2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
チャオ、クルクです(・▽・)ノ

そろそろジラートミッションを始めよっかなって思ってね。
ジラートミッションは、3国の闇王ミッションをクリアした後にノーグに行くと、自動的にイベントが始まっちゃうんだよね。
クルク知ってたから、ノーグには行かないように気をつけていたのね。
でも、竜騎士取得した時、クルクの子竜が手に入ったことが嬉しくて、ウキウキしながら名前の変更しにノーグに来ちゃったのですw
で、ジラート始まっちゃった(^_^;)
その時はまだまだやるつもりなかったから、見なかったことにしてスルーしてたの。
イベントはほとんど覚えてないから、勝手に始まっちゃった1と、勝手に進んじゃった2の復習からしようと思います★

Klu2969.jpg


まず、ノーグにエリチェンしたら、いきなりジラートが始まります。
そういえば3国ミッションで、ライオンがノーグに来てねって言ってたもんね。
お出迎えしてくれたよ(・▽・)

Klu2970.jpg

その時に、ズヴァールでカムラナートがどうとか言ってたんだけど、ズヴァールにカムラナートなんかいなかったよね?
・・・アレ?
クルク、なんかフラフラしてる・・・。

どうやらクルクは、倒れちゃってたみたい。
倒れてる間に、闇の王の間での出来事がフラッシュバックして思い出されました。
あの時あの場所にいたのは、ザイドとクルクと闇の王だったラオグリムだけではなかったのです!

Klu2971.jpg

バランの前髪カムラナートとチビすけエルドナーシュの2人は、クリスタルラインが復活すれば神の扉が開くとか、その時に神々の住まう真世界がよみがえるとか、自分たちは大昔に滅んだと言われている古代のジラート人だとか、人間も獣人もカスみたいな命だとか、クルクよりも酷い悪質な妄想を熱く語ってたっけ。
そしてしまいには、「お前たちの役目は終わった」 とか言っちゃって、クリスタルの戦士とかいうのを呼び出したのです。

Klu2972.jpg

ちょっとカッコいいかもだけど、話が通じそうな人たちじゃないっぽいよね。
バランはクリスタルの戦士たちに、クルクたちを始末しろって言って消えちゃった。

コンニャロメ~って思ったけど、かかって行ったザイドはあっけなく剣を飛ばされて膝をついちゃった。
も~う、弱っちいなぁ(´・ω・`)
って思ったけど、イキナリ魔法が飛んできて、クルクも倒れちゃった。
イキナリなんだもん!

どこにいたのかライオンが入ってきて、勝ち目はないから逃げるが勝ちだって。
でも、クリスタルの戦士が襲ってきたの。
ザイドを庇うように立ち塞がったラオグリムは、30年前のコーネリアのようでした。

Klu2973.jpg

ラオグリムは、自分はもう昔の自分ではなく、引き返せないのだと言いました。
そうだよね、正気に戻ったとしても、闇の王だったわけだし。
そのことを謝るつもりはないって言って、ラオグリムは足止めするために残り、クルク達を逃してくれたの(>_<)

クルクは王の間から退避したはずなのに、その後闇の王へと姿を戻したラオグリムがどうなったのか、知っています。
きっとこの場所が、関わりを持ったクルクに作用していたんじゃないかって、そう思うことにします。
目で見ていたのではない映像が、クルクへと流れてきていました。

Klu2974.jpg

3国ミッションの時、闇の王を倒したのに、どうして逃げるように王の間から走り出たのか。
何かが抜けているみたいに、唐突にシーンが切り替わった違和感が、これで補足されました。

いずれにしても、コーネリアとラオグリムは悲しい2人です。
彼らとは、またデュナミス関連のクエで会うことになるのでしょう。

・・・クルク、記憶が抜けちゃってたのね。
ライオンは、ラオグリムのパワーとクリスタルの五戦士の力が衝突したショックで 記憶の一部がおかしくなったんじゃないかって。
そうかもしれないし、仕様かもしれないし。
落ち着いたら、奥にある部屋に来てってさ。
クルクに会わせたい人がいるそうです。
んと、奥の部屋って言われたら、もう誰のことだかわかっちゃうんだけどねw
でもここはあえて・・・。
誰!?(・▽・)
ライオンの彼氏?
タテガミふさふさ?
それとも、わざわざクルクに会わせたいって言うくらいだから、アジド院長かも~ヽ( *´ ▽ ` *)ノ
楽しみだね~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



スポンサーサイト

【2016/03/16 23:59】 | ジラートの幻影
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック