FC2ブログ
2度目のヴァナディール 妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~、クルクだよ~(・▽・)ノ

祠の前で野宿してて、起きたら夜明け前だったから、なんつったっけ?手がいっぱいあるヤツ、そいつを1匹倒したよ。
それで3匹目~。
朝になったし、イロハ起きてる~?

Klu49877.jpg

中に入ると、大っきいクリスタルがあったよ!
白くてキラキラしてるよ。

Klu49878.jpg

これ、セルテウスが新たに生み出したクリスタル。
てことは・・・ここは現代じゃないってこと?
未来・・・とも違う気がするんだけど。
エスカと同じく、未来と現代の時間が混じっている場所?
このクリスタルのおかげで虚ろなる闇は晴れて行くんだけど、だけど結局は闇に包まれた未来になっちゃうんだって。
各地にある母なるクリスタルから闇が噴き出して、クリスタルは砕け散ってしまうんだそう。
だけどここのクリスタルだけはクルクたちによって守られて、イロハの祈祷で周囲に結界を張り巡らせて堪え忍んだんだって。
結果、世界は醴泉島だけを残して滅んでしまったみたい。

Klu49879.jpg

何かを助けるということは、何かを犠牲にしないとならない。
その時のクルクは、そうイロハに言ったんだって。
それは、最後の希望を護るためには己の死さえもいとわないって意味だろうね。
イロハは、あの時の決断は間違っていたって言うの。
結果、仮面のクルクが生まれてしまったからって。
クルクも、間違った決断だって思う。
だって、絶望しかない世界に愛弟子をたった一人で残すなんて、そんなの師匠のすることじゃない。
誰もいない世界にたった一人取り残されて、だけどそのために命を賭した人たちのことを思えば勝手に死ぬことは赦されない。
そんなの拷問だよ。
イロハは、あの未来では自分は何の役にも立たなかったって言ったの。
師匠に多大な犠牲を強いてしまった、と。
そう言ってクルクに頭を下げて、許してくださいって。
違うよイロハ。
謝らなくちゃならないのは、何もかもイロハに押し付けてさっさと死んじゃったクルクの方だよ。
ごめんね、イロハ。
不甲斐なかったクルクを許してね。
クルクはまだイロハの師匠ではないけれど、今度こそは、最期までイロハと一緒にいるって約束するよ!

で、許さないのはアルタナだ!
時を遡れってイロハをそそのかしたのって、どうせアルタナなんでしょ!?
こんな辛い使命を負わせて、こんな辛い戦いを強いるなんて、クルクは絶対にアルタナを許さない。
お前の気にいる世界を作るために、クルクたちがいるわけじゃないぞ!!

イロハに、クルクはすでに無の使者に闇の力を注ぎ込まれちゃったよって言ったら、更に勾玉の光を集めなくちゃって。
うん、そうだね。
だけどさ、光が強ければ強い程影も出来るわけで、その影さえも消し去るような光は、自分自身も滅ぼしかねないって思わない?
次はアドゥリンに行ってみようって言うから、イロハとは現地集合かな?




いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪


FF11ランキング

関連記事
スポンサーサイト




【2019/09/11 12:00】 | ヴァナ・ディールの星唄
【タグ】 星唄  
トラックバック(0) |