2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やぴ~、クルクです(・▽・)ノ

過去のバスにやって来ました~★
受付・・・じゃなくて、んとー、アレのとこに行ったら、アーデルブレヒトって人が新兵を募集中だって言うの。

Klu2685.jpg

曖昧に返事をしたら、紹介状を見せろって言われたよ。
紹介状、もらってないから持ってないよ~。
なのに、「確かに」 って・・・。
やだ、コワイ(´・ω・`)
何を見て確認したんだろう?

さっそく試験を言い渡されたよ。
んとね、何かの小包を、北グスタの監視塔に持って行くんだって。
監視塔はいくつかあるんだけど、クルクが持って行くのは、【エドゥアルト塔】 だって。
それって、ど~こ~?(・▽・)

小包を持ったら、けっこう重いのね。
何が入ってるのかな?

北グスタをテッテケ走って・・・。
クルク、過去のグスタってよくわかんない。
過去じゃなくても、他の2国に比べたら、あんまり通らないもんなぁ。
でも過去の北グスタって、山越え出来るんだよね~♪
でも向かうのは、川の向こう側でした。

塔の前に隊長のおっちゃんがいたから、小包渡したの。
すぐに中身を確かめたら、ビスケットとアンチョビが入ってたみたい。
変な組み合わせ~( ̄_ ̄)

Klu2686.jpg

「やった!」 とか、ちょっと笑っちゃったww
そんなに好きなのかと思ったら、戦地では新鮮な野菜や果物が不足するから、嬉しいみたい。

これで役目はお終い~。
帰ろうかと思ったら、隊長のおっちゃんがね、「例の文書」 について何か聞いてるかって。
例の文書?
知らないよ。
そしたら内緒だよ~って、わざわざ教えてくれました。

北グスタの南西部にある 【ベネディクト塔】 ってとこにね、重大な罪に問われている、高名な軍学者が幽閉されているんだそうです。
「恐るべき深謀遠慮」 つまり、先の先まで深く考えて計画を練るって意味なんだけど、その凄さに大統領も屈服してるらしいのね。
で、その幽閉されている罪人に宛てて、定期的に首府から機密文書が送られてるんだって。
そんなことが世間にバレたら大変なことになっちゃうから、大統領からの手紙は悩みの種なんだってさ。

それって、軍の作戦をその人に立ててもらってるってこと?

隊長のおっちゃんが、ベネディクト塔にいる部下に、手紙が無事に届いているか確認して来てくれって言うの。
他にすることないから、まぁいいけど・・・。

ベネディクト塔ってどこなのかと思ったら、山のあっち側でした。
そしたらさ、山越え出来るね♪
わかりずらい山道を越えて~、ちょっと楽しかった(・▽・)ノ
そう言えば前に、ウェイレアのクエで通ったね。

で、ベネディクト塔まで行って、入り口にいる見張りの兵士に、手紙はちゃんと届いてる?って聞いてみたの。
大丈夫だって~。
機密文書の配達には、万全の警備体制であたっているってさ。
ま、そりゃそうだよね。

・・・と思ったら!

Klu2687.jpg

はぁ~?って感じ。
ただの手紙じゃないってわかってるのに、何やってるんだかね。

追跡隊が派遣されてるらしいけど、首謀者のクゥダフ兵を捕まえることは出来ていないみたい。
隊は北東にある陣地に逃げ込むだろうと思っているらしくて、そっちに向かってるんだって。
でも西にも、もう一カ所陣地があるみたいなの。
どのくらいのクゥダフ兵がいるかわかっていないから、隊を二つに分けることは無理だったみたい。
すぐに兵を集めるとか言ってるけど、間に合わないって。

まったくもぅ~、バカじゃないの~?って呆れちゃうよね。
そんなんでよくやってられるなぁ~。
いいよ、クルクが行ってくるよ。

西の陣地とやらに向かってみたら、バリケードが立てられてるところがあったの。
調べてたら、1匹のカメがやって来たよ。
そいつ、クルクのことジロジロみて、引き返そうとしたの。
そこへ・・・チョコボに乗った部隊がやって来ました。

Klu2688.jpg

ガルカの人がカメをやっつけて、親書を奪い返すことが出来たみたい。
よかったね。
このガルカの人は、ザザーグさんでした。
たしか、ジュノに援軍を送るようにバスに頼みに来た時、ザザーグさんには会ったよね。
どうやら一件落着のようなので、バスに戻りま~す。

これで試験は無事合格。
アーデルブレヒトが、ザザークさんのお墨付きだって教えてくれました。

親書が奪われたって、もしかして試験の一部で、あのカメは着ぐるみで、中に誰か入ってたんじゃないの~?って思っちゃうような、なんだかモッサリした展開でしたw




いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




関連記事
スポンサーサイト

【2016/01/04 23:59】 | 過去 バストゥーク クエ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック