2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
ハイ、クルクです(・▽・)ノ

Klu2814.jpg

飛んでった目玉の後を追って行ったら、地下にある洞窟に入って行きました。
暗いから、入るには松明か何かが必要だよね。
二コッチは、アーリマンは目が大きいから急激な光の変化に弱いって言うの。
こっちが入っていくんじゃなくて、強烈な光を中に放り込んだら、アーリマンが出てくるんじゃないかって。
炙り出し作戦ね(・▽・)
で、その光って?
ファイブムーンズが、シドが閃光手榴弾を発明したから、それがいいってさ。
なら、ファイブムーンズが取りに行きなよ~( ̄ω ̄)

Klu2815.jpg

二コッチが、クルクに試製閃光手榴弾を首府まで取りに行けって言うの~(;×;)
いったい、どんだけ距離があると思ってるのさ~!
そんな時間かけて往復するなら、クルクが洞窟の中に入って暴れるよぅ。
・・・それじゃダメみたいだから、デジョンで戻ってもらってくるね。

ジェントルタイガーに声かけたら、この間の暴徒鎮圧用に支給されたのがあるって、クルクにくれました(・▽・)ありがちょん
そいじゃ、さっきの所に戻るね~。

Klu2816.jpg

みんなの所に戻ったら、律儀に立って待っててくれたよ(・▽・)
本当はみんなで、ババ抜きでもしてたんじゃないかなぁ~?
ファイブムーンズが、安全弁を引き抜いたら3つ数えて奥に投げこめって。
あいよ( ・▽・)ノ~⚪︎ ポーイ

真っ白な光の中から、アーリマンが1匹、2匹、3匹、よん・・・何匹いるのさ!?(>д<)
4匹のアーリマンに囲まれました。

このレイヤーエリアでの戦闘でね、アーリマンがみんなの姿に化けるって聞いてたの。
この前がハイジのアレだったから、クルク気合い入れてたんだよ。
見えるとこにアーリマンがいたから、動かずその場でフェイスを呼びました。
いつものタルタルメンバーです。
そして戦闘開始!
苦もなく、1匹目を退治しました。
次はどっちに進むのかな?
マップ開いて見ていたら・・・アレ?
どっちもこっちも、これで終わりみたい(^▽^;)
えー、化ける前に終わっちゃったの?
だって、アーリマンたくさんいたじゃんね。

フォルカーが、自分たちに化けるなんて後味悪いって言ってたの。
あ、みんなもそれぞれ戦ってたのかな(・▽・)
そういうことにしましょう。

Klu2817.jpg

二コッチが、アーリマンが黒鉄の疾風に化けていたんじゃないかって言いました。
アーリマンて、人の言葉も喋れるもんね。
首府で殺人を犯していたのも、アーリマンの仕業だったのかも。
でも、なんでわざわざ黒鉄の疾風に化けたのかな?
ファイブムーンズは、黒鉄の疾風は名が知られている分、警戒も厳重になるから、犯人にとっては不利だろうって言ってた。
フォルカーは、アーリマンが数年前の犯罪者を知っていたっていうのも変だって。
そして二コッチはクルクに、人間に化けたアーリマンを倒した感触はどうだったか聞いてきたの。
えーっと、ゴメン、化ける前に倒しちゃったから、クルクにはわかんないや(^_^;)

二コッチが言ってたんだけど、このアーリマンは人間に化けていたけど、実際は視覚的にそう見せていただけなんだって。
てことは、アーリマンが化けてたガルカを斬ったクララは、手応えの違いに気づいたはず。
なのに、しらばっくれてたよね。
二コッチは、この頃の隊長は様子がおかしかったから、もしかしたらあれもアーリマンが化けていた隊長かもって疑ってる。
だとしたら、本物はどこ?

クララが怪しいのはクルクも感じてるけど、アーリマンが化けてるっていうんじゃなくて、もしかして内通者がクララなんじゃないの?
橋の上で交渉してると見せかけて、情報を流してたとか。
たまたま鋼鉄銃士隊の邪魔が入ったけど、どっちにしても橋から落ちる手筈だったんじゃないかな。

この一連の事件、もしかしたら大統領に近づくために仕組まれたことかもしれないって二コッチが言ったの。
クララは今、ザイドと大統領の所に行ってるはずよ!
とか話してたら、デーモンの大群が現れました(>д<)
今までどこに隠れてたのさ。
二コッチが、フォルカーとクルクに、ここは任せて大統領府に行けだって。

フォルカーが、「クルク! 血路を開いて、ここから脱出するぞ!」 って。
あいよ!
ニコッチ、ファイブムーンズ、先に行くから、必ず戻っておいでよ!

なんだか、ここにきて急に、3人と近くなった気がするクルクなのです(*^-^*)



< 続く >





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2016/02/10 23:59】 | 過去 バストゥーク クエ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック