2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
i_uzu.gif
こんにちは、うずらよ。
呼びにくかったら 「姫」 でいいわ。

すっかり忘れていたけど、うちにもモグガーデンがあったのよね。
久しぶりに行ってみたら、マネキンのパーツが流れ着いていたわ。
そう言えば、金庫の中にもいくつか入っていたっけ。
前にクルたんが、パーツを集めてマネキンを作ってもらっていたから、あたしも作ってもらおうかしら。
確か、マウラにいる彫金師に依頼をしたとか、セルビナに行ってカタログをもらったとかって言っていたわよね。
マウラとセルビナねぇ・・・。
女の子の一人旅は危険よね。
っていうことで、護衛を連れて行くことにしたわ。


i_ume.gif
 断る。

i_uzu.gif
 何よ!
 あたしがモンスターや野盗に襲われてもいいって言うの!?

i_ume.gif
 クリスタルで移動すれば一瞬だ。
 土産は気にするな。
 気をつけて行って来たまえ。

i_mog.gif
 ご主人さまも、マネキンのパーツが揃っているクポ。
 ついでに、マネキンを作ってもらって来るといいクポ。

i_ume.gif
 おい、余計なことは言うな!

i_uzu.gif
 あら、だったらちょうどいいじゃない。
 一緒に行きましょうよ。

i_mog.gif
 さっさと行くクポ。
 ご主人さまが留守の間、モグはサンラーさんと仲良くお留守番しているクポよ。


ブツブツ文句を言う梅ちゃんを引っ立てて、あたしたちはクリスタルでマウラへ移動したわ。
最初にカタログをもらいにセルビナに行けばいいのにって思うけど、この手の依頼は手順てものがあるのよね。
まずは話を通してからじゃないと、断られちゃったり、相手にしてもらえなかったりするみたい。
マウラにいる彫金師のミスラを訪ねると、マネキンについてあれこれ教えてくれたわ。
あたしはそんな話どうだっていいんだけどね。
でもまぁ、機嫌を損ねちゃいけないから、礼儀正しく聞いていたわ。

それからセルビナにある織工ギルドに向かうんだけど、あたしは船で行きたかったの。
だって、船に乗ることなんて滅多にないんだもの。
でも梅ちゃんは、絶対にイヤだって言うの。
わかってるわよ、船酔いするからでしょ。
でも、前にサンちゃんと乗ったじゃない!
サンちゃんとは一緒に乗れて、あたしとは乗れないとは言わせないわよ!


i_ume.gif
 あの時は昏睡薬を―

i_uzu.gif
 何言ってるのよ。
 あ、ほら、もう時間よ!
 急がないと、船が出ちゃうわ!
 今乗らないと、次は夜中よ!

i_ume.gif
 だから昏睡薬を―

i_uzu.gif
 急いで、急いで!

i_ume.gif
 昏睡薬・・・


グズグズ言ってる梅ちゃんを引っ張って、あたしたちはセルビナ行の機船に乗った。
夕方で、ちょうど暮れて行く空がキレイだわ。

Klu4051.jpg


i_uzu.gif
 ねぇ、梅ちゃん見て、星の大樹よ!

i_ume.gif
 ・・・・・・。

i_uzu.gif
 ちょっ、ヤダ、どうしたのよ!?


梅ちゃんてば、真っ青な顔をして甲板の隅っこにうずくまってるの。
出航して何分よ?


i_uzu.gif
 下向かない方がいいわよ。
 遠くを見て、遠く。

i_ume.gif
 ・・・は・・・なし・・・かけ・・・・・・ぅ・・・


ウソでしょ。
こんなにヒドイなら、どうして言わないのよ。
まぁ、無視して無理矢理乗せたのはあたしだけど。
夜の船旅だなんてロマンチックだわ~、なんてもんじゃないわ。
セルビナに着くまで、あたしには退屈な、梅ちゃんにとっては拷問にも等しい6時間だったってわけ。

機船がセルビナに着くと、乗船カウンターの向こう側で、クマちゃんが手を振ってくれていた。
マウラで、あたしがぴよに連絡をしておいたの。
ほら、セルビナの宿屋 『羊飼いの溜まり場』 って、料理がとっても美味しいんでしょ?
だから予約しておいてもらおうと思ってね。
はぁ~、もう、お腹ペコペコよ。


i_kum.gif
 お疲れさま~。

i_uzu.gif
 クマちゃん、ありがとね。
 ぴよは?

i_piyo.gif
 いるよ。
 あれ? 梅兄は?

i_uzu.gif
 それがねぇ~。
 アンタ、ちょっと頼むわ。


動けない梅ちゃんを、何とか船から引きずり下ろすことは出来たけど、もうそれ以上はムリ。
桟橋の上で立つことすら出来ずにいる梅ちゃんを、あたしはぴよに任せることにしたわ。
そうしてクマちゃんに案内してもらった宿屋で、ヴァルゲールさんの自慢料理をお酒と一緒にたっぷりと堪能したの。
梅ちゃんはベッドから起き上がることも出来なくて、朝になっても血の気の失せた顔色で、朝食すら食べられなかったのよ。
美味しいお料理なのに、残念よねぇ。


i_piyo.gif
 織工ギルドは向かいの建物だよ。
 梅兄は大丈夫?

i_ume.gif
 ・・・・・・(コックリ)

i_kum.gif
 あんまり大丈夫そうでもないけど・・・。

i_uzu.gif
 平気よ平気、心配ないわ。
 クマちゃん、ぴよ、ありがとね~。
 さあ、カタログをもらいに行きましょう。


干物を買いに行くと言う二人と別れて、あたしは梅ちゃんを連れて織工ギルドに入って行った。
そしてマネキンについて知っているおばあさんからカタログをもらい、サンドリアの木工ギルドで作り方を聞けとアドバイスをされたわ。
作り方なら、もうマウラのミスラは知っているんじゃないの?
それとも、マネキン一体一体に何か違いがあるのかしら?
死んだ目をしてフラフラと揺れている梅ちゃんの腕を掴んで、あたしはレンタルチョコボ屋へと向かった。
そうよ、サンドリアにはチョコボで行くの。
梅ちゃんは、船酔いはしてもチョコボでは酔わないんだから、平気よね?


i_ume.gif
 頼む・・・クリスタルにしてくれ。

i_uzu.gif
 えぇ~、イヤよ。
 せっかくの旅行なのに、クリスタルじゃ一瞬でつまらないわ。
 そのうち気分もよくなるわよ。
 さ、行きましょ!

i_ume.gif
 ・・・悪魔め。


真っ白な砂丘は眩しくて、途中で何度かチョコボが砂に滑るのが楽しかったわ。
ラテーヌはちょっと風が強かったけど、白いフワフワしたタネが谷から舞い上がって来てキレイだった。
ホラの岩近くを通った時、雨上がりには虹が見れることがあるって、梅ちゃんが教えてくれたの。
今回は見れなかったけど、いつか見てみたいわ。
それからね、ちょっと横道に逸れて、池のほとりを通ったのよ。
モンスターさえいなければ、ピクニックに来たいわね。


i_ume.gif
 オルデール鍾乳洞には行ったことがあるか?

i_uzu.gif
 まだないわ。

i_ume.gif
 ならば今度、連れて行って置き去りにしてやろう。

i_uzu.gif
 それってどういうこと!?


ロンフォールは霧が出ていて視界が悪かったけど、梅ちゃんはだいぶ回復していたみたい。
急にチョコボから降りるからどうしたのかと思ったら、すぐそこがサンドリアのゲートだったの。
元々馴染みのある土地だものね。
それから、あたしはチョコボスーツに着替えた梅ちゃんと、北サンドにある木工ギルドへ行ったわ。

ギルドマスターのシュピルドーさんとは、たまに前を通ると挨拶をするの。
マネキンのことを聞いたら、歴史も詳しく教えてくれたわ。
それで、マネキンの関節部分の繋ぎ方が描かれた絵図をくれたの。
これを彫金師に見せればわかるだろうって。
あたしもさすがに疲れちゃったから、マウラへはクリスタルで行ったの。
彫金師のミスラに絵図とマネキンのパーツを渡したら、さっそく制作に取り掛かるって言ってくれたわ。
でもね、「オニーサンはいいの?」 って梅ちゃんに聞いたのよ。

Klu4054.jpg


i_ume.gif
 なんだと・・・。


つまり、マネキン一体に対して、絵図は一つ必要ってことらしいのよ。
絵図をもらうにはカタログをもらわなくちゃならなくて、セルビナでフラフラしていた梅ちゃんはカタログをもらっていないから、またもらいに行かなくちゃならないってことなのね!?


i_ume.gif
 俺は行かないぞ。
 絶対に行かないからな。
 マネキンなんていらん!


マウラからセルビナへ、何だか変なトラウマになっちゃったみたい。
マネキンが出来るまで少し時間がかかるって言うし、チリちゃんに干物のお土産も買いたいわ。


i_uzu.gif
 クリスタルで行けばいいじゃない。
 一瞬よ、一瞬。
 付いて行ってあげるから、ね!?


あたしは嫌がる梅ちゃんを引っ張って、クリスタルでセルビナに向かったのでした。


出来上がったマネキンはコレよ!

Klu4052.jpg


i_ume.gif
 どっちが本物だ?

i_uzu.gif
 ・・・刺されたいの?


梅ちゃんのマネキンは、黒チョコボになってるみたい。

Klu4053.jpg





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2017/06/12 23:59】 | * クルク一家
トラックバック(0) |