2度目のヴァナディール 妄想屋クルクと仲間達。
やぴ~、クルクだよ~(・▽・)ノ

アドゥリンMを始めようかと思ってたんだけど、ちょっとクルクはお休みかなぁ~。
テオのレベル上げしたいんだよね☆


i_bal.gif
で、そのテオとかいうヤツとクルクは、どういう知り合いなんだ?

i_kluc.gif
双子~(・▽・)

i_bal.gif
は?
そいつってエルヴァーンだよな?
種族が違うよな?
クルク、頭平気か?

i_kluc.gif
みたいなもんって言おうとしたんだよぉ(`・ω・´ )

i_uzu.gif
あら、その人ってエルヴァーンなの?
カッコいい?
クルたん、紹介してよ。
会ってご挨拶したいわ~♪

i_kluc.gif
ダメ!!
絶対に揉め事に発展するからダメ。

i_bal.gif
三角関係のとばっちりはゴメンだぜ。

i_piyo.gif
不機嫌な梅兄なんて、いつも以上に辛辣なことを言われそうでイヤだよ。

i_kum.gif
梅兄さんのヤキモチとか、ちょっと見てみたいけどね。

i_kluc.gif
あ~、そっちじゃなくて、うずらとテオの白熱バトルになるんじゃないかって・・・それも面白そうだぬ。

i_uzu.gif
何ですって!?
そっちの人なわけ!?

i_kluc.gif
違うよ。
でもヴァーンに関しては、そっちでもいいくらい好きみたい。
特に、梅の顔が好きらしいよ。
それも、すっごくすっごく。

i_bal.gif
クルク、それ以上うずらさんを煽るな。
で? 結局どういう知り合いなんだよ?

i_oto.gif
オイラが説明しよう!

i_kluc.gif
あ! イカサマオヤジ!!

i_oto.gif
あれはもうどのくらい前のことか・・・。
クルクはズヴァール城で見つけた木箱に入っていたんだが、その箱の中にテオも一緒に入っとったんだ。

i_bal.gif
今度はズヴァ城の箱かよ( ̄ω ̄)
ハイハイ、で?

i_oto.gif
クルクはカバンに詰め込んで持ち歩けたんだが、テオはそうもいかず邪魔でな。
旅の途中でサンドに置いて来たのだ。

i_bal.gif
ひでぇ、捨てたのかよ。

i_oto.gif
今まで何をしてたか知らないけど、最近になって冒険者を始めたらしくてな。

i_uzu.gif
冒険者ってことは、いつ命を落とすかわからないってことね?
ぴよ、やっておしまい!

i_piyo.gif
俺に暗殺依頼なんかするなよ!

i_kluc.gif
あっちはあっちでやってるようだから、放っておくといいよ。
あ、でも、いらないアイテムがあったらクルクがまとめて送ってあげるから渡してね。

i_uzu.gif
じゃあ、魚の骨と、腐肉と、サボテンダーの針を千本ばかり・・・。

i_piyo.gif
相当な敵視だな。
どんな嫌がらせだよ。

i_kluc.gif
クルクねぇ、守りの指輪とウィングソードをあげたの(・▽・)

i_uzu.gif
ウィングソードですって!?
どうしてあげちゃうのよ!!

i_kluc.gif
なんで目くじら立ててるんだよぉ(´・ω・`)

i_bal.gif
梅さんが持ってるエフェメロンと、形がお揃いだからだろ。
って言うか、何で守りの指輪をあげちゃうんだよ!?
だったらオレにくれよな!

i_kluc.gif
お肉持って、自分で取りに行きなよ。

i_bal.gif
なんだとーッ!?

i_uzu.gif
クルたん、贔屓だわ!
バルちゃん、そいつに決闘申し込みなさいよ!

i_kluc.gif
うるさいなぁもう~(´・ω・`)
やっぱりキミタチには会わせないようにしようっと!


クルクには一家があるし、出来ることと出来ないことがあるわけで。
その点テオはフリーだから、全てにおいて自由だよね~。
あと、今までテオにはいっさい援助しなかったけど、必要なアイテムくらいなら融通してあげようかなって思ってさ。
競売見ても、流通が少なくて装備に困るんだよね。
でも、ギルはあ~げない☆
クリを売れば一財産稼げるくらいの量は持ってるからねw
それから、守りの指輪が同アカ宅配可能だって知ったの!
ナイトやるならいつか取りに行けるようにならなくちゃって思ってたから、クルクのを譲ってあげたんだ(・▽・)
クルクなら、お肉さえあればちょいと行って来れるからね。
昨日2戦したけど、アイツはケチんぼだったよ!(`・ω・´ )

地味ぃ~に、クルクとテオの関係ってどうなんだ? って考えてたんだけどw
ま、そういうことですww
おとうちゃんの言うことだから、どうせテキトーなんだろうけどね☆

Klu47732.jpg





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2018/04/04 23:55】 | * クルク一家
トラックバック(0) |