FC2ブログ
2度目のヴァナディール 妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~、クルクだよ~(・▽・)ノ

Klu50070.jpg

暗闇の雲を倒したよ。
だけど・・・その後クルクはどうなったの?
イロハがクルクを呼ぶ声だけが聞こえたけれど・・・。

Klu50071.jpg

クルクも死んでしまったの?
気が付いたら、そこは醴泉島だったよ。
だけど、ちょっと違う?
まるで夢の中にいるみたいな・・・。

Klu50072.jpg

イロハがやって来て、クルクを見つけてくれたの。
あの後どうなったのか、イロハに聞いてみたんだ。
クルクが大いなるものたちから得た力を開放したために、時の風が生まれて、暗闇の雲は霧散して消えちゃったみたい。
結局暗闇の雲って、何だったんだろうね?
暗闇の雲は吹き飛ばして消えちゃったけど、その時の力が強大だったために、クルク自信も多大なる損傷を被ってしまったんだって。
相打ちかと気を揉んだって、そうイロハは言っていたの。
光と闇の神に分かれて戦って時の風を吹かせた時は、あの時のクルクは神様だったんだもんね。
今回は、これでも一応普通の人間として戦っていたから、神様級の風を吹かせるとなったら、それ相応のリスクがあったんだね。
そりゃ、魂も身体もバラバラになっちゃうか~。
でも死ななかったのは、フェニックスのおかげ?
そのクルクの魂と身体を復活させるために、みんなが集まっているんだって。
みんな?
っていうか、やっぱりここはいつもの醴泉島ではないみたい。
そんでクルクも、言うなれば生死を彷徨っている感じ?
セルテウスもね、無事だったんだって。
だけど今はクルクのために力を割いているから、ココには来れないんだってイロハは言った。
ついてきてって言われてイロハの後に付いて行くと、みんながクルクを待っていたよ。

Klu50073.jpg

セルテウスがね、特別に意識を繋いでくれたんだって。

Klu50074.jpg

クルクと同じ時代に生きているみんなが、クルクの心を呼び戻してくれたんだって。

Klu50075.jpg

束の間、みんなとお話しをしていたのだけど、イロハは少し離れた所に一人立っていたの。
ライオンが、イロハがみんなの絆を繋いでくれたんだって言った。

実際のみんなは、今この時どういう状態なんだろうね?
ここにいるみんなは、意識なのかな。
クルクもそうだよね。
そしてイロハとは、もうそろそろお別れの時が近づいて来ているの。

Klu50076.jpg

どうしてイロハ消えちゃうの?
この世界が、イロハのいた未来に繋がっていたから?
カラハバルハは過去を変えたけど、それは自分の世界ではなかったね。
今、もうこの世界は、イロハがやって来た未来とは別の未来へ進もうとしている。
だから?

たった一人生き残ったイロハの旅は、この醴泉島から始まった。
辛くて厳しい、苦しい旅だったね。
暗闇の雲を倒して闇を払うことが出来たって、イロハのいた世界は元には戻らない。
それどころか、なかったことになってイロハは消えてしまう。
だったら、この辛く苦しい旅に、いったい何の意味があったんだろう?
自分は消えてしまうんだって、イロハはいつからわかっていたのかな?
それでもこの時代を救おうとしていたのは、どうしてだろう?
・・・ううん、そんなこと、きっとクルクはわかってる。
クルクがイロハの立場にいたとしても、同じ道を選ぶと思うから。

Klu50077.jpg

それでも・・・。
イヤだよ、クルク泣いちゃうよ(´;ω;`)
でも・・・セルテウスのクリスタルがこのまま輝き続けていれば、イロハの両親が健在ならば、近い将来イロハと再会することが出来るんだよね?
イロハはクルクのことを覚えていないだろうけど、クルクは忘れない。

Klu50078.jpg

これは、別れではないとイロハが言ったよ。
これは旅立ちであって、始まりなんだって。

Klu50079.jpg

Klu50080.jpg

ねぇ、イロハをギュッと抱きしめたいよ。
ありがとうって、クルクの方こそお礼を言いたいよ。
また会おうねって、待っているからねって、そう言いたいよ。

Klu50081a.jpg

イロハ、笑ってくれた。
いつも辛そうな顔で、ずっと厳しい目をしていたイロハ。
次に会う時は、そんな顔しなくていい世界だよ。

Klu50082.jpg

クルクの星唄、終わってしまった。
だけどその唄は、いつまでもクルクの中で響いて終ることがない。

クレジットが流れる中、ちょっと気持ちが落ち着いたと思ったら、これ!

Klu50083.jpg

映画館でよくクレジット中に席を立つ人いるけど、映画はフィルムが止まるまでが1つの作品なんだよ!
小説は、作者のあとがきまで含めて1つの物語なんだよ!
ミッションのイベントは、通常のBGMに切り替わるまでが1つのストーリーなんだよ!

Klu50084.jpg

クリスタルの中で眠っているクルク。
このクリスタルは、セルテウスのクリスタルだね。
クルクのために力を割いてくれているって言っていたもんね。
この状態は、いわゆる戦闘不能ってやつなのかな。
バトルで死んじゃってもHPに戻るだけで、それは本当の 「死」 ではない。
きっとこんな風に、一度クリスタルに還っているんだね。

そして、目を覚ましたクルクはクリスタルの中から外へ・・・。

Klu50085.jpg

Klu50086.jpg

Klu50087.jpg

なんだか、とても長い夢を見ていたみたいだよ。
でも・・・。
クルクの冒険は、まだまだ続くの。
そしてその冒険の先で、もう一度会おうね、イロハ!



・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・

星唄を開始したのは、2015年5月18日。
フェイスが増やせるっていうんで、やるつもりがなかった星唄を開始したんだけど・・・。
でもこれ、レベル3以上で三国隣接エリアにエリチェンすると強制的にイベント始まるんだよね~。
それからも、進めたくないのに勝手にイベント始まって進められちゃったり。
散々クルクは文句たれてブーブー言ってたww
でも実際に、イラっとしてたもん。
クルクは全部のミッションを終わらせてから、最後に星唄をやりたかったの。
結局、シャントット帝国の前にクリアさせてしまったんだけどね。
だけど主要ミッションを全部終わらせておいたおかげで、ヒロイン達への感情移入が半端なくて、最後は彼女たちのセリフ一つ一つに泣けてしまったよ。
っていうか、もう暗闇の雲を倒した後からはずっと泣き通しww
最後のBGM、あの演出は卑怯だよね!
それまで、「Rhapsodies of Vava'diel」 聞くと泣けるっていう話を聞いて来たけれど、クリアしていなかった時はちっとも泣けないし響かなかった。
だけど終えて聞いたら、なんなのコレ~ってくらい、前奏で鳥肌たって、歌が始まったら涙出ちゃったww

クルクが星唄をクリアしたのは9月27日。
テオはその2日後29日にクリアしました。
ブログの記事が遅くなってしまったけど、それはブログを書き終えたら、本当に終わってしまうような気がしていたから。
ミッションさ、一度クリアしたら最初から何度でも出来るようになったらいいのにね!!
強くてニューゲーム、みたいにw




いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪


FF11ランキング

関連記事
スポンサーサイト




【2019/10/17 13:00】 | ヴァナ・ディールの星唄
【タグ】 星唄  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック