって。

Klu3698.jpg

人騒がせな人だねぇ。
それにしても、二コッチはミスリル銃士になるくらいだから、やっぱり優秀だったんだね。
アーリーンが敵情視察って言ってたからそのことを伝えたら、心当たりがあるみたいだよ。
言われた通りに、パシュハウ沼に行ってみることにしよう。

パシュハウ沼は、バスに行く途中に通ってたから、サバイバルガイドもクリスタルも登録しておいたんだ。
でも、グロウベルグのサバイバルガイドに飛んだ方が近いんだな★
でね、探してたら、地面に何かあったよ。
調べてみようと近づいたら、触っちゃダメって止められた。
ん? 誰にだ?

Klu3699.jpg

シュルツ先生、ホントにいたね。
ニコッチ、すごいなぁ!
先生はこんなとこで何してんのかと思ったら、それもニコッチの推理通りだったよ。
血盟軍に裏をかかれて術を封じられて、ココで足止め喰らってたって。
それで状況が好転するまで、ココに隠れていたんだってさ。

あー、そうそう、あのいけ好かないウルブレヒトから預かった手紙を渡したよ。
ウルブレヒトの手紙には、何か無茶な注文が書いてあったらしい。
そしたら返事書いて、それをウルブレヒトに渡してくれって頼まれちゃった。
ボクは郵便屋さんじゃないんだけどねぇ。
じゃ、エルディームに戻って、アーリーンに報告することにしようかな。
ついでに、アイツに返事を渡してやろう。

で、さ。
シュルツ先生はもう誰もいないと思っていたのかもしれないけど、まだいたんだな~。
姿を隠す陣とか、別の時空間とかって、ちょっと興味あるじゃん。
そしたらな~んか独り言呟いてるんだよね。
なに言ってるのかなって聞いてたら、誰としゃべってるみたいだよ?
誰かって、誰?
シュルツ先生以外に、姿は見えないし・・・・・・え・・・。

Klu3700.jpg

シュルツ先生から黒いモヤモヤが出て来て、そいつがしゃべってる!?
しかも、なんかヤバそうな内容じゃない?

黒いモヤモヤが、「手駒から指し手と対等な扱いを要求されても、対局にさしつかえよう」 って言うと、シュルツ先生はすでに手は打ってあるって答えるの。
それに、「巧妙な権力交代劇」 とか・・・。
誰のことを言ってるんだろう?
彼・・・ニコッチじゃないよね。
だってニコッチはもうミスリル銃士で、そっちの任務についているんだもん。
てことは、ウルブレヒト?
っていうか、シュルツ先生ってナニモノ?
アーリーンが前に、過去のバストゥークの英雄と同姓同名で、百年に一度の不世出の天才だって言ってたっけ。
同姓同名で、百年に一度?
・・・まさか、本人じゃないよね?
ほら、悪魔と契約して、死ぬと器になる肉体だけを取り換えて、永遠に生きている、とか・・・。
オカルト本の読みすぎかな?(^_^;)
うっかり立ち聞きしちゃってたけど、見つかって厄介ごとに巻き込まれるのはイヤだから、さっさとアーリーンの所に戻ろうか。

エルディーム古墳に戻って、先生の無事をアーリーンに報告していたら、ウルブレヒトが言伝はなかったかって。
おい、その前に礼の一つくらい言いなよね。
返事を渡してやったら、「ご苦労だった。ゆっくり休んでくれたまえ」 だってさ、偉そうに!!

Klu3701.jpg

これにはさすがのアーリーンもキレたみたい。
前回のベラムの件でも、まともな礼をしていないって。
先達として、相応の礼で応えてやるべきではないかって言ってくれた。
そしたらアイツは、慇懃無礼な感じに 「虚誘掩殺の策」 っていうのをくれたよ。
軍学書の古典だそうで、熟読してもう完璧に頭に入っているからあげるってさ。
つまり、いらないからくれたってわけか。
チェッ、ヤな奴。

それにしても、なんか不穏な感じだね。
もうちょっとレベルを上げて、また首を突っ込んでみるかな。





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2017/01/13 23:59】 | AF
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック