2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
にゃっぴ~、クルクだよ(・▽・)ノ

えっと、誰かにフェンリルに会えって言われたよね。
あ、フェニックスだっけ?
フェンリルは満月の泉にいると思ってたんだけど、ソ・ジヤに行くみたい。
てことで、ソ・ジヤの塔を目指して、氷河をフェンリルに乗って走るクルクなのだw

でね、塔の中に入ったら、先にテンゼンが来ていました。
テンゼンがね、フェニックスはナグモラーダが言っていたことを認めたって言うの。
楽園の扉が開かれれば、霊獣はただの獣になるってこと。
それと、眠れる神々が目覚めて祝福を満たし、ヴァナ・ディールは楽園となるってこと。
けれどそれは、「死せる神」 が復活を迎えるのと同義だとテンゼンは言います。
それが悪いことなのか善いことなのか、フェニックスにはわからないんだって。
テンゼンがね、そのわからないことのために、多くの血が流されたって言うの。
フェニックスが宿っている鳳凰丸は、虚ろなる闇を打ち払うことが出来ると言われています。
だけどその役目を果たすには力が足りず、より強い力を与えるために、たくさんの命を必要としたのだそうです。
咎人、蛮族、年貢の代わりの生贄、虚ろなる闇によって眠りについた人々までも。
ひんがしの国を知らない他国から見たら、尋常の沙汰ではないって思うかもしれないけど、彼らにしてみれば、それは天命であり定めであるとテンゼンは言います。

Klu4130.jpg

重いなぁ・・・プロM。

テンゼンは帝から大命を受けて、この地へ来たと言います。
そしてその大命には、命に代えても鳳凰丸を守るっていうことも含まれているようです。
テンゼンは、自分は帝からの大命に逆らえない身だと言います。
だから、クルクに託しておきたい・・・と。

Klu4131.jpg

フェイスのテンゼンだったら、言われる前に倒してやれるけど、本物のテンゼンは、そんなことになったらイヤだなぁ(´・ω・`)
だけど、それでもそうしてほしいとクルクに託すからには、テンゼンの気持ちは人でいたいってことなんだよね。
わかった。

で、テンゼンはまたしても先に行ってしまったよ。
仕様だから仕方ないけどさ。

でね、珍しいことに、タルの赤魔さんがいたんだよ(・▽・)ノ
こんな所にいるってことは、プロMかな?
ほかの冒険者さんと一緒になることって、昔はよくあることだったけど、今はなかなかないよねぇ~。
記念写真撮っちゃえばよかったな( *´ ▽ ` *)
名前がなければ、SSを載せたって大丈夫だよね?

でさ、この塔の中なんだけど、99でも敵がとて楽で絡んでくるのね。
実装当時って、どのくらいのレベルでやってたんだろう?
それとも、敵のレベルが上がったのかなぁ?
まぁ、今のクルクにゃ敵じゃないから、蹴散らして進むよ(((ノ`▽´ )ノ

エレベーターで下に降りたら、フェンリルの扉がありました。

Klu4132.jpg

あれ?
ってことは、その前に行ったカー君トコは、カー君の扉だったのかな?
確認しようと思ったけど、ブログに使わなかったSSは全て削除しちゃうから、わからなかったよw

フェンリルの扉を開けると、カー君の部屋にあったのと同じ装置がありました。
そこでフェンリルが、古代の民の時代の記憶を見せてくれたのです。

Klu4133.jpg

場所がサルタバルタってことは、ここの下に満月の泉があるのかな?
過去でカラハバルハがフェンリルを引き上げてた場所と同じだよね?
フェンリルと天の塔の音楽って、卑怯だよね~w
どうしたって感情移入しちゃうよ。

古代って、一万年前?
エシャンタールがいますよ。
フェンリルは、「人は黄昏を迎え入れる定めを受け入れ、なお生きることを選択した」 と言ってるのね。
聖獣たちにとってはあっと言う間の時間でも、人にしてみれば永い刻。
エシャンタールはセルテウスから、霊獣たちと交わされた契約は 「世界の終わりに来る者」 を打ち破ることで反故とされるって聞いていたんだって。
セルテウスって、エシャンタールと同胞なの?
既に死んじゃってるみたいなこと言ってたけど、そしたら今いるセルテウスってなに?
エシャンタールはセルテウスに代わって、自分が使命を果たすみたいなこと言ってるのね。
フェンリルはエシャンタールのことを、「虚ろなる闇から解き放たれた奇跡の存在」 だって言ってるし。

Klu4134.jpg

闇をその身に宿し者 「世界の終わりに来る者」 が現われて、人すべてを黄昏へと導くならば、その者が生まれ落ちる 「定めの時」 と 「定めの地」 を作ってくれと、エシャンタールはフェンリルにお願いしていたの。

Klu4135.jpg

 そして……定めは……下された……
 ……1万年の時を経て……
 ……「世界の終わりに来る者」は……
 ……生まれ落ちる……
 ……「定めの地タブナジア」に……


それって・・・プリッシュのこと!?
テンゼンもそう思ったみたい。
や、でも、待って!
そうだと決めつけるのは早急だよ。
もしかしたら、あのお騒がせ3兄妹のことかもしれないじゃん!
とにかく、一度シドの所に戻ることにします。






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2017/07/04 23:59】 | プロマシアの呪縛
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック