2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ!クルクです(・▽・)ノ

ミッションを進めて、それまで知らなかったことがわかってきて、色々と考えてしまうクルクなのです。
そこで、ここでちょっと考えをまとめてみようかなって思います。
クルクの勝手な思いと言い分だから、そうじゃないって思う人もいるだろうし、そんなことには興味ないって人もいるだろうから、読み飛ばしちゃっても構わない記事です。

あと、後になって考えが正反対に変わるかもしれないし、クルクの考えに不快を感じる人もいるかもしれないけど、それはまぁ、これはクルクの日記だからねw

えっと、「第6の院」で思ったことなんだけど・・・。
クルクは、神子さまはカラハバルハのことが好きだったの?って感じたのね。
「あの人」や「その方」って言い方は普通に使う言葉だけど、これまで聞いてきた神子さまの言葉にしてみたら、それにはとってもプライベートを感じるの。
心から信頼出来る人。
それだけでは恋愛感情だとは言い切れないけど、神子さまは孤独な存在だよね。
相談は出来ても、頼ることはしてはいけない。
だって、「神子さま」なんだもの。
時代は戦争の真っ只中。
大天才と謳われるほどの者が側にいれば、よっぽどの女傑でなければ、心の拠り所にしたいと思ってしまうはず。

でね、カラハバルハのこと。
ガード達の話を聞き回っていた時に、「カラハバルハは神々の書を読みたいから目の院の院長になった」ってなことを聞いたんだ。
神々の書は、代々受け継いでいく神子さまのものであって、他者が読むことは許されないもの。
それを読みたいからって・・・。
まさか、それが目的で神子さまに近づいたわけじゃないよね?
読みたい理由が、ウィンダスを救うための研究だとしても。

ここでクルクは、カラハバルハって聖人君子なんかじゃなかったのかもって思ったの。
歴史は彼を英雄としてるけど、実はけっこう腹黒だったんじゃないの?
アジド院長は敵ばかり作って進むタイプだけど、カラハバルハは巧みに周囲を味方に取り込んでいくタイプとか?
もしそうだったらイヤだなぁ~(´・ω・`)

で、更に考えましたww

カラハバルハが救ったというウィンダス。
実際に何がどうなったのか、クルクはまだ知りません。
だけど、たまたまそうなっちゃったってわけでもないよね。

「例えば誰か一人の命と、引き換えに世界が救われるとして、僕は誰かが名乗り出るのを、待っているだけの男だ」
と、ミスチルが歌っているけどw

命を落とすかもしれないということを、「世界」のために出来るかなぁ?
クルクだったら出来ないや。
世界もろとも、みんなと一緒に滅びるw

今、召喚魔法が危険だと言われているのは、カラハバルハでさえ命を落とすことになったからだよね?
当時、その召喚魔法を使ったらどうなるかって、カラハバルハならわかってたはずだよね?
それとも、使いこなせるはずだったのかな?
どっちにしても、読むことが出来ないはずの神々の書に書かれたことを研究しなくちゃ使えない召喚魔法なんだから、命の覚悟は必要だよね。
それを、「ウィンダスを救うため」に命をかけられるかなぁ?
出来るって言う人を、クルクは信用出来ませんけどねw

だけど・・・。
たった一人のかけがえのない人のためになら、出来るかもしれないって思うんだな。
咄嗟にとか、そういうんじゃなくてね。
それしかその人を救う方法がないとしたら・・・。
そして、その相手が神子さまだったら?

「星の神子さま」は、ウィンダスにとってなくてはならない存在で、誰か1人だけのものではない。
そして、1人の女性として生きることは許されない存在。
それは、神子さまが一番よく知っていること。
神子さまの役目は、ウィンダスを護り導いて行くこと。
カラハバルハにとって、唯一命に代えても護りたい愛する人が神子さまだったなら、それはウィンダスを護ることにもなるよね。

それとクルクはね、カラハバルハが自分の研究の結果を試してみたかったっていうのもあると思うんだ。
研究して、理論上では可能でも、実験してみないことには結果は出ないわけで。
研究者なら、そんなことはないとは言えないはず。

ん~む。
なんかロマンス入った妄想展開しちゃった(^▽^;)
後になって真実がわかって、「ひゃ~、恥ずかしい~(*/□\*)」ってなことになるかもしれないけどwww

この時クルクはこんなこと考えてたっていう記録の一つとして、記事にしちゃいました(´▽`;)




いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



スポンサーサイト

【2014/12/17 18:00】 | ひとりごと
トラックバック(0) |


キングシャッフル
久々にコメントします(というか2回目?) こんにちは サブリガです

らぶりぃさんのブログの方にはよくコメントを残してまして クルクさんのブログの方にもコメントしたいんですけどね~

コメントを書く機会を逸して書き損ねたのが かなりあったりしますが………… 汗

さて ウィンミッション頑張っておられますね

このままミッションを進めて ぜひ ヤクソク がどうなったのかを見てもらいたいですね

まぁ ジョーカーの正体的に 召喚士 的な事も まぁ あれ だったりしますが

ウィン関係のイベントを 全て見るには 召喚士 も 上げると良いかも です

カルハバルハ に関しては 実は 現代では 彼に関する事は あまりイベントで はっきりとは語られてなかったりするのですが

実は 過去でのウィン関係のクエストやミッションでは…………

色々 あれ だったり

以外な形で出てたり…………(げふげふ

現代でのウィンミッションを終えたら 過去でのウィン関係のクエストやミッションをやる事をオススメしますよ

サブリガでした



Re:
クルク
サブリガさん、こんばんは~(・▽・)ノ

カラハバルハに関しては、やっぱり過去クエの方で語られるのですね!
過去クエ、とってもとっても興味ありありなのです(≧▽≦)
だから始めちゃいたいのですが、何て言うか、一点集中型だったりするので、そっちに手が回らないというかw
そのくせ飽きっぽいので、すぐに違うこと始めちゃいますが(^_^;)
でも、アルタナMと過去クエはやりたいって思ってます♪

ヤクソクの結果が知りたくてウィンM再開させたんですけど、条件にフェンリル戦が入ってますよね(^_^;)
つまりこれは、召喚士上げろってことなんでしょうかねw
まだレベル1ですが・・・( ; ̄ー ̄)
が、がんばりますっ(>_<)ノ

コメありがとうございました~♪


えいゆう
コウ
クルクさん、おはようございます。

おー。今回の記事は、割とシリアスですねー。なになに・・・、
>命を落とすかもしれないということを、「世界」のために出来るかなぁ?
うーん、難しいですね。ウィンダスミッションのカラハバルハさんに特定すれば、
1.戦争中である。
2.国内で高い地位にある
3.国に対する脅威に対して、自身の力で対抗することができる。
4.職務に対して忠実である。
上記の条件が揃えば、「仕事として」命を賭ける選択肢は出てくるかなー、とは思います。まぁ、そもそもリアルの世界でも、一般人にはまず、やりたいと思っても、能力や地位がないと思うので、出来ないような気がしますね。

>たった一人のかけがえのない人のためになら、出来るかもしれないって思うんだな。
これはそうですね。特に女性には顕著だと思います。「好きな人の為に尽くしたい」の究極の行動でしょうね。僕の奥さんも、3才の息子の事を「私の命だ」とか言ってるもんなー。僕も子供の事は大好きで、よく遊びますけど、危ない状況ならともかく、普段からそんなに思い込めないです。

>それとクルクはね、カラハバルハが自分の研究の結果を試してみたかったっていうのもあると思うんだ。
これもあるかもしれませんね。専門職なら自身の仕事の成果を残したいでしょうねー。

さて、カラハバルハさんの真実はいずれにあるのでしょうか。クルクさん、是非謎解きをお願いします。
それでは〜。


神子様
らぶりぃ
クルちゃん、再び、おっはよ~♪

この記事は「第6の院」についての見解なのですね。

ミッションでセミラフィーナや冒険者と話す時の神子様と、
カラハバルハのことも想う神子様とでは、
普段のセリフの言い回しがだいぶ違ってますよね。

神子様としての立場ではウィンダスの最高指導者として、
常に前を向かないといけないけれど彼女も1人の女性、
心の拠り所としてカラハバルハがそうだったのかな。

カラハバルハも召喚魔法は危険すぎて禁忌であるにもかかわらず、
それを実行したのは研究者としてなのか、それとも…
私個人としては「愛する女性のため」を希望しちゃいます♪

最終的なことはウィンミッションである程度明らかになると思いますけど、
やはり過去や召喚士を進めて全てを知りたいですね(*⌒▽⌒)b

私もミッションを進めなきゃ…その前にリアル年末進行終わらせたい…
あ~、ザヤグが、フェイスが私を呼んでいるヾ(≧▽≦ヾ)))っっ

Re: えいゆう
クルク
コウさん、こんにちは(・▽・)ノ

昔話みたいになんとなく聞いてた噂が、ミッションを進めるうちにだんだん身近に感じるようになってきて、色んな事を考えてしまったので、ここらでちょっとまとめてみました。

あ~そっかぁ~、国で高い位置にいて、国を護る責任もあって、どうにかできる力があれば、「やらざるを得ない」っていう選択も出てくるかぁ~(>_<)
カラハバルハって、コルモル博士とかとは違って、生真面目そうですもんね。

うん、究極の自己犠牲w
自覚があるなし関係なく、女性にはヒロイン願望がありますからね(^_^;)
逆の意味で、男性には「いざとなったら命に代えて守ってみせる!」っていうヒーロー願望もあるのかな?
でも、男性はそういう場面に直面しないと芽生えない気持ちだったりするのかな?

そんなことを考えつつ、ロマンスの気配を求めながら、ミッションやってますwww

ホントに、映画3部作にして見せてもらいたいくらい、今一番気になりまくりなのです!
がんばって進めて行きます(≧▽≦)ノ


Re: 神子様
クルク
らぶたん、再びこんにょちは(・▽・)ノ

神子さまはウィンダスの民を護り導く最高指導者だけど、もしもカラハバルハのことを好きでいて、カラハバルハも神子のことを・・・だったら、ちょっと嬉しいなって思うのです。
嬉しいけど、悲しくもあるけど・・・
そのへんの事実が明かされるかどうかはわからないけど、過去クエはまさに大戦の真っ最中だろうから、やっぱり気になりますね★

召喚士かぁ~(^_^;)
レベル上げて、力押しで進めちゃおうかな・・・www
どっちにしても、スターオニオンズ団最後のクエを見るためには、ワンコを従えさせないといけないみたいなのです。
くぅぅ・・・経験値2倍キャンペーンはいつでしょうか!?

年末で何かと小忙しかったり、大忙しだったりしますけど、体に気をつけてくださいね!
そしてヴァナで、戦いながら癒されるっていう日々・・・w


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
久々にコメントします(というか2回目?) こんにちは サブリガです

らぶりぃさんのブログの方にはよくコメントを残してまして クルクさんのブログの方にもコメントしたいんですけどね~

コメントを書く機会を逸して書き損ねたのが かなりあったりしますが………… 汗

さて ウィンミッション頑張っておられますね

このままミッションを進めて ぜひ ヤクソク がどうなったのかを見てもらいたいですね

まぁ ジョーカーの正体的に 召喚士 的な事も まぁ あれ だったりしますが

ウィン関係のイベントを 全て見るには 召喚士 も 上げると良いかも です

カルハバルハ に関しては 実は 現代では 彼に関する事は あまりイベントで はっきりとは語られてなかったりするのですが

実は 過去でのウィン関係のクエストやミッションでは…………

色々 あれ だったり

以外な形で出てたり…………(げふげふ

現代でのウィンミッションを終えたら 過去でのウィン関係のクエストやミッションをやる事をオススメしますよ

サブリガでした

2014/12/17(Wed) 20:24 | URL  | キングシャッフル #-[ 編集]
Re:
サブリガさん、こんばんは~(・▽・)ノ

カラハバルハに関しては、やっぱり過去クエの方で語られるのですね!
過去クエ、とってもとっても興味ありありなのです(≧▽≦)
だから始めちゃいたいのですが、何て言うか、一点集中型だったりするので、そっちに手が回らないというかw
そのくせ飽きっぽいので、すぐに違うこと始めちゃいますが(^_^;)
でも、アルタナMと過去クエはやりたいって思ってます♪

ヤクソクの結果が知りたくてウィンM再開させたんですけど、条件にフェンリル戦が入ってますよね(^_^;)
つまりこれは、召喚士上げろってことなんでしょうかねw
まだレベル1ですが・・・( ; ̄ー ̄)
が、がんばりますっ(>_<)ノ

コメありがとうございました~♪
2014/12/17(Wed) 20:43 | URL  | クルク #-[ 編集]
えいゆう
クルクさん、おはようございます。

おー。今回の記事は、割とシリアスですねー。なになに・・・、
>命を落とすかもしれないということを、「世界」のために出来るかなぁ?
うーん、難しいですね。ウィンダスミッションのカラハバルハさんに特定すれば、
1.戦争中である。
2.国内で高い地位にある
3.国に対する脅威に対して、自身の力で対抗することができる。
4.職務に対して忠実である。
上記の条件が揃えば、「仕事として」命を賭ける選択肢は出てくるかなー、とは思います。まぁ、そもそもリアルの世界でも、一般人にはまず、やりたいと思っても、能力や地位がないと思うので、出来ないような気がしますね。

>たった一人のかけがえのない人のためになら、出来るかもしれないって思うんだな。
これはそうですね。特に女性には顕著だと思います。「好きな人の為に尽くしたい」の究極の行動でしょうね。僕の奥さんも、3才の息子の事を「私の命だ」とか言ってるもんなー。僕も子供の事は大好きで、よく遊びますけど、危ない状況ならともかく、普段からそんなに思い込めないです。

>それとクルクはね、カラハバルハが自分の研究の結果を試してみたかったっていうのもあると思うんだ。
これもあるかもしれませんね。専門職なら自身の仕事の成果を残したいでしょうねー。

さて、カラハバルハさんの真実はいずれにあるのでしょうか。クルクさん、是非謎解きをお願いします。
それでは〜。
2014/12/18(Thu) 08:55 | URL  | コウ #-[ 編集]
神子様
クルちゃん、再び、おっはよ~♪

この記事は「第6の院」についての見解なのですね。

ミッションでセミラフィーナや冒険者と話す時の神子様と、
カラハバルハのことも想う神子様とでは、
普段のセリフの言い回しがだいぶ違ってますよね。

神子様としての立場ではウィンダスの最高指導者として、
常に前を向かないといけないけれど彼女も1人の女性、
心の拠り所としてカラハバルハがそうだったのかな。

カラハバルハも召喚魔法は危険すぎて禁忌であるにもかかわらず、
それを実行したのは研究者としてなのか、それとも…
私個人としては「愛する女性のため」を希望しちゃいます♪

最終的なことはウィンミッションである程度明らかになると思いますけど、
やはり過去や召喚士を進めて全てを知りたいですね(*⌒▽⌒)b

私もミッションを進めなきゃ…その前にリアル年末進行終わらせたい…
あ~、ザヤグが、フェイスが私を呼んでいるヾ(≧▽≦ヾ)))っっ
2014/12/18(Thu) 08:57 | URL  | らぶりぃ #-[ 編集]
Re: えいゆう
コウさん、こんにちは(・▽・)ノ

昔話みたいになんとなく聞いてた噂が、ミッションを進めるうちにだんだん身近に感じるようになってきて、色んな事を考えてしまったので、ここらでちょっとまとめてみました。

あ~そっかぁ~、国で高い位置にいて、国を護る責任もあって、どうにかできる力があれば、「やらざるを得ない」っていう選択も出てくるかぁ~(>_<)
カラハバルハって、コルモル博士とかとは違って、生真面目そうですもんね。

うん、究極の自己犠牲w
自覚があるなし関係なく、女性にはヒロイン願望がありますからね(^_^;)
逆の意味で、男性には「いざとなったら命に代えて守ってみせる!」っていうヒーロー願望もあるのかな?
でも、男性はそういう場面に直面しないと芽生えない気持ちだったりするのかな?

そんなことを考えつつ、ロマンスの気配を求めながら、ミッションやってますwww

ホントに、映画3部作にして見せてもらいたいくらい、今一番気になりまくりなのです!
がんばって進めて行きます(≧▽≦)ノ
2014/12/18(Thu) 14:06 | URL  | クルク #-[ 編集]
Re: 神子様
らぶたん、再びこんにょちは(・▽・)ノ

神子さまはウィンダスの民を護り導く最高指導者だけど、もしもカラハバルハのことを好きでいて、カラハバルハも神子のことを・・・だったら、ちょっと嬉しいなって思うのです。
嬉しいけど、悲しくもあるけど・・・
そのへんの事実が明かされるかどうかはわからないけど、過去クエはまさに大戦の真っ最中だろうから、やっぱり気になりますね★

召喚士かぁ~(^_^;)
レベル上げて、力押しで進めちゃおうかな・・・www
どっちにしても、スターオニオンズ団最後のクエを見るためには、ワンコを従えさせないといけないみたいなのです。
くぅぅ・・・経験値2倍キャンペーンはいつでしょうか!?

年末で何かと小忙しかったり、大忙しだったりしますけど、体に気をつけてくださいね!
そしてヴァナで、戦いながら癒されるっていう日々・・・w
2014/12/18(Thu) 14:25 | URL  | クルク #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック