2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~、クルクだよ~ん(・▽・)ノ

大公宮に行ったら、ウォルフガングに会ったよ。
真龍の攻撃で、冒険者を乗せた飛空艇が落ちたんだって!
乗ってたんだ!?
あ、いやw

ジュノ戦闘艇隊の指揮を執るエシャンタールが見当たらなくて、何だか大変そう。
ナグモラーダもいないって言ってたなぁ。
ウォルフガングが、クルクたちの仕業かって聞いてきたから、「ばれたか」 って答えてみたの。
そしたら・・・。

Klu4221.jpg

や、皮肉ったのはアナタだからねw
でもまぁ、こっちこそ冗談言ってゴメン。
何だかウォルフガングは雰囲気変わったからさ、ウォルフガングも冗談言ってるのかと思っちゃったんだ。
ウォルフガングは生真面目さんなのねぇ。

Klu4222.jpg

ちょいとお待ちよ!
戦闘艇を持ち出した!?
盗まれたの?
ジュノの警備はどうなってるんだ?
で、犯人は・・・そんなことやりそうなのは奴らしかいないよね。
お騒がせタルタル3兄弟でした(^_^;)
「定めの地」 に行くとか話してたみたい。

定めの地と言えば、タブナジアだよね?
ってことで、ミザレオ海岸に行ってみました。
岬に次ぐく門のとこで、なんか変な丸いのが3つ出てきたけど、叩いて壊してやりました。
なんだったの?

Klu4223.jpg

岬には、エシャンタールがいました。
こんなとこで何してんの?
・・・あれ?
エシャンタールはクルクに話しかけてくれてるんだけど、同時にエシャンタールの心の声も聞こえるよ。
エシャンタールも、クルクが聞こえてることに気付いたみたい。
セルテウスに、クルクに何をしたのかって・・・。

Klu4224.jpg

つーか、セルテウスいたのね。
もしかして、エシャンタールと待ち合わせしてたのかな?
で、クルクは何をされたの?

Klu4225.jpg

あのアミュレットがあれば、嘘や偽りのない心の声で会話することが出来るんだね。

とその時、何かがエシャンタールを攻撃しました。
セルテウスは逃げちゃった。
野生の動物かよ。

Klu4226.jpg

またナグモラーダ!
だけど、今度こそは上官に危害を加えようとしたわけだから、これで反逆者決定だよね。

ナグモラーダは、エシャンタールが神都アル・タユは、1万年の昔に虚ろの器と共に滅んだって説明しても、どうしても信じようとしないの。
それはディアボロスが、第5の母なるクリスタルの向こうに今もあるって言ってたから。
存在を願っている者には、「ない」 と説明するよりも、「ある」 って一言いう方が信じちゃうよね。
どうしても神都アル・タユに行くって言うナグモラーダに、エシャンタールは、あの場所はもはや自分たちの知る祖国ではないって言うの。
人が足を踏み入れてはならぬ禁断の場所だって、セルテウスが忠告したんだって。
それでもやっぱり信じなくって、ナグモラーダはエシャンタールをココで殺そうと思ってるみたい。
ナグモラーダの後ろに、あいつらがいるー!
そっか、盗んだ戦闘艇でナグモラーダを連れて来たわけね。
エシャンタールはセルテウスに殺されたってことにするって言ってるけど、でもクルクが全部聞いてますけどっ。
もちろん、エシャンタールの後に、クルクも殺すつもりなんだろうね~。

Klu4227.jpg

え・・・・・・。
クルク、ビックリした。
命乞いするにも、そんな・・・いくらでも出すって・・・。
幻滅っていうんだろうな、この気持ち。
クルクさぁ、エシャンタールのことイマイチ信用できないって言ってたけど、でもどこかで、この人はヴァナを守るための最善の方法を考えてくれるんじゃないかって、ちょっと思ってたりもしたんだよね。
それが、お金で命乞いって・・・。

ナグモラーダが、「そこまで堕ちた姿を見せるとは!」 って笑ったの。
そしたらエシャンタールも笑って、「落ちたのは私ではありませんよ?」 って。

Klu4228.jpg

ちょwww
ナグモラーダ、デジョンでどっかに飛ばされちゃったwww
そっちに話しかけてたとは、エシャンタール出来る!!
これでもう、ナグモラーダはジュノにいられなくなるって。
でも、また絶対に顔出してくるよね。
気をつけなくっちゃ!

・・・と、空を何かが横ぎって行きました。

Klu4229.jpg

だけどクルク達は、負けるわけにはいかないよ。






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2017/07/20 23:59】 | プロマシアの呪縛
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック