2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~、クルクです(・▽・)ノ

ガードのおいちゃんに、ミッションどうなった~?って聞きに行ったら、どうやらズヴァール城へ冒険者を送り込むことに決まった様ですよ!
・・・それはつまり、クルクを送り込むってことですねw
そんじゃ、プレジデントのところに行って来ます~。

いつもはナジやアイアンイーターに案内されて入るのに、今回は直接クルクが部屋に入って行ったの。
フォルカーは後から来るみたいだけど、銃士隊の他メンバー・・・ナジはともかく、アイアンイーターも同席させないほど、プレジデントは作戦を極秘に進めたいみたい。

議会は結局、銃士隊を動かすことを承認しなかったんだって。
おまけに、北の地のことはサンドリアに任せておけばいいっていう結論を出したそうなの。

Klu2521.jpg

プレジデントが、初めて語ってくれました。

バスは他国から、自らの利益ばかり考えてるって言われているそうです。
だけど、そうやってバスは大きく成長してきたのだそうです。
そしてプレジデントは、そんなこの国の体質を否定しないし、嫌いでもないと言いました。
だけど、それが競争心ではなく保身につながった時、この国はまったく機能しないと言うのです。

Klu2522.jpg

それからね、「これだけは言っておく」 ってクルクに向かって 「おまえは英雄ではない。一介の冒険者だ」 って言ったのです。
だから、「物言わぬ人々の代弁など必要ない」 って。

利己的でかまわん。
自分の利益のためにミッションをこなしてくれ。
その重圧に苦しむのは、
どこぞの大統領や隊長の仕事だ。


・・・どうしよう・・・プレジデントがカッコいいw
シドがカルストを大統領に推した理由、わかった気がする。

フォルカーがやって来て、ズヴァール城の説明をしてくれました。
そして今、闇の王を復活させようとしている勢力があり、何としてでもそれを阻止しなければならないって言われたよ。
手遅れだった場合は、闇の王を仕留めてくれって。

Klu2523.jpg

それからね、ザイドへ伝言頼まれたよ~。
「決着はついていない、早く帰って来い」 だってさ。
なんの勝負してたんだろうね?

さて、フォルカーが親切にズヴァール城の場所を教えてくれていたけど、クルクはクリスタルで闇の王の間の前まで飛んじゃうのです♪

Klu2524.jpg

そして帰りはデジョンで・・・ん?
・・・んー、闇の王とのことは、前にも記事にしたからいいよねw
あぁ、ザイドに会ったけど、伝言するの忘れちゃった★

バスに戻って報告に行ったら、シドも来てたよ(・▽・)
闇の王復活に間に合ったのかって言うフォルカーに、復活した奴を倒したに決まってるってシドが言うの。
そしたらさプレジデントは、復活前だろうが後だろうが、それはどっちでもいいことだって。

Klu2525a.jpg

利己的で合理主義。
この国が好きかどうか、居心地がいいかどうか、それは別問題だけど、クルクはプレジデントのやり方、嫌いじゃありません。

Klu2526.jpg

プレジデントの部屋を出ると、一緒に出て来たシドに 「これからもよろしく頼む」 って言われちゃった(・▽・)アイヨ

でね、闇の王の正体について、ザイドは薄々気づいていたんじゃないかって言うの。
だから部隊を離れたんじゃないかって。
フォルカーは、叔父のウルリッヒのことを尊敬してたんだって。
だから、ラオグリムが死んだことでウルリッヒが隊長の地位を得たっていう蔭口に、悩んでいたってシドが教えてくれました。
それでね、フォルカーには言わないでくれって言われたの。
闇の王の正体がラオグリムだったって言ったら、何故? ってことになるし、そしたら30年前のことを言わなくちゃならなくなるもんね。
シドは、こうやって隠してしまうことがいいことだとは思わないけど、我々弱い人間には時という薬が必要なことがあるって言ってました。
うん、わかるよ。
フォルカー隊長も、もしかしたらって心のどこかで思っているかもしれないよね。
クルクがそう思う理由は、フォルカー隊長はいつでも職務に忠実であろうとしているように思えるから。
それが当たり前で、クルクは真実を知っているから、だからそんな風に思ってるだけかもしれないけど。
でも、その事実を突きつけられて、受け止められるかどうかはわかんないよね。

それからね、ルシウス補佐官が出てきて、シドにプレジデントを推薦した理由を聞いてきたの。
前に聞いて、まだ聞かせてもらってなかったみたいなの。

15年前に、パルブロで事故があったんだって。
その時はシドが責任を取って、火薬研究所の所長を退いたそうです。
てことは、その事故って火薬の爆破かなんかだったのかな?
だけどその後も、政府は責任のなすりつけ合いをしていたんだって。
そんな中、まだ新米の官僚だったカルスト1人が、パルブロを捨ててツェールン鉱山の再開発っていう案を提出したんだそうです。
シドは、パルブロで働いていた人たちの気持ちを考えない、ヒドイ案だって思ったって言うの。
だけど、政治屋としての技術は信用できるって思ったんだって。

Klu2527.jpg

バスってさ、他の2国より現実的だよね。
今必要なことは何か?
それにはどうすればいいか?
感傷は余計な感情で、そんなもので国は守れない。
プレジデントって、そんな感じ。
この先、また違った一面が見えたりするんでしょうか。







いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



スポンサーサイト

【2015/12/02 23:59】 | バストゥークミッション
トラックバック(0) |

人間味
らぶりぃ
クルちゃん、こばわんにゃん(^ー^)ノ

やっと仕事から戻ってお風呂しながらお返事してますよん〜
大統領って最初はへんなヤツって思ったけど人間として味があると言うかヒュームの代表みたいなヒトですね( ̄▽ ̄)
バス国民や他国の人間がどう言おうと自分の信念があるならば利己的だ構わんだなんて大統領が言っちゃダメでしょ(笑)
だけど個人的なヒトとしてなら好きな部類ですね(*^^*)

闇王は元気にしてましか?
私も近いうちに会いに行くつもりだけど留守にしてたら困るし今度メールでもしておきます(笑)
着ぐるみ脱いだら中身はラオグリムだしね〜
そのことを知ってるのは極一部のヒトだけなんだけど薄々気づいてるっぽいのかな?

まずは大統領や闇王が終わってコーネリアとの間がどうなるか気になります〜



Re:人間味
クルク
らぶたん、こぬぬちは~(・▽・)ノ

シニカルで他人を信用していない人だと思っていたプレジデントですが、このミッションでホントの人柄が何となくわかりかけた気がしてます(・▽・)

利己的で構わないって言われましたが・・・
英雄ならば、みんなの期待に応えなくてはならないけど、ただの冒険者なんだから、「闇の勢力をどうにかしなくては!」っていう使命や責任を背負うことはないって言われたんだと思いました。
つまり、無茶はするな、責任を背負うのは上に立つ者の仕事だって、そう言ってるんじゃないかなって。
そして、任務をやり終えた者に対して、感謝や誉めたたえる言葉ではなく、与える物は「報酬」 って、いかにもバスっぽいです★

闇の王は・・・あっという間だったからクルクは挨拶もしなかったけど、ザイドとはなんか話してましたよ~。

そういえば、コーネリア(プレジデントの娘の方)はどうしたんでしょう?
出てこなかったけど、これからストーリーに顔出してくるのかな?


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
人間味
クルちゃん、こばわんにゃん(^ー^)ノ

やっと仕事から戻ってお風呂しながらお返事してますよん〜
大統領って最初はへんなヤツって思ったけど人間として味があると言うかヒュームの代表みたいなヒトですね( ̄▽ ̄)
バス国民や他国の人間がどう言おうと自分の信念があるならば利己的だ構わんだなんて大統領が言っちゃダメでしょ(笑)
だけど個人的なヒトとしてなら好きな部類ですね(*^^*)

闇王は元気にしてましか?
私も近いうちに会いに行くつもりだけど留守にしてたら困るし今度メールでもしておきます(笑)
着ぐるみ脱いだら中身はラオグリムだしね〜
そのことを知ってるのは極一部のヒトだけなんだけど薄々気づいてるっぽいのかな?

まずは大統領や闇王が終わってコーネリアとの間がどうなるか気になります〜

2015/12/04(Fri) 01:03 | URL  | らぶりぃ #-[ 編集]
Re:人間味
らぶたん、こぬぬちは~(・▽・)ノ

シニカルで他人を信用していない人だと思っていたプレジデントですが、このミッションでホントの人柄が何となくわかりかけた気がしてます(・▽・)

利己的で構わないって言われましたが・・・
英雄ならば、みんなの期待に応えなくてはならないけど、ただの冒険者なんだから、「闇の勢力をどうにかしなくては!」っていう使命や責任を背負うことはないって言われたんだと思いました。
つまり、無茶はするな、責任を背負うのは上に立つ者の仕事だって、そう言ってるんじゃないかなって。
そして、任務をやり終えた者に対して、感謝や誉めたたえる言葉ではなく、与える物は「報酬」 って、いかにもバスっぽいです★

闇の王は・・・あっという間だったからクルクは挨拶もしなかったけど、ザイドとはなんか話してましたよ~。

そういえば、コーネリア(プレジデントの娘の方)はどうしたんでしょう?
出てこなかったけど、これからストーリーに顔出してくるのかな?
2015/12/04(Fri) 10:12 | URL  | クルク #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック