2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やぷ~、クルクです(・▽・)ノ

3回に分けるほどでもないミッションですが、クルク仕様ですのであしからず★

んとさ、とて強が集団で襲って来るからさ、クルクはモンクにチェンジして入り直してみたわけですよ。
そしたらやっぱりヘナチョコプ~な感じで楽勝だったんだけど、なんかね、わりと簡単に、そっちじゃねーよ的な感じで、ワープの渦もあったし、地図が見れるようになる ??? も見つかったし、塔もあったよ。
とて強だったあいつら、ちっともいない方面で移動できる範囲内。
なんじゃそりゃって、そしたらさ、やっぱシーフ(76)に戻ってきた方がいいね。

Klu3560.jpg

で、戻ってシーフにチェンジして、また入り直し~。
で、ワープして、まーたとて強に絡まれたよヽ(`д´)ノ
なんなの?
クルクバカなの?
そっちじゃないって、学習能力ないの?
そんなことないもん!
今回は、1匹倒してリンクしてる2匹を残して戦線離脱!
逆行の渦に飛び込んで避難だ~★
上手く回避出来たので、今度はちゃんとそっちじゃない方に進みました~ヽ(*´▽`*)ノ

あの塔の中に入ると、またココ。

Klu3561.jpg

クルクさ、コレって気味の悪いオブジェって思ってたけど、気味の悪い扉だったみたいね。
3回目にして気付きました( *´ ▽ ` *)アハハ

中にいたのはコイツ~。

Klu3562.jpg

コイツさ、真ん中から細長~い舌みたいなのをビョロ~ンって伸ばして攻撃してくんの!(>д<)キモッ
クルクはいっつも後ろに回って攻撃してるんだけど、この時は正面にいたからモロ見ちゃって、ギョーってなったよ。

Klu3563.jpg

これにクルクルって巻かれて、パクッてされたらギョーってチョー気持ち悪~い(>д<)
そんなことされないけど。
でも、外にいたとて強よりもチョロかった。

倒したらまたクリスタルの前に戻ってて、ナグモラーダがヨロヨロしてました。

Klu3564.jpg

あの少年のこと?
えっと、クルクは今どこにいたの?
ずっとここにいた?
プロミヴォンの中にいたのって、アレは意識だけ?
アレは誰かの悪夢の中で、実在しない場所だったり・・・とか?
わっかんね~。

あの少年が大っきいクリスタルに触ると、また何かが見えました。
この後ろ姿は・・・。

Klu3565.jpg

エルドナーシュだよね。
「君」って誰だろう?
誰に話しかけてるのかな?

そして次に見えたのは、明星の巫女。
ここは確か、神々の間。

Klu3566.jpg

5つに分かれて、皆の心の中にある。
と言ったら、5種族の闇のことだよね?
つまり、何?
神によって作られた5種族は、それぞれの闇を入れておく器でしかないって言いたいの?

クルクさ、正直言うと、イブノイルってあんま好きじゃないんだ。
何でだろうね?
先に過去に行っちゃって、アルタナにムカついたりしてたから、神の使い的なポジションにいるイブノイルの言葉、素直に聞けなくなってるのかも。

知ってるよ、神様って優しいだけじゃない。
時に厳しい試練を与えたり、自分がどれだけちっぽけな存在かを思い出させたり。
でもさ、その反対に、大きく包み込むような暖かさもあったりとか。
クルクにとっての神様って、自然かもしれないなぁ~。
およ?
クルクってミスラ?
ミスラに育てられたのかな?

とかなんとかボケーっと考えてたら・・・こ、ここはどこ!?( ̄□ ̄;)
次章に続く →→→






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



スポンサーサイト

【2016/10/25 23:59】 | プロマシアの呪縛
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック