2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
ヘニャ~★クルクです(・▽・)ノ

昨日はバルの限界突破をしたので、今日はクルクの限界突破をします♪
条件は、レベル86以上。

いつものノマドモーグリに話かけたら、天晶堂から適切な人材を派遣してもらう約束になってるみたいなんだけど、まだ来てないんだって~。
あれ?
ってことは、今回はハラヘニャーの人はいないの?
ちょっぴり残念だなぅ~(´・ω・`)
あの 「それでは恒例の」 みたいな雰囲気、嫌いじゃなかったんだけどな。

Klu617.jpg

そしてやって来たのは、アトリトゥトリとかいうタルタルでした。
このタルタルが現れたら、何かマート爺ちゃんが変なの。
変って、ニセモノとかそういうんじゃなくてねww
で、アトリトゥトリって人、この人もちょっと変。
こっちの 「変」 は、そのまんまの意味でww
何でマート爺ちゃんにウィンクしてんの?( ̄д ̄;)
マート爺ちゃん、このアトリトゥトリって人のこと知ってるんだね。

東方に、人間の限界を超えさせる秘術があるらしいの。
このアトリトゥトリってタルは、それを天晶堂で見つけたんだって。
それを試すには契約をしなくちゃならないらしくて、契約すれば比較的簡単に強くしてもらえるみたい。
どうやらマート爺ちゃんには、心当たりがあるようだよ。
そしたらまた、アトリトゥトリがマート爺ちゃんにウィンクしたの!
・・・なんなの?いったい( ̄д ̄)

契約するか?って聞かれたから、もちろんするよ!!
そしたら、【魔人印章】 を1つと、【オーキシュアクス】 と、クルクの覚悟を見せて欲しいって言われたよ。
覚悟って、なぁに?
どんなに痛い星を脳天に落とされても我慢して泣き寝入りする覚悟とか、木の茂みに頭から突っ込まれて乙女の恥じらいを失うことになっても健気に笑顔を絶やさないでいられる覚悟とか、そういう?
・・・違うみたいです(・▽・)
メロンポイントを10ポイント・・・メロン?( ゚Д゚)
モグの、ノリツッコミで 「メリットポイント」のことだとわかりましたww
それが契約料だそうよ。
アトリトゥトリは、準備が出来たら天晶堂リンクシェルに連絡するようにって、モグに言って去って行きましたt。

魔人印章は、いくつかたまっているからおk!
オーキシュアクスは、持っていたのでラッキーでした♪
このアイテムは、人によってランダムで指定される物が変わるみたい。
それとメロン・・・じゃなくてメリットポイントは、10ポイントためてあります★

で、言われた物をモグに渡すと、さっそく連絡をしてくれています。
だけど、マート爺ちゃんは何だかとっても心配してくれているみたい。

Klu618.jpg

大丈夫だよ!
マート爺ちゃんに鍛えられたクルクだもの(・▽・)ノ

そして・・・・・・アトリトゥトリが来ません( ̄_ ̄;)
モグが時間にルーズって文句言ってるよw
たしかに、クルク達の時間は無限ではないから、有効に使わないとね★

遅れてやってきたアトリトゥトリだけど、どうやら一緒にいるタルタルに捕まってて遅れたみたい。
漬物を売り込んでいるみたいだけど、もしや水区食堂のチャママ?
ジュノまで営業に来てるんだね!
ルトも見習えっ!( ̄_ ̄)

Klu619.jpg

チャママのことを 「アチャチャ」 とか呼んでるし、いい加減なんだからなぁ~。
でね、アトリトゥトリは 「漬物が嫌い」 なんだって。
サラリと出てきたけど、コレは後々重要なキーワードになるから覚えておきましょう(・▽・)b
っていうかさ、作っている人を目の前にして、よく 「嫌い」 とか平気で言えるよねぇ~?
チャママは、なんとか天晶堂で取引をしてもらいたいみたい。
結局、アトリトゥトリを手伝うことが条件で、口利きを約束してもらったようで・・・。

Klu620.jpg

何をするのかと言うと・・・。
アトリトゥトリがクルクに 「東方の秘術」 をかけるんだって。
それでクルクが 「いまだ!」 と思った瞬間に、気合いを入れて力めばいいみたい。
早いと軽くて壊れるし、遅いと腐っちゃうから、タイミングが重要だって言われたよ。
成功すれば、クルクの命が具現化するんだって。
・・・って、命が具体化!?( ̄□ ̄)
え、それじゃ失敗したら、その分だけ命が削られるってこと!?{{{(;д;)}}}
クルク、みんなにお別れの挨拶してないよ(´・ω・`)

そのタイミングだけど、約10秒。
そしてこの術はイメージが重要だから、なるべくかわいらしいモノを想像するといいって言われました。
例として、アトリトゥトリが 「チョコボの卵とか」 って言ったら、マート爺ちゃんが 「かわいい…?」 だって。
そしたらね、またアトリトゥトリがマート爺ちゃんにウィンクしてんの!
何なの!?いったい(>д<)

Klu621.jpg

・・・って、紛らわしいんだってば!
合図はモグが出すから、アトリトゥトリの動きに惑わされちゃいけません。
そしてカウントは、自分でした方がいいです。
ログに 「・・・。」 とか 「・・・?」 とか出るけど、それを見てるとタイミングを見失いますw
クルクはログを見てて、1度失敗しちゃった(´・ω・`)
2度目は自分でカウントとって、9で気合を入れました。
そしたら・・・。

Klu622.jpg

何か出たwww
あとは重さを量ってもらうんだけど、軽くても重くてもダメらしいよ。
いつも漬物を漬ける円石を持っているチャママが、円石3個分と比較してくれます。

Klu623.jpg

どうやら成功したみたい★(*´▽`*)
マート爺ちゃんも、「あの秘術を成功させてしまうとは・・・」 って驚いてるみたい。

Klu624.jpg

クルクの命の一部ですからね、落とさないようにお願いしますw
で、これをどうするかっていうと、最後の過程があるようで・・・。

Klu625.jpg

アトリトゥトリが術をかけると、謎の物体はキラリと光って 「魂の宝珠」 になりました。
それをクルクに手渡してくれて、「おめでとう、クルク。キミはこれで人間の枠を飛び越えたよ」・・・って・・・。
え、いや、ちょっと待って~っ!(>д<)ノ
「人間の枠を飛び越えた」 ですって!?
どういうことさ!
そんな話は聞いてないよ!!

それは、つまり・・・神?(*´▽`*)ウフフ

あ、すみません。
調子に乗っただけです(´・ω・`)

アトリトゥトリは、魂の宝珠は肌身離さず大事にするようにってクルクに言いました。
でも、説明は面倒だから省略するんだってさ( ̄_ ̄)
それがとっても重大なことだったりするんだよね、きっと。

そうしてアトリトゥトリは 「じゃ、また会おう。近いうちに」 ってクルクにニヤリと笑って、 チャママに連れられて、天晶堂へと戻って行きました。

マート爺ちゃん、なんだかとってもクルクを心配してくれているの(´・ω・`)
それも、今までにないくらい。
なんだろう・・・ちょっとドキドキしちゃう。
・・・あ、ドキドキっていっても、恋の予感じゃないからねっ!ヽ(`ω´)ノ




いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2014/11/26 23:59】 | 限界突破
トラックバック(0) |

ぶしんとうじょう
コウ
クルクさん、こんばんは〜。

限界突破、おめでとうございます。
おぉ〜。ついに登場ですねアトリトゥトリ師。最強のたるだあ。
クルクさんの突破クエも残す所、後一つですねー。
ソロでいけるのかなあ。フェイス達だと火力が足りない様な事を聞きますが、どうなんだろう。
結果を楽しみにしてます。

クルクさん!フェロー取りましたよー。スベックは・・・
名前:ユファファ
性別:♀
性格:元気
フェイスタイプ:1B

女性フェローって、「熱血」ないんですねー。「元気」にしときました。
ではユファファさん、自己紹介をどうぞ。

ユファ:クルクさん、こんばんは!ユファファです。ユファと呼んで下さいね。私、父親が凄く躾に厳しい人だったので、それに反発して家を飛び出して冒険者になったんですけど、縁あってコウと知り合いました。バルさんのようにパートナーをしっかりフォローできる人になりたいと思います。よろしくお願いします。

こんな感じの設定で、行きたいと思います。家出した少女とのドラマ・・男性の願望ランキングいくつだろう。。
とりあえず、ボヤでレベル上げをしようかなあ。フェローって、強い敵と戦えば、すぐレベルが上がるんでしょうか?

そんなこんなでがんばります。
クルクさんもがんばって〜。
それでは〜。

恋の予感!?
らぶりぃ
クルちゃん、おはようなのです( *´艸`)

今回の限界突破でヘニャーのヒトは居ないのですね。
ちょっと残念だぅ(・ω・)

アトリトゥトリ…早口言葉だと間違いなく舌を噛みそうな名前。
そしてこのヒトが現れてからマート爺ちゃんが変って…
もしかして過去に何かあったのかな?って読み進めたら、
ウィンクですか…嗜好は様々なので詮索しないようにしとこ、うん(笑)

魔人印章にメリポ10ポイント必要なのね。
私も貯まってたのに例のアレで使っちゃったから貯め直ししなきゃ。

ジュノまで行商に来てるチャママさん♪
円石クエストでは本当に……、
何度も何度も何度も何度もお世話になりましたo(`ω´*)o

でもあの時の漬物がジュノでも売れるならイイかな~
私も漬物は好きだし1度食べてみたいかも(☆ω☆)
それなのにアトリトゥトリってばキライって…しかも目の前で( ̄ω ̄)
せめてチャママがどっかに行ってから小声で発言して欲しいわぁ(笑)

東方の秘術で命の具現化!?
アトリトゥトリは具現化系の念能力者なのね(ハンターxハンターより)
そしてクルちゃんの命を懸けて具現化したモノは!?

…タマゴですか( ・ω・)ノ

中からもう1人のクルちゃん生まれてくるの?
それはそれで楽しそうだからアリだと思います(*⌒▽⌒)b
1人はバルちゃんで、もう1人はアジド院長で!
ついでにあと2~3個生んじゃいましょう♪
クルちゃんオンリーのパーティ出来上がりだぁ(σ⌒ω⌒)σ

最後にマート爺ちゃんにドキドキで、
もしかして恋に発展するのかも!?と今後がちょっぴり楽しみなのでした♪

そして限界突破、
.☆.+:^ヽ(▽ ̄*)o♪Congratulations♪o(* ̄▽)ノ^;+.☆.


もう1回♪
らぶりぃ
クルちゃん、もう1度おはにゃぅなの(*⌒ω⌒)ノ

コウさん、フェローゲットおめでとうございます♪

ユファちゃん、イイですねo(≧ω≦)o
お父様が厳しくて家出してそのまま冒険者になったのですね!

きっと愛情が深かったからこそ素敵な令嬢になって欲しくて、
厳しくなっちゃったのかも(・ω・)
でもその精神はユファちゃんの心に届いてると思うから、
パートナーのコウさんと今後の冒険を通してもっと成長していくのかな☆彡

最後は笑顔でお父様の元へ戻ってコウさんと「2人」で挨拶に(/ω\*)

これからたくさんの冒険、頑張って下さいね(*⌒ω⌒)ノ


ありがとうございます
コウ
たびたびすいません。クルクさん、コメ欄お借りします。

らぶりぃさん、おはようございます。そしてありがとうございます。
フェロークエは、昔の自分が途中まで進めていたので、キャンセルするのがちょっと面倒でした。2回目は30分位で全部終わったと思います。

ではいきますよ〜。妄・想・力・全・開!

コウ:らぶりぃさんがさあ、ユファの事、深窓の令嬢だって。
ユファ:いや〜。恥ずかしいなー。私そんなにいいとこの子じゃないよー。
コウ:まあねえ。初めて会ったとき、パンケーキ山盛りにして食べてたもんなあ。
ユファ:あれはっ!あそこの店のミルフィーユパンケーキは絶品なのよっ!コウも食べたでしょっ!
コウ:まあね〜。確かに美味しかったなあ。でもあの量は食べ過ぎだと思うぞ。
ユファ:む・・・。甘いものは別腹なのよ。。
コウ:じゃあ、ダイエットも兼ねて、ちょっとlv上げに行こうか。
ユファ:どこに?
コウ:ボヤーダ樹。
ユファ:えと・・・。そこって凄くモンスターのlvが高いとこじゃ・・私まだlv30だよ?
コウ:大〜丈夫。大丈夫。僕がいるし、フェイス達も呼ぶよ。
ユファ:でも・・・。
コウ:獅子は我が子を鍛えるのに千尋の谷に突き落とすって言うんだよ(笑)。さっさと支度をしてー(笑)。
ユファ:ひぇ〜。。。

こんな感じかなあ。リアルに奥さんがいるせいか、所帯じみてますが。。
クルクさんと、らぶりぃさんのコメ欄をお借りして、たまに書いてみたいと思います。
(すいません。ブログを書く程まめでないので、お願いいたします。お二人のブログの雰囲気にそぐわないようでしたら、削除して下さい。)

ありがとうございました。
それでは〜。


Re:ぶしんとうじょう
クルク
コウさん、こんにゃちは(・▽・)

ありがとうございます♪
アトリトゥトリって・・・最強タルなんですかっ!?(゜□゜)
得体の知れない飄々とした感じだなぁ~とは思っていたけど、タルって皆どこかちょっと変だしwww
そうなのか・・・。
よし!がんばろうっと(`▽´)

さてさて、クルクのことはこのくらいでいいとして・・・w


コウさん、フェロー取得おめでとうございま~す'゜・:*:・(*´▽`*)・:*:・゜'

ほぅほぅ、1Bだと・・・グラデのポニテっ子かな?
ユファちゃんですね♪
なんと!
ユファちゃんはどこぞの豪族の令嬢で、お父上の厳しさに堪えかねて家出をしてしまったのですね(⊃д⊂)
そしてコウさんと、運命的な出会い!(≧▽≦)
男性の願望ランキングはわかりませんが、クルクの妄想回転度数は半端ないですよ!
もしかして、意にそわない縁談話なんかもあったりして!?
ユファちゃんを探して、連れ戻そうとしてる人達がいるのかも!?
帰る場所がないユファちゃんが頼りに出来るのは、コウさんだけなのですね!?
追っ手から逃げながら、二人は手に手を取って、冒険の旅を続けて行くのですね!?
・・・と、まぁ、こんな感じに、明後日の方向に向かってフル回転しております( ̄▽ ̄;)エヘ

あ、そだそだ。
フェローのレベル上げは、フェローから見て格上の敵を高レベルの自キャラが乱獲するっていうのがいいみたいです。
フェローの初期レベルって30でしたっけ?
ボヤで猛特訓♪(・▽・)
ユファちゃんが受けるダメージにだけ気をつけてあげれば、きっとあっという間にレベルも上がりそうですね(*´▽`*)

コウさんの「僕がいるし」ってセリフ、んふふふふ(*´m`*)
ニヤニヤしそうになっちゃって我慢したら口が痙攣しちゃったw

バル 「クルク、口がおかしいぞ」
クル 「だってさ、こんな頼もしいこと言われちゃったら、ユファちゃんはキュンってしちゃったんじゃないかな~って思ったら…(≧▽≦)」
バル 「オレはクルクに呼ばれた時、いつも 『オレがいれば百人力だな!』 って言ってるぞ?」
クル 「うん、言ってるね。…で、それが?」
バル 「・・・何でもない」

えっと、それでは♪

ユファちゃん、始めまして(・▽・)
ユファちゃんとコウさんの初の顔合わせは、パンケーキ屋さんだったのですね♪
美味しそうに山盛りパンケーキを頬張ってた子が、実はルトの依頼で探してた子だったなんて、コウさんビックリしちゃっただろうね~(*´▽`*)
クルクは違うお空の下で冒険してるけど、ユファちゃんがコウさんのよき相棒になれるように、応援してます♪
あ、コウさんが意地悪なことしたら、クルクとらぶたんに言いつけてね★
クルクは呪詛の念を送るし、らぶたんは銃で蜂の巣にしてくれるはず(・▽・)b
でもコウさんは優しそうだから、そんな心配はいらないかな(*´-`*)
それじゃ、コウさんと仲良くがんばってくださ~い(・▽・)ノ

ってことで・・・。
コウさん、クルクは 大・歓・迎 ★ ですよ~んヽ(*´▽`*)ノ


Re:恋の予感!?
クルク
らぶたん、こんにゃちは~(・▽・)

ありがとございま~す♪(*´▽`*)

ハラヘニャーの人がいなくてちょっぴり残念だったけど、あの人ってジュノ下層の詩人の酒場(だったっけ?)の前にいるんですよね。

アトリトゥトリのウィンクって・・・そ、そうか!そうだったのか!(゜□゜)
三回もウィンクしてたもんなぁ~( ̄_ ̄)
うん、好みは人それぞれだもんね!
そっとしておこう(((´・ω・)

チャママの漬物、クルクも食べてみたいなぁ~♪
ララブのしっぽってよくハチが落とすけど、なんだかよくわからなかったのw
もやしみたいなものなのねw
ピリ辛だったらお酒に合いそう(*´▽`*)

タマゴ・・・。
たくさんのクルクで、クルクPT★
回復役のいない、力押しのPTですねwww

マート爺ちゃんと恋・・・( ̄д ̄)
いや、ほら、クルクが横恋慕しちゃったら、あの人に悪いし~(・▽・)
それに、クルクが邪魔だって思われちゃったら、何されるかわからないもん。
魂の宝珠、腐らされたら困るから、クルクは二人を見守る立場に変わります |木|▽・)ガンバレ~

それから、それから♪
コウさんとユファちゃん、これから楽しみですね~(*´▽`*)
いつの日か、「2人で」お父上に挨拶かぁ~(≧▽≦)
・・・あ、また妄想が逆噴射しそうになっちゃうから、自粛しましょう(^_^;)

らぶたんトコのチーちゃん、コウさんトコのユファちゃん、クルクもタルっ子なカワイイ妹分がほしくなっちゃったな(・ω・)


妄想注意報♪
らぶりぃ
クルちゃん、何度も失礼しますっ(m_ _)m☆彡

妄想全開なコウさん、サラッと聞き流したクルちゃんとバルちゃんの会話に混ざりたくてまたまたお邪魔しに来ちゃいました(笑)


こほん。…とあるレストランにて…


ザヤ「チィ殿、聞いたでござるか?コウ殿が素敵な女性と出会ったと、らぶりぃに聞いたでござる」

チー「えっ、そうなのですか?どんな方なのでしょう」(ザヤグと話すときは少し猫かぶり(笑)

ザヤ「ふむ、拙者も詳しく聞いた訳では無いのだが、どこかの大きなお屋敷に住むご令嬢だそうでござるよ」

チー「わぁ、ご令嬢なのですね!コウさんとどんな出会いがあったのかしら♪」

ザヤ「お父上が大変厳しい方らしく今までガマンをしてきたが、何か思うところがあったのでござろう、家を出たらしいでござる」

チー「うんうん、それでそれで?(興味津々)」

ザヤ「そのまま冒険者になって、コウ殿と出会ったようでござるよ」

チー「…え、その出会いの部分はどうなのかしら?」

ザヤ「さぁ、拙者もそこまでは聞いて無かったので…すまんでござる(汗)」

チー「きっと彼女が戦って危ないところを、通りがかったコウさんが助けてそのまま去って行った…その瞬間に恋に落ちたのですね!キャー(///)」

チー「そしてある日、とある街で少女のお願いを聞いて出掛けた先で、怪物に襲われそうになった時に現れたのが、彼女が恋をしたコウさん♪」

ザヤ「…チィ殿、何か見て来たような物言いでござるな(笑)」

チー「だって素敵な出会いをしていそうですもの♪そうそうその彼女の名前は何と仰るのでしょう?」

ザヤ「ふむ、確か…ユファ殿…だったかと」

チー「へ~、ユファさん…ユファちゃんで良いかな☆彡」

チー「クルクさんにはバルさんがいるし、コウさんにはユファちゃん♪」

チー「私も素敵な恋がしたいです(チラッ)」

ザヤ「チィ殿も素敵でござるからきっと良い殿方に巡り合うでござるよ」

チー「(…う~鈍感!そうじゃないんだってば…)」

ザヤ「うん?向こうに見えるのはバル殿では?」

チー「あ、本当ですね…でも何だか落ち込んでるような…」

ザヤ「きっと、クルク殿にサラッと流されたのでござろう。あの方も他人の恋には敏感なのに自分に向いてる恋は少々鈍いのかもでござるよ(笑)」

チー「ふふっ、ユファちゃんもバルさんも、いつか恋が実れば良いですね♪」

ザヤ「それでは、こちらに呼んであげるでござるよ、おーい、バル殿、一緒に食事などどうでござるか?」

チー「私もあちらのテーブルで美味しそうにパンケーキを食べるタルタルさんを見てるとこちらもお腹ペコペコですわ♪」

チー「何て言うメニューなのか聞いて参りますので、バルさんも一緒に食事の再開ですわね☆彡」

チー「こんにちは、可愛いタルタルさん………


……こうして楽しい食事会は続くのでした(*⌒▽⌒)b


そのころ、らぶりぃは…

ネコ「ちょっと、さっきから呼んでるのにザヤグが出ないんだけど!?」

ネコ「王子、夢想花で私動けないからケアルで起こして!」

ネコ「カラハバルハさん、テキが4匹リンクしてるのにハウリングムーンとか止めてもらえませんか!!!」

ネコ「ほら、1人で体力真っ赤になって…きゃードーモクンがリンクしたーー!!」

ネコ「ザヤグ、ザヤグってば、おーい……」


……こうしてボヤ樹に悲しいネコの声が響くのでありました(笑)


・‥…━━☆・‥…━━☆・‥…━━☆

クルちゃんへ☆彡
クルちゃん、コメントで遊んで本当にごめんなさいっ!
ついコウさんやユファちゃん、バルちゃんが楽しくて書いちゃった(笑)

きっと可愛いコとの出会いが待ってるはずだよ(*⌒ω⌒)ノ
ほら、すぐそこの曲がり角で…♪


コウさんへ☆彡
ユファちゃん、クルちゃんの言うように意地悪されたら遠慮なく言ってね♪
銃の弾丸も新しくなったし、クルちゃんもカッコイイWS覚えたから、
2人でお仕置きしてあげるよ~(σ⌒ω⌒)σ
でもコウさん素敵だから大丈夫かな♪

大丈夫じゃないのはうちのザヤグだ…うふふふふ

あ、私もコメントで遊ぶのは大歓迎なのです(*⌒▽⌒)b


Re: 妄想注意報♪
クルク
らぶたん、いらっしゃ~い(・▽・)ノ

うぉっ!
チーちゃんはザヤグさんとレストランでデートですかっ!(≧▽≦)
お洒落したチーちゃんが、ちょっぴり緊張している様子が目に浮かびます♪
お似合いの2人だにゃ~(*´▽`*)
クルクとバルだったら、そこらへんのバーガーショップ辺りで食べてそうだもんww
それからザヤグさん、クルクのこと言えないぞ~★
こ~んなに近くで、ザヤグさんだけを見つめている可愛い子がいるっていうのに♪
で、らぶたんはその頃、フェイス達とボヤ樹で乱戦中、とwww

・・・ん?モグ通信?

うずら 「クルたん? いま平気? ぴよに連絡したんだけど、あいつってば途中で通信切っちゃったのよ!」

クルク 「え、ぴよ、どうかしたの?」

うずら 「ほら~、クルたんから聞いた、チーちゃんとザヤグさんのこと。チーちゃん、いまジュノにいるんでしょ? ぴよに潜入調査をさせようと思ったのよぉ~」

クルク 「あ~・・・あぁ・・・」

うずら 「それから、新たなロマンスの気配がする、コウさんとコウさんのお姫様のことも♪」

クルク 「ぴよに探らせようとしたんだ?」

うずら 「それなのに、それは無理だとか言うの!」

クルク 「まぁ、ねぇw ぴよの言い分はもっともだt…」

うずら 「あいつ、どうも最近あたしに逆らうのよね~。恥ずかしい過去でも晒してやろうかしら」

クルク 「刺されたら困るから、止めておきなよw ぴよはサンドにも行けるんだからね?」

うずら 「どうしてあたしが刺されるのよっ! やだ! クルたん、怖いコト言わないで!」

クルク 「そりゃ~さぁ~、やっぱり男のメンツってもんがあるじゃないさ。 そんな恥ずかしいこと晒されちゃったら、奥さ・・・あーっと」

うずら 「おくさ? なに? もしかして・・・奥さんって言おうとしたの!?」

クルク 「え、違う・・・んと~・・・」

うずら 「はっは~ん。あいつ、裕福なマダム層を狙ってるわけ?」

クルク 「・・・へ?」

うずら 「昔っから、おばちゃん達に可愛がられてたからねぇ。その才能を開花させたのね!」

クルク 「違うとおm…」

うずら 「まぁいいわ。それじゃクルたん、2組のカップルのとこ、ちゃんと報告してね♪」

クルク 「は? ちょっとうずら!・・・もしもし!?・・・切れてる・・・( ̄_ ̄)」

クルク 「はぁ・・・疲れちゃった・・・バルは何してるかな・・・」

クルク 「・・・あれ?・・・お~い、バル~?・・・何で出ないの?」

クルク 「シグナルパールの不調かな? もしも~し!バル~!?」

その頃バルは・・・。

バル 「せっかく二人で食事してたのに、オレが一緒しちゃっても大丈夫なのか?・・・あ、初めまして、バルファルです(ぺこり)」

ザヤグさんに誘われて、チーちゃんに挨拶とかしちゃっていたのでしたwww









コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ぶしんとうじょう
クルクさん、こんばんは〜。

限界突破、おめでとうございます。
おぉ〜。ついに登場ですねアトリトゥトリ師。最強のたるだあ。
クルクさんの突破クエも残す所、後一つですねー。
ソロでいけるのかなあ。フェイス達だと火力が足りない様な事を聞きますが、どうなんだろう。
結果を楽しみにしてます。

クルクさん!フェロー取りましたよー。スベックは・・・
名前:ユファファ
性別:♀
性格:元気
フェイスタイプ:1B

女性フェローって、「熱血」ないんですねー。「元気」にしときました。
ではユファファさん、自己紹介をどうぞ。

ユファ:クルクさん、こんばんは!ユファファです。ユファと呼んで下さいね。私、父親が凄く躾に厳しい人だったので、それに反発して家を飛び出して冒険者になったんですけど、縁あってコウと知り合いました。バルさんのようにパートナーをしっかりフォローできる人になりたいと思います。よろしくお願いします。

こんな感じの設定で、行きたいと思います。家出した少女とのドラマ・・男性の願望ランキングいくつだろう。。
とりあえず、ボヤでレベル上げをしようかなあ。フェローって、強い敵と戦えば、すぐレベルが上がるんでしょうか?

そんなこんなでがんばります。
クルクさんもがんばって〜。
それでは〜。
2014/11/27(Thu) 02:54 | URL  | コウ #-[ 編集]
恋の予感!?
クルちゃん、おはようなのです( *´艸`)

今回の限界突破でヘニャーのヒトは居ないのですね。
ちょっと残念だぅ(・ω・)

アトリトゥトリ…早口言葉だと間違いなく舌を噛みそうな名前。
そしてこのヒトが現れてからマート爺ちゃんが変って…
もしかして過去に何かあったのかな?って読み進めたら、
ウィンクですか…嗜好は様々なので詮索しないようにしとこ、うん(笑)

魔人印章にメリポ10ポイント必要なのね。
私も貯まってたのに例のアレで使っちゃったから貯め直ししなきゃ。

ジュノまで行商に来てるチャママさん♪
円石クエストでは本当に……、
何度も何度も何度も何度もお世話になりましたo(`ω´*)o

でもあの時の漬物がジュノでも売れるならイイかな~
私も漬物は好きだし1度食べてみたいかも(☆ω☆)
それなのにアトリトゥトリってばキライって…しかも目の前で( ̄ω ̄)
せめてチャママがどっかに行ってから小声で発言して欲しいわぁ(笑)

東方の秘術で命の具現化!?
アトリトゥトリは具現化系の念能力者なのね(ハンターxハンターより)
そしてクルちゃんの命を懸けて具現化したモノは!?

…タマゴですか( ・ω・)ノ

中からもう1人のクルちゃん生まれてくるの?
それはそれで楽しそうだからアリだと思います(*⌒▽⌒)b
1人はバルちゃんで、もう1人はアジド院長で!
ついでにあと2~3個生んじゃいましょう♪
クルちゃんオンリーのパーティ出来上がりだぁ(σ⌒ω⌒)σ

最後にマート爺ちゃんにドキドキで、
もしかして恋に発展するのかも!?と今後がちょっぴり楽しみなのでした♪

そして限界突破、
.☆.+:^ヽ(▽ ̄*)o♪Congratulations♪o(* ̄▽)ノ^;+.☆.
2014/11/27(Thu) 06:38 | URL  | らぶりぃ #-[ 編集]
もう1回♪
クルちゃん、もう1度おはにゃぅなの(*⌒ω⌒)ノ

コウさん、フェローゲットおめでとうございます♪

ユファちゃん、イイですねo(≧ω≦)o
お父様が厳しくて家出してそのまま冒険者になったのですね!

きっと愛情が深かったからこそ素敵な令嬢になって欲しくて、
厳しくなっちゃったのかも(・ω・)
でもその精神はユファちゃんの心に届いてると思うから、
パートナーのコウさんと今後の冒険を通してもっと成長していくのかな☆彡

最後は笑顔でお父様の元へ戻ってコウさんと「2人」で挨拶に(/ω\*)

これからたくさんの冒険、頑張って下さいね(*⌒ω⌒)ノ
2014/11/27(Thu) 06:49 | URL  | らぶりぃ #-[ 編集]
ありがとうございます
たびたびすいません。クルクさん、コメ欄お借りします。

らぶりぃさん、おはようございます。そしてありがとうございます。
フェロークエは、昔の自分が途中まで進めていたので、キャンセルするのがちょっと面倒でした。2回目は30分位で全部終わったと思います。

ではいきますよ〜。妄・想・力・全・開!

コウ:らぶりぃさんがさあ、ユファの事、深窓の令嬢だって。
ユファ:いや〜。恥ずかしいなー。私そんなにいいとこの子じゃないよー。
コウ:まあねえ。初めて会ったとき、パンケーキ山盛りにして食べてたもんなあ。
ユファ:あれはっ!あそこの店のミルフィーユパンケーキは絶品なのよっ!コウも食べたでしょっ!
コウ:まあね〜。確かに美味しかったなあ。でもあの量は食べ過ぎだと思うぞ。
ユファ:む・・・。甘いものは別腹なのよ。。
コウ:じゃあ、ダイエットも兼ねて、ちょっとlv上げに行こうか。
ユファ:どこに?
コウ:ボヤーダ樹。
ユファ:えと・・・。そこって凄くモンスターのlvが高いとこじゃ・・私まだlv30だよ?
コウ:大〜丈夫。大丈夫。僕がいるし、フェイス達も呼ぶよ。
ユファ:でも・・・。
コウ:獅子は我が子を鍛えるのに千尋の谷に突き落とすって言うんだよ(笑)。さっさと支度をしてー(笑)。
ユファ:ひぇ〜。。。

こんな感じかなあ。リアルに奥さんがいるせいか、所帯じみてますが。。
クルクさんと、らぶりぃさんのコメ欄をお借りして、たまに書いてみたいと思います。
(すいません。ブログを書く程まめでないので、お願いいたします。お二人のブログの雰囲気にそぐわないようでしたら、削除して下さい。)

ありがとうございました。
それでは〜。
2014/11/27(Thu) 08:46 | URL  | コウ #-[ 編集]
Re:ぶしんとうじょう
コウさん、こんにゃちは(・▽・)

ありがとうございます♪
アトリトゥトリって・・・最強タルなんですかっ!?(゜□゜)
得体の知れない飄々とした感じだなぁ~とは思っていたけど、タルって皆どこかちょっと変だしwww
そうなのか・・・。
よし!がんばろうっと(`▽´)

さてさて、クルクのことはこのくらいでいいとして・・・w


コウさん、フェロー取得おめでとうございま~す'゜・:*:・(*´▽`*)・:*:・゜'

ほぅほぅ、1Bだと・・・グラデのポニテっ子かな?
ユファちゃんですね♪
なんと!
ユファちゃんはどこぞの豪族の令嬢で、お父上の厳しさに堪えかねて家出をしてしまったのですね(⊃д⊂)
そしてコウさんと、運命的な出会い!(≧▽≦)
男性の願望ランキングはわかりませんが、クルクの妄想回転度数は半端ないですよ!
もしかして、意にそわない縁談話なんかもあったりして!?
ユファちゃんを探して、連れ戻そうとしてる人達がいるのかも!?
帰る場所がないユファちゃんが頼りに出来るのは、コウさんだけなのですね!?
追っ手から逃げながら、二人は手に手を取って、冒険の旅を続けて行くのですね!?
・・・と、まぁ、こんな感じに、明後日の方向に向かってフル回転しております( ̄▽ ̄;)エヘ

あ、そだそだ。
フェローのレベル上げは、フェローから見て格上の敵を高レベルの自キャラが乱獲するっていうのがいいみたいです。
フェローの初期レベルって30でしたっけ?
ボヤで猛特訓♪(・▽・)
ユファちゃんが受けるダメージにだけ気をつけてあげれば、きっとあっという間にレベルも上がりそうですね(*´▽`*)

コウさんの「僕がいるし」ってセリフ、んふふふふ(*´m`*)
ニヤニヤしそうになっちゃって我慢したら口が痙攣しちゃったw

バル 「クルク、口がおかしいぞ」
クル 「だってさ、こんな頼もしいこと言われちゃったら、ユファちゃんはキュンってしちゃったんじゃないかな~って思ったら…(≧▽≦)」
バル 「オレはクルクに呼ばれた時、いつも 『オレがいれば百人力だな!』 って言ってるぞ?」
クル 「うん、言ってるね。…で、それが?」
バル 「・・・何でもない」

えっと、それでは♪

ユファちゃん、始めまして(・▽・)
ユファちゃんとコウさんの初の顔合わせは、パンケーキ屋さんだったのですね♪
美味しそうに山盛りパンケーキを頬張ってた子が、実はルトの依頼で探してた子だったなんて、コウさんビックリしちゃっただろうね~(*´▽`*)
クルクは違うお空の下で冒険してるけど、ユファちゃんがコウさんのよき相棒になれるように、応援してます♪
あ、コウさんが意地悪なことしたら、クルクとらぶたんに言いつけてね★
クルクは呪詛の念を送るし、らぶたんは銃で蜂の巣にしてくれるはず(・▽・)b
でもコウさんは優しそうだから、そんな心配はいらないかな(*´-`*)
それじゃ、コウさんと仲良くがんばってくださ~い(・▽・)ノ

ってことで・・・。
コウさん、クルクは 大・歓・迎 ★ ですよ~んヽ(*´▽`*)ノ
2014/11/27(Thu) 12:52 | URL  | クルク #-[ 編集]
Re:恋の予感!?
らぶたん、こんにゃちは~(・▽・)

ありがとございま~す♪(*´▽`*)

ハラヘニャーの人がいなくてちょっぴり残念だったけど、あの人ってジュノ下層の詩人の酒場(だったっけ?)の前にいるんですよね。

アトリトゥトリのウィンクって・・・そ、そうか!そうだったのか!(゜□゜)
三回もウィンクしてたもんなぁ~( ̄_ ̄)
うん、好みは人それぞれだもんね!
そっとしておこう(((´・ω・)

チャママの漬物、クルクも食べてみたいなぁ~♪
ララブのしっぽってよくハチが落とすけど、なんだかよくわからなかったのw
もやしみたいなものなのねw
ピリ辛だったらお酒に合いそう(*´▽`*)

タマゴ・・・。
たくさんのクルクで、クルクPT★
回復役のいない、力押しのPTですねwww

マート爺ちゃんと恋・・・( ̄д ̄)
いや、ほら、クルクが横恋慕しちゃったら、あの人に悪いし~(・▽・)
それに、クルクが邪魔だって思われちゃったら、何されるかわからないもん。
魂の宝珠、腐らされたら困るから、クルクは二人を見守る立場に変わります |木|▽・)ガンバレ~

それから、それから♪
コウさんとユファちゃん、これから楽しみですね~(*´▽`*)
いつの日か、「2人で」お父上に挨拶かぁ~(≧▽≦)
・・・あ、また妄想が逆噴射しそうになっちゃうから、自粛しましょう(^_^;)

らぶたんトコのチーちゃん、コウさんトコのユファちゃん、クルクもタルっ子なカワイイ妹分がほしくなっちゃったな(・ω・)
2014/11/27(Thu) 14:50 | URL  | クルク #-[ 編集]
妄想注意報♪
クルちゃん、何度も失礼しますっ(m_ _)m☆彡

妄想全開なコウさん、サラッと聞き流したクルちゃんとバルちゃんの会話に混ざりたくてまたまたお邪魔しに来ちゃいました(笑)


こほん。…とあるレストランにて…


ザヤ「チィ殿、聞いたでござるか?コウ殿が素敵な女性と出会ったと、らぶりぃに聞いたでござる」

チー「えっ、そうなのですか?どんな方なのでしょう」(ザヤグと話すときは少し猫かぶり(笑)

ザヤ「ふむ、拙者も詳しく聞いた訳では無いのだが、どこかの大きなお屋敷に住むご令嬢だそうでござるよ」

チー「わぁ、ご令嬢なのですね!コウさんとどんな出会いがあったのかしら♪」

ザヤ「お父上が大変厳しい方らしく今までガマンをしてきたが、何か思うところがあったのでござろう、家を出たらしいでござる」

チー「うんうん、それでそれで?(興味津々)」

ザヤ「そのまま冒険者になって、コウ殿と出会ったようでござるよ」

チー「…え、その出会いの部分はどうなのかしら?」

ザヤ「さぁ、拙者もそこまでは聞いて無かったので…すまんでござる(汗)」

チー「きっと彼女が戦って危ないところを、通りがかったコウさんが助けてそのまま去って行った…その瞬間に恋に落ちたのですね!キャー(///)」

チー「そしてある日、とある街で少女のお願いを聞いて出掛けた先で、怪物に襲われそうになった時に現れたのが、彼女が恋をしたコウさん♪」

ザヤ「…チィ殿、何か見て来たような物言いでござるな(笑)」

チー「だって素敵な出会いをしていそうですもの♪そうそうその彼女の名前は何と仰るのでしょう?」

ザヤ「ふむ、確か…ユファ殿…だったかと」

チー「へ~、ユファさん…ユファちゃんで良いかな☆彡」

チー「クルクさんにはバルさんがいるし、コウさんにはユファちゃん♪」

チー「私も素敵な恋がしたいです(チラッ)」

ザヤ「チィ殿も素敵でござるからきっと良い殿方に巡り合うでござるよ」

チー「(…う~鈍感!そうじゃないんだってば…)」

ザヤ「うん?向こうに見えるのはバル殿では?」

チー「あ、本当ですね…でも何だか落ち込んでるような…」

ザヤ「きっと、クルク殿にサラッと流されたのでござろう。あの方も他人の恋には敏感なのに自分に向いてる恋は少々鈍いのかもでござるよ(笑)」

チー「ふふっ、ユファちゃんもバルさんも、いつか恋が実れば良いですね♪」

ザヤ「それでは、こちらに呼んであげるでござるよ、おーい、バル殿、一緒に食事などどうでござるか?」

チー「私もあちらのテーブルで美味しそうにパンケーキを食べるタルタルさんを見てるとこちらもお腹ペコペコですわ♪」

チー「何て言うメニューなのか聞いて参りますので、バルさんも一緒に食事の再開ですわね☆彡」

チー「こんにちは、可愛いタルタルさん………


……こうして楽しい食事会は続くのでした(*⌒▽⌒)b


そのころ、らぶりぃは…

ネコ「ちょっと、さっきから呼んでるのにザヤグが出ないんだけど!?」

ネコ「王子、夢想花で私動けないからケアルで起こして!」

ネコ「カラハバルハさん、テキが4匹リンクしてるのにハウリングムーンとか止めてもらえませんか!!!」

ネコ「ほら、1人で体力真っ赤になって…きゃードーモクンがリンクしたーー!!」

ネコ「ザヤグ、ザヤグってば、おーい……」


……こうしてボヤ樹に悲しいネコの声が響くのでありました(笑)


・‥…━━☆・‥…━━☆・‥…━━☆

クルちゃんへ☆彡
クルちゃん、コメントで遊んで本当にごめんなさいっ!
ついコウさんやユファちゃん、バルちゃんが楽しくて書いちゃった(笑)

きっと可愛いコとの出会いが待ってるはずだよ(*⌒ω⌒)ノ
ほら、すぐそこの曲がり角で…♪


コウさんへ☆彡
ユファちゃん、クルちゃんの言うように意地悪されたら遠慮なく言ってね♪
銃の弾丸も新しくなったし、クルちゃんもカッコイイWS覚えたから、
2人でお仕置きしてあげるよ~(σ⌒ω⌒)σ
でもコウさん素敵だから大丈夫かな♪

大丈夫じゃないのはうちのザヤグだ…うふふふふ

あ、私もコメントで遊ぶのは大歓迎なのです(*⌒▽⌒)b
2014/11/27(Thu) 19:49 | URL  | らぶりぃ #-[ 編集]
Re: 妄想注意報♪
らぶたん、いらっしゃ~い(・▽・)ノ

うぉっ!
チーちゃんはザヤグさんとレストランでデートですかっ!(≧▽≦)
お洒落したチーちゃんが、ちょっぴり緊張している様子が目に浮かびます♪
お似合いの2人だにゃ~(*´▽`*)
クルクとバルだったら、そこらへんのバーガーショップ辺りで食べてそうだもんww
それからザヤグさん、クルクのこと言えないぞ~★
こ~んなに近くで、ザヤグさんだけを見つめている可愛い子がいるっていうのに♪
で、らぶたんはその頃、フェイス達とボヤ樹で乱戦中、とwww

・・・ん?モグ通信?

うずら 「クルたん? いま平気? ぴよに連絡したんだけど、あいつってば途中で通信切っちゃったのよ!」

クルク 「え、ぴよ、どうかしたの?」

うずら 「ほら~、クルたんから聞いた、チーちゃんとザヤグさんのこと。チーちゃん、いまジュノにいるんでしょ? ぴよに潜入調査をさせようと思ったのよぉ~」

クルク 「あ~・・・あぁ・・・」

うずら 「それから、新たなロマンスの気配がする、コウさんとコウさんのお姫様のことも♪」

クルク 「ぴよに探らせようとしたんだ?」

うずら 「それなのに、それは無理だとか言うの!」

クルク 「まぁ、ねぇw ぴよの言い分はもっともだt…」

うずら 「あいつ、どうも最近あたしに逆らうのよね~。恥ずかしい過去でも晒してやろうかしら」

クルク 「刺されたら困るから、止めておきなよw ぴよはサンドにも行けるんだからね?」

うずら 「どうしてあたしが刺されるのよっ! やだ! クルたん、怖いコト言わないで!」

クルク 「そりゃ~さぁ~、やっぱり男のメンツってもんがあるじゃないさ。 そんな恥ずかしいこと晒されちゃったら、奥さ・・・あーっと」

うずら 「おくさ? なに? もしかして・・・奥さんって言おうとしたの!?」

クルク 「え、違う・・・んと~・・・」

うずら 「はっは~ん。あいつ、裕福なマダム層を狙ってるわけ?」

クルク 「・・・へ?」

うずら 「昔っから、おばちゃん達に可愛がられてたからねぇ。その才能を開花させたのね!」

クルク 「違うとおm…」

うずら 「まぁいいわ。それじゃクルたん、2組のカップルのとこ、ちゃんと報告してね♪」

クルク 「は? ちょっとうずら!・・・もしもし!?・・・切れてる・・・( ̄_ ̄)」

クルク 「はぁ・・・疲れちゃった・・・バルは何してるかな・・・」

クルク 「・・・あれ?・・・お~い、バル~?・・・何で出ないの?」

クルク 「シグナルパールの不調かな? もしも~し!バル~!?」

その頃バルは・・・。

バル 「せっかく二人で食事してたのに、オレが一緒しちゃっても大丈夫なのか?・・・あ、初めまして、バルファルです(ぺこり)」

ザヤグさんに誘われて、チーちゃんに挨拶とかしちゃっていたのでしたwww







2014/11/28(Fri) 01:36 | URL  | クルク #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック