FC2ブログ
2度目のヴァナディール 妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~!クルクだよ(・▽・)ノ

びゅ~んと飛んで、お空のはるか上へ。
そこにいたのは・・・。

Klu49986a.jpg

アルタナー!!
おめーさんには言いたいことがたぁーっくさんあるんだよ!!
と、それはおいておいて。

アルタナも、もともと この世界は暗闇の雲に浮かぶ星のひとつだって言った。
この世界って、アルタナが作った世界でしょ?
てことは、アルタナでさえも、暗闇の雲の中にいるってこと?

バラモアが言っていたのと同じことを、アルタナは言っていたよ。
時折大きな力が生まれ、時にぶつかりあい、さまざまな世界が生まれてきたって。
ヴァナディールの場合は、最初にクリスタルが生まれたのね。
それから光と闇といった対の存在が生まれ、均衡を取りながら混じり合い、時には衝突を繰り返してきた。
その際の衝撃が、漂う暗闇の雲を退ける 『時の風』 を生み出してきんだって。
だけどアルタナの対であるプロマシアはいなくなってしまったために、光と闇のバランスが崩れた世界では、時の風が止まってしまった。
地上の世界では多くの対の存在が出会い、影響を与えあい、時には戦い、そうして時の風は生まれ続けたけれど、でも足りなかった。

え・・・それじゃ、こんなことになっているのは、アルタナとプロマシアのせいってことじゃん。
全てを愛しているとか言って、全てを苦しめているんじゃん。
アンタ今まで、何か一つでも誰かを救ったことがあるのかい!?
精神論で言っているんじゃないよ。
お前が責任取れよアルタナ!!ヽ(`д´)ノ

Klu49987.jpg

しかもアルタナのやつ、光と闇のクルクに戦えって言うの。
全力でぶつかり合って戦えば、時の風が吹くって。
バッキャロー!!
なんでクルクたちが暗闇の雲をどうにかしなくちゃならないわけ?
クルクたちが何かをやらかして、こんなことになったわけじゃないじゃん。
どうして神様の尻ぬぐいをしなくちゃならないの?
アルタナの代わりに、クルクが一人で時の風を起こさなくちゃならないなんて、アルタナはなんて無能な神なんだ!!
オマエは飾りか!? ただの飾りなのか!?
ったくさぁ、いーっつもこうなのね。
上では光の影響を受けてしまうから、下で戦えってさ。

Klu49988.jpg

で戦うことになったんだけど、闇のクルクが変身したよ!
まるでプロマシアみたいじゃんか。

Klu49989.jpg

ずるいずるい!
だったらクルクも変身させろ~!!ヽ(`д´)ノ




いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪


FF11ランキング

関連記事
スポンサーサイト




【2019/10/02 08:00】 | ヴァナ・ディールの星唄
【タグ】 星唄  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック