2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~、クルクだよ(・▽・)ノ

ジュノのモンブロー先生の所に行ってみました。
そしたらね、先生から 「噂」 について聞かれたの。
親衛隊が口止めしてるようでハッキリしたことはわかってないみたいだけど、世界の終りが近づいているっていう噂が流れているみたい。
アミュレットを奪われたお嬢さん、つまりプリッシュが絡んでいるっていうことも、指名手配をされているっていうことも耳に入っているみたいで、本当なのかって。

Klu4107.jpg

テンゼン来てくれてよかった~。
クルク、説明するの面倒だったんだ♪
って思ってたのに、テンゼンはクルクに大公宮で聞いて来たバハムート討伐の話をし出したの。
そしたら、横で聞いていた先生がビックリしちゃった。
そりゃそっか。
真龍たちが各都市を一斉に攻撃する画策をしているとか、その前に片をつけなくちゃ人に勝ち目はないとか、そんなこと聞いちゃったら・・・ねぇ(^_^;)
モンブロー先生は、各都市に報せて戦いの準備はしているのかって聞くんだけど、多分してないよねぇ~。
だってクルク、星の神子様から呼び出されてないモン。

テンゼンがバハムートを説得するって言うと、モンブロー先生は 「説得などしている場合なのですか?」 ってちょっと慌て気味。
まぁ、そりゃそうだよね。
真龍が上空に現れた時が、人類世界の終りの時なんだもん。

Klu4108.jpg

あ、ちょっとカッコイイ。
クルク、フェイスのテンゼンと仲直りしてあげてもいいかな~。
あいつが先に謝ってくれたらね★

バハムートを説得する前に、セルテウスが最初に現れた場所に行かなくちゃならないんだっけ。
モンブロー先生は、ジュノ親衛隊隊長のウォルフガングに口止めされてはいるけど、教えてくれました。
やっぱりクフィムのデルクフの塔の地下なんだけど、地下に降りる階段にはカギがかかってるんだって。
って言ってるのに、テンゼンは先に行っちゃった(^_^;)

Klu4109.jpg

ウォルフガングは正義感が強いから、自分ですべてを背負い込んでしまっているかもしれないって。
二人は幼馴染なんだっけ。
モンブロー先生からウォルフガング宛ての手紙を預かったから、渡しに行って来るね!






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2017/06/28 23:59】 | プロマシアの呪縛
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック