2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やぴ~、クルクです(・▽・)ノ

さぁ、いよいよやって来ました、次期国王を選定する継承の儀ですよ~ヽ(*´▽`*)ノ
式には関係者以外は参加出来ないんだけど、クルクは大聖堂の周辺警備も兼ねて、式への参加が認められているので~す♪
騎士団でさえ、式の時に大聖堂に入ることは許されていないんだって。

大聖堂で、クルクは少し後ろの方に待機です。
クルクすごいよね~(´▽`)
だってさ、クリルラさんとラーアルは別格だろうけどさ、サンドリアの歴史的瞬間に居合わせているんだよ~(≧▽≦)

Klu2169.jpg

式は、教皇が執り行うようです。
ランペール王の石版に刻まれた内容は・・・

ドラギーユの真の継承者をもって
聖剣はその身を大気にさらさん
その時、この世に光、満ちあふれん


つまり、聖剣を鞘から抜いた者が、真の継承者であるってことらしいです。
その言葉通り、二人の王子のうち、聖剣を抜いた方が次期国王と認められると教皇は宣言して、国王にも異議はないかと訊ねます。
もちろん、国王は異議なし。

初めに剣を抜くのは、トリオンです。
すると、「待て!」 という声が!

Klu2170.jpg

コトールポワン!?
いいえ、ロシュフォーニュです!!
海に落ちたんじゃなかったのね!
コトールポワンが鎧を拾いに崖を降りた時、落ちたと思わせて隠れていたロシュフォーニュがコトールポワンを襲ったみたい。
今頃は海の底だって。
どうやって警備の厳しい大聖堂に入れたのか疑問だったけど、王家の暗殺者っていう隠蔽された存在だからこそ、潜り込むことが出来たみたい。
ロシュフォーニュは、「姫の首が体から離れるのを見たくなければ、その剣をこちらに渡すがいい」 とトリオンに言います。
ここで何だかんだと言わずに、トリオンは3つ数えて自分は剣を投げるから、ロシュフォーニュにはクレーディを放せとすぐに言うの。
やっぱり妹は、何よりも大切なんだなぁ〜( *´ ▽ ` *)

Klu2171.jpg

で、聖剣とクレーディを交換したわけですが、ロシュフォーニュは騎士たちに周りを囲まれています。
どう脱出するんだと問うトリオンに、ロシュフォーニュは 「聖剣を手に入れるまでの苦労に比べたら容易い」 って答えるの。
でもね、ドラギーユ王家の方が一枚上手でした。
ロシュフォーニュに渡した聖剣、ニセモノなんだって!
死体が上がらなかったから、きっと生きていて、この場に現れるって思ってたみたい。
これはきっと、ピエージェあたりの策なんじゃないかな。
って言うか、ニセモノだからすぐに応じたのか( ̄_ ̄;)

Klu2172.jpg

トリオンが剣を抜きました!
いや、抜ききってはいないけど、トリオンが抜けるんだ!(* ̄□ ̄*)
じゃあ、時期国王はトリオンてこと?
や、本当は誰にでも抜けるのかもしれないよ?

とか考えてる場合じゃなくて・・・。

ロシュフォーニュがトリオンにやめろと叫び、続いて 「クレーディ、頼むっ!」 って。
すると王女が、トリオンに何かを投げつけたの。
何かが飛び散って、トリオンは聖剣を取り落としてしまいました!

その騒ぎを、上から見ている者がいました。

Klu2173.jpg

オークです!
サンドリアの警備は、いったいどうなってるの!?
これも、魔法壁が消えたせい?
でも、クルクのせいじゃないよ~(>д<)

飛び降りてきたオークは聖剣を掴み、阻止しようと向かって来たロシュフォールを聖剣で打つと、そのまま逃げてしまったのです!
・・・・・・え(; ̄□ ̄)
せ、聖剣・・・奪われちゃった・・・。
あっという間の出来事で、きっと全員、何が起こったかわかってるかなぁ?
騎士団はオークを追って行ったけど、捕まるとは思えません。

そんな中で1人、教皇が 「なぜだ!」 と叫んでいます。

Klu2174.jpg

ははぁ〜ん、そういうことね。
聖剣を抜けば、楽園の扉が開くと思ってたんだ?
そんな教皇に、ロシュフォーニュは 「あなたたちはあの危険極まりない剣に対してあまりにも無知だ!」って言うの。
だって、教えてくれてないんだから、わからなくたって仕方ないじゃん(`・ω・´ )

ロシュフォーニュは、あの剣こそがタブナジアを壊滅に導いた、恐ろしい邪剣だと言います。
20年前のタブナジアの大爆発は、オークの兵器が爆発したんじゃなくて、ロシュフォーニュが聖剣を抜いてしまったために起きた災厄だったということみたい。
だからロシュフォーニュは、聖剣を封印しようとしていたって言うんだけど・・・。
あ、封印しようとしてたの?(^_^;)
やっぱり、話し合いって大事だよね★

ロシュフォーニュはトリオンに、なぜ剣を封印しようとしていたかわかるだろうって言います。
剣を途中まで抜いたトリオンは、あの時この世界の力をすべて手中に収めたような気がしたって言うの。
自分以外はこの世に必要ないっていう気持ちになったんだって。
クレーディ王女が幻夢花の花粉を投げなければ、トリオンはあの剣に滅ぼされていたそうです。
コワっ!

聖剣と言われているランペール王の剣が、なんでそんな邪悪なものになっちゃったんだろう?
ロシュフォールが気を失ってしまったので、それ以上話を聞くことが出来ません。
それと、教皇はどうして聖剣を抜けば楽園の扉が開くだなんて思ったりしたんだろう?
それについては、王様が聞いてくれるみたいだよ!
とりあえず、一度お城に戻って対策を練るそうです。


お城にはクルクも呼ばれてるんだけど、その前に、教皇はどうなってるのかと大聖堂の人たちに話を聞いてみると、ドラギーユ城で身柄拘束って感じみたい。
教皇が身柄拘束だなんて、そんなことが知られたら信者たちがパニックになっちゃうから、極秘なのかな。
幸い、現場にいた者にしか知られていないので、それはよかったよね〜。

それじゃ、お城に王様の話を聞きに行ってきます(・▽・)

まず、ロシュフォーニュは未だ昏睡状態だそうです(´・ω・`)
鞘に収まってたとはいえ、あの聖剣の威力だから、あとは見守るしかないみたいです。

で、教皇なんだけど・・・。
聖剣が継承の儀に用いられるものだっていうのは、石版に書かれていたことを教皇が捏造した話だったんだって!
本当の内容は、あの剣を決して抜くことなく代々厳重に保管せよっていうことだったみたい。
何でそんな嘘をついたのかっていうと、教皇はあの剣が楽園の扉を開くカギだと思ってたんだって〜。
だから、ウソをついてでもあの剣を抜きたい。
でもあの剣を抜けるのは王家の者だけ。
それで、継承の儀を利用したんだそうです。
じゃあ、どうしてあの剣がカギだって思ったのかっていうと、なんとエルドナーシュが教皇にそう吹き込んだって言うじゃない!
カムラナートじゃなくて、あのチビがね!!
そこで話は、それじゃぁあの剣は一体何だって方向になるんだけど、そうじゃないでしょ〜!
エルドナーシュがどういうつもりで言ったのかってことの方が重要じゃないの?
エルドナーシュのせいで、危うくサンドリアが消し飛ぶとこだったんだよ!?
子供の戯言を信じたって、教皇を貶めれば済むのかもしれないけど・・・。
教皇は長年楽園の扉を探し求めている教会の人だから、惑わされちゃったのも仕方ないのかなぁ?
教皇も被害者の1人なのかもしれないけど、立場が立場だからね。
どういう刑が下るんでしょうか。

何がどうであれ、聖剣はオークの手に渡ってしまったのです。
すぐに取り返さないと、大変なことになっちゃうのです!(>д<)
全軍をあげて、聖剣を奪取するという国王に、トリオンが自分に指揮をとらせてくれと言います。
それを王は、1度運命という舞台から降りて冷静になれと言うのです。
そして、トリオンは前線に立って誉れ高きドラギーユ家にふさわしい働きを騎士たちに見せ、我が家の武名を取り戻すようにと言います。
ピエージェには、補給路を確保して前線のトリオンを支援するように言いつけ、クレーディにはロシュフォーニュの看病と監視をするよう言います。
そして最後に、クルクに 「もしも我々を見捨てていなければ、トリオンとともに前線に赴いてはくれぬか」 って。
王様は、今一番大切にしなくてはならないのは、サンドリアの民だと言います。

と、そこへ、剣を奪ったオークたちが北の地フェ・インに陣を張ったという報告が入りました!
今回作戦の指揮をとる王様から、命令が下りました。

Klu2175.jpg

よぉ~っし、そんじゃトリオンと一緒にフェ・インに行って、一暴れしてくるよ!(・▽・)ノ






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




関連記事
スポンサーサイト

【2015/09/30 23:59】 | サンドリアミッション
トラックバック(0) |

ウソツキ教皇!
らぶりぃ
クルちゃん、こっんっにっちっわぁ(*´ω`)ノ

ついに次期国王の継承の儀なのですね~!
本当はサンドリアでもかなり上位のヒトしか参加出来ない儀式に、
参加出来ちゃうなんてサンドリアはクルちゃんを信頼してるのですね♪

最初はサンドリアなんてヘンなヒトしか居ないと思ってたけど、
国王様もトリオンもピェージェも王女様もイイヒトって感じました(☆ω☆)
失礼なヤツって極一部の下っ端だけなのかもですね!

ロシュフォーニュが聖剣を奪った時にはどうなるかと思ったけど、
さすがトリオンとピェージェ兄弟!
崖から落ちても死んではいないと気付いて逆に罠を仕掛けるとは…
だけどロシュフォーニュもタブナジア復興じゃなくて、
聖剣を封印するために忍び込んだのが分かってホッとしました♪

まぁ、王女様に剣を向けちゃったのはやりすぎだから、
何らかのお咎めがあるのは仕方なさそうだけど情状酌量になるかな?

…で、問題は教皇ヾ( ̄ω ̄;)ノ

いくらエルドナーシュに聞いたとは言えウソまでついて、
神聖な継承の儀を自身の私欲のために使うなんて許せません!
そんなに楽園の扉を開きたいなら私が招待するので、
いつでもこっちのヴァナへ荷物梱包して送って下さい(笑)
きっと数分でテキのエサになると思います( ・ω・)b

クルちゃんはオークに奪われた聖剣を取り戻しに、
サンドリアのヒトタチと最後の戦いですね!
あの聖剣はかなり危ないっぽいのでクルちゃんのチカラで、
ヴァナを守って下さいっヾ(⌒ω⌒)ノ


Re: ウソツキ教皇!
クルク
らぶたん、こ ★ ば ★ わ(・▽・)ノ

サンドリアの人達って変な人多いけど、それを言ったら、ウィンダスのタルタルなんて変な人しかいないっていうか・・・www
他人を見下すようなことを言う失礼な奴は、下っ端のデキナイ奴らです。
あとは、偉そうな口調なのはお国柄かなw

サンドって、ウィンやバスと違って、エルヴァーンだけの国だから、同族以外を認めない傾向にあるのかもですね。
親しくなったりすると、身内扱いになるっぽいかも。
クルクも慣れて来たけど、未だに南のモグハがどっち方向だか覚えられませんw

ロシュフォールが王女を人質にしたのは、王女も承知のことだったんじゃないかと思うのです。
前回の最後に庭にやって来て話があるって言ってたし、トリオンが剣を抜こうとした時に無限花の花粉を投げるように頼んでいから。
多分ロシュフォールは、王女となら聖剣を交換してくれると考えていたんだと思います。
王家の方が、一枚上手でしたけど(^_^;)

教皇は、後でゆっくりじっくり話を聞いて、場合によっては梱包してらぶたんトコロに送りつけますね♪
オジサマ・・・と言うよりはオジイチャンなので、敵を釣るエサにするもよし、攻撃を躱す盾にするもよし、敵を欺く囮にするもよし、好きに使ってください(・▽・)ノ
返却は不要で~す★

それじゃ、最後の戦いへレッツゴ~なのですヽ(*´▽`*)ノ



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ウソツキ教皇!
クルちゃん、こっんっにっちっわぁ(*´ω`)ノ

ついに次期国王の継承の儀なのですね~!
本当はサンドリアでもかなり上位のヒトしか参加出来ない儀式に、
参加出来ちゃうなんてサンドリアはクルちゃんを信頼してるのですね♪

最初はサンドリアなんてヘンなヒトしか居ないと思ってたけど、
国王様もトリオンもピェージェも王女様もイイヒトって感じました(☆ω☆)
失礼なヤツって極一部の下っ端だけなのかもですね!

ロシュフォーニュが聖剣を奪った時にはどうなるかと思ったけど、
さすがトリオンとピェージェ兄弟!
崖から落ちても死んではいないと気付いて逆に罠を仕掛けるとは…
だけどロシュフォーニュもタブナジア復興じゃなくて、
聖剣を封印するために忍び込んだのが分かってホッとしました♪

まぁ、王女様に剣を向けちゃったのはやりすぎだから、
何らかのお咎めがあるのは仕方なさそうだけど情状酌量になるかな?

…で、問題は教皇ヾ( ̄ω ̄;)ノ

いくらエルドナーシュに聞いたとは言えウソまでついて、
神聖な継承の儀を自身の私欲のために使うなんて許せません!
そんなに楽園の扉を開きたいなら私が招待するので、
いつでもこっちのヴァナへ荷物梱包して送って下さい(笑)
きっと数分でテキのエサになると思います( ・ω・)b

クルちゃんはオークに奪われた聖剣を取り戻しに、
サンドリアのヒトタチと最後の戦いですね!
あの聖剣はかなり危ないっぽいのでクルちゃんのチカラで、
ヴァナを守って下さいっヾ(⌒ω⌒)ノ
2015/10/01(Thu) 16:37 | URL  | らぶりぃ #-[ 編集]
Re: ウソツキ教皇!
らぶたん、こ ★ ば ★ わ(・▽・)ノ

サンドリアの人達って変な人多いけど、それを言ったら、ウィンダスのタルタルなんて変な人しかいないっていうか・・・www
他人を見下すようなことを言う失礼な奴は、下っ端のデキナイ奴らです。
あとは、偉そうな口調なのはお国柄かなw

サンドって、ウィンやバスと違って、エルヴァーンだけの国だから、同族以外を認めない傾向にあるのかもですね。
親しくなったりすると、身内扱いになるっぽいかも。
クルクも慣れて来たけど、未だに南のモグハがどっち方向だか覚えられませんw

ロシュフォールが王女を人質にしたのは、王女も承知のことだったんじゃないかと思うのです。
前回の最後に庭にやって来て話があるって言ってたし、トリオンが剣を抜こうとした時に無限花の花粉を投げるように頼んでいから。
多分ロシュフォールは、王女となら聖剣を交換してくれると考えていたんだと思います。
王家の方が、一枚上手でしたけど(^_^;)

教皇は、後でゆっくりじっくり話を聞いて、場合によっては梱包してらぶたんトコロに送りつけますね♪
オジサマ・・・と言うよりはオジイチャンなので、敵を釣るエサにするもよし、攻撃を躱す盾にするもよし、敵を欺く囮にするもよし、好きに使ってください(・▽・)ノ
返却は不要で~す★

それじゃ、最後の戦いへレッツゴ~なのですヽ(*´▽`*)ノ

2015/10/01(Thu) 20:28 | URL  | クルク #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック