2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~、クルクだよ(・▽・)ノ

Klu4318.jpg

なんかね~、みんな声が聞こえるとか言って、先に行っちゃったの。
プリッシュが、あの声が聞こえたのか? って、なんか慌ててるよ。
クルクにアミュレットを渡して、走って行っちゃった。
自分で塔を回れって・・・そうなの・・・。

Klu4319.jpg

んーっとねぇ、メ・ルトの園では、種族によって進むルートが違うみたいなの。
で、【ホラの輝き】 をげっちょしたまでは良かったんだけど・・・。
1階の中央に、エレベーターがあるのね。
そこに行くには扉を通らないといけないんだけど、扉の手前に壺みたいなNMが4体いる部屋があるのね。
部屋に入った時は奥の扉は開いてるんだけど、扉に近付こうとするとNMが襲ってきて、扉が閉まっちゃうの。
NMをやっつけても、扉は開かないの。
クルク、どうやるのかわからなくて、4方の部屋に回ってNMをやっつけてまわったけど、どこからも入れないのね。
で、調べたら、壺NMが台座に乗ってないと扉は開かないんだって。
てことで、NMが再POPするのを待ってたんだけど・・・ずっとずっと待ってたんだけど・・・ちっともPOPしないの!!
どうやら、正面の部屋にはNMはいないみたいで、他の部屋にはすでにNMが再POPしてる様子。
ちぇ~。
もう一度NMをやっつけて、奥の扉の前でPOP待機なのだ。
すぐにNMが台座にPOPして、扉が開きました。
やれやれ・・・。

Klu4320.jpg

それから、【暁の印】 と 【黄昏の印】 を入手するんだけど、これがまたメンドークサイほど遠回りな道程でねぇ。
レベルが高いから絡まれてもどうってことないけど、実装当時はいったいどれほどの苦労を強いられたのやら。

3階まで行くと、3兄妹が助けを求めながら飛び出してきたの。
何事!?

Klu4321.jpg

テンゼン!?
なにやってるの!?
テンゼンは乱心でも何でもなく、みんなが声に惑わされて我先に扉を開こうとしていたから、峰打ちにしただけだって。
それは嘘じゃないって、3兄妹も言ってるの。
その声は、その人が一番求めているものを与えてくれるらしい。
普段は見せない、心の奥にある願望。
それが、虚ろなる闇が呼ぶ声。
それに答える、自らの虚ろなる闇の声。

Klu4322.jpg

だけど、その先に進むと、テンゼンは膝をついてしまった。
そこにはナグモラーダがいたのです。
その前に鎖に絡まれて吊るされてるのは、あれがプロマシア?

Klu4323.jpg

ナグモラーダがクルクを呼ぶの。
クルクとナグモラーダが分かち持つ 「輝き」 が、ここでは唯一の光なんだって。
そして、クルクに知りたいだろうって言うの。
クルクはただの冒険者だったのに、世界を救えとか、人を救えとか、そのために死ねとか言われたね。
だけど、「実を言えば人も世界も、どうでもいいんじゃないか?」 ってナグモラーダが言うの。
それよりも、真実が知りたいんじゃないかって。
そしてナグモラーダは、真実を知るために、イブノイルの封印を解いてしまった。
・・・っていうか、ナグモラーダが闇に飲まれてプロマシアに吸収されちゃったよ!

Klu4324.jpg

 そこ に いた の か
 我か ら 分かた れた 子供た ちよ
 むか えに いこ う
 我が から だに 還 …… レ


ヴァナ・ディール、そこに生きる人たちは、皆プロマシアの子供たちなの?
あぁ、だとしても、クルクは今更驚かない。
心に闇が1つもない人なんて、いないもの。
だけど、光りだって持っているんだい!

Klu4325.jpg

プロマシアを追わなくちゃ!!






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2017/08/03 23:59】 | プロマシアの呪縛
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック