FC2ブログ
2度目のヴァナディール 妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~、クルクだよ(・▽・)ノ

シャントット帝国、やっとこさ始めることにしたの。
まずはオープニングね。
これはウィンダスの石区に来た誰もが、何でココで始まるかな!って思っちゃったと思うんだw

ヨランオラン博士の所に、コルモル博士がやって来て、シャントット博士の様子が変じゃないかって訊ねるの。
シャントット博士が変なのは、今に始まったことじゃないとヨランオラン博士ww
まぁ確かにねww

Klu50106.jpg

だけどコルモル博士は、いつにも増して妙な胸騒ぎがするって言うの。
きっと院長時代から、いやもっと昔から、何だかんだと巻き添え食らっているんだろうねw
ヨランオラン博士は、そう毎回毎回大事件ばかり起こしはしないだろうって。
ここらへんが、ヨランオラン博士は事なかれ主義というか。
普段テキトーっぽくて勝手気ままっぽいコルモル博士の方が、人に対して気付くことがあったりと、そこはやっぱり研究者と教育者との違いなのかな。

で、当のシャントット博士はというと・・・。

Klu50107.jpg

大きな釜で何かグツグツやってるよ~!
この毒々しい色!
シャントット博士は大成功したと思っているみたいで、「ついに人は、新たな一歩を踏み出す時がきたのです!」 とか、「このわたくし特製の超絶魔法が、新しい時代の幕開けとなるのですわ!」 なんて言ったりしちゃってる。
だけど、どうやら 失敗 思っていたのと違うことになってしまったらしく、なんと吸い込まれて消えちゃった!!( ̄□ ̄)

Klu50108.jpg

いったい、何をしようとしていたんだろうね?

それから、しばらく後・・・。
ホルトト遺跡の地下で、何やら不穏な動きが・・・。

Klu50110.jpg

魔道士たち?
いや、人じゃないよね?
この軍団を指揮しているのは、自分のことを 「わっち」 と呼ぶ、花魁言葉を使う一人のタルタル。
立ちはだかるものを全てぶっ飛ばして世界に君臨するとか、危険なことを言っているよ。
そんなこと言いそうなタルタルは、一人しか思い当たらないんだけど・・・。

Klu50109.jpg

で、さ。
ウィンダスからサルタバルタに出ると、モグが手紙を持って追いかけてくるよね。

Klu50113.jpg

それはシャントット帝国本隊司令部からの臨時召集令状で、クルクを帝国特殊部隊の一員に任命するって書いてあったの。
クフィムにある臨時本部へ出頭しろって。
あとその時に、 【呪符キット:暗】 を持参しろって書いてあったよ。
いやな予感しかしないよね。
だけど、「準備ができ次第、即行で、死にもの狂いで来ないと、ブチ切れますわよ。 呪い殺しますわよ」 だって(´・ω・`)
クルクがこの召集令状をもらったのは、もうどのくらい前のことだろうねww
その時に、準備が出来なければ行かなくていいんだね?』みたいなことをブログに書いたような気がするよwwww
だけど、そろそろ行かないと、本当に呪い殺されちゃうかもしれないからね!

それじゃ、呪符キットを準備することにするよ~(・▽・)ノ




いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪


FF11ランキング

関連記事
スポンサーサイト




【2019/10/23 08:00】 | シャントット帝国の陰謀
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック