2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やぅ、クルクです(・▽・)ノ

今日は久々に、ウィンダスをブラブラ散歩していました。
もうずっと、モグハから出たらすぐ側のクリスタルから移動しちゃってるから、長いこと通ってない道とかあるよね。
顔を合わせないNPCの人とかもいるよね。
クルクは2度目だから、前にやったけど今回やってないクエとかあるのね。
帽子屋の宣伝とか、やってないんじゃないかな?

メニューにはオファーとコンプのリストはあるけど、やってないクエのリストってないよね。
ふと、あればいいのにって思ったけど、いやいやいや、いらないね!
知りたきゃ中の人がネットで調べたらいい事だし。

Klu3943.jpg

帽子屋の宣伝、やってあったようですw
その次の 「貴婦人の所望」 はまだやってなかったよ。
大鳥の羽根はカバンに入ってたから、ついでにやっといた~(・▽・)

前世でサンドのチラシ配りをやった時は、港にいるNPC全員に話しかけたもんなぁ~。
初めは誰ももらってくれなくて、途中でチラシを捨てちゃったんだよねw
で、余裕が出来た時にもう一度やろうとしたら、捨てた分の紙代を請求されてビックリした(^_^;)
同時に、その時になって捨てちゃったことに罪悪感感じたし、捨てたってバレてたことが恥ずかしく思ったり。
普通にリアルで考えたら、そりゃそうだよね。
仕事を途中で放棄したくせに、もう一度やってあげようなんて、よくも図々しく顔を出せるなって。
そういう、ちょっとシビアなとこが好きだな。

Klu3944.jpg

カウンターの右側に、FFの本が置いてあるよねw

14をやって思ったんだけど、11ってやりやすいし面白いよね!
11って、3国の街中にいきなりほっぽり出されて、その国の抱えてる問題とかをなんとな~く薄っすら感じさせられて、んで、チュートリアル的な事って冒険者優待券を渡して50ギルもらう程度だったよね?
昔はエミネンスもなかったし。
右も左もわからない世界で、とりあえず近くにいる緑ネームの人に話しかけてみたら、初対面なのに気さくに話をしてくれて、ついでに用事を言いつけられて、他にすることないからお使いしてるうちに、いつの間にかヴァナの世界に馴染んでいた気がするの。
モグハに行けばモグが 「ご主人さまクポ~」 とか言って、世話してくれるじゃん?
寝る場所って、生きていくのに必要だよね。
だからってわけじゃないけど、11ってヴァナで生きてるなぁ~って感じがとってもするんだよね。

今の11が、グラフィックとか解像度(?)だけ14並にキレイになった(キャラの外見のカスタマイズとかも出来る)新生ヴァナディールになったら、どんだけ11は最強だろうなぁ。
でもまぁ、今の11だって景色キレイだけどね。

あ、そういえば14、お試しプレイが14日間から無期限になったらしいよ~。
11の良さを再確認できるし、14のグラフィックのキレイさも堪能できるので、気になったら遊んでみるのもいいかもね。
そう、14では遊んで、11では生きる。
クルクにはそんな感じ(・▽・)ノ







いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2017/03/29 23:59】 | ひとりごと
トラックバック(0) |


みやぴん
クルクたん、こんばんわ(。・ω・)ノ゙

魔法屋のチラシ、捨てると紙代請求されるんだ!?
真面目にバイトやりきってたから知りませんでしたw いいですねーそういうの。自分の行動によって相手の反応が変わるクエって、その人とリアルに相対してる感じがあって大好きです。

11は生きる、わかります!
訳も分からず歩き始めた世界で、コツコツと数年かけて国の仕事を頑張ってるうちに緑ネームの人たちの反応が変わってきて、「すごいなあ、初めてあった頃はどこにでもいる冒険者だったのに、こんな重要な仕事を任される人になっちゃったなんて。」と初めてガードに言ってもらえた時の興奮、今も覚えてます。自分が生きてた時間ぶん、世界に受け入れられる感覚がヴァナにはちゃんとあるんですよねー(妄想の賜物?)。


ところで前回レスの「パパの人がさらわれなかった院長服オソロの未来」が素敵に刺激的すぎて毎日が楽しいですwwww アプルルたんの院長就任はおにいちゃんより数年遅れのはずだから、親子揃った時代が必ずあるはず!! でもいろんなスペックが高すぎて妄想脳がショート!!確かに言葉が追いつきません(*´ε` *)


みやぴん
あああ、盛り上がりすぎて(脳内が)書こうと思ってたこと忘れてた!

今って、そのエリアでやってないクエを教えてくれるNPCがいるんですよね〜知ってました?
その辺のカーディアンに話しかけたら「仕事を探してる」みたいな選択肢が出てびっくりした記憶が。

まあ教えてもらわなくてもググればわかる便利な世の中ですが('▽')

Re: みやぴんさん
クルク
お師匠、こばわんわ~(・▽・)ノ

おとうちゃんの称号は「腐ったバナナ」です★
アンジェリカからの依頼、後でねってつもりで断ったらww

ガードの態度は、ホント顕著ですよね。
初めはヤな感じ~なのに(特にサンドリア)
相手の反応が変わって行くって、うちらにしてみたら、ミッションでの院長が最たるものですよね!
いつの頃からか名前で呼んでくれるようになったり、「ただの冒険者じゃない」とまで行ってくれるようになったり(*´▽`*)
なのに、一生のお願いを聞いてあげたアプルルちゃんは、結局「冒険者さん」とか言って名前を覚えてくれてないし。
彼女はカーディアンにしか興味がないのですね!

もしもパパがさらわれていなかったら・・・。
アプルルちゃんに院長職を譲るタイミングって、何だったんでしょうね。
・・・と考えて、シャントット博士が現役を退いだ理由も知りたくなりました!
引退した方が、好き勝手に自由が利くからかな?
元老院主席なのは変わらないから、発言力はあるはずだし。
とか考えていたら、シャントット博士はパパの奥さんのことを知ってるのかな?って妄想に耽ってぼんやりしてしまいましたww

あぁもう・・・!
クルクとお師匠でタッグを組んで、院長家族について根掘り葉掘り調べまくりたいですね!

それから、やってないクエを教えてくれるNPCがいるですと!?( ̄□ ̄)
知りませんでしたーっ!!
カーディアン、話しかけないもんなぁ・・・。
なんてこった!!



みやぴん
レスにレスで失礼しますっ('▽')ノ

アプルルたんの最後のあいさつ、いろんなとこで「名前も覚えてくれてないのかッ」て突っ込まれてるたびに気になってたのですが、あれ、実は水の区OPと対になってるんだと思うんですよ。
初めて入国した冒険者になりたての自分を、いつになく暇そーな院長とアプルルたんが色々案内してくれて、最後二人で去っていく時のセリフが「じゃあね、冒険者さん!」だった記憶があって。アプルルたんもその時のことを覚えててくれての『演出』と考えるとニクいな〜と思うのです(´∇` )
まあ「カーディアンにしか興味がない」でも至極納得しますけどねw

ミッション進行につれた院長の変化はそうですよねもうね(以下長文のため自粛)

シャントット様から「お母さん」のこと語ってもらう妄想、考えちゃいますよね〜。いろんな意味で奥深そう!!あああもう本当に!調査隊結成したいですね一緒に!!根掘り葉掘りかぎまわりたい!!!うるさくてまとめて古代あたりで吹っ飛ばされるかもしれないけどむしろそれも歓迎で!!!

とか深夜に何を語ってるんだ毎度失礼しました!
そして、おとうちゃんの称号・・・さすがですw

Re: みやぴんさん
クルク
お師匠、こんにちは~(・▽・)ノ
レスにレス、大歓迎レス★(寒っ)

アプルルちゃんっ!!!
そう、確かに言われました!
クルクの前世、つまり本当に一番最初、ヴァナに降り立ったクルクが初めて会ったのがアジド院長だったのです!
そのあとアプルルちゃん来て、去り際に「じゃあね、冒険者さん」って言ってました!!
(その時のクルクの感想が「変な兄妹」だったのはモグ金庫にしまっておきましょう)

アジド院長に絡まれて(笑)いた、まだ冒険者にもなっていなかったコに、アプルルちゃんは「冒険者さん」って応援するみたいに言ってくれたんですよね。
そしてミッションの終わりに、あえて「冒険者さん」って、あの時会ったこと忘れてないよ、頑張ったねって、そう言ってくれてるってことなんですね!!!
すごいです!
お師匠すごいですッ!!!ヽ(≧▽≦)ノ
そして、アプルルちゃんゴメン!(>人<)

いやぁ~、トリハダ立っちゃったw
あのセリフを言わせた人はすごいですね〜。
って、アプルルちゃんですよね!!

シャントット博士って、アプルルちゃんのこと可愛がってるぽくないですか?
兄妹のお母さんについては、クエで「怒ると怖い」ってくらいしか情報がないけど。
学生時代に博士と仲の良かった女の子(そんなコいるのか?)とか、可愛がっていた後輩とか・・・。
妹だったら妄想は広がりますが、設定としては安っぽすぎますよね~。

アジド院長がシャントット博士に弟子入りしたのは、博士がすごい魔法使いだってのを聞いたアジド君が、カラハバルハみたいに強くなってクソ親父を見返してやろうと、「オバさん、オレをデシにしろ!」くらいの勢いだったんじゃないかと妄想しております。
もちろんその直後、何かしら魔法の直撃を受けるという洗礼があったと思いますがw

あああ~本当に、調べて回ってうるさがられて古代で吹っ飛ばされてニヤニヤしたいですね!(≧w≦)
ヨランオラン博士なら何か知っていそうだし、教えてくれそうな気もするんだけどなぁ。
・・・そういえばヨランオラン博士って、20年前はどこにいたんでしょう?


コメントを閉じる▲