2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やっぷ~、クルクです(・▽・)ノ

バスに移籍したので、早速ミッションを始めたいと思います★

Klu2469.jpg

このガードのおいちゃんは、ランクが1だからってバカにすることもなく、「初めてのミッションのようだな?」 って優しい感じ(*´▽`*)
お仕事の内容は、ツェールン鉱山にいる監督官から報告書をもらってくるっていうもの。
カンタ~ンなお使いなのです♪

Klu2470.jpg

D‐7 にいるマカリムって人に話しかけると、【鉱山労働報告】 っていうのを渡してくれました。
報告書を見ちゃったんだけど、そこには労働者の大半を占めるガルカたちの労働意欲の低下が著しいっていうことと、ヒュームの監督官への反抗的な態度、30年前に失踪した『語り部』が再び現れることを期待しているっていうようなことが書かれていました。

ほらほらほら~、出ましたよ~、ヒュームとガルカの確執!
それから、語り部ってなんだろ?
30年前に失踪?
30年前って言うと、例の合同調査って浮かぶんだけど・・・関係ある?

マリカムさんは、ヒュームとガルカの間に信頼関係があれば、見回りなんて必要なんてないって言ってました。
でも、ねぇ・・・。

それでこの報告書は、ガードの人じゃなくて、ナジに持って行くんだって。
おぉ~、ナジかぁ~(・▽・)
そう言えばフェイスで呼んでないなぁ~。

ナジに報告書を渡したら、「最初の使命ながら、よく達成したな」 って褒められちゃったよ。
なぜだか、ちょっと複雑な気分w

でね、ちょうど通りかかったルシウス補佐官とかいう人が報告書を読んでね、この人も語り部のことを言ってたの。
それで報告書はこれからも自分の所に持ってくるようにって、ナジに言ってたよ。
プレジデントに無用の心配はかけたくないからってことらしいんだけど・・・この人、イイ人?
クルク、疑い深くなってるのかな?

あ、そうそう。
クルク報告書読んじゃったじゃん?
そしたら補佐官の人に、「封をされた書の中を見るのはあまり趣味がいいとは言えない。覚えておけ」 って言われちゃったw

Klu2471.jpg

別に趣味じゃないよー。
そういう言い方するから、イヤミっぽいって思われるんだよー。
良かろうが悪かろうが、趣味なら見てもいいのかって話になっちゃうじゃん。
それに、趣味を他人にとやかく言われる筋合いはないもんね。
アンタの趣味の好みなんか、知ったこっちゃないわ┐(  ̄ー ̄)┌
クルクだったら 「封をされた書の中身は見るものじゃない。これからは気をつけろ」 って言うけどね。

何はともあれ、初めのミッションは成功で~っすヽ(*´▽`*)ノ

おしまいwww






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2015/11/17 23:59】 | バストゥークミッション
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック