2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~、クルクでっす(・▽・)ノ

オートマトンを盗まれちゃったイルキワルキは、あれからどうしてるかな~って、アトルガンの白門まで行ってみました。
そしたら、なんかいい作戦を立てたトコみたいで、クルクを見て 「いいタイミングで来たね」 だって。
この前はクルクに探させて、自分はお尻ウオッチングしてたよね( ̄ω ̄)

イルキワルキは、話し合いで解決出来ればいいけどって言ってるの。
でも相手は自分の顔を知ってるから、逃げちゃうかもしれないって。
ん~、あのハゲの人って、そんなに悪いやつには思えなかったから、訪ねていっても逃げたりしないんじゃないかなぁ?
でも、まぁ、人の物を盗んじゃうんだから、わからないかぁ~(´・ω・`)
せっかく居場所を突き止めたから、確実に連れ戻せるように完璧な作戦を練ってたんだってさ。
その作戦に、クルクを手伝わせようっていうのね?
「もちろん、協力してくれるよね?」 って聞かれたけど、どんなことをするのかわからないまま 「うん」 とは言えないよ。

  はい
→ いいえ

Klu2605_20151220093613a81.jpg

・・・(´・ω・`)
クルク、「いいえ」 って返事したよね?
なんで協力することに決まったんだろう?
さっそく 【昏睡薬】 と 【チャイ】 を用意することになっちゃった。

えーっと、これはもしかして、チャイに昏睡薬を入れて犯人のハゲの人を眠らせて、その隙にオートマトンを奪い返すっていう作戦なのかな?
誰が飲ませるんだろう・・・。
昏睡薬はかぼすが作れるし、確か持ってたはず。
チャイは、白門の茶屋に売ってます。

さっそく用意して戻ったら、イルキワラキの方も準備が整ったみたい。
でね、犯人と顔見知りかって聞かれたよ。
この間会ったからね。
イルキワラキはナシュモの港に茶屋を作るから、クルクは犯人をお茶に誘ってそこへ連れて行くことになりました。
んじゃ、ナシュモに行ってハゲの人を探して来ようかな。

前に声をかけたガルカの人に、見かけなかった?って聞いてたら、ちょうどやって来たみたいだよ。
オートマトンも一緒です。
ハゲの人も、クルクに気が付いたみたい。

Klu2606_20151220100412468.jpg

何の用かって聞かれたけど、いきなりお茶に誘うのって変じゃない?
ハゲの人はいい人っぽいけど、クルクはタイプじゃないモンね。
誤解されても困っちゃうし。
オートマトンの話を聞きたいって言うのも、なんか逃げられちゃいそうだよね。

「クルク、ナシュモってあんまり知らないから、案内してほしいな~。港ってどこにあるの?」

そしたらさ、「ナシュモに来る人は、たいてい港から入ってくるものですが」 って言われてドキッ!
オートマトンが、暇なんだから行ってみようぜって、しめしめしめ(^m^)

港に行ってみたら、あまりにも不自然にお店が設置されてたよwww
しかも!!

Klu2607_20151220103438b49.jpg

怪しい!
怪しすぎるよっ!!
なんなのそれ!(^▽^;)

チャイがオススメって言ってるけど、そのチャイには昏睡薬が入ってるんじゃないのかな?
クルクはコーヒーがいいです(・▽・)ノ
イルキワラキが 「いい豆が入ってる」 とか言うから、ハゲの人もコーヒー頼んじゃった。
そしたら豆を切らしたとか、チャイをサービスするとか言いながら、鼻歌交じりで用意を始めたんだけど・・・。

ふんふ~ん♪
おいし~い~チャイの~
作り~方~♪
まずは~
ミ……
はい、できあがり!


「ミ…」 の後は!?
何で途中で止めたの?
一々がおかしいw
おまけに、二つ作ったチャイのうち、どっちが犯人用かわからなくなっちゃったとか!
ありえな~い(>д<)

……あとはキミの運に任せたぞ! クルク!

どっちも怪しげなチャイだけど、臭気が立ち込めている方を見極めて、クルクは湯気が立っている方を選びました。
でも、念のために、飲んでるふりして口をつけるだけにしておこうかな。
ハゲの人が、この間のお礼を言ってくれたの。
そしたらオートマトンが、お前のためにやってくれたわけじゃねぇだろってw
まぁ、ね。
あんな所で何をしていたのか、そして、今日は何か特別な用でもあったのかと聞かれたけど、答えたのはオートマトンでした。

Klu2608_201512201618130f8.jpg

と、その時、ハゲの人がバッタリ倒れたのです!!
昏睡薬、効いたんだね★

イルキワラキは顔を現し、「気づいていたのか…さすがだね」 って。
まぁ、さ、ずっと一緒にいれば、相手がどんな格好してたって、何となくわかっちゃったりするもんね。
今回は顔を隠してただけだから、余計にわかりやすかったんじゃないかと思うよ。
それに、しゃべってたし。

でね、イルキワラキは会いたかったって言うんだけど・・・。

Klu2609_20151220162752317.jpg


Klu2610.jpg


・・・・・・(^▽^;)
タイトル、これだったのねwww
っていうか、オートマトンの名前、エリザベスって言うの!?
エリザベスって、女性名だよね?
でも 「オレ」 って言ってるよね?
しかも、この言葉使いの悪さ。
どこのJKですかw

イルキワラキが、迎えに来たから一緒に帰ろうって言うんだけど、エリザベスは 「イヤだね!」 って言って、走って行っちゃった( ̄□ ̄)
え・・・断られちゃったよ・・・?
去って行くオートマトンの後ろ姿を見て、イルキワラキは 「照れちゃってなぁ」 とか、「エリーかわいいよ」 とか、おいおいおい?
この人、大丈夫なの?

犯人のハゲの人が起きないうちに探しに行こうって言ってる側から、起きちゃった(´・ω・`)ハヤイノネ
ハゲの人、イルキワラキを見て 「ついにお会いできた!」 だって。
オートマトンを盗んだことは謝るから、助けてくださいって言うの。
ドロボーしといて、なに調子の良いこといってるんでしょう(`・ω・´)
でも、何を助けるの?

Klu2611.jpg

横暴って・・・w
あ、でも、前回のやり取りを見てたら、なんとなくわかるかもしれない(^_^;)
でね、どうしてオートマトンを盗んだのかって聞いたの。
そしたらその訳を話し始めたんだけど・・・。

雨の日にやって来た、からくり士になりたいと言っていた小さなミスラの子。
その願いを叶えるために、ドラゴンまで倒したハゲの人!
その後に待ち構えていた悲劇とは!?

途中でイルキワラキが 「長い」 って言うと、ハゲの人は 「3分の1」 だって言うのw
いや、クルクはハゲの人の話を聞きたいって思ったよ。
でもイルキワラキが、オートマトンを探しに行きたいって、話しを打ち切っちゃった(´・ω・`)
ハゲの人は、「とうとうあの非情で凶悪なオートマトンを連れて帰ってくれるのですね!?」 って嬉しそうw

イルキワルキは、「無駄話」 を聞いてたおかげで遅れちゃったとか言って、クルクにもう少し付き合ってって。
イイよ!(・▽・)ノ
ここまできたら、最後まで見届けたいもんね。
ハゲの人も手伝ってくれるみたい。
っていうか、連れて帰って欲しいんだもんね?ww
ここからは船に乗らない限り、カダーバの浮沼にしか行けないみたい。
そんじゃ、行ってみましょう~。

カダーバの浮沼って、この前も来たじゃん?
だけどココって、ややっこしいのね!!
敵も絡まん坊だから、クルクはモンクに替えて行くことにしました♪
ずっと、竜騎士から黒魔やってたから、モンクは久々です(*´▽`*)
途中にある扉は、【ラミアの牙のカギ】 がなくちゃ開きません。
カギは、コンクエまたぎで手に入る場所もあるし、ラミアとかウロウロしてる敵を倒すと手に入ることもあるよ(・▽・)

Klu2612.jpg

カギで入った先にも扉があるんだけど、こっちは中から開けて外に出ることが出来ました。
エリザベス、こんな奥の方にまで来ちゃってるんだね。
どこにいるんだろう? って探してたら、木に隠れるようにして立ってたよ。

Klu2613.jpg

イルキワラキが帰ろうって言うんだけど、エリザベスはやっぱり 「イヤだね」 って言うの。
何でも言うことを聞く下僕を手に入れたから、こっちで楽に暮らしてた方がいいってさ。
下僕・・・www
でもイルキワラキは、また一緒にからくり芸をしようってエリザベスに言います。
そこからの二人のやり取りは秀逸ですw

「オマエの芸を楽しみにしてる人がたくさんいるんだぞ」 とイルキワラキが言えば、エリザベスは 「けどそれは、オレの芸を楽しみにしてるんであって、オマエの芸を楽しみにしてるんじゃない」 って返します。
つまり、二人でやる必要はないってことを言いたいのね。
エリザベスが 「オレは1人でもやっていける」 って言うと、イルキワラキは 「そう言ってソロ活動を始めて、売れなかった芸人をボクはたくさん見ている!」 ってwww
うん、確かにいるよね。
でもエリザベスは、「オレだって、『これ相方いる必要まったくないよな』 って芸人をたくさん見てきたぜ」 って言い返しますwww
うん、確かにいるよね。

とにかく、エリザベスは帰る気はないみたいなの。
無理に連れて帰っても、絶対に上手くいかないと思うな。
エリザベスが言ってたけど、イルキワラキは最近ストリンガーにも触ってないんだって。
その辺も、エリザベスには不満だったのかな。
もうっ、オシリばっかり見てるからだよ!(`・ω・´)

イルキワラキが今日は帰るって言うと、ハゲの人が「えっ、えっ!?」 って、すごい動揺してるww
必ず迎えに来るって言ったイルキワラキに、必死になってますw

Klu2614.jpg

ハゲの人が、オートマトンを盗んでしまったお詫びにって、【パペトリチュダル】 っていう両脚装備をイルキワラキに渡したのです。
必ず来るっていう約束も兼ねて、らしいよw
この装備は、「からくり士になりたいと言ったあの子が、最後に私に託したものです」 ってハゲの人が言ってたんだけど、最後にって、小さいミスラの子は死んでしまったの!?
お話の続きが知りたいよぅ(>д<)
でもイルキワラキは、「あの子」 がどの子かわかってないみたいw
手助けしてくれたクルクに受け取ってもらうって言って、クルクにくれたのです。
ありがと~。

じゃあ、帰るねって、イルキワラキがもう一度 「エリザベス! 必ず迎えに来るからね!!」 って言うと・・・。

Klu2615.jpg

さぁ、イルキワラキはエリザベスに帰って来てもらうことが出来るのでしょうか!?

・・・面白すぎるw








いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2015/12/21 23:59】 | AF
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック