2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
ここん★クルクです(・▽・)ノ

どうしようかな~って思ったんだけど、続けてミッション受けました。

アジド院長の闇牢入り、これはホント「見せしめ」なんでしょうね。
院長クラスの人でも、禁忌を破ればこうなるぞっていう。
逆に、それだけ知られたくない何かがあの場所にあるんじゃないかとも勘ぐれるわけで…。

口の院の人達がね、このタイミングでウィンダスが攻められたら危険だって言ってたの。
ガードからは、この一件が外部に漏れないようにって注意もされました。
闇牢って、魔力を吸い取られちゃうんでしょ?
ウィンダス連邦国にとってアジド院長は、つまりその程度の人としか思われてなかったってことだよね?
院の人達やガード達からは重要な戦力って思われているけど、上層部からはいなくてもいい人って思われてるわけでしょ?
だって、闇牢に繋ぐってことは、そういうことだよね?
毒にはなっても薬にはならないって判断されたんだよね?

・・・おのれ白猫・・・クルクは絶対に許さない・・・。

さて、この時点でシャントット博士の所に行ってみたけど、全くいつも通りなのw
冒険者ごときが、博士の家に勝手に入るな的発言されちゃいましたよ~(^_^;)
アプルルちゃんのことも心配で行ってみたら、普通~にカーディアンについて説明してくれて…。
その平常的穏やかさが、却って何かの前触れのように思えてなりません。

そしてクルクのミッション依頼も、書庫の掃除なんてものだし( ̄_ ̄)
これは目の院トスカポリカ院長から出されたミッションです。
トスカポリカ院長はアジド院長のことが嫌いだから、こんな事態になって喜んでいるんじゃないかってなことを、二人のガードから聞きました。

Klu708.jpg

あ~っそう。
ルトにクネクネされただけで、モジモジしちゃうオッサンめ!
掃除くらい自分でやりなさいよね!(`△´)
・・・と思ったら、ミッションの内容はただのカモフラージュだったんだって!(・◇・)
白ネコが目を光らせてるから、当たり障りのないミッションを依頼して、クルクを呼び寄せたらしいよ。
まさか、アジド院長を嫌っているトスカポリカ院長が、アジド院長派のクルクと結託するなんて、白ネコだって気づかないよね(≧w≦)ニシシ

他言無用の依頼内容は、例の”白き書”こと 「神々の書」 のこと。
アジド院長から神子様に渡された神々の書は、この度神子様から直々にトスカポリカ院長に渡されて、封印図書として二度と日の目に当たらないよう保管するようにって言われたんだって。
でもトスカポリカ院長は、それは出来ないって言うのです。
神子様から手渡された神々の書は、やっぱり白紙のままだったんだって。
トスカポリカ院長は、どうして白紙になってしまったのか、なにが起きているのか、それを見極めなくてはならない。
それはつまり、神子様の言葉に逆らうこということ。
それでも、トスカポリカ院長は、知らなくちゃならないと言います。

Klu709.jpg

オッサンとか言ってゴメンナサイ(´・ω・`)
クルク、ちょっとだけカッコイイぞ!って思っちゃったw

神々の書って、代々の神子様の記録書みたいなものみたい。
次の神子様のための書なんだって。
だけどそれは、真実であるが故にとても危険なもので、その書を開くには多大な魔力と、神子様の持つ 「まがつみの星」 が必要なんだって。

Klu710.jpg

カラハバルハは生前、神子様の許しを得て書を開き、そこに書かれていた 「真実であるが故に危険なのも」 を知ったらしいんだ。
何かはわからないけど、カラハバルハはトライマライの奥で、研究ををしていたんだって。
何でそんなことを知っているかというと、カラハバルハが目の院の院長だった頃、トスカポリカ院長は書士だったんだってさ。
その時に、聞いたらしいよ。

Klu711.jpg

そこへ行けば、カラハバルハが研究していた何かが残っているだろうって。
そうすれば、書の文字が消えたわけも、ウィンダスが滅ぶっていう言い伝えの理由もわかるかもしれない。
・・・って、え!?
ウィンダスって、滅ぶって言い伝えなの!?( ̄□ ̄;)

カラハバルハの研究室には、目の院の院長の指輪があれば入ることが出来るからって、目の院の院長の指輪を渡されました。
これって、とっても重要な物だよね。
トスカポリカ院長に、「くれぐれもなくすでないぞ!信頼して預けたのだからな!」 って言われちゃった・・・。
うひゃ~(* ̄□ ̄*)
いつの間に、そんな信頼してくれちゃってたの?

クルク、ゾクゾクしてきちゃったww
だって、5院の院長達でさえ知り得ないことを、クルクが調べるんだよ!
目の院の指輪がないと入れないってことは、アジド院長でさえ入ったことがない所。
っていうか、トスカポリカ院長、自分で行ったらいいのにさwww
あれか、禁忌だからか!(^_^;)

んじゃ、信頼を裏切らないように、頑張ってトライマライにいってきまーす(・▽・)ノ

ちょっと長くなっちゃったから、続きは明日書きますね★




いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2014/12/15 23:59】 | ウィンダスミッション
トラックバック(0) |

バルス!?
らぶりぃ
クルちゃん、おはようなのです(*´ω`)ノ

アジド院長が闇牢に投獄されて街中は戦々恐々としてるかと思いきや、
至って普通の日常風景…それは外部に漏れないために敷かれた報道管制?

たしかにアジド院長クラスが居ない現状で、
ウィンに何かあればかなりマズイですものねヾ( ̄ω ̄;)ノ

そんな大事な時期に頼まれたミッションは書庫整理って…
冒険者じゃなくて部下のヒトにやらせればいいのに。
と思ってたら隠れ蓑の役割なのね!

あの白き書って代々の神子様に受け継ぐための書物なのね。
だから他のヒトには簡単に読めないよう膨大な魔力と、
神子様が持ってる道具が無いとダメなのかぅ。

…ってウィンって最後は滅びちゃうのΣ( ̄△ ̄ノ)ノ

私、頑張って世界の終焉が来ないよう戦ってますケド!
時期が分かってるならサンドかバスで新しいモグハウスを
借りなきゃイケないし荷物もまとめなきゃ( ̄ω ̄= ̄ω ̄)

そうならないようにトスカポリカ院長が、
クルちゃんを信用して大事な大事な指輪を預けてくれたのね!
物語はどんどん核心に近づいてるみたいでワクワクですo(≧ω≦)o

トライマライ水路、気を付けて行ってらっしゃ~い(*´ω`)ノ

Re:バルス!?
クルク
らぶたん、こにゃのちはです(・▽・)ノ

こんな時に掃除なんてしてられっか!ヽ(`д´)ノ
って思ったら、まさかの依頼でした。

目の院の院長しか知らないことをクルクに教えてくれたトスカポリカ院長だけど、この人もアジド院長や白ネコとは違う角度から、ウィンダスの未来を護ろうとしてるんだなって感じました。

ちっぽけな冒険者のクルクだけど、クルクもウィンダスを護るために、小さな一粒のつぶてでもいいからなれたらいいな(・▽・)

トライマライ水路の奥には心の院があって、その先には・・・。

ドキドキしながら、真実を探りに行ってきます(≧_≦)ノ


・・・§・・・*・・・§・・・

クルクがトライマライの水路をジャブジャブと進んでいる頃、某所では・・・。

バル 「いやぁ~、今回もらぶりぃさんの『ジラートM』面白かったな!まさかアイツが弟だったとはな!」

ミッシー(飛竜) 「キュイ~ン♪」

バル 「ところでお嬢、お前のご主人様はどこ行ったんだ?」

ミッシー 「キュ~ィ・・・」

バル 「シグナルパールも通じないんだよなぁ」

ミッシー 「・・・キュ~・・・」

バル 「・・・そういえば、聞いたか?口の院の院長が闇牢に投獄されたって話。闇牢なんてマジかよ、怖ぇぇ~。クルクなら詳しいだろうから聞こうと思ってたんだけ・・・ど・・・ん?」

ミッシー 「・・・・・・キュ」

バル 「・・・おいおいおい、冗談じゃないぞ?アジド院長が捕まった時、冒険者が一緒だったって言われてるけど、まさかクルクじゃないだろうな?」

ミッシー 「・・・・・・ュ」

バル 「マジかよ、あのバカ!何やってんだ!クソッ、そしたら『ジラートM』見てないのか!?アイツが弟で、アレが兄貴だったって、話が通じないじゃないか!」

ミッシー 「!!!」

それから数日、チリチリ頭のタルタルを見かけたとか、いないとか・・・。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
バルス!?
クルちゃん、おはようなのです(*´ω`)ノ

アジド院長が闇牢に投獄されて街中は戦々恐々としてるかと思いきや、
至って普通の日常風景…それは外部に漏れないために敷かれた報道管制?

たしかにアジド院長クラスが居ない現状で、
ウィンに何かあればかなりマズイですものねヾ( ̄ω ̄;)ノ

そんな大事な時期に頼まれたミッションは書庫整理って…
冒険者じゃなくて部下のヒトにやらせればいいのに。
と思ってたら隠れ蓑の役割なのね!

あの白き書って代々の神子様に受け継ぐための書物なのね。
だから他のヒトには簡単に読めないよう膨大な魔力と、
神子様が持ってる道具が無いとダメなのかぅ。

…ってウィンって最後は滅びちゃうのΣ( ̄△ ̄ノ)ノ

私、頑張って世界の終焉が来ないよう戦ってますケド!
時期が分かってるならサンドかバスで新しいモグハウスを
借りなきゃイケないし荷物もまとめなきゃ( ̄ω ̄= ̄ω ̄)

そうならないようにトスカポリカ院長が、
クルちゃんを信用して大事な大事な指輪を預けてくれたのね!
物語はどんどん核心に近づいてるみたいでワクワクですo(≧ω≦)o

トライマライ水路、気を付けて行ってらっしゃ~い(*´ω`)ノ
2014/12/16(Tue) 06:39 | URL  | らぶりぃ #-[ 編集]
Re:バルス!?
らぶたん、こにゃのちはです(・▽・)ノ

こんな時に掃除なんてしてられっか!ヽ(`д´)ノ
って思ったら、まさかの依頼でした。

目の院の院長しか知らないことをクルクに教えてくれたトスカポリカ院長だけど、この人もアジド院長や白ネコとは違う角度から、ウィンダスの未来を護ろうとしてるんだなって感じました。

ちっぽけな冒険者のクルクだけど、クルクもウィンダスを護るために、小さな一粒のつぶてでもいいからなれたらいいな(・▽・)

トライマライ水路の奥には心の院があって、その先には・・・。

ドキドキしながら、真実を探りに行ってきます(≧_≦)ノ


・・・§・・・*・・・§・・・

クルクがトライマライの水路をジャブジャブと進んでいる頃、某所では・・・。

バル 「いやぁ~、今回もらぶりぃさんの『ジラートM』面白かったな!まさかアイツが弟だったとはな!」

ミッシー(飛竜) 「キュイ~ン♪」

バル 「ところでお嬢、お前のご主人様はどこ行ったんだ?」

ミッシー 「キュ~ィ・・・」

バル 「シグナルパールも通じないんだよなぁ」

ミッシー 「・・・キュ~・・・」

バル 「・・・そういえば、聞いたか?口の院の院長が闇牢に投獄されたって話。闇牢なんてマジかよ、怖ぇぇ~。クルクなら詳しいだろうから聞こうと思ってたんだけ・・・ど・・・ん?」

ミッシー 「・・・・・・キュ」

バル 「・・・おいおいおい、冗談じゃないぞ?アジド院長が捕まった時、冒険者が一緒だったって言われてるけど、まさかクルクじゃないだろうな?」

ミッシー 「・・・・・・ュ」

バル 「マジかよ、あのバカ!何やってんだ!クソッ、そしたら『ジラートM』見てないのか!?アイツが弟で、アレが兄貴だったって、話が通じないじゃないか!」

ミッシー 「!!!」

それから数日、チリチリ頭のタルタルを見かけたとか、いないとか・・・。

2014/12/16(Tue) 11:32 | URL  | クルク #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック