2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~ん、クルクです(・▽・)ノ

北グスタにあるルホッツ銀山の廃坑へは、サバイバルガイドで行くのが早いです。

Klu2766.jpg

ここって、現代にもあるのかな?
地図を見ると、道から外れた岩山の窪みみたいな場所にあるのね。
先代のクルクはかなりあちこち歩き回ってるけど、こんな入り口は見たことないから、現代ではなくなっちゃってるのかもね。

中に入ると、ミスリル銃士隊の4人がクルクを待ってました。
そして後からやってきたのは、特殊工作隊です。

Klu2767.jpg

盗み聞きが趣味のアーデルハイトは、ニコラウスを 「ニック」 と呼びました。
ニックことニコラウスも、アーデルハイトのことを 「ハイジ」 って。
やだ、2人は愛称で呼び合っちゃう仲なのね( *´ ▽ ` *)

クララが作戦の説明をしたんだけど、簡単に言うと、ミスリル銃士隊とクルクは敵を掃除して、特殊工作隊はシージターレットを破壊するってことです。
シージターレットは別々に隠されているから、ミスリル銃士隊と特殊工作隊はバディを組んで5組に分かれて行動するみたい。
アーデルハイトが 「じゃあ、わたしはニックとぉ……」 だって( *´ ▽ ` *)

Klu2768.jpg

ほほ~う。
アーデルハイトは片想いで、ニコラウスは嫌がってるわけねw
その間に他の皆はそれぞれパートナーを決めちゃって、残ったのはアーデルハイトとぼんやり見てたクルクだけ。
「探偵助手さん、わたしと組みましょー!」 って言われたけど、断りました。
でもアーデルハイトの他に相手はいないんだよぅ(´・ω・`)

Klu2769.jpg

ニコラウスが 「ど、どうかご無事で…」 って言ってくれたけど、不安しかない。

それじゃ、レッツゴ~★

エリアに入ると、ちょっと先にアーデルハイトが立っています。
側まで行かずに、その場でフェイスを呼び出すよ(・▽・)
とりあえずいつものメンバーで、アムチュチュ、アジド院長、カラハバルハ、コルモル博士です。
アーデルハイトに近寄ると、「こっちに間違いないですぅ」 とか言って移動を開始します。

今回の任務は、アーデルハイトが倒されちゃうと失敗になっちゃうの。
敵がいるポイントは5カ所なんだけど、どうやらそこまでアーデルハイトが先導してくれるっぽいです。
ポイントに着くと、アーデルハイトがなんか言うので、現れたカメをやっつけるだけ。
・・・だけ、なんだけど・・・( ̄_ ̄;)
カメは4匹程度なんだけど、全員アーデルハイトを叩きに行くのね。
前にウィンで防護壁を守った時みたいに、ディアガでカメ全部を釣ろうと思ったのに、釣れないの!
何でっ!?
仕方ないから1匹ずつ倒そうとしてたら、アーデルハイトが倒れました( ̄_ ̄;)
っていうか、アーデルハイトは何やってたの!?

エリアから追い出されちゃったので、再チャレンジです。
トリガーの廃坑のカギは、バスの門番さんが持ってます。
ただし、ヴァナ0時過ぎないと新しいカギはもらえません。
バスに戻って門から出たら、ちょうど0時過ぎたので、カギをもらってもう一度廃坑へ。

Klu2770.jpg

今度は、アーデルハイトにプロテスをしてあげました。
ムダなディアガは止めて、素早いターゲット移動で敵を倒していたんだけど・・・。
アーデルハイトの奴、しゃがみ込んでて何にもしてないの!!( ̄□ ̄)
マジかっ!
役立たずのお荷物か!!
クルクだけなら何てことなく倒せるカメたちなのに、口ばっかり達者な足手まといで役立たずのお荷物のせいで、何という難易度!
もちろん今回も、強制退去させられちゃいました。

これはダメだ!
スリープで寝るかなぁ?
寝かして1匹ずつやってかないとムリそうだね。
それか、範囲魔法で一網打尽。
寝るなら寝かせた方が安全かな。

スリプル2とスリプガ2だけならあるから、明日試してみようっと。


< 続く >





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



スポンサーサイト

【2016/01/25 23:59】 | 過去 バストゥーク クエ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック