2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やぅ、クルクです(・ ▵ ・)ノ

でっかいサイをやっつけた時、アフマウは放り投げられたアヴゼンの元に行こうと、柱を登っていました。
先に上っていたネメジンが手を伸ばしていて、もうちょっとって所で異変が!
ネメジンの体が浮いた!?
犯人は、フィットだった!
暴れて放せと言うネメジンに、手を放したらスクラップになっちゃうとか言って、憎らしい!

Klu4572.jpg

リシュフィーが・・・あ、腕が痛いからムリかな?
そしたらクルクが、下で受け止めてあげるから手を放せ!

Klu4573.jpg

ルザフも来ちゃった(´・ω・`)
アフマウが アヴゼンの名前を呼ぶとルザフは、アヴゼンとメネジンが双人形で間違いないって言うの。
ルザフがね、「作戦会議に遅れ、指の1本でもマムージャにくれてやらねばなるまいと思ったが……。失うどころか、こんな拾い物をするとは」 って言ったの。
ルザフもマムージャと手を組んだの?

フリットに合図すると、魔法陣が空中に現れました。
アヴゼンとネメジンを投げ込んで、ルザフもその中に入って消えちゃった。
フリットはデジョンしたのかな?
そしたらさ、アフマウが自分もって、その中に飛び込んじゃったの!!

Klu4574.jpg

何で鼻つまんでるのかわかんないけど・・・やめて!!
空中に浮いてる魔法陣には、地上にいるクルクたち飛び込めないよ!
追いかけられないっ!!( ノ>д<)ノ
そして魔法陣は消えてしまった・・・。

Klu4575.jpg

まだ大丈夫だよ!
ルザフと一緒ってことは、アシュタリフ号にいる可能性が高いよ。
クルク、場所知ってるから、一緒に捜しに行こう!
とか言ってたら、リシュフィーがハッと顔を上げたの。
足音がするって。
それも、100か200!?
後始末の兵たちだろうって。
平気!
クルク前に、100匹のヤグとタイマン張って勝ったから!
リシュフィーは腕が痛いかもしれないけど、50匹くらいならやっつけられる?
そしたらクルク、150匹やっつけるから!
なんなら、200匹任せてくれてもいいから。

Klu4576.jpg

「君は」 ?
リシュフィーはどうするの?
残るの?
だったらイヤです!!
脱出できるかもしれないなら、二人で逃げよう!!
片腕と片目をケガしてても、走れるよね?
ココで囲まれたら終わりだよ!
でも、クルクが一緒なら大丈夫かもよ。
一緒に逃げるか、ここで戦うか、どっちかだよ!
アフマウを護るのは、リシュフィーの役目だよ、クルクじゃない。
だから、早く行こう!!

Klu4577.jpg

同情じゃない。
クルクはリシュフィーを置いて行きたくないの!!
もしもココに、アフマウがいたら・・・。
それでもきっと、リシュフィーは自分が盾になるって言うかもしれない。
でも、もしアフマウがココにいたら、それはダメって言うかもしれない。
「マウの言うことが聞けないの!?」 って、みんなで脱出できたかもしれない。

じゃあさ、クルクがココで盾になるっていうのはどう?
その方が生存率高そうじゃん?
リシュフィーは先にアフマウを追うの。
クルクは後から合流するからさ。
それがいいよ!!

なのに・・・!!

Klu4578a.jpg

リシュフィーがワラーラ寺院でゲッショーのことを確認したのって、不滅隊のリンクシェルかな?
今もまた、アフマウがさらわれたってことを報告したの。
でも、アフマウが聖皇ならば、アフマウのことを不滅隊全員に知らせるってわけにはいかないよね。
だから名前じゃなくて、コードを使って連絡したのかな。
相手は多分、アミナフだと思うんだ。

Klu4579.jpg

そうしてる間にも、トカゲ等が集まって来ちゃったよ(>_<)
回りを囲まれて、そしたら構えて・・・え、うそだ・・・!

Klu4580.jpg

止めて! 止めて!!

・・・そして、真っ白い光が弾けて辺りを包んだのです。
これがただの目くらましだったら、どんなにいいだろう。
だけどリシュフィーは 「命」 って言ってた・・・。

なんでだよぉ。
クルク、これからリシュフィーと一緒にアフマウを取り返しに行くんだって思ってたのに。
アフマウに振り回されてばっかりで、ため息ついちゃうリシュフィーのこと、好きだったのに。
不滅隊なんか大嫌いだっ!!!

Klu4581.jpg






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2017/10/02 23:59】 | アトルガンの秘宝
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック