2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やぴ~、クルクだよ(・▽・)ノ

続き~!
えっと、飛空艇から降りて来た、黒衣の変なやつらを3体倒したよ★
でも、バハムートが怒っちゃった。

  愚かなる人間め!
  いまだ、プロマシアの呪縛から逃れられぬのか!?
  何度、訪れても同じだ。
  生ける神の力を授けても、おまえたち人を救うことはできん。
  おまえたちは既に死んでいる。
  死によって朽ち果てた躯にすぎない。


ゴメン、クルクにはバハムートの言ってることの意味がよくわかりません。
人間って一括りにしてるけど、黒衣の奴らとクルクは別にしてください。
ついでにナグモとも、別枠に分けてください。

とそこへ、何やらビジョンが見えましたよ。
雪・・・ボスディン氷河?
あの白い少年がいます。

Klu3807.jpg

え?
これって、今のこと?
それとも、過去のこと?
そして続いて・・・。

Klu3808.jpg

え? え?
わかんない、わかんない。
どうなってるの?
どういうこと?
このストーリー考えた人、自己完結しちゃってるでしょ?
意味不明で伝わってこないモン。
それとも、クルクがおバカさんなだけですか?
頭の中が 「?」 だらけのまま、ストーリーは進んで行きますw

Klu3809.jpg

ここはどこでしょう?
デルクフの塔の中かな?
ナグモラーダが入って来て、バハムートはどうなったか聞いたの。
すると、飛空艇に乗って指揮をとっていた人が、どこかに転移してしまったようですって答えてたの。

Klu3810.jpg

ん? ナグモとは仲間なの?
どういう関係なんだろね?
指揮官の人はナグモに、どうしてあの場所にいたのか、バハムートと一人で語り合いたいことでもあったのかって、ちょっと嫌味入ってるよね。
ナグモのせいで、バハムートに逃げられちゃったって。

Klu3811.jpg

そしたら、ナグモのことなんか心配していないって言われてやんの。
指揮官の人は、「このヴァナ・ディールに生ける人々の心配をしているだけ」 って言ってた。
えーっと、クルク、付いていけていません(^_^;)
ナグモはクリュー人だけど、こっちの人は違うのね?
ジラート人?
ナグモが 「あの方を失った今、おまえに人の心配をする余裕があるとは思わなかったな」 って言ってるんだけど、あの方ってどの方?
バランじゃなくて、チビスケの方?
あいつら、ジラート人だったもんね。
ナグモはもう、3回も失敗してるって言われてた。
だから、次こそあの白い少年のことを解決しろって。
何の失敗?

ホントに、チンプンカンプンです。
わからないから知りたいと思えるレベルじゃないというか。
置いてけぼりにされたまま、どんどん先に行っちゃうから、もういいや~って感じ。
ナグモが、あの少年については心当たりがあるとか、虚ろを封じる方法についてもとか言ってるけど、クルクはどうでもいいですw
おそらくこの先、このミッションの核であろうことについて、クルクは理解しないまま進めて行くことになるんだと思いますwww

とりあえず、次回は第3章です★






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2017/02/22 23:59】 | プロマシアの呪縛
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック