FC2ブログ
2度目のヴァナディール 妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~、クルクだよ~(・▽・)ノ

ユグナスのお部屋にやって来ました。
十二名家の人達も何人か集まってるよ。
それと、ヘンタイ仮面の人も・・・あのさ、仮面外したらどう?(´・ω・`)

Klu48851.jpg

真面目な話をしてるのに、後ろでおかしなプレイをしているみたいじゃ~んww

みんな、ユグナスの具合がどうなのかわかっていないんだよね。
それで憶測だけで言い合いになって・・・。
だからアシェラはこの部屋にみんなを呼んだんだろうけど、まだ心が決まらないのかな?

と、突然へんな声が聞こえたよ!
「グャ!」 って、知ってる。
某所で、なんの声か知ってしまってる~。

声がしたのはユグナスが寝ているベッドの方から。
そして、ベッドに横たわっていたのは・・・。

Klu48852.jpg

ま、マネキン!
マネキンて、コワイよね(´・ω・`)
だからクルク、ビクッとしちゃったんだけど・・・。
マネキンの後ろにいたのは、キッコロ…じゃなくてリフキン。

Klu48853.jpg

このリフキンが、ユグナスなんだよ~。
うん、知ってた(´・ω・`)

あぁ、これ知らなかったら、きっと 「えぇ~ッ!?(๑°口°๑)」 ってなったんだろうなぁ。
まぁね、とっくにどこでもネタバレされているからね。
ネタバレ嫌いな人は、情報がいっさい入らないように、完全ソロでやるしかないんだよ。
ブログも読むべからず! だよ。

アシェラが言うには、少し前までは会話も出来ていたとか。
みんな、呪いだって大騒ぎだよ。
ねぇねぇ、誰かチューしてみたら?
元に戻るかもしれないよ!?(・▽・)

異変が出始めたのは、開拓を始めた頃らしいのね。
だから初代王の呪いだろうってみんな言ってるけど・・・ホントに?
もっともらしい事柄の裏側に、真実が隠されているかもしれないよ?
でも今は考えてもわからないもんね。

スヴェンヤっていう人が、解呪を試してくれたけど、解けなかったよ。

Klu48854.jpg

この人はね、穏やかで優しい人(*´꒳`*)
ちょっと口喧しそうなエル爺も、スヴェンヤ様には大人しくなっちゃうっぽいよ。

森を守ろう派と、生活のために開拓しよう派がいて、ユグナスは後者なんだよね。
そしてアシェラは、その両方の言い分を理解していて、共存していく道探してるんだね。
ん、クルクはアシェラ派!(・▽・)ノ
何でもかんでも、やりゃ~いいってもんじゃないからね。
開拓者は立場をわきまえて、自然に対して敬意を払わなくてはって思うよ。
そして自然もさ、そこに生きている人がいるんだから、ちょっとくらいは恵みを分けてくれたっていいと思うんだよね。

前にキッコロたちの女王様に会った時、小っさな実を拾ったよね。
クルク、ポケットに入れておいたんだけど、急に光り出したの。

Klu48855.jpg

う・し・ろwwww
気が散るなぁ~(^_^;)
まぁいいやw

光る実が喋った!? と思ったら、頭の中に直接声が聞こえて来たの!(๑°口°๑)

Klu48856.jpg

ユグナスはクルクに、開拓を止めてはいけないって言うの。
それと、解呪の必要もないって。
どうやら声が聞こえているのはクルクだけみたい。
ユグナスは今、世界樹ユグドラシルの一部と化しているんだって。
だからわかるのかもしれないけど、ユグドラシルの力が衰えつつあるって教えてくれた。
大地の地下奥深くで、異変が起きているらしいの。
闇の力が湧き出しているんだって!
その原因を、クルクに突き止めろってユグナスは言うの。
だけど、クルクの言うコト、みんな信じてくれるかなぁ?

クルクが、ユグナスの声が聞こえたよって言ったら、みんな試してみるって。
だけどクルクと同じように声が聞こえたのは、アシェラだけ。
他のみんなは、光る実を持ってもユグナスの声が聞こえなかったの。
聞こえない人に何を言っても信じてはもらえないのは仕方ないけど、頭ごなしに口裏を合わせているだなんて言われるのも心外だよね。
とにかく、一番いいのはユグナスが元の姿に戻ること。
なんで呪いを解く必要がないなんて言ったんだろうね?
キッコロ リフキンだと、世界樹の一部になって大地の状況がわかるから?
ユグナスの姿を戻すために、遠征中の 「彼女」 を召喚するとか言ってるよ。
彼女って、ユグナスの彼女?
その人がチューしたら元の姿に戻るのかな?(・▽・)




いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪


FF11ランキング

関連記事
スポンサーサイト

【2019/02/06 22:00】 | アドゥリンの魔境
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック