2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やぷ~、クルクです(・▽・)ノ

クリスタルの五戦士を倒したから、とりあえずノーグに戻ってみました。

Klu3190.jpg

そしたらさ、ギルガメッシュが 「あの王子がいるはずの神殿の奥には入れねぇってか」 とか言うの。
クルクそんなこと言ってないよ(´・ω・`)
“王子がいるはずの神殿の奥” っていうのも、クルクどこだか知らないし、そんな所には行ってないもん。
「さっぱりわからねぇな」 って、クルクにはギルガメッシュの言ってることがサッパリわからないよ。

でね、ギルガメッシュが、エルドナーシュが神の扉をもう開いちゃってるとしたら、世界はすでに変わってしまってるはずだって言うの。
変わってないってことは、まだ開いてないってことだよね。
ギルガメッシュは、仕掛けられるとしたら、エルドナーシュが事を起こす時だって言うんだけど、それって一か八かの賭けってこと?
だけど、それがいつかはわからないから、つまりクルクはお空で待機してろってことなのね?
物語はいよいよ佳境に突入って感じなんだけど、イマイチ緊張感のないクルクなのです(・▽・)
なんでしょう?

さて、またお空に戻ってきたクルクですが、真ん中の通りをずずずい~っと進んで行ったら、ライオンがいたよ。
あ、もしかしてさ、あのイブノイルって名前のオネーサンが出て来たのって、順番合ってたのかな?
クルク、ただ入ってみただけなのに、いろいろ見て回ってたら出て来たから、ココがエルドナーシュがいる場所に行くために入る場所だったって、わかってなかったのね。
だけど、何かアイテムが必要とか言ってなかったっけ?
満月の時に泉に浸せとかなんとか。
まぁそれは後でいいや。

Klu3191.jpg

そう言えば、あの便乗コンビはどこ行った?
まぁ、クルクのジャマさえしなければ、どこで何しててもいいんだけどね☆

ライオンがね、クルクと初めて会った時のことを回想し始めましたよ。
走馬燈は止めた方がいいと思うなぁ(´・ω・`)
でね、「無事にすべてが終わったら、私と一緒に世界を旅して回らない?」 って、フラグを立てました。
世界を旅して回るなら、クルクはアジド院長と回りたいです。
でもアジド院長は、口の院を放ったらかして旅して回ることは出来ないだろうから、行くならバルと行く~。
だってさ、ライオンと一緒に行ったら、いいように使われそうな気がするんだもん。
それに、リリゼットみたく、一緒に戦って来たっていう気がしないのは事実だい。
だからさ、ライオンはザイドを誘うといいと思うな(・▽・)
あの人ヒマそうだし。

ライオンは、勝手に約束して先に行ってしまいました。
みんな自分勝手だなぁ!
んじゃ、クルクも行くよ~。






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



スポンサーサイト

【2016/06/07 23:59】 | ジラートの幻影
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック