2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~、クルクです(・▽・)ノ

イルキワルキは、エリザベスを迎えに行ったかな?
行ってみたら、またチンマリと座ってたの。

Klu2641.jpg

でも、行っても同じ結果になるって言ってる。
エリザベスの言う通り、自分は1人じゃ何も出来ないって(´・ω・`)
オートマトンに認められないなんて、からくり士失格だって言うの。

からくり士はオートマトンがいてこそだし、オートマトンだってからくり士がいてこそだってクルクは思うよ?
1人じゃ何もできないって、それでいいんじゃないかなぁ。

イルキワルキは、師匠はどうして自分をからくり士として認めたんだろうって言うの。
エリザベスは、どうしたら自分を認めてくれるんだろうって言うの。
すっかり自信喪失しちゃったの?
いつもは人の話を聞かない、女の子のお尻ばっかり見てる変な人だけど、ションボリしてるよりはずっといいよ。

クルク、バスにいるイルキワルキのお師匠に、ちょっと話を聞いてくるよ。

Klu2642.jpg

お師匠にイルキワルキのことを話したら、オートマトンに捨てられるなんて傑作だって、次のネタに出来るって笑ってるの(`・ω・´ )
イルキワルキも大概だけど、お師匠も変人っぽいよね~。
でもね、聞きたいことがあるなら、教えられることは何でも教えようって言ってくれました。

Klu2643.jpg

イルキワラキの性格上、それを持っていることがオートマトンに伝わっていないんだろうって言うのです。
しかも、イルキワラキ本人も、自分がそれを持っているってことに気づいていないだろう、と。

バルキーンは、かわいいね(*´▽`*)
この子はこんなに素直なのにねぇw
やっぱりオートマトンは、からくり士によって性格が違うのかな。

で、ね、大切な物ってなぁに?って、クルクも聞いてみました。
そしたらさ、「誰にでも教えてやれるものではない」 って言うんだよ~!
だってさっき、教えられることは何でも教えようって言ったじゃんかよ~ぅ(`・ω・´)
ブーブー文句言ったら、まずはそれを知る資格があるかどうかを判断するとか言ってんの。
本来なら、成長したからくり士が、自分で気づかなくちゃいけないことなんだって。
ふぅん・・・。

資格を得るには、まずはゼオルム火山に行って 【トグルスイッチ】 っていうのを取って来て、それからタラッカ入江に行くんだって。
でね、【バルキーンの記憶板】 っていうのを渡されたよ。

じゃ、行ってくるね☆
・・・で、ゼオルム火山て、ドコ?(・▽・)

んーっと、白門からバフラウに出て、ハルブーン通ってゼオルム火山か。
まぁいいや、行ってみましょう♪

トットコ走って、通せんぼする敵を蹴散らして、ハルブーンにやって来ました。

Klu2644.jpg

あったかいトコだね。
居眠りイモムシがいっぱいいたけど、起こさなければ平和♪
そんな感じでゼオルム火山に出たんだけど・・・。
地図がなかったよ(・▽・)

Klu2645.jpg

トグルスイッチっていうのがある場所は、わりとすぐ近くっぽいから、座標みて進めばへっちゃらぷ~♪
・・・えーっと、右ね・・・・・・あれ、左だったかw
ん?・・・逆?・・・の、逆・・・?

クルク、右とか左がわからない子みたいじゃん・・・( ̄_ ̄)
わかるからね!
左は胸倉掴む方で、右はグーパンチを繰り出す方。
言っとくけど、クルクはランボー者じゃないからね(・▽・)ノ

で、ウロウロしてたら、変なのがあったよ。

Klu2646.jpg

ここにトグルスイッチがありました。
そしたら、一度戻って、それからタラッカ入江に行こうかな。


< 続く >




いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2015/12/23 23:59】 | AF
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック