2度目のヴァナディール 妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~、クルクで~す(・▽・)ノ

えっーっと、ちょっと記憶が薄らいじゃったけど、ヨルシア森林行った時のお話しね。
ヨルシアは、アシェラも来たことがないみたいなの。
きょろきょろしてたら、背後から葉っぱに捕まっちゃったよ!!

Klu47861.jpg

緑の丸いキッコロみたいなのが出て来たんだけど、あわや戦闘!?・・・って、そうでもないかw
アシェラの持っていた剣を見たのか、リフキン達の女王様が現れたよ。

Klu47862.jpg

このおっきいモリゾーの名前は、ロスレーシャって言うんだって。
キレイな名前だね(・▽・)
ロスレーシャがね、この森は「世界樹ユグドラシル」の恵みによって栄えた森だって言ったの。
クルクもアシェラも、聞いたコトない名前です。
この世界にたった2本、ひとつはラゾア大陸にあったんだけど、今はもうないんだって。
世界樹は恵みの力で魔を払って、邪を退ける力があるみたい。
闇の力を封じて、この世の光を護る力があったのに、この地にあるかたわれの樹も病気なんだって。
ロスレーシャに 「あなたたち人間は、森を傷つけることを止めない。もう、コレ以上は我らを傷つけないでください」 って言われて、クルクは心が痛みました。
ゴメンなさい(´・ω・`)
森がなくなったら、人だって生きて行けないのにね。
そうなってからじゃないと後悔しない生き物だよね、人間て。
だけど、クルクに何かできることがあったらしたいと思います(`・ω・´)ゞ
取り合えず、森の異変について聞いてみたの。
オーダーサインが刻まれた剣、初代王の意志を重んじるならば、【ヨルシアの雫】 を持ってこの地で唯一の清浄なる泉に来なさいって。
だけどね、とっくに人間への期待は失われているって言われちゃった。
そうだよね、そう言われちゃうだけのことをしているもんね。
でもね、でもね、そんな人ばっかりじゃないんだよってことも知って欲しいから、クルクは頑張る!
で、ヨルシアの雫ってなに?(・▽・)
手掛かりになる標を教えてくれたけど、それさえもチンプンカンプンww
ただでさえ、こんな迷路を進んで目的地に行くこと自体、クルクには大変なことなのだよ。
でもね、(I‐8)にポイントがあるのをクルクは知っているのだ★
場所がわかっても辿り着けないんだけどね!

さんざんウロウロして、やっと目的地についてヨルシアの雫をゲッチョしたよ(・▽・)ノ
そしたらそれ持って、(G‐6)付近にある泉に行きました♪
行きましたって簡単に言ってるけど、大変だったんだからね!(`・ω・´)

続くよww




いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2018/05/20 23:55】 | アドゥリンの魔境
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック