2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
にゃっち、クルクです(・▽・)ノ

それでは、前回デーモンを倒したので、その続きです。

Klu1356.jpg

ガルカは自己紹介がまだだったと言って、「冥護四衆は蒼鉛銃士隊隊長ラーゾス」 と名乗りました。
ナントカ隊長ってことは、部下がいるの?
あ、それがさっきのデーモン?
だとしたら、たいしたことないね!フンだ!!ヽ(`д´)ノ

その時、大きな揺れと地響きがしましたよ。
何かまた出てくるの?
・・・かと思ったら、雪崩~!?( ̄□ ̄)

Klu1357.jpg

うっそぉ~ん、こんな所で雪崩なんて起きる~?
でも、起きちゃったんだもんね。
ケッヘとラーゾスは、逃げちゃった。
リリゼットとポーシャは、何かバリアーみたいので守られたよ!
もしかして、ラーゾスもいい人?

・・・んなわけない( ̄_ ̄)
そのバリアーがフワフワっと浮き上がり、なんと二人はそのまま連れ去られちゃったのです!(>д<)

Klu1359.jpg

で、クルクとヌーイはというと・・・。

Klu1360.jpg

またか・・・( ̄_ ̄)
クルクはまた、犬神家ですよっ!

そして、リリゼットとポーシャが連れさられた場所は、もちろんリリスの所。

Klu1361.jpg

二人のうちのどちらかって聞くラーゾスに、ポーシャを指さすリリス。
つまり 「玉体」 とはポーシャのことである、ということね?
リリゼット=リリスだとすれば、ポーシャはリリスにとっても母であり、守るべき対象。
ポーシャがいなくちゃ生まれてこないんだから、「玉体」 だよね。

そしてリリゼットに対してリリスは、「がっかりだ」 って言うの。
もっと上品で美しい娘だと思ってたんだって。
「仮にも、このわたくしの……ねぇ? 」 って、「わたくしの少女時代の姿」 ってこと?
それなのに、「この、へちゃむくれで、ちんちくりんの小娘…」 で、「認めたくないわぁ」だってさw
でも、側に控えてるオドラールとアクウィラは、そうでもなさそうw

Klu1362.jpg

リリスはポーシャに、ラジュリーズを助けたいなら、一緒に行こうとか言ってるの。
あの呪痕は、やがて死に至るって告げて、ポーシャの目の前に映像を出して見せました。
そこには横たわっているラジュリーズの側に膝をついて泣いているポーシャの姿がありました。
ポーシャ、喪服着てる・・・。
リリゼットも、ケットシーも、神兵も、誰も助けることは出来ない。
「わたくしたち以外は・・・」 と、悪魔の囁きですね。

Klu1363.jpg

ポーシャ、揺らいでいます。
そりゃそうだよね、仕方ないとは思うよ。
でも、ダメ~~~!(>д<)

すかさずリリゼットが、「騙されちゃダメ!」 と叫びます。
するとリリスが、「お前はいらない子」 だってリリゼットに言ったの。
リリゼットの未来もリリゼットも、なくなるんだって。
「いつだって孤独で、誰も、何も、お前を選ばない。皆、去っていく」 ってリリスが言うと、リリゼットは 「クルクはちがうわ!」 って言い返したの。
クルク、ちょっとジーンってしちゃった。
リリゼット、クルクのこと信頼してくれてるんだね。
でも、ここでクルクの名前を言ったらダメじゃない!
敵に与える情報は、少ない程いいんだから!
名前1つでも、わかっているのと知らないのとでは違ってくるのよ!
しかも、「クルクは、わたしと未来タッグ組んだのよ!きっと、助けてくれるもん!」 とか言っちゃった(>д<)
クルクも未来から来たって、バレちゃったじゃないのよぅ!

Klu1364.jpg

リリス、もっと早くに黙らせてよね。
つーか、またこんなヘン顔させられて・・・www
リリゼットが可愛いすぎる(*´▽`*)

エサくらいにはなるだろうからって、今は殺されずに牢の中に入れられるだけで済むみたい。
こっちを誘い込むためのエサってこと?
エサでも、まだ生きてるなら助けられる可能性はあるもんね!

さて一方、雪の中から脱出したクルクに、ヌーイは肝心なことを今になって教えてくれました。

Klu1365.jpg

つまり、「彼らの未来」にあのコたちが必要だということ、とも言ってました。
・・・あのねぇ~、そういう大事なことは、「もう気づいてるかしら?」 とかじゃなくて、最初に言えっつーの!( ̄д ̄)
ってことは、なに?
クルクたちの未来をなくして、自分たちの未来にしようとしてるってこと?
未来が何通りもあったらいけないの?
あ、ここはあんまり考えると、頭がおかしくなっちゃうトコねwww
サラッと、そういうことなのね、と流しましょうw

リリスたちの未来って、あの映像で見せられた世界でしょ?
あ、あぁ~、アルタナ様がやり直しの未来を作ろうなんて考えたから、それを邪魔しにきてるってこと?
自分たちはあの世界で愉快に暮らしてるのに、嘆きの涙がない世界にされちゃったらたまらないわ!ってこと?
それなら、気持ちわかるよねw
こっちからしたらヒドイ世界だけど、そっちにしたら居心地のいい世界なんでしょ?
逆に、クルクたちの世界を壊そうとしているってわかったら、それを阻止しようと戦うもんね?
それと同じか~。

けどさ、すでにクルクたちの世界と、リリスたちの世界が存在してるわけで、今更どっちかをどうしようなんてしなければ、こんなことにはならなかったはずじょない?
やっぱり、アルタナ様が余計なとこしたせい?

何にせよ、納得して引き下がることは出来ないのだ★
だってさ、この先には、クルクたちの世界の未来だってあるんだもん。
その未来、つまり現代がなくなっちゃうなんて、そんなことさせるもんか~!ヽ(`д´)ノ

それで、どうするか・・・。
ヌーイは、「サンドリアに戻って、騎士団のみなさんに応援をお願いしましょう」 だって( ̄д ̄)
いや、それはどうかなぁ?
こういってはアレだけど、たかが踊り子の一人や二人を助けるためだけに、騎士団を動かせるほど兵の余裕はないはずだよ。
それだったら、まだマヤコフ団長に相談した方が、そっちから騎士団に手を回してもらえるかもしれないじゃん。
何にしても、ひとまずサンドリアに戻って、報告はしなくちゃならないよね。

ヌーイってば、ポーシャがさらわれたことを 「ランジュリン」 が知ったら激怒しちゃうわねンって。
いや、「ランジュリン」 じゃなくて、「ラジュリーズ」 ですから(^_^;)

Klu1366.jpg

とりあえず、帰ったらお風呂に入ってあったまりたいよ。






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



スポンサーサイト

【2015/04/20 23:59】 | アルタナの神兵
トラックバック(0) |

う~ん
らぶりぃ
クルちゃん、ぐっどもーにんぐぅ(*´ω`)ノ

前回はカッコ良くデーモンたちを倒したのに、
今回は雪崩に巻き込まれて逆さまに埋まるってヽ( ̄ω ̄;)
シリアスなシーンかと思えばギャグマンガ並みの展開に、
どっちがシナリオライターの本音なんだろうって思っちゃいます(笑)

リリゼットとリリスが同一人物で考えると、
こうも見た目が違うってどんな成長過程だったんでしょ?
しかも「がっかり」って言われても本人なんだし仕方ないですよねぇ。
闇に染まればリリスみたいに成長するし、
光に向かう未来ならもっと違った表情になるのかしら( ・ω・)b

リリスたちは自分たちの未来を守るためにやって来て、
クルちゃんやリリゼットも本来あるべき形の未来にするため、
現代より過去へ来たんですよね?

だけど女神アルタナは未来を作り変えたい…原因の根幹って、
もしかして女神アルタナのせいだったりしてヽ( ̄ω ̄;)
どちらにしても今度はサンドリアへ応援をお願いしに行くのですね。
雪山で体も冷えたと思うのでユグホトの温泉で、
ゆっくり体を温めて行ってらっしゃい(*⌒ω⌒)ノ


Re:う~ん
クルク
らぶたん、こにゃわんこっこ(・▽・)ノ

ホントに、上げたり下げたり(^_^;)
クルクは主人公なのに、扱いがぞんざいです(`・ω・´)
それも嫌じゃないけど★

リリスが生まれたのは、アルタナ軍が負けて闇の勢力に支配されている世界ですよね。
生き残っている人たちは対抗して戦っているけど、そんな世界に生まれた者たちは、闇の影響をガッツリ受けているんでしょうね。
元からそれが自分たちの世界だから、面白おかしく暮らすなら、闇に対抗なんかしないですよね~。
で、あぁなっちゃったのかな?(´・ω・`)

でも、それはそれで、そういう世界なんだから、その世界の住人でない部外者が 「それはよくい」 とか言い出してやり直しなんて、迷惑でしかないですよね~( ̄_ ̄;)

どの世界でも、上から見てるだけの人たちは、現場をな~んにもわかってないくせに口出しするものなのですね┐( ̄ー ̄)┌

この時代って、ユグホトはどうなってるのかなぁ?(・▽・)
サンドリアの近くにはユグホト温泉、バスの近くにはグンダルフ温泉があっていいですねぇ。
ウィンは・・・(´・ω・`)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
う~ん
クルちゃん、ぐっどもーにんぐぅ(*´ω`)ノ

前回はカッコ良くデーモンたちを倒したのに、
今回は雪崩に巻き込まれて逆さまに埋まるってヽ( ̄ω ̄;)
シリアスなシーンかと思えばギャグマンガ並みの展開に、
どっちがシナリオライターの本音なんだろうって思っちゃいます(笑)

リリゼットとリリスが同一人物で考えると、
こうも見た目が違うってどんな成長過程だったんでしょ?
しかも「がっかり」って言われても本人なんだし仕方ないですよねぇ。
闇に染まればリリスみたいに成長するし、
光に向かう未来ならもっと違った表情になるのかしら( ・ω・)b

リリスたちは自分たちの未来を守るためにやって来て、
クルちゃんやリリゼットも本来あるべき形の未来にするため、
現代より過去へ来たんですよね?

だけど女神アルタナは未来を作り変えたい…原因の根幹って、
もしかして女神アルタナのせいだったりしてヽ( ̄ω ̄;)
どちらにしても今度はサンドリアへ応援をお願いしに行くのですね。
雪山で体も冷えたと思うのでユグホトの温泉で、
ゆっくり体を温めて行ってらっしゃい(*⌒ω⌒)ノ
2015/04/21(Tue) 06:29 | URL  | らぶりぃ #-[ 編集]
Re:う~ん
らぶたん、こにゃわんこっこ(・▽・)ノ

ホントに、上げたり下げたり(^_^;)
クルクは主人公なのに、扱いがぞんざいです(`・ω・´)
それも嫌じゃないけど★

リリスが生まれたのは、アルタナ軍が負けて闇の勢力に支配されている世界ですよね。
生き残っている人たちは対抗して戦っているけど、そんな世界に生まれた者たちは、闇の影響をガッツリ受けているんでしょうね。
元からそれが自分たちの世界だから、面白おかしく暮らすなら、闇に対抗なんかしないですよね~。
で、あぁなっちゃったのかな?(´・ω・`)

でも、それはそれで、そういう世界なんだから、その世界の住人でない部外者が 「それはよくい」 とか言い出してやり直しなんて、迷惑でしかないですよね~( ̄_ ̄;)

どの世界でも、上から見てるだけの人たちは、現場をな~んにもわかってないくせに口出しするものなのですね┐( ̄ー ̄)┌

この時代って、ユグホトはどうなってるのかなぁ?(・▽・)
サンドリアの近くにはユグホト温泉、バスの近くにはグンダルフ温泉があっていいですねぇ。
ウィンは・・・(´・ω・`)
2015/04/21(Tue) 11:36 | URL  | クルク #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック