2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
はお~、クルクです(・▽・)ノ

今回のアルタナミッションは、サンド(S)の「オーク軍団掃討作戦」か、バス(S)の「静かなる警鐘」か、ウィン(S)の「禍つ闇、襲来」 のどれかをクリアしていることが条件になります。

どうせだったら3国の過去クエを同時に進めたいとか思ったりもしたけど、ゴチャゴチャになっちゃいそうだから、ウィン以外は後で一気に終わらせればいいかな~。
・・・ということで。

Klu941.jpg


バタリア丘陵 、 ロランベリー耕地 、 ソロムグ原野 、この三ヵ所のうちどこでもいいので、妖怪ポスト 禁断の口を調べます。
過去でも現代でもいいみたい。
そうすると、また光に包まれて・・・。

Klu942.jpg

・・・気が付くと、またあの異世界へやってきていました。

Klu943.jpg

ここってさ、禁断の口を使う度に通ってるのかな?
キョロキョロしてると、どこからか歌が聞こえて来て・・・現れたのはニャンコです。

Klu944a.jpg

この場所に 「人の子」 が入りこんじゃったのに気がつかなかったって、悲しくなっちゃったみたい。
「灰色のどん底」の気持ちがわかるかって聞かれたよ。
つまり、自分の失敗に、落ち込んじゃってるってこと?

ニャンコはクルクを見て 「アラヤダどういうこと!? 人の子の背中にアンナモノが見えるなんて!!! 」 って、何がみえたんでしょう?
アンナモノって、どんなもの?
女神の翼でも見えましたかの?(*~▽~*)ウフフ
まさか、おんぶオバケじゃないよね?(´・ω・`)

ニャンコはね、この戦争が世界に深い深い傷を残す前に少しでも早く終わるように、ひそかにこっそり翔けまわってたんだって。
だけどね・・・。
エルヴァーンの騎士の国は、思いあがった政策をかかげ獣人軍にやられっぱなし。
ヒューム族は、他の民の痛みを知ろうとしない。
ガルカの民は、他者への憎しみを深めてばかり。
ミスラ族は、仲間どうしの小競りあいに明け暮れている。
タルタルたちは、おろおろする間に聖都にヤグードの侵入を許してしまった。
おまけに、結成されたばかりのアルタナ連合軍は、四国どうしの不信から崩壊しかねない状態。
そこで、この時代に流される嘆きの涙が少しでも少なくなるように、ボランティアを引き受けてくれってお願いされちゃった。
ボランティアってことは、つまり見返りを求めずに協力するってことだよね。
だけどまぁ、冒険者なんてそんなものじゃない?
使いっぱで世界を駆け回って、ついでに闇王倒したり、過去でおせっかいしてみたり。

Klu945.jpg

引き受けたら、「人の子の未来は、おもにアータの肩にかかっていますのよ」 って、ちょいとお待ちよww
クルクはお手伝いを引き受けたけど、「おもに」 ってどういうことさ( ̄д ̄;)
それからね、「暁の神兵さんはいくさの時代にあらわれて、世界を危機から 救う存在と伝えられている」 んだって。
ニャンコは 「英雄かしら? 聖女かしら」 なんて言ってるけど、人の子の未来を背負っているって言うんなら、それはクルクのことだよ!(`ω´)ノ
そんな正体もわからん 「暁の神兵」 なんかに、手柄を横取りされてなるものか!
20年経っても消えないように、天の塔の壁に 「クルク参上!」 って、彫っておこうかな。

で、ニャンコは最後に自己紹介をして去って行きました。

Klu946.jpg

「近いうちに、またここでお逢いすることになると思うわ」

だってさ(・▽・)





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪





関連記事
スポンサーサイト

【2015/02/11 23:59】 | アルタナの神兵
トラックバック(0) |

パシリ!?
らぶりぃ
クルちゃん、こばわふん(*´ω`)ノ

やっと用事が終わって帰って来ましたわ♪
そしてPCの電源をオーン!
ブラウザを開いてクルちゃんのブログにダーイブ☆ヽ(o_ _)o

異世界の色使いって綺麗ですね☆彡
そしてクルちゃんに光のカーテンが…あぁ私にも見えます( *´艸`)
クルちゃんの背中には同じ髪形をしたウィンダス最強…もとい、
最凶の魔道士の姿が…(* ̄ω ̄)m [†]ナムアミダ

異世界のニャンコも大変そうですねヽ( ̄ω ̄;)
5種族の心の闇が織りなす負のハーモニー。
遺伝子レベルよりももっと深い位置に突き刺さった闇は、
どうにも取り除けないし、それなら真っ新にしちゃおう!
と思い立ったのがジラート人だし…

ホント、この世界を何とかしようと立ち上がったのって、
確かにほぼボランティアですよね~
見返りなんてほぼ貰った記憶が無いですε=( ̄ω ̄;)
アレして!これを取ってきて!テキを倒してね!と、
散々色々やってきたけどボランティアというよりパシリ?

暁の神兵さんはクルちゃんだったのね♪
その場合暁の女神様はいったいダレになるのでしょう(  ̄▽ ̄)b
そしてそれを守護する巫女様たち…

ハッ、もしかして神兵さんのクルちゃんが昇華して女神様に!?
そして巫女様は一家のヒトたちだったりするのかしらヾ(⌒ω⌒)ノ

これからどんな冒険が待ってるのか楽しみにしています♪

Re: パシリ!?
クルク
らぶたん、こばわわ~ん(・▽・)ノ
お帰りなさい、お疲れさまでした★

クルクの背後に・・・!?( ̄д ̄)
しかも、1番いてほしくない悪魔が・・・(((ノ>д<)ノタスケテッ

5種族の心の闇、もはやそこから生まれた種族って感じに、根が深いのですね。
そっか、それを真っ新にしちゃえ~っていうのが、ジラート人・・・ふむふむ。
繋がっているのですね。
だけど、そんな簡単にリセットなんかされないぞ★(`・ω・´)

現代でも過去でも、世界を飛び回る使いっ走り、それが冒険者なのだ~!ヽ(*´▽`*)ノ
「広告配りから闇王退治まで、何でもお任せください」 って看板出したいですw
あ、ただし、一部の方の実験台はお断りって書いておかなくちゃ!

おぉぉ~♪
神兵さんが昇華して女神に~(*´▽`*)
わぁい♪
そしたら巫女たちは・・・。
タルタルマニアや、玉の輿を狙っていたり、素性を隠していたり、彼女のことばっかり言ってたり・・・いやな巫女たちですね( ̄_ ̄)

過去の音楽って、いいですね~。
過ぎてしまった時間にいるっていうのが、哀愁とか切なさとか、何とも言い難い気持ちになって浸ってしまいます。
日中でも夜みたいな薄暗さも、なんだか居心地がいいのですw



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
パシリ!?
クルちゃん、こばわふん(*´ω`)ノ

やっと用事が終わって帰って来ましたわ♪
そしてPCの電源をオーン!
ブラウザを開いてクルちゃんのブログにダーイブ☆ヽ(o_ _)o

異世界の色使いって綺麗ですね☆彡
そしてクルちゃんに光のカーテンが…あぁ私にも見えます( *´艸`)
クルちゃんの背中には同じ髪形をしたウィンダス最強…もとい、
最凶の魔道士の姿が…(* ̄ω ̄)m [†]ナムアミダ

異世界のニャンコも大変そうですねヽ( ̄ω ̄;)
5種族の心の闇が織りなす負のハーモニー。
遺伝子レベルよりももっと深い位置に突き刺さった闇は、
どうにも取り除けないし、それなら真っ新にしちゃおう!
と思い立ったのがジラート人だし…

ホント、この世界を何とかしようと立ち上がったのって、
確かにほぼボランティアですよね~
見返りなんてほぼ貰った記憶が無いですε=( ̄ω ̄;)
アレして!これを取ってきて!テキを倒してね!と、
散々色々やってきたけどボランティアというよりパシリ?

暁の神兵さんはクルちゃんだったのね♪
その場合暁の女神様はいったいダレになるのでしょう(  ̄▽ ̄)b
そしてそれを守護する巫女様たち…

ハッ、もしかして神兵さんのクルちゃんが昇華して女神様に!?
そして巫女様は一家のヒトたちだったりするのかしらヾ(⌒ω⌒)ノ

これからどんな冒険が待ってるのか楽しみにしています♪
2015/02/12(Thu) 18:28 | URL  | らぶりぃ #-[ 編集]
Re: パシリ!?
らぶたん、こばわわ~ん(・▽・)ノ
お帰りなさい、お疲れさまでした★

クルクの背後に・・・!?( ̄д ̄)
しかも、1番いてほしくない悪魔が・・・(((ノ>д<)ノタスケテッ

5種族の心の闇、もはやそこから生まれた種族って感じに、根が深いのですね。
そっか、それを真っ新にしちゃえ~っていうのが、ジラート人・・・ふむふむ。
繋がっているのですね。
だけど、そんな簡単にリセットなんかされないぞ★(`・ω・´)

現代でも過去でも、世界を飛び回る使いっ走り、それが冒険者なのだ~!ヽ(*´▽`*)ノ
「広告配りから闇王退治まで、何でもお任せください」 って看板出したいですw
あ、ただし、一部の方の実験台はお断りって書いておかなくちゃ!

おぉぉ~♪
神兵さんが昇華して女神に~(*´▽`*)
わぁい♪
そしたら巫女たちは・・・。
タルタルマニアや、玉の輿を狙っていたり、素性を隠していたり、彼女のことばっかり言ってたり・・・いやな巫女たちですね( ̄_ ̄)

過去の音楽って、いいですね~。
過ぎてしまった時間にいるっていうのが、哀愁とか切なさとか、何とも言い難い気持ちになって浸ってしまいます。
日中でも夜みたいな薄暗さも、なんだか居心地がいいのですw

2015/02/12(Thu) 22:38 | URL  | クルク #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック