2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ、クルクです(・▽・)ノ

今日は、クルクの冒険はお休みです。
それでね、クルクはちょっと梅に話があってね。
梅にはずいぶん会ってないから、ウィンダスに戻って、久しぶりに梅の顔でも見て来ようかなって思ったの。


**:・:***:・:***:・:***:・:***:・:***:・:***:・:***:・:***:・:**

Klu644.jpg

ウィンダスは、今日も晴天だ。
これといった騒ぎもなく、毎日は穏やかに過ぎて行く。
たまにサンドのうずらがモグ通信で、出会った男の家柄を訊いてくるが、俺が知るわけがない。
バスにいるぴよからは、何か困っていることはないかと連絡がくる。
俺はそんなに頼りないのか?
まぁ、頼りになるとは言い難いがな。
そしてクルたんからはついさっき、会って話したいことがあると連絡があった。
改まって、話しとはなんだろう?
いや、実は心当たりがないこともない。

数日前、モグがクルたんのモグと通信でヒソヒソ話をしているのを聞いてしまった。
話しの内容は、クルたんがウィンダスに新たに倉庫番を雇ったというものだった。
そのことはクルたんが正式に伝えるだろうから、それまでは俺達倉庫番にはまだ伏せておくと話し合っていた。
だが、聞こえてしまった俺は、とうとう来たかと思ったものだ。

思えば、ずいぶんと自由にさせてもらっていた。
一番出し入れすることの少ないクリスタルの管理を任され、そのクリスタルでさえ、俺の一任で好きにしていいと言われていた。
クルたんが必要になった時に間に合うように、十分な数をストックしておき、残りは適当に売ったりしていたが、その売上げさえも好きに使えばいいとクルたんは言っていた。
俺には買ってまで欲しい物は特にないので、使うこともなかったが。

クルたんの冒険も、エラジア大陸にまで及ぶようになり、今までよりも更に荷物が増えている。
アイテムの仕分けと処理、働き者で有能な倉庫番を雇い直すというのは、当然の成り行きだろう。

解雇通達をする場所にクルたんが選んだのは、俺を拾ってくれた港だった。
約束の時間よりも少し早く着いたのだが、クルたんはすでに来ていた。

Klu645.jpg

久しぶりに会ったクルたんから出た言葉は、「梅、ゴハンちゃんと食べてる~?」 だった。
クルたんはたまに、母親のような態度で俺を心配してくれる。
それが嬉しいやら、情けないやら・・・。

まるで我が家のように口の院へと俺を招き入れ、奥にある魔法練習場へと出る。
並んで腰を下ろすと、クルたんがペア・オレを差し出してきた。
俺が港で拾われた時も、クルたんは俺にペア・オレをくれた。
クルたんと2人、こんな風に直接会って話をするのは、どのくらいぶりだろうか。
近況などを語るクルたんがなかなか本題に入らないのは、やはり言いにくいことだからだろう。
ならば、俺から切り出すべきではないか。
モグハを出る時に、覚悟は決めてある。

「ところで、新しい倉庫番を雇ったと聞いたが・・・」
「え、誰に聞いたの? って、モグしかいないか」
「どんな人なのだ?」
「んとね、黒糖さんっていって、クルクが小さい時にいっぱいお世話になった人なの」
「そうか、ならば安心だな」
「うん♪ それでね…えっと…」
「では俺は、これでお役御免ということでいいのだな?」

一瞬口ごもったクルたんが再び口を開く前に、俺から言い出した。
クルたんが、驚いたように俺を見る。
俺は平静を装っていたが、クルたんが頷くのを見るのは辛かった。
ところがクルたんは、驚いた顔のまま小首を傾げたのだ。

「梅、クルクの倉庫番辞めちゃうの?どして?」
「どうしてって・・・俺は無用だろう? 今までだって、たいして役に立っていたとも思えんし」
「そんなことないよ? だって梅がいなくちゃ、クリスタルの保管に困るもの。それだけでいいの」
「それなら誰でも…」
「よくないよ! クルクは梅がいいって言ってるんだから、クリスタルの管理をするのは梅じゃなきゃダメなの!」
「しかし・・・新しい倉庫番を・・・」
「黒糖さんにはね、装備品を管理してもらうようにお願いしてあるんだよ」
「・・・装備品・・・」
「それでね、黒糖さんにはみんなのことを話してあるんだけど、黒糖さんは同じウィンダスにいる梅に、会って挨拶がしたいんだって。でも梅は引きこもりだからさ、もしかしたらイヤっていうかもしれないから、クルクが聞いてみるね~って言ったの」

クルたんの話とは、このことだったのか・・・。
ホッとして、勘違いをしていた自分がおかしくなった。
俺が笑いながら 「構わないよ」 と言うと、クルたんは立ち上がり、厳しい目をして俺を指さした。

「黒糖さんに会う時は、その恰好は止めなさいね!」

Klu646.jpg

クルたんは目を三角にして 「マンドラちゃんも、ゴブもダメ!」 と言い切った。
俺は別に人見知りという訳ではないのだが、顔を隠しているとなんとなく安心できるのだ。
だが、クルたんがダメだと言うのなら、俺はそれに従おう。
俺が素直に頷くと、クルたんは突然腕を伸ばして、チョコボマスクの上から俺の頭を撫でたのだ。

「梅はクルクが港で拾ったんだから、勝手に辞めるとか言ったらダメなんだからね! それに、梅をクビにしようって思うなら、とっくに代わりを見つけてるよ。だから梅は、これからもクルクのクリスタル管理をしていなさい。他は、好きにしてて構わないから」

Klu647.jpg

俺はもう一度頷いた。
チョコボマスクをしていて、よかったと思った。


**:・:***:・:***:・:***:・:***:・:***:・:***:・:***:・:***:・:**

黒糖さんと会う日時はモグ通信で知らせることにして、クルクは梅をモグハまで送って行きました。
ん?普通は逆?
うん、そうなんだけどね。
でもさ、可憐な女の子がデカチョコボに連れられていたら、通報されちゃうかもしれないでしょ?
だから、デカチョコボを可憐な女の子が連れて行くの(*´▽`*)
え?・・・可憐な女の子はどこかって?
最期に、星に祈りを捧げる時間をやろう( ̄_ ̄)

・・・あっ! いま気が付いた!
せっかく久しぶりに会ったのに、梅の顔見てなかった!(>д<)
もぉ~う!
梅のヤツ、なんだってクルクと会う時まで被り物なのさ!
黒糖さんに会う時のこと、釘を刺しておいてよかった。
でも一応、黒糖さんには 「おかしな恰好で現れるかもしれない」 って断っておこうっと。

さてと、それじゃ~クルクはジュノに戻ってから、ちょっくらボヤ樹に行って来ようかな。




いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2014/12/01 23:59】 | * クルク一家
トラックバック(0) |

梅兄さん…!?
らぶりぃ
クルちゃん、おっはぁ(*´ω`)ノ

今日は梅兄さんの近況報告なのですね♪
同じウィンダスに新しい倉庫番の黒糖さんがやって来ることになって、
仲良くしてほしいってお願いに来ただけなのに、
何故かあらぬ方向に勘違いしちゃってる梅兄さん( ・ω・)b

クルちゃんは久しぶりに会う梅兄さんだから、
たまたま初めて出会った港を選択しただけ(かな?)なのに、
それを見事に斜め上に解釈しちゃった梅兄さん(  ̄ω ̄)σ

それでもクルちゃんが言い難いと思って、
自分から話を切り出したのは男らしい梅兄さん(´・ω・`)

…それなのに…

なんでチョコボかな(o_ _)ノ彡☆ぽむぽむ
SS画像を見た時心の中で「くるっくー」って鳴いたよ(笑)

梅兄さんってば解雇されると思って港に来てるはずなんだから、
せめて正装か他の格好が合ったと思うのになぜチョコボ!
そのチョイスが素敵すぎてやっぱり梅兄さんらしいですね♪

クリスタル番人も立派な仕事だし頑張って貰わなきゃ!

でも…初対面ならせめてマスクだけは外さないとです(σ⌒ω⌒)σ
そうじゃないと黒糖さんが「あぁチョコボを飼ってるのだな」と、
思いっきり勘違いするかもしれませんよ(笑)


( ̄ω ̄= ̄ω ̄)可憐な女の子ドコドコ?


(・ω・)クルちゃんを発見……


ヾ( ̄▽ ̄*)ノ…フッ


ε=ε=(ノ・ω・)ノウズラ姫様ダァ


(=v=)なんて冗談ですヨ♪

Re:梅兄さん…!?
クルク
らぶたん、こんちゃ(・▽・)

『 クルクは インパルスドライヴ の構え 』

・・・っとぉ~、放っちゃうトコでした★(´▽`)

くるっく~♪
ルルデの庭にね、チョコボスーツの人がよく立ってるの。
その人の前を通ると、なぜか立ち止まってジィ~っと見たくなっちゃうのです。
だから梅がチョコボだったのはいいんだけど、普通はこんな時には着ないよね~。
だから友達いないのかなぁ?(・▽・)

チョコボを飼ってるwww
いや、もう、それでいいかもw(*´m`*)
マイチョコボ♪
でも、敵に襲われちゃう(^_^;)

黒糖さんなら、梅とも仲良くなってくれるかな~(´▽`)
さっそく黒糖さんに連絡して、日時と場所を決めなくちゃ♪
それから、うずらとぴよにも、黒糖さんのことを言っておかなくちゃ!

チーちゃんトコには、応募者はたくさん集まったかなぁ~(*^-^*)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
梅兄さん…!?
クルちゃん、おっはぁ(*´ω`)ノ

今日は梅兄さんの近況報告なのですね♪
同じウィンダスに新しい倉庫番の黒糖さんがやって来ることになって、
仲良くしてほしいってお願いに来ただけなのに、
何故かあらぬ方向に勘違いしちゃってる梅兄さん( ・ω・)b

クルちゃんは久しぶりに会う梅兄さんだから、
たまたま初めて出会った港を選択しただけ(かな?)なのに、
それを見事に斜め上に解釈しちゃった梅兄さん(  ̄ω ̄)σ

それでもクルちゃんが言い難いと思って、
自分から話を切り出したのは男らしい梅兄さん(´・ω・`)

…それなのに…

なんでチョコボかな(o_ _)ノ彡☆ぽむぽむ
SS画像を見た時心の中で「くるっくー」って鳴いたよ(笑)

梅兄さんってば解雇されると思って港に来てるはずなんだから、
せめて正装か他の格好が合ったと思うのになぜチョコボ!
そのチョイスが素敵すぎてやっぱり梅兄さんらしいですね♪

クリスタル番人も立派な仕事だし頑張って貰わなきゃ!

でも…初対面ならせめてマスクだけは外さないとです(σ⌒ω⌒)σ
そうじゃないと黒糖さんが「あぁチョコボを飼ってるのだな」と、
思いっきり勘違いするかもしれませんよ(笑)


( ̄ω ̄= ̄ω ̄)可憐な女の子ドコドコ?


(・ω・)クルちゃんを発見……


ヾ( ̄▽ ̄*)ノ…フッ


ε=ε=(ノ・ω・)ノウズラ姫様ダァ


(=v=)なんて冗談ですヨ♪
2014/12/02(Tue) 06:52 | URL  | らぶりぃ #-[ 編集]
Re:梅兄さん…!?
らぶたん、こんちゃ(・▽・)

『 クルクは インパルスドライヴ の構え 』

・・・っとぉ~、放っちゃうトコでした★(´▽`)

くるっく~♪
ルルデの庭にね、チョコボスーツの人がよく立ってるの。
その人の前を通ると、なぜか立ち止まってジィ~っと見たくなっちゃうのです。
だから梅がチョコボだったのはいいんだけど、普通はこんな時には着ないよね~。
だから友達いないのかなぁ?(・▽・)

チョコボを飼ってるwww
いや、もう、それでいいかもw(*´m`*)
マイチョコボ♪
でも、敵に襲われちゃう(^_^;)

黒糖さんなら、梅とも仲良くなってくれるかな~(´▽`)
さっそく黒糖さんに連絡して、日時と場所を決めなくちゃ♪
それから、うずらとぴよにも、黒糖さんのことを言っておかなくちゃ!

チーちゃんトコには、応募者はたくさん集まったかなぁ~(*^-^*)
2014/12/02(Tue) 13:58 | URL  | クルク #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック