2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~!クルクです(・▽・)ノ

ウィンダスのミッションも、いよいよ最終章に突入です!
ただ、ちょっと時間がなくて、思うように進められないので、進んだぶんだけ記事にしていきます。

さて~、ミッションを受ける前に、ガードの所を回って話しかけてみると、色々と情報が聞けます。
でね、アジド院長がパパのことを 「あのクソオヤジが生きてた」ってとっても迷惑そうにいってたのね。
いったい何があったのよ(^_^;)
・・・と思っていたら、水区のガードからこんな話が聞けました。

ゾンパジッパさまは、そりゃあ、恐ろしく厳格なお人だったのだ。
我が子を千尋の谷に突き落とすくらいに、教育熱心で厳しいお人だったのだ。
そして、アジドマルジドは、本当に谷底に落とされたことがあるのだ。


そりゃ~ 「クソオヤジ」 っていうよね( ̄▽ ̄;)

それから、口の院の院長がシャントット博士に代わるかもって噂が流れて、作戦部の魔道士たちは危険度レベルEの防御策を考えてたらしいってw
危険度レベルEの防御って、いったいどんな防御なんだろ?(^_^;)

あとは、口の院。
漫才コンビのかたわれ、クロイドモイドが言ってたんだけど・・・。

口の院の魔道士たちが、神経性胃炎をわずらう前に、
我らが院長が戻ってきてくれて、本当に救われました。
あと少し遅かったら……
……我ら魔導院の魔道士たちは、あるお人の分かりやすい陰謀によって、
辺境の地に妙なものを探しにやらされていたことでしょう。


あるお人っていうのは、「陰謀」という言葉がよく似合うあの博士ですねw
妙なもの・・・って・・・まぁいいや・・・。


さてさてさて、それではミッションスタートです★


ヤグードから、和平条約見直しの申し入れがあったらしいの。
この時期に!
でね、天の塔からの招集命令なのに、神子さまのサインがないんだって。
ふむ・・・。
やっぱりガード達のところを回って話を聞いた方がよさそうね。
アジド院長のこと、ヤグードのこと、カーディアンのこと、一通り話を聞いたら、天の塔に向かいます。

天の塔ではクピピんが、神子さまが書類にサインをしてくれないから、必要な手続きが進まないって愚痴ってます。
そして侍女たちは、神子さまの姿が見えないことを心配しています。
・・・ん?どういうことだ?
ズババ様に言われました。

わかっているな、クルクよ。
事を知るのは、ワシと守護戦士、
そして、アジドマルジドとおまえさんのみ。
ウィンダスの未来は、おまえたちに託された。
どんな手をつかってでも星の神子さまをお助けするのだ。


ってことは、神子さまは満月の泉から戻ってきていないの!?
ジョーカーたちに、人質にされてるってこと?
返して欲しければ、黒き使者を連れて来いってことか。

そんな時に、ヤグードからの和平条約見直しの申し込み。

ミスラたちは、ヤグードのことになると、とっても過敏な反応をするの。
守護戦士達でさえ、神子さまは何であんなに条件が多い和平条約に合意したのかって言っちゃうほど。
そうだったね。
この前クルクが出場させられたバルガの舞台での武闘会も、ウィンダスにはなーんにもいいコトなかったもんね?
あの時はクルクも、バカらしい!って思ったよ。
でも、今ならわかるの。
神子さまは、恐れていたんだ。
どんな条件でも、ウィンダスが滅びるよりはマシだって思ってたんだよね?
ヤグードの機嫌を損ねて戦いにでもなってしまったら、それがウィンダスの滅亡に繋がってしまうかもしれない。
あの予言の通りに、ウィンダスが滅びてしまうかもしれない。
だから・・・。

神子さまの部屋に入ると、セミラフィーナがクルクを待っていました。
やっぱり神子さまはいません(´・ω・`)
白ネコ、ちょっと疲れてるみたい。

Klu770.jpg

ヤグどもがね、条約に違反があったっていちゃもんつけてきたんだって。
言いがかりかと思ったんだけど、どうやらそうでもないらしく・・・。
あのね、条約には「西サルタバルタにある中央魔法塔は、双方の同意ない限り、今後二度と動かさない」 っていうのがあるんだって。
でも、アジド院長が動かしちゃったじゃない?
それを目ざとく見つけて、ホルトト遺跡をよこせっていってきたらしいの。
ホルトトはウィンダスの目と鼻の先。
こんな所にヤグの拠点を置かれたら・・・。
そんなことはさせないけど、今はなによりも神子さまを助けることが最優先すべきこと。
白ネコが、アジド院長に会いにいこうって。
あ、そっか。
ズババ様を除いては、アジド院長と白ネコとクルクで作戦を立てなくちゃいけないんだよね。
・・・なんでクルクがこの2人と名前を連ねているのかわかりません( ̄_ ̄;)
ま、まぁいっか・・・。
んじゃ、アジド院長んこといこ♪

Klu771.jpg

あ、そっか。
アジド院長は心の院にいいるんだったね。
神子さまのお部屋から直通で降りて行きました。

と、アジド院長は部屋の中を、檻の中のトラのようにウロウロ…ウロウロ…。
それから、アプルルちゃんがいる!
どうやらアジド院長が連れて来たみたい。

アプルルちゃんがね、白ネコに頭を下げたの。

Klu772.jpg

おにいちゃんから、聞きました。
神子さまになにがあったのか……。
ぜんぶ、手の院の責任です!
神子さま……、セミ・ラフィーナさま……、
ウィンダスのみなさん、ごめんなさい……!


でも白ネコは、責任は神子さまを満月の泉に連れて行った自分にあるって言います。
得体のしれない者がうろついているのに・・・。
そしたらアジド院長が、得体のしれない者じゃないって言ったよ。
黒き使者の正体、わかったの!?

あれは、やっぱり蘇ったカラハバルハみたい!
なんて姿に・・・(⊃_⊂)

アジド院長が説明してくれたんだけどね・・・。

ここに残されていた研究は完璧だった。
あらゆる系統を超えて、はるかなる高みを見通した、完全な理論。
完全召喚は成功し、彼は、大いなる獣フェンリルの心を支配したんだ。
しかし、大いなる心を人の体は支えられなかった。
カラハバルハの体は死に、それが神獣フェンリルをも殺すことになった……。


Klu773.jpg

ジョーカーもまた、フェンリルであるから、満月の泉を占拠した。
そして「分かたれた我」 である黒き使者を求めている。
神子さまを人質みたいにしてる理由は、自分を死に追いやった憎しみや恨みからなのか・・・。
黒き使者が満月の泉へ戻った時に、いったいなにが起こるのか・・・。
それはその時になってみないとわからないけど、無傷で神子さまを救うには、ジョーカーの言うとおりにするしかないと言います。

でも、神出鬼没で、しかもどんな攻撃も利かない黒き使者を、どうやっておびき出すのか・・・?
そしたらアジド院長は、それは大丈夫って。
やっぱりクルクの色仕掛け?(・▽・)
足くらいだったら、見せてあげてもいいよ~(*´▽`*)

・・・どうやら、色仕掛けではないみたいです( ̄_ ̄)

んとね、大いなる獣は、古代クリューの民と盟約を結んでいたんだって。
でね、「神々の書」 に 【古代の歌】 っていうのがあって、それは3つに分かれているらしいのね。
それを集めてくれば、黒き使者は姿を現すかも。

Klu774.jpg

その歌は、ロ・メーヴ、宣託の間、ウガレピ寺院にあるらしいよ。
ま、この中でそれが出来るのって、クルクくらいしかいないもんね。
それに 「頼みたい」 なんて言われちゃったら、ねぇ~?(*´▽`*)
クルク、どこにだって行きますよ~ん♪

そしてアジド院長は白ネコに、ミスラの族長ペリィ・ヴァシャイに事態の説明をしてくれと言います。

もしも、神子さまになにかがあれば、俺たちタルタルは気力を失い、
戦うどころか、なにもできなくなるだろう。
そんな状況で、ヤグードどもに襲われたら、ウィンダスは瞬く間に陥落する……。
その戦いが起こったときは、おまえたちミスラの戦士が中心となるだろう。
力を貸してくれ、セミ・ラフィーナ。


・・・ちょ、うぇっ・・・。
そっか、今って、そんな状況だったのか!( ̄д ̄;)

白ネコは承諾して、ヤグードの急襲に対する軍備を整えておくと言いました。

あとは、アプルルちゃん。
アプルルちゃんは、カーディアン達をマヒさせる方法があるってアジド院長に言ってたみたいなの。
カーディアン達の魔導球に、とっても強い星月の力を与えれば、カーディアンを動かす力の流れがおかしくなるはずなんだって。
短い間だと思うけど、力の流れが元に戻るまで動けなくなると思うってアプルルちゃんは言います。
だけどそれほどの力を、どうやって集めるのか?
そしてアプルルちゃんに、扱えるのか?
そう訊ねたアジド院長に、アプルルちゃんは自信たっぷりに 「任せて」 と言ってました。

1人になったアジド院長は、カラハバルハほどの魔道士が、「完全召喚」によって自分が死ぬことを予想できなかったのか? と自問しています。

もしも、予想していたとしたら……
すべてを予想していたのなら……?


古代の歌を探しに行く前に、ガード達とミスラの族長に会いに行きました。
ミスラたち、とっても頼もしいです(*´▽`*)

それから、手の院にも寄ってみたよ。
そしたらね、アプルルちゃんはみんなに秘密にして、先代の院長が作ったカーディアンの研究してるんだけど、わかりやすすぎて、気が付かないふりをするのが大変だって言ってるのw
アプルルちゃんは、みんなに愛されてるなぁ~(*´▽`*)
でね、こんなこと言ってたやつがいるwww

先代のカーディアンを止めたいのなら、ゾンパジッパ院長を探し出して、
その息の根を止めれば簡単・・・


そりゃそうなんだけどね、闇牢入りはゴメンだからw


さぁ、古代の歌を探しに行くよ!(・▽・)ノ




いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪


スポンサーサイト

【2014/12/27 23:59】 | ウィンダスミッション
トラックバック(0) |

ドキドキ☆彡
らぶりぃ
クルちゃん、こんばんニャフン(*´ω`)ノ

最終章に突入して色々なことが表に出て来ましたね!
そしてアジド院長がクソオヤジって言ってる意味が、
今回でよくわかりました(笑)

ヤグから和平条約の見直し?
確かにクリスマスで鳥をたくさん食べたけど、
それに怒ってるんでしょうかね(* ̄¬ ̄)じゅる

神子様って満月の泉にずっと囚われたままなんだ…
返してほしければ黒き使者を連れて行くのに、
クルちゃんの色仕掛けが必要なのね(/ω\*)

タルタルの心の闇で臆病が大きく出てると思った神子様だけど、
ウィンダスが滅びるって見てしまったから、
出来る限りそっちの未来が来ないようヘンな条件を付きつけられても、
それを承諾していたんだ~、そう思うと可哀想ですね…

そして黒き使者はやっぱりカラハバルハでしたか…
何とも可哀想な姿になっちゃって(ノ□≦ )

召喚は成功してフェンリルの心は完全に支配したけど、
肉体がついてこれなくて崩壊しちゃった。
その時にカラハバルハもフェンリルも死んでしまったのですね。

ジョーカーと黒き使者を一緒にすれば、
何だかヘンな作用が働いちゃいそう((((;・ω・)))ガクガク
それでも神子様を助けるにはそれしかない!

アジド院長もセミラフィーナにお願いするなんて、
よっぽどの緊急事態なのですね!

この後、どんなことが起こるのかすごく楽しみですo(≧ω≦)o

Re: ドキドキ☆彡
クルク
らぶたん、にゃっふん★(・▽・)ノ

ミッションのストーリーの合間合間に、ガードとかその他関係者に話を聞きに行くと、けっこうおもしろい話が聞けて楽しいのです♪(*´▽`*)

神子さまって、タルタルの「臆病」を一番体現してる人ですよね。

20年間、誰にも真実を告げられないまま、なんとかしなくちゃ、どうにかしなくちゃって、1人で抱え込んでいたんだとしたら・・・20年は長すぎです(>_<)

神子さまはウィンダスの象徴みたいに思われているし、誰もが「神子さまさがいるから安心」みたいに思ってて、完全に頼り切ってしまってるんだもんね。
そんなタルタル族たちに、神子さまがさらわれたとか、万が一のことがあったなんてことを伝えたら、それこそ本当に、パニックの後に「あぁ、もうダメなんだ」って諦めきっちゃいそう。
アジド院長はそれを警戒してるし、もしもそうなってしまったら、戦える気力のある者はきっとわずかしかいないだろうし・・・。
その時に頼れるのが、ミスラたちなんだろうな~。

ミスラたちはね、ホント誰もがヤグードを憎んでるみたいに感じるの。
20年前の大戦の恨みなのかな。
それとミスラたちには族長がいて、神子さまに従ってるわけじゃないじゃない?
でも守護戦士達は、神子さまが第一。
だから白ネコに、その橋渡し的役目をしてほいしって思ってるのかも。

でね、な~んか急に、白ネコもアジド院長も、お互いを認めあっちゃってるみたいな感じなのよ~。
まぁ、「神子さまが大事」っていうことが共通しているからなんだろうけど、一致団結しちゃってさ( ̄_ ̄)
頼もしいっていったらそうなんだけど、なにさ!って感じwww

次は、古代の曲を集めに行ってきます(・▽・)ノ

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ドキドキ☆彡
クルちゃん、こんばんニャフン(*´ω`)ノ

最終章に突入して色々なことが表に出て来ましたね!
そしてアジド院長がクソオヤジって言ってる意味が、
今回でよくわかりました(笑)

ヤグから和平条約の見直し?
確かにクリスマスで鳥をたくさん食べたけど、
それに怒ってるんでしょうかね(* ̄¬ ̄)じゅる

神子様って満月の泉にずっと囚われたままなんだ…
返してほしければ黒き使者を連れて行くのに、
クルちゃんの色仕掛けが必要なのね(/ω\*)

タルタルの心の闇で臆病が大きく出てると思った神子様だけど、
ウィンダスが滅びるって見てしまったから、
出来る限りそっちの未来が来ないようヘンな条件を付きつけられても、
それを承諾していたんだ~、そう思うと可哀想ですね…

そして黒き使者はやっぱりカラハバルハでしたか…
何とも可哀想な姿になっちゃって(ノ□≦ )

召喚は成功してフェンリルの心は完全に支配したけど、
肉体がついてこれなくて崩壊しちゃった。
その時にカラハバルハもフェンリルも死んでしまったのですね。

ジョーカーと黒き使者を一緒にすれば、
何だかヘンな作用が働いちゃいそう((((;・ω・)))ガクガク
それでも神子様を助けるにはそれしかない!

アジド院長もセミラフィーナにお願いするなんて、
よっぽどの緊急事態なのですね!

この後、どんなことが起こるのかすごく楽しみですo(≧ω≦)o
2014/12/28(Sun) 22:52 | URL  | らぶりぃ #-[ 編集]
Re: ドキドキ☆彡
らぶたん、にゃっふん★(・▽・)ノ

ミッションのストーリーの合間合間に、ガードとかその他関係者に話を聞きに行くと、けっこうおもしろい話が聞けて楽しいのです♪(*´▽`*)

神子さまって、タルタルの「臆病」を一番体現してる人ですよね。

20年間、誰にも真実を告げられないまま、なんとかしなくちゃ、どうにかしなくちゃって、1人で抱え込んでいたんだとしたら・・・20年は長すぎです(>_<)

神子さまはウィンダスの象徴みたいに思われているし、誰もが「神子さまさがいるから安心」みたいに思ってて、完全に頼り切ってしまってるんだもんね。
そんなタルタル族たちに、神子さまがさらわれたとか、万が一のことがあったなんてことを伝えたら、それこそ本当に、パニックの後に「あぁ、もうダメなんだ」って諦めきっちゃいそう。
アジド院長はそれを警戒してるし、もしもそうなってしまったら、戦える気力のある者はきっとわずかしかいないだろうし・・・。
その時に頼れるのが、ミスラたちなんだろうな~。

ミスラたちはね、ホント誰もがヤグードを憎んでるみたいに感じるの。
20年前の大戦の恨みなのかな。
それとミスラたちには族長がいて、神子さまに従ってるわけじゃないじゃない?
でも守護戦士達は、神子さまが第一。
だから白ネコに、その橋渡し的役目をしてほいしって思ってるのかも。

でね、な~んか急に、白ネコもアジド院長も、お互いを認めあっちゃってるみたいな感じなのよ~。
まぁ、「神子さまが大事」っていうことが共通しているからなんだろうけど、一致団結しちゃってさ( ̄_ ̄)
頼もしいっていったらそうなんだけど、なにさ!って感じwww

次は、古代の曲を集めに行ってきます(・▽・)ノ
2014/12/29(Mon) 01:16 | URL  | クルク #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック