2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やぴ~、クルクです(・▽・)ノ

Klu4177.jpg

やっと6章か~。
まだ先は続くねぇ。
んでは・・・。

ジュノです。
プリッシュは自ら出頭してきたんだって。
そんで、エライ人に合わせろって騒いでたみたい。
エシャンタールのこと?
ウォルフガングも今いないみたいで、早く帰って来ないかなぁって、プリッシュに手を焼いてるみたいw
んじゃ、クルクが相手してあげてようか?
とか言ってたら、ウルミアが飛び込んで来たの。
ウルミアも、プリッシュが出頭したって聞いたみたい。
部屋の外に出て話をしていたら、テンゼンもやって来たよ。

Klu4178.jpg

そうだね、皆でバラバラの事してたら、何が何だかゴッチャゴチャだもんね。
ジュノの上層にある酒場を、アルドが少しの時間貸し切ってくれたんだって。
マーブルナントカっていう、種族酒場のことかな?
じゃ、行ってみるね。

Klu4179.jpg

行ってみたら、みんないたんだけど・・・。
ジャボスもいたのね。
それはまあいいや。
それから、偽ルーヴランスがまた顔を出してるけど、本物はあの後どこいっちゃったんだろう?
で、何でスカリーがチャッカリいるのさ!?

さて、それで話し合いっていうのは、仮にプリッシュが 「世界の終わりに来る者」 だとしたら、バハムートを止めるためにプリッシュを倒さなくちゃならないよねっていうことでした。
当然、ウルミアは大反対。
お店を飛び出して行っちゃった。

Klu4180.jpg

テンゼンのやつ、クルクはここで降りろって言いやがった。
っざけんな! カリアゲ!!
クルクのミッションで、そんな勝手なことさせないからな!
それに、こんなの話し合いじゃないじゃん。
4人でどうするか決めちゃってるんじゃん。
時間がないっていうのはわかるし、全員がプリッシュと親しいわけでもない。
それに、たった一人と世界のどっちを救うかって考えたら・・・。
そんなの、クルクはたった一人を選ぶに決まってる!!!
クルクには、世界なんか知ったこっちゃないのさ。
仲間の一人も救えなくって、世界なんか救えるもんか!
クルクにとってプリッシュは、正直それほど大切ではないんだよねww
でももしプリッシュじゃなくて、それがうちのメンバーの誰かだったとしたら・・・。
世界が救われたって、大切な人が救えなかったら、そんな世界はなくなっちゃえって、きっとクルクは思っちゃうはず。
だからきっと、クルクにはウルミアの気持ちがわかる。

ウルミアは、ル・ルデの庭にいました。
飛び出しちゃったことを大人げなかったって、反省してるみたい。
それから、みんなの言っていることもわかるって言うの。
うん、クルクだってそれはわかるよ。
でも、頭と心は別なんだよね。

Klu4181.jpg

 ヴァナ・ディール、そして人。
 そのどちらも救われる。
 私は、そんな世界を歌いたい。


クルクも賛成(・▽・)ノ
テンゼンより、よっぽど前向きさんなのだ★

ウルミアは、もう一度大公宮に行ってみるって。
例のお騒がせ3兄妹が、何か噂を知っているかもって。
んじゃ、クルクも行ってみる!






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2017/07/18 23:59】 | プロマシアの呪縛
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック