2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~、クルクだよ(・▽・)ノ

ネコ社長からルザフを探し出せって言われたけど、クルクはアフマウを探しに行くよ!
多分、っていうか絶対に一緒にいるはずだから、一石二鳥。
でも、捕まえる前提じゃないクルクなのだ(・▽・)

ブラックコフィンに乗るには、イフラマド金貨が必要です。
コルセアのお墓に行って、もらってこよう★

Klu4642.jpg

もうオバケ出てこないね。
アトルガンってさ、陰気な場所多いよねw
なんだかいつも霧雨が降っていそうなトコとか、霧でモヤンとしてるトコとか。
嫌いじゃないです。
音楽がキレイだよね。
移動にマウント使うとチョコボの音楽流れちゃうけど、フィールド音楽に切り替えられたらいいのに。
それか、チョコボ曲が一周したら切り替わるとかさ。
簡単に言ってるけど、難しいのかな?

金貨をもらったから、アラパゴの渡し船のトコに行きました。
渡し賃を払ってぇ~、オバケニャンに連絡艇で運んでもらったよ(・▽・)ノ

Klu4643.jpg

ブラックコフィンでは、ルザフは起きてました。
まだ調子が悪いっぽいね。
アフマウは一睡もしないでルザフを看ていたんだって!

Klu4644.jpg

あのぉ~、この二人ってなんだかいい雰囲気とか思っちゃうのは、クルクだけですか?
ルザフはアフマウに、自分がイフラマド王国の皇太子だったことや、王国の残存艦隊を集めて反皇国組織コルセアを結成したことや、最後にはこのブラックコフィン号も皇国軍に包囲されて撃沈してしまったことを話したの。
その時に、ルザフは死んだんだって。
暗い海底に沈みながら、イフラマドの守護神オーディンにルザフは皇国に復讐するチャンスが欲しいって願ったんだそう。
そしたら、オーディンが現れたんだって。

Klu4645.jpg

その代わり、復讐を果たした後は、オーディンの騎士となって、アレキサンダーを討たなくてはならない。
アレキサンダーは皇国が危機に陥った時に、鉄巨人に宿って復活すると伝えられてるんだって。
ルザフもそれは知っていた。
だからこそ、ルザフは契約したんだって。
そして、気づいた時は、沈んだはずのブラックコフィン号の甲板に寝ていたんだそう。
200年後の、この現代の世界で。

それでもルザフは、皇国との戦いの準備をして、蛮族とも手を組んだ。
鉄巨人奪取のために、カギとなる人形を探し求めた。
でもアフマウと知り合って、気づかされたんだって。

Klu4646.jpg

ずっと復讐のことだけを考えていたルザフは、針路を見失ってしまったって言うの。
するとアフマウが、ルザフにはまだ、イフラマド王国の再興という夢があるはずだって言ったの。
アフマウは寺院にいたから、皇都に暮らすイフラマドの末裔の人たちが、今でも王国時代を懐かしんでることを知っているんだって。
でもそれは、また戦火を交える血塗られた道だろうとルザフが言うと、アヴゼンが 「オまえハ、だれトはなシテイルノダ?」 って。

Klu4647.jpg

このまま 「めでたしめでたし」 にならないのがFFだよね。
オーディンとの契約は履行済み。
ルザフには冥路の騎士となる道しか残されていないって、フリットが言うの。
でなければ、ルザフや部下がどうなるか・・・って。
どうなるの?
ルザフは、それでもハザルムに行って、契約の破棄をするって言いました。
アフマウはハザルムのことを知らないみたい。
ハザルムって、錬金術の試験場だよね。
フリットがね、その実験が度を越しちゃってオーディンがいるヴァラハラ、冥界に通じる穴を開けちゃったって言うの。
ルザフはアフマウに、アトルガンの真の姿を知りたいのなら自分の目で見て確かめればいいって、ハザルムに誘うんだよね。
フリットは、知らない方がいいこともあるって、心の中で笑ってるけど・・・。
でもアフマウは立場的に、知らなくちゃならないのかもしれないよね。

その時サラブワーンっていう部下が、ネズミが入り込んだって報告に来たの。
ネズミじゃないよ、クルクだよ!(`・ω・´ )

Klu4648.jpg

アフマウは、クルクが手伝いに来てくれたんだってルザフに言うの。
ルザフはちょっと怪しんでたけど、フリットはタラッカ入江に隠してあるイフラマドの財宝の番をしてもらえばいいとか言うの。
タラッカ入江の財宝には強力な隠蔽の魔法がかかってるから、冥衆の護符 を持っている自分とフリットにしか気づかれないはずだってルザフが言うと、フリットは不滅隊が嗅ぎまわってるとか、不滅隊はその道のエキスパートだから、破られない保証はないとか。
ハザルムに行くのにタラッカ入江の近海を通るから、ルザフの冥衆の護符 をクルクに渡して宝物の警護をしてもらえばいいって言うんだよね。
フリットがクルクを邪魔だって思ってるのバレバレ。
でもアフマウは、クルクに一緒に来て欲しいみたい。
もちょっと強く言ってくれたらいいのにねぇ。
フリットに、だったら怪しいところがないか徹底的に調べてからじゃないとって言われて、アフマウは皇国軍の信頼も厚いから、警護にピッタリだって( ̄ω ̄)
そしてクルクは、ルザフから冥衆の護符を受け取って、タラッカ入江に置き去りにされたのでした。

Klu4649.jpg





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2017/10/19 23:59】 | アトルガンの秘宝
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック