2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
や~っぴ~、クルクです(・▽・)ノ

エルディーム古墳、やって来ましたよん☆
あ、もちろん過去のね。
穴に落っこちて下に行ったら、柩があったの。
でもね、何だか中から音が聞こえるような・・・(´・ω・`)コワイ

Klu2734.jpg

丁度いい時に、ハゲと密会してた女の人が仲間とやって来たよ。
何か聞こえてるよって教えてあげたんだけど、寝ぼけたこと言うなって言われちゃった。
うん、確かにクルク眠いんだけど、まだ寝ぼけてはいないよ。
とか言ったり言われたりしてたら、柩のフタが開いたのです!
そして中から出て来たのは・・・っ!!

Klu2735.jpg

柩から、アリンコが出て来たよ!
アリンコは、傭兵の人達を石化(かな?)させて、吹っ飛ばしちゃった。
にゃろめ~!
なら、クルクが相手だ!
・・・と、棍を構えたら、何かが飛び込んできてアリンコのことブッ刺しちゃったよ。

Klu2736.jpg

ザイドでした。
ここでも便乗!?
っていうか、横取りじゃん。
クルクがやっつけようと思ってたのに~!ヽ(`д´)ノ

傭兵の女の人が説明してくれたんだけど、このアンティカは軍務大臣からの依頼で柩の中に閉じ込めておいたんだって。
軍務大臣は、アンティカの兵力をこの戦争に使えないかって考えてたみたいなのです。
ザイドと一緒に来ていたフォルカーは、アンティカ帝国の潜在的軍事力は、この戦争のゆくえを一気に決めてしまいかねない規模だって言うの。
そう言えばアンティカって、水晶戦争に参戦して来てないよね。
軍務大臣は例のシフートを改造して、アンティカの兵士を操ろうとしていたんだって。
閉じ込められてたアンティカは、その実験用だと言います。

アンティカは、生まれながらの戦闘機械であり、アルタナの民の常識は通用しない。
そんなのを操ろうなんて、リスクが大きすぎるよね。
軍務大臣のこの計画は、大統領と議長も知っていたらしいの。
それで反対していたんだって。
戻ったら聞いてみろって、傭兵の女の人がザイドとフォルカーに言ってた。

でね、二人がどうしてココを嗅ぎ付けたかって言うと、クルクを尾行してたらしいよ。
やっぱりクルク、疑われてたんだね~。
あの後ハゲの所に行ったからね。
でも今回、傭兵の女の人がクルクのことを知らなかったことがわかったから、無実が晴れたみたい。
二人は隊長に報告するって戻って行ったから、クルクも追いかけて行こう~っと。

バスに戻ってジェントルタイガーの所に顔出したら、クララが待ってるって言われたの。

Klu2737.jpg

クララからも、クルクの嫌疑は晴れたって言われたよ。
それから、もう無茶はよしなさいって言いたいけど、事件解決にはクルクみたいな行動力も必要だって言われたの。

ザイドとフォルカーでなく、
あなたを捜査責任者にするべきだったか。


な~んて冗談を言って、フォルカーが真に受けて焦ってましたw
やっぱまだ若いね、フォルカーは。

出て行こうとしたら、大統領と議長が一緒にやって来たの。

Klu2738.jpg

さっそくフォルカーがアンティカのことを口にしたら、議長が自分が・・・とか、ザイドが人払い・・・とか。
でも大統領は、隠し立てするようなことは何もないって。
そして、その時のことを話し始めたの。

Klu2739.jpg

軍務大臣がシフートを使って、アンティカを意のままに操ろうとしていたのは本当みたい。
だけど大統領と議長は、ガルカの民がアンティカに故郷を追われたことや、万が一のことを考えてそれはダメだっていう結論に達したの。
工房長の協力を得られれば、アンティカを自在に操ることが出来るかもしれない。
だけど、何かの拍子に制御が出来なくなっちゃったら、それは危険すぎるって。
それに、もしもこの計画がガルカの民に知れたら、どんな反感を買うかわからないとも。

確かにね、アンティカを操って戦わせることが出来たら、そりゃ~すごい戦力になるだろうね。
だけど、ガルカ達はどう思うだろう?
利用してやるって思うよりも、憎しみが先だろうねぇ。
それに、そう。
もしも制御できなくなったらバスは全滅、そしてアルタナ軍は惨敗することになっちゃうね。
だけど軍務大臣は、その計画を進めていたのです。

軍務大臣が計画を進めていたってこと、大統領は知らなかったみたいだけど、議長はどうだろう?
知ってたから阻止しようとして、トンベリを刺客として差し向けたのかなぁ?

Klu2740.jpg

やって来たのは、銃士隊のニコラウスとガルカのファイブムーンズ、それから礼服着た人。
ペイルイーグル議長の罷免を要求して、デレク・カルスト鉱務大臣が、三省代表会議の召集を求めているって知らせに来たの。
議長が軍務大臣を脅迫してたってことが、明らかになったんだって。
クルクが握らされた手紙の筆跡が、議長の秘書と一致したそうだよ。
でね、秘書の所に銃士隊が駆けつけた時には、すでに憲兵隊が秘書の身柄を拘束した後だったんだってさ。

っていうか、ちょっと待って!
そんなことよりも、クルクは別の所が気になるの。
鉱務大臣の名前、デレク・カルストっていったよね。
カルストって、現代バスのプレジデントと同性だよ!



< 続く >





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪





スポンサーサイト

【2016/01/17 23:59】 | 過去 バストゥーク クエ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック