2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~、クルクだよ(・▽・)ノ

シドんとこ行きました。
すぐ後からテンゼンも入って来たよ。
テンゼンからシドに報告してもらったんだけど、シドは霊獣たちが言っていたことをすぐには信じられないって言うの。
そりゃそうだろうね。
だけどナグモラーダが言っていたクリスタルラインについては、シドも研究していたようで、思い当たる節があったみたいだよ。
古代人の生き残りたちがクリスタルラインを使って、クリスタルの力を集めて一つの大きな力にして、楽園の扉を開ける・・・。

Klu4136.jpg

だけどジュノにいる黒衣の研究者たちは、あれだけの技術を持ちながら、アル・タユを消滅させてしまっている。
「楽園」 の正体がわからないまま、古代人たちの目論見を黙って見ているわけにはいかないってシドは言います。

それともう一つ。
「世界の終わりに来る者」 について。
クルクたちは、それがセルテウスじゃないかって思ってたんだよね。
だけどフェンリルの話を信じるならば、それはセルテウスではないってことになるのね。
じゃあ、誰?
タブナジアに生まれ落ちるということと、その地での尋常ではない扱い・・・。

Klu4137.jpg

テンゼンはそうだって言うの。
でも、鳳凰丸はわからないって言ってるみたいだよ。
なら、違うかもしれないじゃん!
シドも、そうと決まったわけじゃないって言ってくれたよ。
確かに、プリッシュは言葉使いも良くないし、ちょっと乱暴なとこもあるけど、思いやりだってある子だよ!
子って言ったけど、クルクよりずっと年上だっけw
でもテンゼンは、男神の意志に目覚めてないだけかもしれないとか言ってる~(´・ω・`)
テンゼンは、そうだった時の覚悟を決めちゃってるみたいだけど、クルクはまだ信じないよ。

その後、シドとちょっとお話ししたの。
シドは、古代人の生き残りがジュノの底まで根を下ろしているなら、彼らを止めることは厄介だって言うの。
かといって、真龍や獣人とは別にジュノと戦争なんてとんでもないことだし。
それからね、シドはひんがしの国についても気がかりだって言うの。
海賊たちの話を聞いても、遠く閉ざされた国だから謎ばかりだって。
つまり、どこまで信用できるのかってこと。
テンゼンの人柄はわかるけど、その国の帝とやらがどんな考えの人だかわからないもんね。

Klu4138.jpg

シドも言ってたけど、クルクは自分で見たことや聞いたことを自分で考えて、何を信じるか決めるよ。
とりあえず、プリッシュのことを聞くなら、ウルミアを探さないとね。
今どこにいるんだろう・・・。






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2017/07/05 23:59】 | プロマシアの呪縛
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック