2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やぴ~、クルクです(・▽・)ノ

オバケのボスをやっつけたら、なんか光って・・・気がついたらナシュモに戻って来ていました。

Klu4440.jpg

ナシュモって、キキルンがいっぱいいるよね。
キキルンが言うには、クルクはオバケの船から飛び出てきたらしの。
ゲッショーたんが 「無念」 って言ってたから、トドメを刺すことは出来なかったのかな。
クルク達、船から追い出されたってわけか。

ゲッショーたんが、オバケのボスの気配に気になるところがあるみたいなんだけど、取り越し苦労だろうって話すのやめちゃった。
いや、だからさ、そういうのはキチンと言おうよ。
取り越し苦労ならそれでいいんだから、そうじゃなかった時の心積りってもんがあるでしょ。
後から、やっぱりあの気配は! とか言われたって、遅いんだからね(`・ω・´ )

で、ゲッショーたんは調べたことを教えてくれました。
ウワサ通りなら、あのおっきい船は 「ブラックコフィン号」 で、漆黒の柩って意味なんだって。

Klu4441.jpg

でもブラックコフィンは、200年くらい前に沈められているはず。
その当時船に乗っていたのは、イフラマド王国のコルセア。
コルセアはただの海賊じゃなくて、アトルガンに滅ぼされた王国の再興を悲願とした、イフラマド王国の生き残り。
そして彼らを束ねていた提督が、亡国イフラマドのルザフ王子だった、と。
クルク、歴史書で読んだけど、ルザフ王子はバスに留学中だったんだよね?
帰国途中で訃報を聞いて、そのまま残った艦隊を集めてゲリラ戦を開始したんだっけ。

Klu4442.jpg

あの・・・マジメな話しをしている最中に、ゲッショーたんの羽根を抜くのはやめてくださいw

ナシュモって、元はイフラマドの海軍基地だったんだって。
ナシュモを中心としたアラパゴ諸島は、王都を失ったイフラマド王国の最後に残された領地で、ルザフ王子の最期の地でもあった・・・と。

Klu4443.jpg

多分、あれがルザフだろうね。
幽霊にしろ誰かが変装しているにしろ、クルクやゲッショーたんが乗った船は本物の船だったわけで、あれを幽霊船と呼ぶのなら、それは夢や幻ではなく、実在している幽霊船ってことになるね。
でもってクルク達は、それを事実のまま報告するのみ。
ゲッショーたんがね、別々に報告した方が、疑り深い社長も信じるだろうって。
そうだね。
口裏合わせて! とか言って、モーニングスター振り回されちゃたまんないもんね。
ゲッショーたんてば、「我らの勤務評価も、うなぎのぼりではござるまいか?」 だってww
ホント、マジメに働いてるよね~。
ところでゲッショーたんって、出身はどこ?
喋り方が、ひんがし人っぽいよね。
ねーねー、テンゼンって知ってる?
あ!!
もしかしてゲッショーたんの中の人って、テンゼンなんじゃない!?
・・・違う?(´・ω・`)

ゲッショーたんは、一足先に帰社するって。
そんじゃクルクは、シャララトに寄ってお茶してから行くね(・▽・)

そう言えば前にさ、お墓に行ったじゃん?
海洋騎士ジャザラートだっけ?
クルクはあのオバケがブラックコフィンのボスかと思ったんだけど、違うっぽいよね。
あのオバケは何だったの?
乗組員のコルセアかな?
オバケのみんなはブラックコフィンに乗ってるみたいだけど、お墓に入ってていいのかなぁ?
ね?






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2017/09/04 23:59】 | アトルガンの秘宝
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック