2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
いつもの如く突然なことではありんすが、本日は、クルクの新たな旅立ちの日なのでありんす。

クリスタルワープを使って、クルクはジュノへやってまいりました。
ジュノで何をするかと言うと、昨日取った三本のカギで、カザム行きのパスを手に入れるのです!
飛空艇さ、三国とジュノ間は、ミッションランクを上げないとパスがもらえないじゃない?
お金で解決するって方法もあるけどっ。
だけどカザム行きなら、カギさえあればOKだぬん♪
まずは地図屋さんに寄って、エルシモ地方の地図を購入。
忘れ物はないか確認したら、乗り場へ行って、3本のカギと交換でパスをもらいました(´▽`)ノ
飛空艇の初乗りがカザム行きっていうのもナンだけどww
え?
カザムで何をするのかって?
ノーグに行くんだよっ(・▽・)

ちょうどやって来た飛空艇に飛び乗り、いざ大空の旅へ!
むむん、やっぱり飛空艇も閑古鳥ですか(^_^;)
クルクの貸切状態です。
まぁ、気分はよろしくてよ(*´ー`*)
飛空艇やお船は移動に時間がかかるけど、やっぱいいよね~。
冒険してるって気分になるもん。
甲板でお空の上から景色を眺めて、写真を撮ろうとしたけどいいアングルが決まらなくて、そんなことをしているうちに、カザムに到着で~っすヽ(*´▽`*)ノ

Klu140621212647a.jpg

一気にリゾートな雰囲気です。
クルクは、旅先に着いて早々にお土産屋さんを覗いちゃうタイプですww
カザムと言ったら、パインですよね!
クルクはパイナップルの形をしたパイナップルクッキーが好きですが、ココには売っていません(´_`)
お猿がうろついていますが、ココではお猿による被害は出ていないのでしょうか?

Klu140621213821a.jpg

カザムのお猿と記念写真★
観光地でたまに見かける、いきなり写真を撮ってお金を請求される、悪徳写真屋はいないようです。
一回り二回りして、三回りもすればもう十分!
出口はどこだいヽ(`д´)ノ
チョコボ屋さんでチョコボをレンタルしたら、いざ大森林へ!

・・・・・・。

ユタンガ大森林は、自然が作り上げだ大迷路です。
今回の旅でクルクが目指している場所はノーグなのですが、行くにはユタンガの大迷路をクリアしなければなりません。
地図を見ずに颯爽とチョコボを走らせた記憶は、今は何の役にも立ちません。
ユタンガ初心者は、地図がなければ野垂れ死ぬことは必須でしょう。
が、地図があっても迷います。
たしかココって、行きと帰りのルートがあったよね?
どっかの穴からトンネルを抜けて・・・。
目印は滝ですが、目先の目印に惑わされてはいかん!
・・・惑わされっぱなしのクルクは、地図を持っているにもかかわらず、ユタンガの苔になってしまうかも(;_;)
チョコボに乗っているので絡まれる心配はありませんが、時間制限でチョコボから降ろされる心配なら大いにありまする。
ココはいったいどこなんだーっ!!!ヽ(`д´)ノ

何とか辿り着いた、滝の裏側。
この先、海蛇の岩窟へと続きます。

Klu140621220915a.jpg

だがしかし!
チョコボが嫌がって、先に進もうとしないの(>д<)
クルクだって怖いから、だからチョコボに乗って行きたいんだよぅ~。
行け!行くのだ!言うことを聞けーっ!ヽ(`д´)ノ
「クエーッ!(一人で行けー!)」
と、チョコボが帰ってしまった後、クルクは仕方なく1人で岩窟へと足を踏み入れたのでした。

チラリと見かけた影を調べれば、強コウモリですよ!
1人じゃ怖いから、フェイスの3人を呼び出してみましたww
皆でワサワサ移動した方が、賑やかで怖くないよね!
なんて、肝試しじゃあるまいし、バカな!
ココは静か~に、コッソリと移動しなっくてはいけない場所でした( ̄▽ ̄)ハハハ
とにかく壁の右を伝って、奥へ奥へと進みます。
骨がいても、拳が疼いても、叩きたい衝動に駆られても、気配を消して進まねばならんのです。
なぜならば、絡まれた時がクルクの最期だから★
何となくノーグが近くなってきた気配がして、ちょっと気を抜いてしまったんだ。
骨に見つかってしまった( ̄□ ̄)
ここで相手にせず、ひたすらノーグへと走っていたら・・・。
骨の1匹くらい、強かろうがクルクの敵じゃなし!
そう思った慢心が破滅の素。
2匹目をバラバラにしても、尚ワラワラと集まってくる骨に焦って、百裂拳も使わずに逃げたクルクは恥知らずです。
忘れてたんだもん、仕方ないww
クルク、敗北★
骨相手に、逃げて倒されるとは、何たる屈辱!
ホームポイントがカザムだったことが、唯一の慰めでした。

骨め!
骨を洗って待ってろやい!ヽ(`д´)ノ




関連記事
スポンサーサイト

【2014/06/21 23:59】 | ヴァナ日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック