FC2ブログ
2度目のヴァナディール 妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~、クルクだよ~ん(・▽・)ノ

もう一人のクルク、未来から来た闇の神となったクルクが見せてくれた未来・・・。
イロハが来た未来において、クルクは光の神となるために、負である闇の部分を斬り捨てた。
その決断は、間違っていた。

Klu49943.jpg

Klu49944.jpg

結果、世界はイロハただ一人を残して滅んでしまったのだから。
それを、闇の神となったクルクが見せてくれたよ。

クルクはクリスタルから、絆を築いた仲間たちを呼び出したの。
クリスタルで眠っていたってことは、この時にはすでに全員死んでしまっていたということ。
魂となった仲間たちを呼び出したってことなんだね。
クルクはそんなことが出来ちゃうような存在になったってことなのか~。

Klu49945.jpg

空から降って来た闇のモンスターをみんなで倒してくれていたけど、キリがないの。
みんなの力をクルクの中に集めて、暗闇の雲の動きを封じたよ。

Klu49946.jpg

Klu49947.jpg

Klu49948.jpg

その間に、テンゼンの合図と共にイロハが結界を張ったの。

Klu49949.jpg

Klu49950.jpg

ところがクルク、急に空の上の方に飛んで行っていなくなっちゃったよ。

Klu49951.jpg

神様になっちゃったから、この世界に長くはいられなかったの?
どこか別の次元に、人とは時間の流れが違う次元に行っちゃったのかな・・・。
だけどそのせいで、この世界に残された別れたクルクの分身、闇の神となった負の部分が暗闇の雲に囚われちゃった!

Klu49952.jpg

Klu49953.jpg

復活した暗闇の雲に弾き飛ばされたイロハと、娘だけでも助けようとフェニックスの力をイロハへ託したテンゼン。

Klu49954.jpg

Klu49955.jpg

Klu49956.jpg

生き残ったクルクはもう人ではなく、遺された一人はじきに息絶え、人は死に絶えてしまうてしまう。

Klu49957.jpg

無である暗闇の雲は、光でも闇でも倒せない存在。
光と闇に分かれ手も意味はなかった。
だから一つに戻してもらおうって。
アルタナと待っているって闇のクルクは言って、アトモスの中に消えちゃった。

Klu49958.jpg




いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪


FF11ランキング

関連記事
スポンサーサイト




【2019/09/27 08:00】 | ヴァナ・ディールの星唄
【タグ】 星唄  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック