2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
やっぴ~、クルクです(・▽・)ノ

知らないうちに、「錬武祭」 っていうのが始まっていましたw
ちょっと地味?

えーっと、ゲート前にいる、いつものイベントモグに話しかけると、燻竹刀がもらえます。
それを装備して、フィールドにいるモグに話しかけると、刀に破魔の術をかけてくれます。
そうするとレベルが1に制限されてしまうんだけど、移動速度は速くなります★
で、鎧姿でうろついている敵を見つけて、攻撃開始です。
燻竹刀のエンチャントを使うと、敵の特殊技を無効化することが出来ます。
その回数は、多い方がいいみたいです。
で、敵を倒したら、その場所に燻竹刀をトレードすれば、無効化した回数に応じて、モグが何かアイテムくれるそうです。

Klu1440.jpg

で、クルクがやってみて思ったのは、ジョブはケアルが使える白がいいです。
黒チョコボの帽子があったら、それを被っておけば、オートリジェネとオートリフレでずいぶん助かります。
もちろん、フェイスは呼び出せません。

敵からの攻撃はダメージ1~3程度なんだけど、特殊技がヤバいので、構えたらエンチャントで対応です。
「断魂環」 だったら、ログが出たと同時にエンチャントを使用しないと間に合いません。
「黄泉門」 の場合は、ログが出てから5~6秒後にエンチャントの使用をしないと、早く切れちゃいます。
もしミスしても、すぐにケアルで対応すれば間に合います★
この特殊技は、攻撃が8回当たった次に来るので、ケアルとかする場合は数えてるといいかもね。

Klu1443.jpg

こっちからのダメージは0で、追加の1ダメージでチビチビと削って行く感じ。
TPがたまってWSをぶっ放しても、ダメージは0だし追加ダメージがないので、使うだけ時間の無駄です。
気が遠くなるような作業なんだけど、邪魔が入らなければ、時間はとってもかかるけど倒せますよヽ(*´▽`*)ノ

Klu1441.jpg

でね、このフォルモみたいな鎧武者は、各種族がいるみたいなんだけど、クルクはまだタルタルに出会ったことがありません。
それから、Omodaka Armor っていう奴は注意ですよ!!
こいつは他の鎧と戦ってると、知らない間に後ろから忍び寄って、1撃で倒されちゃいます( ̄_ ̄)
他の奴らは、すれ違っても平気なのに、こいつは見つかると追って来て1撃です。
ss撮って初めてわかったんだけど、ミスラでした。

Klu1444.jpg

ただ、この鎧ミスラの徘徊ルートじゃないところに誘い込んで戦ってると、邪魔されずに戦えますよ♪
敵のHPが半分を切っても邪魔されなければ、多分大丈夫。
このミスラのせいで、ゲート前のクリスタルに、何度戻されたことか・・・( ̄_ ̄)
あ、そうそう。
ミスラに邪魔されて強制帰還を前提に、ゲート前のクリスタルにHPを移しておいた方が便利ですヨン★

で、すっごい長い時間をかけて、や~っと倒したら、のんびりssとか撮ってないで、素早く燻竹刀を装備から外してトレードしましょう。
クルクは1番初めに倒した時、ss撮っててトレードポイントが消えてしまったのです(´・ω・`)

Klu1442.jpg

この後、装備したままトレードしようとしちゃって、いかんいかんって装備から外して、はいトレードってやろうとしたら、ポイントが消えちゃっていたのです(´・ω・`)

ガッカリもいいとこだ!
で、気を取り直して、やり直し~( ̄д ̄)ふぅ~・・・。

クルクは 「尚武鳳凰兜」 と、「尚武龍神兜」 と、「連邦厩舎スカーフ」 をもらいましたヽ(*´▽`*)ノ
スカーフじゃなくって、「尚武龍神太刀飾」 が欲しかったなぅ~。
ちなみに、トレードしてもなくなったりはしないので、そのまま続けて戦えますヨン♪

それじゃ、もらった兜のお披露目~(・▽・)
今回は男の子のお祭りだから、バルにお願いしちゃいました。

Klu1445.jpg

なぜチョコボかっていうと、兜に似合う装備がなかったのwww
で、鳳凰とチョコボで、トリ繋がり★(>▽・)b

Klu1446.jpg


クルクは5/10まで出来るから、またチャレンジしてみようっと♪






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事
スポンサーサイト

【2015/04/30 23:59】 | イベント
トラックバック(0) |

怖い
らぶりぃ
クルちゃん、こんばんワオーン(*´ω`)ノ

練武祭ってひっそりと始まってましたよね~!
私もモグガーデンで「兜の置物」を見るまで、
まったく気づいてませんでした(笑)

私もらぶりぃでチマチマチマチマとテキ武者にダメを与えて、
テキの特殊技を回避してましたけれど時間がかかるっ!
頑張って削って残りも少しになったかな~ってタイミングになると、
狙ったかのようにネコ武者がやってきて一撃ってΣ( ̄△ ̄ノ)ノ

あのネコ武者が今回のイベントのお頭「黒鯱のミゥ」ですね!
他のコと違って襲って来るしコレがいなきゃ楽なのに~

唯一助かるのは同アカ宅配可能なトコロですね(笑)
らぶりぃではゲットしたので今夜はタルらぶりぃでも挑戦しよっと♪


Re:怖い
クルク
らぶたん、こばわぉわぉん(・▽・)ノ

そういえば昔、こいのぼりがサルタを泳いでいませんでしたっけ?
何かの記憶違いかな?(・△・)

鎧武者って、普通の状態では戦えないのかなぁ。
戦えたら、ネコ武者に仕返ししたいですwww

ホンットに、え?って感じに倒してくれちゃいますよね( ̄_ ̄;)

今夜はタルらぶたんがサルタに出没ですか!?
そぉ~っと背後から近付いて・・・(*´m`*)うふふ


コメントを閉じる▲
はい、クルクです(・▽・)ノ

アルタナミッション 「禁断の口」 の後編でっす★

ケッヘが召喚したアトモスに、吸い込まれちゃったポーシャ。
吸引はまだ続いてて、みんな何とか持ちこたえてるんだけど、いつまでもこのままじゃ、いずれみんな吸い込まれちゃう。

Klu1415.jpg

クルクは地面に捕まって、手を放したらそのままバイバイ状態です。
しかも、片手で!
これも、モンクで頑張って来たからそれだけの握力が・・・あ、関係ない?
っていうか、地面のどこに捕まるところがあるのかな?(^_^;)

パニックになっているケットシーたちは、シャハクの 「アルタナさまの言葉を思い出すんだ!」 という一言で、例の詩を歌い始めます。

Klu1412.jpg

 禍つ星のあることろ
 暁の神兵さんが降り立ちて
 女神の授けし翼もて
 常闇照らす
 光とならん


それでも、アトモスは止まりません。
何も起こらないじゃないかって、バカにして笑ってるケッヘだけど・・・。
なんか、クルクとリリゼットの回りに光が集まり出したよ。
そして、次の瞬間・・・!

Klu1413.jpg

クルク、逆さまになってこんな恰好してますが・・・。
クルクとリリゼットは、二人で一対の女神の翼です。
そうと確信したヌーイが、「このコたちが、未来を……勝ち取ってくれるはずよン……!」 って、他のケットシーたちに覚悟を促したの。

Klu1414.jpg

ちょっと待って待って!
何の覚悟をしているの!?
早まったことしないでね!
ヤメテヨ!

初めに手を放したトゥリは、 「キミたち、おねがい、ネ?」 って言って、アトモスに飲まれてしまいました。
次に手を放したシャハクには 「なんだか、チョットたよりないけど……」 って言われちゃった。
コーキは 「しっかりやれヨ!」 って励ましてくれました。
アーンが 「これもまたアルタナさまのゴイシか……」 と言い、みんなアトモスに吸い込まれちゃった(;д;)
ヌーイが 「アータたち、短い間だったけど……楽しかったわよン!」 って・・・アトモスに向かって走って・・・(>д<)

やだやだ!
だって、この後どうしたらいいのか、ヌーイがいなくちゃわからないよ!

ケットシーたちがアトモスに吸い込まれちゃったら、吸引が止まりました。
で・・・なんかアトモスが苦しがってるみたいな?
ノドにつっかかっちゃった?
それとも、消化不良?

Klu1416.jpg

吐き出していいよ!
ペッて、ポーシャごとケットシー達を吐き出しちゃ・・・っ・・・て・・・?
な、なんか、でっかい手が、アトモスの口から出て来たんですけどーっ!?( ̄□ ̄;)
続いて、頭が・・・え?ケットシー?

Klu1417.jpg

うっそぉ~ん!(゚□゚)
そのまま上を見上げると・・・!!

Klu1418.jpg

ちょ・・・やだ、不気味www
8頭身のケットシーなんて、8頭身のタルタルくらいバランス悪いってば!
でもリリゼットは、期待でお目目がキラキラ状態です。
まぁ~ね~、こんだけデカけりゃ、アトモスくらい潰してくれるかもしれないけ・・・ど・・・?
あれ?
見上げていた視線が徐々に下がって行くと共に、リリゼットの表情から期待が消えて行きますw

Klu1419.jpg

何がどうなってるのかって言うと、つまり・・・。

Klu1420.jpg

戻ったんじゃなくて、合体したニューケットシーだそうですw
どこが違うのかって言うと、オヒゲが長くなって、シッポもちょびっと伸びたそうです。
わかんないよっ!(^▽^;)

裏切り者といっても、ケッヘもアルタナさまの涙だから、その力は強大だそうです。
そこで、合体したケットシーが結界を作ってそこに追い込むから、クルク達でケッヘを止めろって言われました。

でもさ、ケッヘは10分の1のケットシーなんでしょ?
三人消されちゃって、一人は行方不明。
残り10分の5のケットシーがいるんだから、自分たちで尻拭いしたらいいと思うんだけどね?

リリゼットは暴れる気満々です★
で、その結界に入るのに必要な、蝕甚蟲っていうのを渡されました。
また蟲だよ!

さぁ、その蟲を使って結界に入りました!
遠くにケッヘがいて、クルクの左側にリリゼットが待機しています。
じゃ、フェイスにもお手伝いしてもらおっかね♪
ん~と、アジド院長と、マヤコフお師匠と、カラハバルハでいいかな。

戦闘開始すると、リリゼットがケッヘに向かって走って行きます。
この戦い、リリゼットが倒れると敗北になっちゃうのです。
ケッヘの方は、たまにアトモスを召喚したりしてました。
なんかいろいろやってたみたいだけど、クルク達の勝利です♪

実はこの時、カップを倒してしまってアワアワしてたのww
で、何の被害もなく片付け終わったら、ちょうどケッヘに勝ったとこだった、みたいな(^_^;)
やり直せるなら、もう一度はじめから戦い直したいんだけどね、無理でしたwww

以上、アルタナミッション 「禁断の口」 でした。
・・・なんじゃそりゃ!( ̄□ ̄)






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/29 23:59】 | アルタナの神兵
トラックバック(0) |

注意ですね
らぶりぃ
クルちゃん、おっはよぉん(*´ω`)ノ

ケットシーはまだ吸い込まれて無かったのね~って思ったら、
何だか覚悟を決めて1匹ずつ吸い込まれて行く…
ちょっとおバカな感じのケットシーだけど、
こんな風に応援されながら吸い込まれるトコロを見ると、
またヘンなフラグが…って悲しくなりますよね(ノ□≦ )

そしてクルちゃんとリリゼット、2人合わせて女神の翼~♪
なんだかスッゴクカッコイイo(≧ω≦)o

この後はどうするんだろ~って思ったらアトモスが苦しいって( ̄ー ̄;
確かにこの時期は食中毒なんかも多いし、
ケットシーの賞味期限が切れてたのかしら?
あとでお薬を出しておきますね(*・ω・)_旦

で、最初に悲しい別れをしたはずのケットシーがでっかい姿で戻って、
縮んでヒゲが長くてシッポもちょっと伸びてそこにいると…
最初の感動を返してよね(ノ▼ω▼)ノ彡┻━┻

結界に入るために蟲を使っていざ戦闘開始!
クルちゃんも倒したカップと戦闘中だったのですね(* ̄m ̄)ぷぷっ
大きな被害が無くて良かったです♪

そして戦闘、お疲れ様でした(*⌒ω⌒)ノ


そだ!
らぶりぃ
クルちゃん、2度目のおはようなのです(*´ω`)ノ

記事とは関係ない話なんですけれども、
サブリガさんが色んなサーバで遊んで楽しんでるのを見て、
私もバハムートサーバに作ってみました♪
同じ名前は使えなかったので「Lovry」として、
1stで使ってたタルタル緑髪の女の子ですよん(*⌒ω⌒)ノ

メインはOdinなのでいつも居る~と言う事はありませんけれど、
いつかクルちゃんやライカちゃんと直接お話し出来る日を
楽しみにしていますね(*⌒▽⌒)b

PS.
違うサーバだと同じヴァナでも雰囲気が違って楽しいデス(笑)


Re:注意ですね
クルク
らぶたん、こにゃこっこ(・▽・)ノ

どうしよう~って時に、そんな詩を歌ったってどうにもならんでしょ!って思ってたら、突然翼が開いて、おぉぉっ!(*゜▽゜*)ってカンドーでした♪

そのあと、ケットシーたちが次々とアトモスに吸い込まれて、そんなぁ~(;д;)って泣きそうになったのに・・・。

巨大ロボじゃあるまいし( ̄_ ̄;)

とか思ってたら、シュ~って縮んじゃって、意味わかりません(⊃д⊂)

おまけに、ケッヘとの戦いは、知らないうちに終わっちゃってるし(´・ω・`)
ログをみたけど、「誰にあたるかな~」とか言ってて、何やってたんでしょうね!?

らぶたんも、水ものは倒さないように気を付けてね(>д<)ノ


Re:そだ!
クルク
らぶたん、2度目のこんにゃちわっ(・▽・)ノ

わぁ~♪
バハ鯖にキャラ作ったのですねヽ(*´▽`*)ノ
チーちゃんフェイスのらぶたんなのですね★

鯖って、それぞれ雰囲気が違うものなんですね~。
クルクはこれ以上キャラ作ると手が回らなくなるから、うずらあたりを遊びに行かせてみちゃおかな~(*´▽`*)

サブリガさんのお友達が主催されるイベントの時にでも、会えたらいいですね♪(≧▽≦)


コメントを閉じる▲
にゃにゃっぴ~、クルクです(・▽・)ノ

Klu1403.jpg

ねずみ花火でドッカンドッカン穴を開けて進み、最後には発火薬に導線を繋いで爆発させて・・・。
地下が崩れないか心配です(´・ω・`)
でも、案外とヴァナは丈夫なようで、落盤事故もなく、リリゼットとポーシャを見つけることが出来ました★

Klu1404.jpg

じゃ、戻ろう!って思ったら、そうは問屋が卸さないよね~(>_<)
見張ってたのか、ケッヘが姿を見せました。
2人にはこれから役目があるってリリスが言ってたから、返すわけにはいかないってさ。
そしたらヌーイが、まだそんなことを言ってるのかって、怒ってケッヘにネコパンチ★

ヌーイが 「アタクシたちを……アルタナさまを、裏切るっていうのねッ!」 と言えば、
ケッヘは 「どっちかってーと、ヨケイなことしてんのは、オマエらじゃネーカ!」 と言い返します。
うん、これはちょっと、クルクもそう思ったりしないこともないんだけどさ・・・(^_^;)

で、ケンカは、品性が卑しいからお菓子を独り占めするとか、早い者勝ちだとか、そんな内容に・・・w

Klu1405.jpg

というか、まぁ、好きなだけやってなさいよw
その間にクルク達は、失礼させてもらうから★

・・・と、そうもいかず、ヌーイがみんなを呼び集めました。
え、みんな集めて大丈夫?
ココでまとめて始末されちゃったりしない?

Klu1406.jpg

むん、大丈夫みたいね。
ケットシー緊急会議ですww

ケッヘのせいでダァーもオフクもシアもやられたんだって言うと、ケッヘはそれはトロイからだって言うのヽ(`д´)ノ
ケットシーっていうのはもともと 「個にして全」 の存在だから、意見の相違は認められないんだって~。
だからこうなった以上は、強行手段に出るみたい。
な、何するの?

「ニーさんがみつかってナイのがちょっときがかりだけドね」・・・って、もう一人いたのね。
どこにいるんでしょう?
案外と、残りの1匹が…あ、1人が、最後のどんでん返しに役立ってくれるとか?

と、ごちゃごちゃ会議をしていると、リリゼットの短気が爆発です。
細かいことはどーでもいいって、いや、それはそうだけど、細かいことにこそ、何かヒントがあったりするものよ?
リリゼットってば鼻息荒く、「さっきの女のとこに連れていきなさい。ぎったんぎったんにお返ししてやるわっ!」 だって。
え、逃げるんじゃないの?
しかも 「クルクさえいれば、こっちのもんなんだから!」 って、思いっきり他力本願www
でもまぁ、信頼してくれてるのは嬉しいんだけどね(*´-`*)

そしたらさ、ポーシャも 「わたしも、彼女にもう一度、会いたいわ」 だって!
ポーシャは会わなくていいよ!
会ってどうするのさ!?(-"-)

するとケッヘが、なーんにも知らないなんて、おめでたいってバカにするの。
なんなのよぉ!

「未来」 は、何が決めると思ってンの? ってケッヘが聞いてきたけど、そんなの決まってるじゃん!!

Klu1407.jpg

よし、リリゼット、よく言った!
でもケッヘは、違うって言います。
空に浮かんでる、「アレ」 なんだって。

アレって・・・月? 太陽?
あ、星かな?(・▽・)

全部不正解。
答えは 「アトモス」 だって。
はぁ~?( ̄д ̄)

Klu1408.jpg

「時間」 を司り、 「記憶」 を食いつくし、「未来」 を淘汰する時限装置。
それがアトモスなんだって。

喰われるべきは、どちらなのか!
要らぬ 「未来」 、どちらなのか!!

ケッヘがアトモスを呼ぶと、地面に歪が出来て、そこから・・・なんか出て来たよー(>д<)
これがアトモス・・・!

Klu1409.jpg

リリゼットも、もちろんコレが 「禁断の口」 だって知っています。

で、アトモスが吸い込み始めましたよ( ̄□ ̄;)
ここで吸い込まれたら、それってゴミ箱行きってこと?
っていうか、ポーシャがぁぁぁ!!!

Klu1411.jpg

うっそぉ~ん( ̄□ ̄;)
そりゃマズイってば!
ココにいる人たちで、誰が一番歴史に必要かって言ったら、それはポーシャじゃない!
ケッヘも 「やっちまった」 って・・・。
やっちまった、じゃなーいヽ(`д´)ノ
他のケットシーたちも慌てだしてるけど、アトモスの吸引はまだ続いてます。
みんな、岩にしがみついたり踏ん張ったりして耐えてるけど、気を抜いたら一貫の終わりっぽいよ!

アトモスを止める方法は!?
誰か助けに来てくれるの?
ポーシャはどうなっちゃうの!?

もうちょっと長くなりそうなので、続きはまた明日・・・。





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/28 23:59】 | アルタナの神兵
トラックバック(0) |

ぬこぬこ超会議!?
らぶりぃ
クルちゃん、おはにゃんこ(*´ω`)ノ

ねずみ花火で崩した先にポーシャもリリゼットもいたのね♪
無事だったみたいで何よりなのだヾ(⌒ω⌒)ノ
今のうちにここからおさらば~なんてことは、
やっぱりムリみたいですね( ̄ー ̄;

ネコのケンカ…これの勝敗で未来が変わるカモと思ったら、
カラダのチカラが抜けて行きそう(笑)
余計なことをしてる自覚はどっちにもあるんですね(* ̄m ̄)ぷっ

未来は自分たちで切り開くモノだと思ってたのに、
まさか空に浮いてるアレが決めるとは…
というかアレって「装置」だったのですか( ̄□ ̄;)
そして便器が出て来てポーシャが吸い込まれちゃった。

ここは過去世界だから未来に行ってらっしゃい(*´ω`)ノ

え、違うの!?
じゃあもっと過去の世界で恐竜がいた頃だとか( ̄ー ̄?
どっちの未来に向かうにしてもポーシャの存在は、
重要なパーツのひとつですものね!

吸い込み続ける便器を止める方法は…
流れないように「詰まれ」ばいいわけだから、
いっそケットシーたちを全部蹴り倒して流しちゃえば詰まる…かも?
ホラ、便器に許容量を超えて流すと…ねぇ(/ω\*)


Re:ぬこぬこ超会議!?
クルク
らぶたん、こんにゃちわっふん(・▽・)ノ

無事に二人を見つけたと思ったのに、すんなり返してはもらえませんでした(´・ω・`)

ケットシーってアルタナの力を使えるみたいで、だからアトモスも召喚できたみたいです。
ケッヘはクルクたちを喰わせようとしたみたいだけど、肝心なポーシャを喰わせちゃって・・・。

便器には吸い込まれたくないですねw
移動の度に、臭いがつきそう( ̄_ ̄;)

アレって、あの不思議な空間にあるときは空に浮いてるけど、現代でも過去でも、地上にありますよね~?
いっそ、アレを壊しちゃえばいいと思うんだけど・・・w

アトモスの吸引を止めるには・・・らぶたん、ナイスです(・▽<)b
便器が詰まって逆流しちゃうと、後始末が悲惨すぎますがww

次回は、感動を返せ!ですw



kingshuffle
こんにちは サブリガです

ケットシーのうち 行方不明1 を除く残り全員が一同にかいする 猫好きな自分としては嬉しい展開ですね

しかしクルクさんのコメントの 次回は 感動を返せ! が気になります 次回何がおこるというのか………… 汗

ジュノの地下 という事で モブリンメイズモンガー の迷宮と似たような場所ですね たぶんモブリンがこの場所を勝手に改良してモブリンメイズモンガーで使用してる という事で たぶん同じ場所でしょうけど

モブリンメイズモンガーはIL装備となった今ならソロでも楽にクリア出来ますし 見た目がオリジナルな装備(アイパッチは他にもありますが たしかヘルメットやスコップもあったはず)も貰えますし お時間ある時にどもよければどうぞ 色々と奥が深くて面白いですよ

サブリガでした



Re:サブリガさん
クルク
サブリガさん、こばわんわ(・▽・)ノ

たしか、「白い涙、黒い泪」だったかな?
その時に9匹のケットシーが集まって会議してましたよね★
数が減っちゃったけど、ケットシーがたくさん集まってる絵は、ちょっとシュールだけど癒されちゃいますよね♪

感動を返せ、は・・・出そうになった涙が引っ込んじゃったのさww

モブリンメイズモンガー、調べてみたけどよくわからなかったから、今度ジュノで社長に話しかけてみますね★
実際にやってみるのが一番ですよね~♪(*´▽`*)
そういえばけっこう前に、らぶたんが記事にしてたような・・・。

アイパッチ、ヘルメット、スコップって、フェローの装備にありましたね!
気になります(・▽・)


コメントを閉じる▲
クルクです(・▽・)ノ

Klu1397.jpg

クルクとヌーイは、リリゼットとポーシャを助けるために、地下へやって来ました。

Klu1398.jpg

でもね、岩壁で先に進めない場所がいくつもあるの。

ヌーイが、ねずみ花火を見つけたんだって。
それでどうにかならないかって言うんだけど・・・ねずみ花火なんかで、どうこう出来るなら、クルクの拳で何とかできるでしょう。

・・・・・・えっ!?

Klu1399.jpg

うぇぇえ!?
なんつー威力( ̄□ ̄;)
こんな危険なねずみ花火、いったいどこで売ってたの!?

ヌーイは、拾ったんだって。
で、もしかしたら、ここにいるモンスターが落としたのかもって言ってる。
じゃ、足りなくなったら、モンスター倒せばいいんだね★

さて、このレイヤーエリアですが、一応時間制限があります。
残り時間が10分になったら、ちゃんと教えてくれるので安心だよ(・▽・)

行き止まりを調べると 「???」 があるので、ねずみ花火を使って岩壁を壊して進みます。

Klu1400.jpg

ボムも、壁に穴を開けるのに使えるみたいです。
クルクを燃やしても、穴は開きません(--;)

Klu1401.jpg

そんなことしながら進んで行くと、3か所に赤青緑の導火線が見つかります。
どれでもいいんだけど、繋いだら、今度は点火スイッチを探しに行くよ★

ねずみ花火はやっぱり足りなくなったから、モンスターを倒しに行こうとマップを開いたら、なんと!!
このエリア、ゴブが1匹とボムが2~3匹しかいないの( ̄_ ̄;)

ゴブの所まで戻って、倒して、カーソル当てるとターゲット名なしのポイントが出るので、そしたらねずみ花火げっちょです★
で、また戻って・・・と、ちょっと面倒くさいんだけど、クルクは結構楽しかったよ♪

点火スイッチは、マップにも出るから探しやすいよ♪
ただ、繋いだ導線と同じ色じゃないとダメなのです。

Klu1402.jpg

スイッチを押すと、遠くで爆発音が聞こえます。
そしたら繋いだ導線の場所まで戻ってみると、大きな穴が開いてました♪
その穴を進むとマップが切り替わるので、「???」 を探します。

でね、この 「???」 なんだけど、地面から青い光が立ち上ってるんだけど、調べるとレイヤーエリアから出ますか?って聞かれるの。
緊急脱出用なのかな?って他を調べてたんだけど、他にどこにも見当たらないのね。
時間も無くなって来たから、出ますってしたら、それでクリアでしたwww
あぁ~、ドキドキした(^_^;)





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/27 23:59】 | アルタナの神兵
トラックバック(0) |

花火?
らぶりぃ
クルちゃん、3回目のどすこいどすこい(*´ω`)ノ

ケットシーと並んでる姿は可愛いですね~♪
どっちが主人でお供なのかな( ̄ー ̄)ニヤッ

洞窟に落ちてるねずみ花火。

そんなものがなんで落ちてるのよ!
しかも爆発力が桁外れなんですけど!?

だけどそれより強いのがクルちゃんの1発ですよね♪
花火なんか無くても鉄拳で行けちゃいそう!
壁なんか全然怖くないも~ん(σ⌒ω⌒)σ

だけど炎は熱かったのね♪

洋服とか髪の毛とか大丈夫だったかな?
あとでバルちゃんに髪をとかしてもらえばイイよん♪
ドキドキする相手に髪を触られるなんて(*ノ▽ノ)ぽっ

導火線に点火スイッチ…誰の落し物なんでしょう。
勝手に使ってあとで高額請求が届いても知らないゾッ(笑)
きっと洞窟のあちこちに蟲がいてクルちゃんだってバレテルかも…


Re:花火?
クルク
らぶたん、三度目のぽよよんぽよよん(・▽・)ノ

もちろん、クルクがお供で~すw

こんな地下の洞窟に、ネズミ花火があることが不自然ですよね!
しかも、とんでもない威力です( ̄_ ̄;)

発火薬とか導火線とか点火スイッチは、ゴブの開拓者が遺棄したものだとかなんとか・・・。
ゴブ、なにがしたかったんだろう?
請求書は、ラジュリーズ宛てにしてもらお★

ボムの自爆でチリチリになった髪・・・(´・ω・`)
バルにとかしてもらうの~?
・・・むぅ(* ̄_ ̄*)
ま、まぁ、バルは器用そうだから、どうしてもって言うなら、とかさせてあげないこともないけどさっ(〃△〃)


コメントを閉じる▲
やぷ~、クルクです(・▽・)ノ

Klu1390.jpg

さてさて、署名が集まったので、それを提出しに行きましょう♪
ヴェスティーレはね、ちょっと無理を言っちゃったかって後悔してたんだって。
いい人だ(*´▽`*)

Klu1391.jpg

これを見せれば、文句を言うやつはいないだろうって♪
ノユリも認めてくれたよ(・▽<)b

この署名は、人数によってヴェスティーレからもらえるお詫びが変わるから、なるべくたくさん集めた方がいいよ。
ちなみに、全員分集めると、モリブデインゴットがもらえます★

そして、ボスティン氷河に集合です!

敵は、タブナジア方面から行軍しているみたいです。
そして氷河を抜けてザルカバード、更にズヴァール城へ入り、本隊と合流するって心づもりらしいよ。

てことで、氷河の街道で待ち伏せてます。
ヴェスティーレの茜隼騎士隊が敵隊の前方に立ちふさがって進行を妨害、ノユリの薔薇傭兵騎士団が敵隊の後方から攻撃、2隊で敵の進退を完全に塞ぐっていう作戦です。

しばらくすると、斥候から敵隊の報告がありました!

Klu1392.jpg

そして、挟み撃ち作戦の戦いが始まりました。
ノユリは、普通に戦ってればカッコイイんだけどね。
敵味方入り乱れて、倒したり倒されたり・・・。

一匹のオークが、ヌーイを見つけたみたいΣ( ̄□ ̄)
動けないヌーイに、迫るオーク!
そして、駆けつけるクルク★

Klu1393.jpg

ヌーイってば、お礼も言わずに 血と鉄のニオイを 「野蛮で下品」 って文句言ってる( ̄_ ̄;)
それをさせてるのは、アンタの主人なんじゃないの?
まぁいいや。

早くポーシャとリリゼットを助けないとって、ヌーイが居場所を探ってみたの。
裏切り者ケッヘにつけた尾行蟲からの映像かな?

Klu1394.jpg

どこかの地下みたい。
ジュノの地下にあったみたいな、そんな感じの場所。
ヴァナの大地の下って、無数の地下穴が通じてるの?

二人を連れているのは、あのラーゾスとかいうガルカです。
そのラーゾスに、ポーシャが 「あの女の人が言っていたこと、本当ですか?」 って聞いたの。
ヤバ~い!
ポーシャがその気になり始めてるよ~(>д<)

どうやら地上で戦ってる轟音が聞こえてるみたいだから、そう遠くはない地下道にいるみたいだよ。
早く取り戻さないと、ポーシャが落ちるっ!

と、ケットシー・シャハクが連絡してきたの。
なんかね、カベにヘンなアナを発見したんだって!
地下に続いてるかもしれないよ!

Klu1395.jpg

クルクはヴェスティーレに、二人を助けに行くことを告げました。

Klu1396.jpg

ヌーイから、芳香蟲ってのを渡されたよ。
クルクにニオイをつければ、暗がりでもはぐれないからって。
甘いニオイがするみたい。
ケットシーって、いろんな蟲を持ってるのねw

さぁ、さらわれた二人を奪い返しに行くよ!





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/26 23:59】 | アルタナの神兵
トラックバック(0) |

虫だらけ!?
らぶりぃ
クルちゃん、またこんにゃくわ(*´ω`)ノ

署名運動は如何でしたか?
たくさん集まったみたいで何よりです♪
で、そのお礼にインゴットと。

ゲームだから別にイイんだけどお礼にインゴット…

しかも鋼のインゴットをお礼って、
普通に考えたらトンデモナイですよねo(`ω´*)o

会社の給料日になってインゴット3本ね~って渡された日には、
そのインゴットを振り回して暴れてやりますよ(笑)
そうかと思えば「西の国の調査」ではビスケット3枚だし(・ω・)

ギブミーマネーo(`ω´*)o

オークの大群が歩いてるけど…的を持って歩いてるのは、
撃ってもイイですよ♪ってことなんでしょうか?
少しくらい狙いを外してもダレかに当たりそうですしネ。

ポーシャは助けたい一心で危険な香りが…
早く何とかしてあげてぇ!!
ここでポーシャとラジュリーズが結ばれなければリリゼットが、
ノノゼットとかになるのかしら( ・ω・)b

クルちゃんはケットシーから芳香蟲を貰ったのですね。
色んな虫を飼ってるみたいだけど…
ケットシーの背中をよーく見たら黒いのは全部ムシだった…

うきゃーー、なんか痒くなって来たっ(笑)


Re:虫だらけ!?
クルク
らぶたん、二度目のこんにゃんにゃちは(・▽・)ノ

お礼にもらったナントカインゴットは、昔はかなり高値で取り引きされていたみたいです。
でも今は、まぁそこそこって感じでしょうか(^_^;)
カバンクエの最後のアイテムの1つらしいですが、そこまで大きくするにはまだまだなので、取り合えず換金しましたw

ビスケット3枚は、あれはビックリでしたよね!
子供のお駄賃かってーの( ̄_ ̄;)

オークが持ってる杖? 確かに的ですよね(・▽・)b
歩く標的★

ノノゼット、笑ってしまった(*´m`*)ぷふっ

ケットシーの黒い部分は、蟲がくっついて・・・{{{( ̄□ ̄)}}}ヒィィィ~
虫除けスプレーつけておかなくちゃ!(>д<)ノ
あ、それじゃ蟲が役に立たなくなっちゃうね(´・ω・`)


コメントを閉じる▲
Klu1389a.jpg

i_ume.gif
サンラー、クルたん、バルファル、かぼす。

ふむ・・・目の保養だな。

もっと集まれ。


i_chi.gif
兄様・・・。

・・・兄様?

・・・・・・。




いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/25 23:59】 | * クルク一家
トラックバック(0) |


ハゲタル
梅兄さんは、顔も行動もイケメンなのに、ザンネンすぐるw

もっと、たくさん、タルタルが集まるといいねw

そういや、タルタルになりたいんだっけw

梅兄さん、好きだw




Re: ハゲタルさんへ
クルク
ハゲタルさん、こんばんは(・▽・)ノ

梅の行動は・・・ちょっと間違えたら通報されちゃいそうですw
あ、サンドで、ウィンに来る前のことかな?

頭の中はタルタルのことで一杯(*´m`*)
タルタルになったら、梅は何がしたいのかなぁ~?

こんな梅を好きって言ってくださって、ありがとうございます★(・▽・)




梅兄さん…
らぶりぃ
クルちゃん、こんにゃちわ(*´ω`)ノ

梅兄さんが何かを考えてる。

このヒトの行動や考え方は私のような平凡な人間には分かりません(・ω・)
ただひとつ言えることは…
きっとタルタルのことなんでしょうね(  ̄ω ̄)σ

妹(弟)さんもタルタルが好きなんでしょうか♪
あ、お兄様が好きでしたね(/ω\*)


Re:梅兄さん…
クルク
らぶたん、こんにゃちは(・▽・)ノ

梅が何かを考えている時は、たいていタルタルのことでしょうw
タルタルの何を考えているのかは、クルクにもわかりません( ̄▽ ̄)

何でタルタルが好きなんでしょうね?
自分がデカイから、無い物ねだりかしらw

チリちゃんはカワイイものが好きだから、小さいタルタルは、きっと小動物と同じ次元で好きだと思いますw

チリ 「うちにもタルタルが欲しいです~。そうしたら、兄様に見せてさしあげるのに…」


コメントを閉じる▲
はお~ん、クルクです(・▽・)ノ

Klu1381.jpg

リリゼットとポーシャがさらわれちゃったよ~と、ラジュリーズに報告するために、サンドに戻ってきました。
そしたら、やっぱり 「クルク! お前がついていながら!」 って怒られちゃった(>д<)
だって、雪崩に巻き込まれちゃったんだもん。
自然災害は仕方ないじゃないかぁ~(´・ω・`)
でもすぐに、怒鳴ったことを謝ってくれました。
うん、気持ちはわかるからいいよ。

ラジュリーズは氷河に行くって部屋を出て行こうとしたんだけど、また呪痕が痛みだしたみたい。
すると、部屋に飛び込んできたのは・・・ノユリだ( ̄д ̄;)

Klu1382.jpg

ラジュリーズが、ノユリはブンカールに行っていたんじゃないのかって驚いてるよ。
そしたらノユリは、「ラジュリーズどのの身が案じられて戦いに身が入らず、こうして舞い戻ってきてしまったのです」 だって。
ダメじゃん( ̄_ ̄)

Klu1383.jpg

えーっと・・・こういうキャラなんだ?(^▽^;)
ラジュリーズが話しかけても、1人で何やら盛り上がっちゃってます。
ラジュリーズも 「ノユリ、意味がわからない」 とか言っちゃったw
うん、クルクも意味がわからない( ̄_ ̄;)

うちのうずらと気が合いそうw
いや、同族嫌悪になる可能性も高いな・・・。

ノユリは、ラジュリーズに代わって自分が氷河に行くとか言ってますが、そもそもあなたはブンカール浦にいるはずの人。
自分の持ち場に戻れw

Klu1384.jpg

更に突っ走るノユリ。
クルク、だんだん怖くなってきちゃったw
で、急にモジモジしだしたと思ったら・・・。

Klu1385.jpg

ノユリ、それってフラグじゃない?
別にいいけどwww
で、団の者たちを引き連れて行っちゃった。
サンドリアにも、変な人たくさんいるんだね★

入れ違いに入って来たのは、ラヴォール村で一緒だった、茜隼騎士隊隊長のヴェスティーレ。

Klu1386.jpg

ヴェスティーレも北に行くんだって。
バルドニアに獣人軍が集結してくるっていう報せが入ったらしくて、ヴェスティーレとノユリの部隊が敵をを挟撃するっていう作戦を任されているんだってさ。

ノユリはブンカールから勝手に戻って来ちゃったわけじゃないのね?
いや、戻って来ちゃったから、北に行く作戦に組み込まれたのかもしれないよねw

その話を聞いて、ラジュリーズは自分が入っていないって納得いかない様子。
ヴェスティーレが、戦いはまだ先が長いから、ラジュリーズは温存しておかなくちゃならないっていう上の判断だって話すんだけど、それをおとなしく聞くようなラジュリーズじゃないよね。
だけどヴェスティーレは、鉄鷹隊の隊長であるラジュリーズが身勝手に突っ走って、スタンドプレイで作戦が失敗したら元も子もないと言い聞かせます。
ポーシャのことも、最善を尽くすって言ってくれました。

でもさ、絶対にポーシャのことは後回しになるよね。
そんな大事な作戦だもん、たまたま助けられたら幸運だけどさ。
ヌーイは、強い人たちに敵と戦ってもらってる間に、自分達はポーシャとリリゼットを助け出せばいいって。
うん、クルクもそう思うよ。

一緒に連れてってもらおうってヌーイが言うから頼みに行ったんだけど、ダメ~って断られちゃった(`・ω・´)
特に、ノユリがダメって言ってる。

Klu1387.jpg

ヴェスティーレは、ラヴォール村でのことがあるから快諾したいけど、今回は最重要の国務だから自分達の一存では決められないって。
それでも、どうしても~って頼んだら、クルクの身分と実力を保証してくれる署名を集めてくれば、それを持って上にかけあってくれるって言ってくれたよ。
そこまでしなくても、だったら別行動で・・・と思ったけど、最重要の国務とまで言うほどだから、味方の動きは全て把握していないとまずかったりするんだよね?
動いちゃいけない時に、クルク達が勝手に動いたりして失敗したら、取り返しがつかないものね。

じゃ、署名を集めましょっか~。
20枚ほど集めればいいだろうって言われたけど、多ければ多い方がいいのです。

署名をしてくれた人たちね、クルクのことを知ってたの。
噂になってるとか、話しに聞いたとか・・・。
本人が知らないとこで、ちょっとした有名人になってたみたい(*´▽`*)

それから、物々交換でアイテムを渡したら署名をしてくれた人もいたよ。

あとは、いくつかの質問に答えた後に署名をしてくれる人。
その中で、ジュノ降伏の時に来てくれたロンジェルツにはウジ虫呼ばわりされながら、RPS訓練とかいうのを仕掛けられました( ̄_ ̄;)

Klu1388.jpg

いわゆる、ジャンケンなんだけどねw
先に3戦先取した方が勝ちです。

相手が何を出すかは、ポーズでわかっちゃいます。
それに気づいたのは2敗した後でしたww
勝つと、35人分の署名をもらえます★

さて、署名がたくさん集まったから、ヴェスティーレに提出して来ようかな♪






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/24 23:59】 | アルタナの神兵
トラックバック(0) |

天然!?
らぶりぃ
クルちゃん、こんにちにゃ(^_^)ノ

ノユリさんってもっと侍らしい男前な女性か、
もしくは寡黙な感じだと思ってたけど、
かなりの情熱家なのですねσ(^_^;

しかも正妻になるであろうポーシャの地位までも、
虎視眈々と狙ってるところは侍よりも、
シーフとか別職業のような気がします(^^;)
それは悪いことでは無いけど私のイメージは、
完全に崩れ去りました(笑)

体調の優れないラジュリーズなのに、
ポーシャの知らない間に告白されて、
ますます心労が増えてイヤなフラグが…

クルちゃんは署名運動なのですね。
国を救うためとは言え大変そうだぅ(>_<)
それなのにウジ虫呼ばわりって!

署名を集め終わったら鉄拳制裁ですね(-_-#)
こんなヤツは未来にはいらにゃい(笑)

クルちゃんの力を示すため、
頑張って下さい(o^^o)


Re: 天然!?
クルク
らぶたん、こんにちにちにゃ(・▽・)ノ

クルクも、ノユリはらぶんたんトコのフェイスで知って、寡黙でカッコいいイメージでした。
だからコミカル担当!?ってビックリしたし、己の世界を突っ走っちゃてるのを見てると、うずらもまだまだだなって思いますww

ノユリってどんな人なの?ってちょっと調べてみたら、やっぱり 「私が戻ったら」 はフラグになっていたようですwww

そして 「ウジ虫」 って言ったロンジェルツですが、現代では、なんとネコ社長の所で鬼軍曹やってるみたいですよ!

署名集めは、なかなか楽しかったです(´▽`)
みんなクルクのこと知ってるし、「あのクルク」 みたいに言ってくれるのも気分良かったです♪

リリゼットとポーシャを取り戻すため、頑張りま~っすヽ(*´▽`*)ノ


コメントを閉じる▲
やっぴ~、クルクです(・▽・)ノ

ちょっと前にやったクエ、記事にするの忘れてました(^_^;)
ちょうど記事のストックもなかったから、見つけてよかったww

んとね、過去ウィンダスの調理ギルドの前に、1人のタルタルが蹲っていたの。
どこか具合でも悪いのかな?って声をかけてみたら、やっぱり具合が悪いみたい。
頭を撫でてあげたら、「子ども扱いしないでよう!」 って怒られちゃったw

でね、どうしたのか聞いてみたら、1週間も何も食べてないとか( ̄□ ̄;)
そりゃ~具合も悪くなるよ!
クルクのおやつでよければ、分けてあげるよ~?

Klu1368.jpg

話を聞くと、このランピモンピってタルタルは 「ピピラのあくび亭」 っていうレストランの見習い料理人だったんだって。
だけど、ヤグード教団の侵入でたくさんの仲間が殺されちゃったし、お店も壊れちゃって行くあてがないんだって。

Klu1367.jpg

世界がこのまま滅ぶなら、心残りがないように 「見たことも食べたこともないような、スペシャルでトリッキーでサプライズな料理」 を食べてみたいんだって。
だけど、今のウィンダスには、そんな料理を作れるような人はいないって言います。
よっぽど風変わりでおもしろい人じゃないと、そんな料理は作らないだろうからって。

そうねぇ、このご時世だもの、食糧だって限りはあるものね。
じゃ、ちょっとクルクが現代まで一っ走りして、そんな料理が作れるかどうか、聞いてきてあげるね(((( ノ・▽・)ノ

現代ウィンダスの水の区にある、調理ギルドを尋ねてみました。
お料理のことなら、何でも知っていそうだもんね♪
そしたら、あれ?
見たことある人が・・・って、ランピモンピじゃない!
わぁ~、ついさっきだけど、20年ぶり~(*´▽`*)
絶望から、抜け出せたんだね!
なら、「スペシャルでトリッキーでサプライズな料理」 も作れるかな?

Klu1369.jpg

必要な食材をそろえたら、作ってくれるって言ってくれました
バストアスイーパー 、胡桃、ドラゴンフルーツ、ペパローニ だって。
じゃ、チャチャッと揃えて持ってくるね!

で、それらをそろえて渡したら、ヴァナ時間の0時を過ぎるのを待って、もう一度声をかけてみます。
出来てるかな~?

形容しがたい見た目の、なんともクセのあるにおいがする料理、【ランピモンピ特製ディナー】 が完成していました★
これは、ランピモンピ思い出の料理なんだって。
あんまり昔だからいろいろ忘れちゃったけど、この味だけは覚えているんだって言ってました。

じゃ、出来たてを届けてあげようかな~♪

過去の調理ギルド前にいるランピモンピの所に戻ると、さっそく匂いを嗅ぎつけたみたいだよ。
ランピモンピのお腹が、グゥーって鳴ったwww

Klu1370.jpg

そして、食べた感想はと言うと・・・。
「コクがありまろやかで適度な酸味と、口じゅうに広がるやわらかな甘み……。それらがひと口食べるごとにくるくる変化する……すごいぞ。これは……味覚のカレイドスコープだ……!」 だってさww

何だか元気が出てきたみたいでよかった(*´▽`*)
一段落したら、また料理を始めるって言ってました♪
友達から、骨工や裁縫みたいに、調理のギルドを作ってみないか?って話を持ちかけられてるんだって。
へぇ~、この頃はまだ調理ギルドってなかったんだね。
お料理でウィンダスのみんなを元気にしてあげたいって、夢も出来たみたい。

お礼にクッキングナイフをもらったけど、ちょっとボロボロ(^_^;)
現代に行って、このナイフをランピモンピに見せてみようかな♪
きっと、懐かしいだろうなぁ・・・。

調理ギルドに行ってみると、ランピモンピがナイフを見て 「昔使っていたものにそっくりだ」 って、「あのころはこんな時代がくるなんて考えられなかったなぁ」 って、しみじみしてる。

Klu1371.jpg

でね、ボロボロだったクッキングナイフをピカピカに研いで 【トレイニーナイフ 】 にしてくれました。

未来の自分が作った料理を食べて元気が出て、調理ギルドを作って盛り上げて・・・。
昔食べた思い出の料理で、過去の自分を励まして・・・。
どっちが先だ?ってことになるけどww
でも、ランピモンピが頑張ってきたから、現代で過去の自分を助けられるだけの腕前になったんだよね(*´▽`*)

このクエする前に調理ギルドでランピモンピのことを知ってた人は、クルクとはまた違った風に感じるのかな~(´▽`)






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/23 23:59】 | 過去 ウィンダス クエ
トラックバック(0) |

料理は愛情♪
らぶりぃ
クルちゃん、こにゃにゃちくわ(*´ω`)ノ

過去世界のウィンダスはギルドやお店を開いて、
みんなで楽しく~なんて場合じゃないですよね(ノ□≦ )

目の前で仲間が倒れて行く姿を見たら、
確かに食欲も沸かないし不安ばっかりだと思うけど、
それでも頑張ってるヒトのために何とかして欲しい!

で、その何とかしてくれるのが現代の「自分」なのね♪

実験的で革新的って…ちょっと怖いけど食べてみたいわぁ~
出来上がったもモノを持って行って味見して出て来たコメントが、
みんな知ってる食レポ(宝石箱やぁ)のヒトみたいなんですけど(笑)

元気を取り戻してギルド復興にチカラを入れて、
今を生きているヒトのために美味しい料理で力づけてあげて欲しいデス♪

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

ここでちょっと私用コメントを(*⌒ω⌒)ノ
今日からGW前の旅行なので明日からの記事のコメントは、
帰って来てからになるかもなのです。
だけど記事はちゃんと読ませて貰いますね♪
それでは行って来ますヾ(⌒ω⌒)ノ


Re:料理は愛情♪
クルク
らぶたん、こんにゃくちくわ…ぶ(・▽・)ノ

現代では一番のんびり平和そうに見えるウィンダス(内情は色々あるけど)が、過去では一番存続の危機に立たされてて、ボロボロなんですよね(´・ω・`)

このクエも、パッとやっちゃえば、な~んだ自分が自分を励ましてたんじゃんw…で終わりだけど、考えると深いんですよね~。

作ってもらった料理の感想、クルクも 「宝石箱やぁ」 の人の食レポを思い出しましたwww

そんなに美味しいなら食べてみたいけど・・・。
料理は見た目も大事ですよね~(^_^;)


+★+~~+★+~~+★+~~+★+

旅行、楽しんできてくださいね~(*´▽`*)
お天気もよさそうだし♪
気を付けて、いってらっしゃ~い(*´▽`*)ノ


コメントを閉じる▲
クルクです(・▽・)ノ

「トゥルース」 の続きで~っす★
文字が多くて長いから、画像少なめになっています。

今回は、妄想女王うずらの登場からでっす♪

「トゥルース:さざ波」
「トゥルース:ウソつきの系図」




*→→→*→→→< うずら >→→→*→→→*

i_uzu.gif
ウィンダスに到着したあたしとチリちゃんは、とりあえずモグハに入って、旅の汚れを落としながら一休み。
さて、黒糖さんに連絡を・・・と思ったら、モグが皆で集まってるって言うの。
ウィンダスは初めてだからよくわからないけど、モグが教えてくれた場所へ行ってみることにしたわ。

144.jpg

ちょっと可愛い建物の屋上に上がると、奥から賑やかな話声が聞こえてきたわ。
あの声は・・・ぴよも来てるのかしら?
二つ目の扉をそぉ~っと開けて覗いて見たら、なによ、全員いるの?
あたしは音を立てるように大きく扉を開け放ったわ。

「はぁ~い! うずら姫の歓迎会、ご苦労様!」

ビックリした全員の顔が、あたしに向けられて、ちょっといい気分♪
あら、バルちゃんも来ていたのね。
あぁ・・・梅ちゃんの顔を見るのは、久しぶりだわ・・・。
っと、感傷に浸ってしまう前に、あたしはさっそく皆にチリちゃんを紹介したの。

「この子は、あたしの親友のチリちゃん! みんな、仲良くしてね♪」
「・・・・・・」
「えーっと、こっちから・・・」

次に、皆をチリちゃんに紹介しようとしたんだけど、皆が不思議そうな顔をしてチリちゃんを見ているのよ。

どうかしたの?

あたしは、隣に立っているチリちゃんを見たの。
そしたらチリちゃんは震えながら、両手を口に当てて、潤んだ目を大きく見開いて、一点を凝視していたわ。
チリちゃんの視線の先にいたのは・・・。

そうだったわ!
いけない、忘れてた!
チリちゃんは梅ちゃんの妹で、梅ちゃんのことが好きで、梅ちゃんが死んだと思っていたんだものね!
あたしがチリちゃんを連れてウィンダスまでやって来たのは、この禁断のラブロマンスを、間近でどっぷりと楽しませてもらうためよ!

みんなも、チリちゃんの視線を辿って梅ちゃんに顔を向けたけど・・・。
当の梅ちゃんは、怪訝な表情でこっちを見ているだけ。

あら?
感動の再会は?
禁断のラブロマンスは?

「・・・チリちゃん?」

あたしがそっと声をかけると、チリちゃんは掠れた声で 「兄様」 って。
すると、梅ちゃんを見ていた全員がチリちゃんに向き直り、口々に 「にいさま?」 と呟きながら、また梅ちゃんを見て・・・。

「梅って、チリちゃんの兄様なの?」

クルたん、ナイスよ!
今あたしが、わざとらしくないように言おうとしていた言葉を、クルたんが言ってくれたの。
そしたら梅ちゃんは、アッサリと 「いいや」 って・・・えっ!?
うそ、違うの?
人違い?
そんなバカな!
チリちゃんが、愛しの兄様を見間違えるはずないわ!

・・・と思ったら、梅ちゃんは気の抜けたような声で 「あぁ・・・なんだ、リムか」 ですって?
なによ、その軽い感じ!
ここは感動の再会シーンのはずだったんだから!
二度と会えないと思っていた、愛し合う者同士の再会、涙の抱擁、そして・・・っていう、あたしの期待を返してよ!

チリちゃんはその場に崩れるように座り込み、「兄様が生きていらした」 って言いながら、エグエグしゃくり上げて泣き出しちゃうし。
もう、チリちゃんてば!
そこは駆け寄って抱きつくとこでしょ!
かといって、引きずり立たせて突き飛ばすわけにもいかないし・・・。

梅ちゃんも、何ボケ~っとしてるのよ?
駆け寄らなくてもいいから、そっと肩を抱き寄せるとか、そういう芸当は出来ないわけ!?
それとも、突然のことで動揺しているの?
だけど、チリちゃんがこんなに恋い焦がれていたっていうのに、すぐにわからなかったって、どういうこと!?
全くもう、腹が立つわねっ!
あたしはチリちゃんの背中を撫でながら、梅ちゃんを睨み付けてやったわ。

「梅ちゃん、自分の妹がすぐにわからないなんて、ずいぶん薄情ね!」
「妹ではない」
「はぁ~? チリちゃんのお兄さんなんでしょ?」
「あぁ」
「じゃあ、チリちゃんは妹じゃないの!ふざけないでよ!」

あ、もしかして!
あたしはピンときたわ!
これは、「妹」 と思ったことは一度もないってやつ?
ずっと、一人の女性として見てきたってことなのね!?
さぁ、そう言い返してごらんなさい!

「妹ではない。弟だ」
「・・・は?」
「弟だ」

・・・(゚□゚)
152.jpg

「髪の色が違ったのでわからなかった。すまんな」
「・・・いえ・・・兄様・・・」
「元気そうで何よりだ」
「兄様も・・・」

落ち着きを取り戻したチリちゃんの隣で、あたしはパニックになりかけていたわ。

「ねぇねぇ、ホントの髪の色って、梅と同じ?」
「あぁ、そうだ」
「じゃぁさ、梅もチリちゃんと同じ色にしてみてよ」
「お断りだ」
「ケチ。・・・チリちゃん、クルクだよ。仲良くしてね」
「俺の雇い主だ」
「は、はい。よろしくお願いします」

みんなもクルたんに続いて、自己紹介なんかしちゃってるけど、ちょっと待ちなさいよーっ!
妹じゃなくて弟だったってことに関して、どうして誰も何も言わないの?
それが普通なの?

「チリちゃんは、梅が死んだって思ってたの?」

クルたんの質問に、あたしはギクリとしてしまったわ。
あの事件に関しては、あたしは女神アルタナ様の御元まで秘密を持って行く覚悟をしているのよ。
こんな所で、アッサリとバラされちゃたまらないわ。

「はい、お墓もあります」
「生きててよかったね~」
「はい・・・はぃ・・・」

また泣き出したチリちゃんに、みんなもよかったよかったって・・・。
なんなのよ、このおっとり集団は。

そうじゃないのよ!
あたしが求めているものは、そんなほんわかふんわりとしたアットホームドラマじゃないの!
人目を憚って深夜に一人でこっそりと見るような、激情に流される二人の濃厚な・・・。
はっ!そうよ!
妹じゃなくて、弟なんでしょ?
それで構わないわ!
そっちの路線に変えましょう。
どっちにしても、同じこと・・・いいえ、よりディープだわ!

「ねぇ、せっかく再会したんだから、積もる話しもあるでしょ? 少し二人で話しでもしたら~?」

あたしは気を取り直して、そう言ってみたの。
チリちゃんは消極的だから、あたしが何とかしなくっちゃ進展しないわ!
あたしは、何が何でもラブロマンスに持ち込みたいのよ!
せっかくウィンダスまで来たんだもの。
このままで済ましてなるものですか!



*→→→*→→→< ぴよ >→→→*→→→*

i_piyo.gif
「目の色が変わる」 と言いますが、これほどわかりやすいのは、やはり姉弟だからでしょうか。
俺にはアネキの考えていることが、手に取るようにわかります。
そんなにロマンスに飢えているなら、何で自分を主役にしないんだろう?
昔は散々、純愛ドラマのヒロインぶっていたのに・・・。

サンドリアに行ったアネキから連絡があった時は、無事に着いたかと俺は心底ホッとしたのです。
そんな俺の心配をよそに、うずらの第一声は 「ステキな出会いがあったの~」 という、キャピキャピとはしゃいだものでした。
それから毎日のように、今日は会えなかった、今日は挨拶をしたと、聞いている俺が恥ずかしくなるような乙女っぷりでした。
当時は身分があったから叶わぬ恋だったのかもしれないけど、今では同じクルたんの倉庫番じゃないですか。
それだけ好きだった人なんだから、どうしてアピールしないんでしょうね?
フラれたという話は聞いていないし、そういう感じではなさそうだし。
妹…じゃなくて弟?と、どうにかしようとしているみたいだけど、何でその前に自分が梅兄に猛烈アタックを仕掛けなかったんだろう?
梅兄は案外、押せば落ちるタイプだと俺は思うんですけどね。

うずらが梅兄とチリさんを二人きりにしようとしていると、扉が開いてサンラーちゃんが戻ってきました。
両腕にカゴを抱えて、重そうです。
するとすかさず、梅兄が寄ってそのカゴを取り上げました。

「どうした?」
「モグさんが、プリンを作ってくださったのです。せっかくだから、みなさんにもと思って」
「そうか」
「お兄ちゃんは、これから来るそうです。あ、私が配ります」
「重いだろう?」
「大丈夫です♪」

サンラーちゃんは一人一人に、「モグさんが作ってくださったプリンです」 と言いながら手渡しています。
礼儀正しくて、良い子ですよね。

「あの、これ・・・モグさんが作ってくださったプリンです。よかったら食べてください」

気付くと、目の前でサンラーちゃんが俺にプリンを差し出してくれていました。
さっきのことがあるからか、ちょっと緊張しているみたいです。
俺はお礼を言って受け取りました。

「ありがとう。それから、さっきはホントにごめんね」
「いいえ。私のことは気になさらないでください」

そう言ってニコッと笑い、チョコンとお辞儀をしたサンラーちゃんは、プリンを配りに行ってしまいました。

「カワイイ子だね。妹なのに、かぼちゃんと正反対・・・?」
「うん・・・」

153.jpg

「かぼちゃんがサンちゃんみたいな子だったら、ぴよ君は仲良くしてくれた?」
「・・・どうかな」
「え・・・」
「あ、いや、ほら、俺のはヤキモチだからさ。だからどんなヤツでも、きっと初めは仲良くなんか出来ないと思うよ」
「・・・そうなの・・・」
「でも今は、かぼすとも普通に話せるようになればいいなって、思ってるよ」
「ぴよ君・・・」

・・・と、クマといい雰囲気になっていたのに、横から刺すような視線を感じました。
いつの間にやって来たのか、俺の隣でうずらが睨んでいます。

「なんだよ、邪魔すんなよ」
「あ、うずらさん、お会いするの、初めてですよね」
「そういえばそうだったわね! 今度、サンドに遊びに来てね」

にこやかに人当たりの良さそうな笑顔を見せていますが、俺は嫌な予感しかしていません。

「ぴよ、ちょっとクルたんを足止めしておいてくれる?」
「何で?」
「バルちゃんに用があるんだけど、クルたんに聞かれたくない話なのよ」
「黒糖さんに頼めよ」
「やりなさい」
「・・・・・・」

半眼で睨まれて、俺はクルたんを呼びました。


*→→→*→→→< バル >→→→*→→→*

i_bal.gif
突然、「クルたんとはうまくいってるの?」 と話しかけられて、オレはビックリした。
振り向いたらうずらさんがいて、プリンを食べながらオレを見ている。
「うまくいく」って、何を基準にするのかわからないけど、「まぁいつも通りだよ」 と答えると、あからさまに大きなため息をつかれてしまった。

「バルちゃんさぁ、まだ一方通行なんでしょ?」
「・・・ぅ」
「なぁ~にモタモタしてるのよぉ」

154.jpg

「あのねぇ、バルちゃん?」
「な、なんだよ」
「このままじゃ、永遠に幼馴染み止まりよ」
「・・・・・・」
「さっき聞いたんだけど、クマちゃんと仲良くしてる男の子がいて、ぴよがえらくヤキモチ妬いてるんですって?」
「そうみたいだな」
「クルたんは? バルちゃんが他の女の子と仲良くしてたら、ヤキモチ妬いたりしない?」
「・・・さぁ?」

だいたいオレ、仲のいい女の子の友達なんて、近くにそういないしなぁ。
それに、クルクがヤキモチなんて妬くのかなぁ?
う~ん・・・と考えていたら、うずらさんが更に声をひそめた。

「サンちゃんと、ちょっと仲良くしてみない?」
「え?」
「そしたら絶対、クルたんが気にするはずよ」
「でも、あの子って、梅兄さんの・・・」
「梅ちゃんなら、チリちゃんとお話中・・・あら、黒糖さんが混じってるわ!もうっ!」

見たら、爺やは梅兄さんとチリさんと話をしている。
サンラーって子は、梅兄さんの横でプリンを食べている。
クルクは…と視線を移すと、ぴよさんとクマさんと何だか楽しそうに話している。

オレはちょっとだけ、試してみたくなっちまった。
他の女の子と仲良くしてたら、クルクはどんな反応するかなって。


*→→→*→→→< コクトー >→→→*→→→*

i_coc.gif
うずら姫が親友だと紹介したチリという名の娘は、梅の弟だという。
どこからどう見ても、その所作や言葉遣いは女性そのものであるが、本人も弟だと認めている。
が、それは本意ではなさそうだ。
私は本人の意志を尊重し、彼を女性として接することにした。

彼女の話では、暫くアトルガンに滞在していたらしい。
あの国へは、私も坊っちゃまのお父上のお供で行ったことがある。
懐かしくもあり、あちらの様子など話を聞いていると、坊っちゃまがこちらにやってきた。
空になったプリンの容器をカゴに戻しながら、梅の隣に大人しく座っていたサンラーに 「ごちそうさま」 と声をかけた。

このサンラーというタルタルの娘は、非常に梅を慕っている。
それはおそらく、信頼と恋心であろう。
そして、誰に対しても礼儀正しく受け答えをしているが、坊っちゃまに対しては妙に恥ずかしそうにして見える。
話し方などから考えるに、同年代の友達とふざけ合ったりしたことがなかったのだろうか?

それにしても、並んでいる坊っちゃまとサンラーは、まるで兄妹に見える。
私がそう言うと、チリさんが驚いたように二人を見た。

「まぁ。私はお二人が兄妹だとばかり思っていました」
「確かに、似ているな」

梅がそう言いながらサンラーを見て意味ありげに笑うと、サンラーは頬を赤くして俯いた。
どうやら梅とサンラーには、二人にしかわからない何かがあるようだ。
そして坊ちゃまは、クルクに対して年齢のコンプレックスがあるせいか、兄と言われて嬉しそうに喜んでいた。

「黒糖さ~ん」

少し離れた所から声をかけられ、振り向くとうずら姫が私を呼んでいた。
私は座を離れ、うずら姫の方へと寄った。

「どうしたね? 一緒に話を・・・」
「あのね、ぴよのこと・・・。みんなに迷惑をかけちゃってるみたいで、あたし申し訳なくって・・・」
「なに、皆それを口実に集まっているだけであろう」
「そう言ってもらえたら嬉しいわ。あたしは、親友を黒糖さんに紹介しようと思って来たんだけど」
「梅の弟だったとはな」
「えぇ、知らなかったから、あたしもビックリ」

うずら姫は話しながら少しづつ歩き、皆から離れている。
そして先ほどまで私がいた場所に視線を向けると、ほんの少し口元を緩めて微笑んだ。
見ると、坊ちゃまとサンラーは何かを数えているのか、指を折りながら頷いたり首を振ったりしながら話していた。
梅とチリさんは並んで座り、ポツリポツリと何か話しているようだ。

155a.jpg

「それで、姫は何を企んでおるのかね?」
「た、企んでなんていないわ。ただ・・・チリちゃんが梅ちゃんとゆっくりおしゃべり出来たらいいな~って思っただけで・・・」

私が笑いながら訊ねると、うずら姫は慌てたように手を振った。
だが、やがてふぅ~っとため息をついて、「だってぇ~」 と頬を膨らませて見せた。

「あたしには、ちっともロマンスが来ないんですもの。それなら、ロマンスのお手伝いでも~って。チリちゃん、梅ちゃんのことが好きだから・・・」
「それで、邪魔な私をあの場所から引き離したのだね?」
「ごめんなさい。でも・・・上手くいかないものね」

視線を戻すと、先ほどまでの輪は崩れ、梅の側には坊ちゃまとぴよがいて、クルクとクマの所へサンラーとチリさんが集まっていた。
肩をすくめて笑ったうずら姫に、私は頷いた。

「然るべき時に、然るべき人と出会うものだよ」
「それが、運命の人?」
「そうとも言うのかのぅ・・・」
「黒糖さんにも、そういう人はいたの?」
「・・・もう、ずいぶん昔の話じゃよ。さぁ、みんなの所へ行っておいで」
「ん・・・。黒糖さん、今度はチリちゃんも交えて一緒に飲みましょうね」
「ははは、構わんよ」

クルク達の方へと行くうずら姫を見送り、私は坊ちゃま達の方へと足を踏み出そうとした。
その時・・・。
扉が開き、1人のタルタルがやって来た。





<つづく>





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事

【2015/04/22 23:59】 | * クルク一家
トラックバック(0) |

待ってました
ミチカ
こんばんは、ミチカです。
続き待ってました!
うずら姫は変わらず飛ばしてますね。
いつも冷静な梅兄さんが、妹が来て取り乱したりはしないと思ってはいましたがマイペースすぎます!
そして妹ではなく弟だったなんて!!
だからチリちゃんは家族の中で浮いてしまってたんですね?
息子がレースやリボンのドレスを着ていたら、父親は嫌うでしょうね。
梅兄さんは心が広いです!
うずら姫は知らなかったんですね。
いつから?って、笑ってしまいました!
ぴよ君はこきつかわれてるのに姉おもいですね。
うずら姫はバル君に悪魔のささやきですね!
サンラーちゃんて未来の娘で合ってますか?
黒糖さんてみんなのお父さんみたいですね。
うずら姫も素直になってて。
かぼす君も来たみたいで、どうなるのでしょう。
楽しみです!



Re:待ってました
クルク
ミチカさん、こんにちは(・▽・)ノ

うずらの思い込みと妄想は、クルクにはもう止められませんw
ってか、止めるつもりもないんですけど(* ̄▽ ̄)

ぴよは弟だけあって、うずらの奇考には慣れてるだろうけど、一番の被害者ですかね~(´m`)ぷふっ

梅は、あんな感じだから、チリちゃんの嗜好にも対応できたのかな?
まぁ、いいお兄さんですよねw

そういえば、サンちゃんとかぼすも兄妹だし、クルク一家は何だかんだと繋がってますね(^_^;)

黒糖さん、お爺ちゃんじゃなくてお父さんって言ってもらえてよかったね!(*´▽`*)

次回で何とかまとめたいんですけど、収集のつけ方がわからなくなりました(^▽^;)
どうなるか・・・わかりませんw


お、とうと…!?
らぶりぃ
クルちゃん、こんにちはなのです(*´ω`)ノ

あまりの衝撃に普通の挨拶になりました(笑)
まさかチリちゃんがソッチのヒトだったとわ!?

せっかく禁断のロマンス展開を期待していたうずらちゃんだったのに、
みんなと一緒に驚く方に回ってますって( ̄□ ̄;)!
死んだと思っていた梅兄さんが生きていて、
チリちゃんが感動して泣きだすのはわかります( ・ω・)b

それなのに久しぶりの再会で兄妹(弟)と出会ったのに、
梅兄さんの飄々とした展開はどうしちゃったの!?
もう少し感動してあげないとうずらちゃんが悲惨すぎて(* ̄m ̄)ぷぷっ

ぴよりんとクマちゃんは…お互い想い人が側にいるカップルなんて、
何のコメントもしてあげないんだから(#▼ω▼)つ
…うらやましくなんてないやい(ノ□≦ )

チリちゃんと梅兄さんのロマンスが超展開で終わって、
どうするのかな~って思ったら今度の標的はバルちゃんなのね( ̄ー ̄)ニヤッ
他の女の子と仲良くしてクルちゃんが何の反応も示さなかったら、
カウンターダメージは膨大だと思いマス( ̄ω ̄)

うずらちゃんの運命のヒト…黒糖さんだったりして♪


Re:お、とうと…!?
クルク
らぶたん、こんにゃちは~(・▽・)ノ

チリちゃんは、アトルガンで人体改造済みなのかしら?
だって、ほら、ねぇ?
アトルガンって、そんなこともやってそうな感じだしw

梅の感情は、タルタルにしか反応しないのかも?
あんまり喜怒哀楽が表に出ない感じだから、ホントはすごくビックリしてたり・・・してそうもないですね(^_^;)

クルクが無反応ww
それは、バルが可哀想すぎる~(*´m`*)ぷふふっ
横目で見つつ、知らんぷりしてるんですね★
で、バルがすっかり忘れた頃に言ったりして、バルは何のことだかわからなくてオロオロしちゃうw
ヒドイな、クルクww

あ~、黒糖さんは大穴ですよね★
うずらが変なこだわりを捨てれば、ロマンスはすぐ目の前かもしれないのに~(*´▽`*)

チーちゃんのロマンスと謎の執事も、気になってます♪(*´▽`*)



コメントを閉じる▲
やっぴ~♪クルクです(・▽・)ノ

ログインポイントがボチボチたまってきました♪
今回は、欲しいものが多すぎて困ってます(^_^;)
誰に何を取らせるか・・・。

今回の目玉は、ピュピル装備ですよね!(*´▽`*)
ん?
クルクは麝香牛肉だろうって?
それは、二の次でよしwww

やっぱり、装備系は欲しいもんね~★
でも、宅配出来ないから試着させることも出来なくて、交換したはいいけど、このキャラにはいらなかったなぁ~なんてことになったことも過去に何度か・・・(^_^;)

さて、このピュピル装備ですが、制服ざんしょ?
ポイントに余裕があれば、着せる着せないは関係なく、全員もらっちゃうんだけど・・・。
二の次とはいっても、麝香牛肉はもらっておきたいからね!

てことで、黒糖さんのリストからは外しました。
余ったら、ね。
ちなみに、アラインス装備も持ってないから、ポイントが余ったらこっちを先にもらうつもりです。

次、梅。
梅は絶対に似合わないし、着せないと思うのね。
でも、ネタで一度は着せたいかなw
なので、梅もポイントが余ったらってことで見送ります。

他は、全員交換してもらいました★

で、お披露目なんだけど、せっかく制服なので、ちょっぴり学園風に撮影してみました♪


まずは、クマちゃん。
クマは後ろに二つ結びだから、余計に学生っぽく見えるかな?

Klu1372.jpg

ハイスクールっぽい感じ♪
ミスラは、髪の色さえ服に合えば、たいてい何でも着こなせちゃいますよね!
バスは学園っぽい場所がなくて、撮影に困りましたw
友達と下校途中っていうイメージで★

次、ぴよ。
ぴよはねぇ~、装備をもらうか迷ったんだけど、やっぱり微妙でしたw

Klu1373.jpg

ぴよに制服着せるなら、ブレザー系だと思うのですよね~。
梅だと、ブレザー系はサラリーマンになりそうだけどw
学生寮の部屋・・・ってことでw

それじゃ、お兄ちゃんいってみましょう~。
かぼすはどうかなぁ~?って不安だったけど、悪くない・・・よね?

Klu1374.jpg

ちょっと優等生っぽい感じかな?
委員長とかやるタイプだけど、実は裏で悪いことしてそうw

タルタルには似合うとわかったので、続いてバル。

Klu1375.jpg

ジュニアスクールの上級生みたい★
勉強よりも、スポーツ大会とかで活躍するタイプっぽいかな。
でも、エースじゃないのw

続いて、クルク。

Klu1376.jpg

学園一のマドンナ・・・には見えませんねw
学園の七不思議とか調べてそう(・▽・)ノ

そして、一家では末っ子のサンちゃん。

Klu1380.jpg

足装備を、サンタ靴にしてみました。
色合いもちょうどよく似合ってるし、低学年に見えない?

で、トリはうずらとチリちゃんコンビです★
部活の勧誘ポスターにしてみましたw

Klu1377.jpg

怪しいクラブの部長と副部長www
または、怪しいお店の従業員ですねw

こんな感じになりました~。

で、おまけ★
撮影前のクルクとバル(*´▽`*)

Klu1378.jpg

それから、お家で留守番してるお爺ちゃんwww

Klu1379.jpg

あ、梅がなかった・・・けどいっかw
もしもポイントが余ってピュピル装備と交換したら、SS撮ってお披露目しますね~(・▽・)ノ

さぁ、次は何をもらおう・・・。





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/21 23:59】 | ヴァナ日記
トラックバック(0) |

悩み中♪
らぶりぃ
クルちゃん、おはようございます(*´ω`)ノ

今回のログポは欲しいモノが多くて大変です!
しかも宅配不可だから着せたいコには、
交換して貰わなきゃダメだし優先順位が難しいヽ( ̄ω ̄;)

その中でもピュピル衣装は1位ですよね♪
学生風な衣装って少ないから見栄えがするし、
何よりも可愛い&カッコイイ(*⌒▽⌒)b

アライアンス系も欲しいけど、
そっちまでポイントが残るかちょっと心配(笑)

SS画像を見せて貰いましたけれどタルタル男子が好き!
この手の衣装ってミスラやヒュム辺りがバランス的には、
1番似合うのかな~って思ってましたけれど、
かぼすくんとバルちゃんを見て私の中では断然こっちが好みっ(☆ω☆)

あ~、何でうちにはタルタル男子の倉庫がいないんだぁ~!!

黒糖さんは桜とコタツが似合い過ぎてて笑っちゃった(* ̄m ̄)ぷぷっ
だけどそろそろコタツの時期は終わりだし、
ちゃんと押し入れにでも片付けなきゃダメですよ♪

バルちゃんのリボンを直してるクルちゃんが、
初々しい学生みたいでとっても可愛いo(≧ω≦)o
お互い意識はしてるけれど周囲に「付き合ってるの~?」とか聞かれると、
「ば、そんなんじゃないよ」とか言いそうな距離感がタマリマセン(笑)


Re:悩み中♪
クルク
らぶたん、こんにちほ~ぅ(・▽・)ノ

今回は、迷って悩むポイント交換になりますね~(^▽^;)

で、気づきました!
ピュピュルじゃなくて、ピュピルですねw
後で直しとこ(〃▽〃)ゞ

一番始めに交換したのは、うずらだったのです。
着せてみたら、成人女性が学生服を着ているようにしか見えなくて・・・(´・ω・`)
次がぴよで、ぴよも何かリボンが微妙で・・・( ̄ω ̄;)

これは、モデルが悪いのか、服のデザインが悪いのかって、交換するのが怖かった(ポイントがもったいないから)けど、あの姉弟には似合わなかっただけだと判明しましたwww
撮影しているうちに、見慣れてきましたけど(^_^;)

タルタル男子、なかなかよいですよね(*´▽`*)
これを機に、らぶたんとこにもタルタル男子はいかがです?(* ̄ー ̄)

桜にコタツにガルカw
妙に絵になってて、クルクも笑っちゃいました(*´m`)ぷふっ

あぁ~、小中学生とかで、ちょっと仲良くしてると回りか茶化したりするの、ありますよね!
男の子の方が照れて 「誰がこんな奴と!」 とか言っちゃって、女の子の方も、「こっちこそ!」 とか言い返すんだけど、けっこう傷ついてたりして(*´m`*)
それから変にギクシャクしちゃって、余計に気になって、いつも目で追っちゃって。
お互いそんな感じだから、しょっちゅう目が合っちゃって・・・ふふふ(*´m`*)

って、少女漫画でも、今どきないパターンかもw


かわいー!!
らいか
やぴー!
可愛い制服だぬーー!
まだ、交換間に合うかな?
インできない日々で、ポイント足りないかなぁ(´・ω・`)

ライカはサンラーと、クルたんの写真が気に入ったよ( ・∇・)

サンラーかわゆい(о´∀`о)

Re: かわいー!!
クルク
らいたん、やぴ~(・▽・)ノ

ピュピル装備は、それぞれ300Pだから、これからでも交換できるんじゃないかな?
倉庫ちゃん達にも、全員とってあげるのだ―!

クルクとサンちゃん同じ服着てるのに、雰囲気ぜんぜん違うよね。
サンちゃんは可愛いのだ~(*´▽`*)
きっとムギちゃんも似合うはず!


コメントを閉じる▲
にゃっち、クルクです(・▽・)ノ

それでは、前回デーモンを倒したので、その続きです。

Klu1356.jpg

ガルカは自己紹介がまだだったと言って、「冥護四衆は蒼鉛銃士隊隊長ラーゾス」 と名乗りました。
ナントカ隊長ってことは、部下がいるの?
あ、それがさっきのデーモン?
だとしたら、たいしたことないね!フンだ!!ヽ(`д´)ノ

その時、大きな揺れと地響きがしましたよ。
何かまた出てくるの?
・・・かと思ったら、雪崩~!?( ̄□ ̄)

Klu1357.jpg

うっそぉ~ん、こんな所で雪崩なんて起きる~?
でも、起きちゃったんだもんね。
ケッヘとラーゾスは、逃げちゃった。
リリゼットとポーシャは、何かバリアーみたいので守られたよ!
もしかして、ラーゾスもいい人?

・・・んなわけない( ̄_ ̄)
そのバリアーがフワフワっと浮き上がり、なんと二人はそのまま連れ去られちゃったのです!(>д<)

Klu1359.jpg

で、クルクとヌーイはというと・・・。

Klu1360.jpg

またか・・・( ̄_ ̄)
クルクはまた、犬神家ですよっ!

そして、リリゼットとポーシャが連れさられた場所は、もちろんリリスの所。

Klu1361.jpg

二人のうちのどちらかって聞くラーゾスに、ポーシャを指さすリリス。
つまり 「玉体」 とはポーシャのことである、ということね?
リリゼット=リリスだとすれば、ポーシャはリリスにとっても母であり、守るべき対象。
ポーシャがいなくちゃ生まれてこないんだから、「玉体」 だよね。

そしてリリゼットに対してリリスは、「がっかりだ」 って言うの。
もっと上品で美しい娘だと思ってたんだって。
「仮にも、このわたくしの……ねぇ? 」 って、「わたくしの少女時代の姿」 ってこと?
それなのに、「この、へちゃむくれで、ちんちくりんの小娘…」 で、「認めたくないわぁ」だってさw
でも、側に控えてるオドラールとアクウィラは、そうでもなさそうw

Klu1362.jpg

リリスはポーシャに、ラジュリーズを助けたいなら、一緒に行こうとか言ってるの。
あの呪痕は、やがて死に至るって告げて、ポーシャの目の前に映像を出して見せました。
そこには横たわっているラジュリーズの側に膝をついて泣いているポーシャの姿がありました。
ポーシャ、喪服着てる・・・。
リリゼットも、ケットシーも、神兵も、誰も助けることは出来ない。
「わたくしたち以外は・・・」 と、悪魔の囁きですね。

Klu1363.jpg

ポーシャ、揺らいでいます。
そりゃそうだよね、仕方ないとは思うよ。
でも、ダメ~~~!(>д<)

すかさずリリゼットが、「騙されちゃダメ!」 と叫びます。
するとリリスが、「お前はいらない子」 だってリリゼットに言ったの。
リリゼットの未来もリリゼットも、なくなるんだって。
「いつだって孤独で、誰も、何も、お前を選ばない。皆、去っていく」 ってリリスが言うと、リリゼットは 「クルクはちがうわ!」 って言い返したの。
クルク、ちょっとジーンってしちゃった。
リリゼット、クルクのこと信頼してくれてるんだね。
でも、ここでクルクの名前を言ったらダメじゃない!
敵に与える情報は、少ない程いいんだから!
名前1つでも、わかっているのと知らないのとでは違ってくるのよ!
しかも、「クルクは、わたしと未来タッグ組んだのよ!きっと、助けてくれるもん!」 とか言っちゃった(>д<)
クルクも未来から来たって、バレちゃったじゃないのよぅ!

Klu1364.jpg

リリス、もっと早くに黙らせてよね。
つーか、またこんなヘン顔させられて・・・www
リリゼットが可愛いすぎる(*´▽`*)

エサくらいにはなるだろうからって、今は殺されずに牢の中に入れられるだけで済むみたい。
こっちを誘い込むためのエサってこと?
エサでも、まだ生きてるなら助けられる可能性はあるもんね!

さて一方、雪の中から脱出したクルクに、ヌーイは肝心なことを今になって教えてくれました。

Klu1365.jpg

つまり、「彼らの未来」にあのコたちが必要だということ、とも言ってました。
・・・あのねぇ~、そういう大事なことは、「もう気づいてるかしら?」 とかじゃなくて、最初に言えっつーの!( ̄д ̄)
ってことは、なに?
クルクたちの未来をなくして、自分たちの未来にしようとしてるってこと?
未来が何通りもあったらいけないの?
あ、ここはあんまり考えると、頭がおかしくなっちゃうトコねwww
サラッと、そういうことなのね、と流しましょうw

リリスたちの未来って、あの映像で見せられた世界でしょ?
あ、あぁ~、アルタナ様がやり直しの未来を作ろうなんて考えたから、それを邪魔しにきてるってこと?
自分たちはあの世界で愉快に暮らしてるのに、嘆きの涙がない世界にされちゃったらたまらないわ!ってこと?
それなら、気持ちわかるよねw
こっちからしたらヒドイ世界だけど、そっちにしたら居心地のいい世界なんでしょ?
逆に、クルクたちの世界を壊そうとしているってわかったら、それを阻止しようと戦うもんね?
それと同じか~。

けどさ、すでにクルクたちの世界と、リリスたちの世界が存在してるわけで、今更どっちかをどうしようなんてしなければ、こんなことにはならなかったはずじょない?
やっぱり、アルタナ様が余計なとこしたせい?

何にせよ、納得して引き下がることは出来ないのだ★
だってさ、この先には、クルクたちの世界の未来だってあるんだもん。
その未来、つまり現代がなくなっちゃうなんて、そんなことさせるもんか~!ヽ(`д´)ノ

それで、どうするか・・・。
ヌーイは、「サンドリアに戻って、騎士団のみなさんに応援をお願いしましょう」 だって( ̄д ̄)
いや、それはどうかなぁ?
こういってはアレだけど、たかが踊り子の一人や二人を助けるためだけに、騎士団を動かせるほど兵の余裕はないはずだよ。
それだったら、まだマヤコフ団長に相談した方が、そっちから騎士団に手を回してもらえるかもしれないじゃん。
何にしても、ひとまずサンドリアに戻って、報告はしなくちゃならないよね。

ヌーイってば、ポーシャがさらわれたことを 「ランジュリン」 が知ったら激怒しちゃうわねンって。
いや、「ランジュリン」 じゃなくて、「ラジュリーズ」 ですから(^_^;)

Klu1366.jpg

とりあえず、帰ったらお風呂に入ってあったまりたいよ。






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/20 23:59】 | アルタナの神兵
トラックバック(0) |

う~ん
らぶりぃ
クルちゃん、ぐっどもーにんぐぅ(*´ω`)ノ

前回はカッコ良くデーモンたちを倒したのに、
今回は雪崩に巻き込まれて逆さまに埋まるってヽ( ̄ω ̄;)
シリアスなシーンかと思えばギャグマンガ並みの展開に、
どっちがシナリオライターの本音なんだろうって思っちゃいます(笑)

リリゼットとリリスが同一人物で考えると、
こうも見た目が違うってどんな成長過程だったんでしょ?
しかも「がっかり」って言われても本人なんだし仕方ないですよねぇ。
闇に染まればリリスみたいに成長するし、
光に向かう未来ならもっと違った表情になるのかしら( ・ω・)b

リリスたちは自分たちの未来を守るためにやって来て、
クルちゃんやリリゼットも本来あるべき形の未来にするため、
現代より過去へ来たんですよね?

だけど女神アルタナは未来を作り変えたい…原因の根幹って、
もしかして女神アルタナのせいだったりしてヽ( ̄ω ̄;)
どちらにしても今度はサンドリアへ応援をお願いしに行くのですね。
雪山で体も冷えたと思うのでユグホトの温泉で、
ゆっくり体を温めて行ってらっしゃい(*⌒ω⌒)ノ


Re:う~ん
クルク
らぶたん、こにゃわんこっこ(・▽・)ノ

ホントに、上げたり下げたり(^_^;)
クルクは主人公なのに、扱いがぞんざいです(`・ω・´)
それも嫌じゃないけど★

リリスが生まれたのは、アルタナ軍が負けて闇の勢力に支配されている世界ですよね。
生き残っている人たちは対抗して戦っているけど、そんな世界に生まれた者たちは、闇の影響をガッツリ受けているんでしょうね。
元からそれが自分たちの世界だから、面白おかしく暮らすなら、闇に対抗なんかしないですよね~。
で、あぁなっちゃったのかな?(´・ω・`)

でも、それはそれで、そういう世界なんだから、その世界の住人でない部外者が 「それはよくい」 とか言い出してやり直しなんて、迷惑でしかないですよね~( ̄_ ̄;)

どの世界でも、上から見てるだけの人たちは、現場をな~んにもわかってないくせに口出しするものなのですね┐( ̄ー ̄)┌

この時代って、ユグホトはどうなってるのかなぁ?(・▽・)
サンドリアの近くにはユグホト温泉、バスの近くにはグンダルフ温泉があっていいですねぇ。
ウィンは・・・(´・ω・`)


コメントを閉じる▲
にょっぴ~、クルクです(・▽・)ノ

ケットシー・ヌーイの言いつけ通、他5人のケットシーに尾行蟲を取り付けました★
そしたら、ヌーイが待っている(H-10) まで行きましょう~♪

Klu1346.jpg

ヌーイに、誰が怪しいかって聞かれたけど、クルクにはケットシーたちの違いがわかりませんw
そんじゃ、みんなが何してるか、さっそく見てみましょう~。

逆さまになってたり、寝っ転がってたり、ボケ~っと座ってたり・・・なんかね、みぃ~んなのんびりしちゃってるの(^_^;)
動きがないみたいだから、しばらくこのまま様子を見ることになりました。
でね、ヌーイが、自分を信じてくれたお礼に、ケットシー族のことを話してくれることになりました★

Klu1347.jpg

まず初めに、クルクとリリゼットは禁断の口を通って、884年のヴァナ・ディールからここへやって来ました。
ケットシー・ヌーイからの依頼は、「嘆きの涙」 を減らすこと。
それはすなわち、人の子にとって、平和でより良い未来を作り上げる、というコトになるのです。

そして、昔々あるところに・・・あるいは・・・遠い遠い未来のどこかかもしれない。
この時代の大戦と、その先の未来を、誰よりも嘆いた方がいたのだそうです。

Klu1348.jpg

もしも、この大戦をやり直すことができたなら・・・。
光を纏った暁の神兵が現れて、大戦の暗澹たる時代を、導いてくれたなら?
そして、嘆きのない、平和な世界にできたなら・・・。
その方は、たくさんの失われた魂を哀しんで、そう願ったんだって。

ヴァナ・ディールの正しい未来のために。
起こるべくを、起こるべき時に、あるべきものを、あるべき場所へ 。
それが、ケットシーたちの役目なんだって。

え・・・ちょいお待ちよ。
「正しい未来」 とは、なんぞや?
だって、すでにもう起こってしまっているんでしょ?
なら、それが正しい未来なんじゃないの?
それが気に入らないから、やり直そうってこと?
たしかに、人々の嘆きに満ちた世界より、嘆きのない平和な世界の方が良いに決まってる。
だけどさ、そんな風に簡単に、やり直しましょうなんてされたんじゃ、こっちはたまらないよ。
・・・という気持ち。

だけど、その一方では・・・。
精一杯頑張ったのに失敗してしまって、それを悔やんでも悔やみきれなくて、延々に苦しみ続けていくしかないって思っていたのに、やり直せるチャンスがやってきたなら、それは何という幸運。
失敗してしまった世界は変わらないけど、失敗しなかった世界を作れるかもしれないんだから。
・・・という気持ち。

ん~・・・。
クルクには、「正しいこと」 が何なのか、わかりません。

と、ケットシーの1人に動きがあったみたい。
持ち場を離れて行く映像が見えます。

Klu1349.jpg

後を追うため、「さぁ、出動ですわよッ!」 と言うヌーイに、リリゼットが 「大戦を嘆いたお方」 とは誰なのかを尋ねると、ヌーイはアッサリと答えてくれました。

Klu1350.jpg

やれやれ。
女神さまの気まぐれに、クルクたちは命をかけて時間を行き来しているのですね。
まぁいいでしょう。
関わってしまったんだから、嘆きのない世界を目指してみましょうぞ。

で、動きだしたケットシーの後をつけて行ったクルク達なんだけど・・・。
またあの二人組と会ってるのかな~って思ったら、当たらずも遠からず。

Klu1351.jpg

ガルカですね!
なるほど・・・オドラールはエルヴァーン、アクウィラはヒューム、そして今度はガルカですか。
冥護四衆で3種族揃ったとなれば、残りはタルタル。
うん、わかった、なるほどね。
でも 「彼」 は、こっち側で間違いないと思うんだ。
こちら側ではケットシーの1人が裏切っているけど、あちら側では冥護四衆の1人が裏切っている・・・と考えていいですね?

裏切ったケットシーは、ケッヘっていう名前のコみたい。
二人の会話は、「玉体の確保」 がどうとか 「そろそろザルカバードで始まる」 とか。
クルク達は二組に分かれて隠れて二人の様子を見てるんだけど、リリゼットとケットシーは・・・。

Klu1352.jpg

なんつー格好してんのさ(^_^;)
っていうかね、もうここから・・・どうなるかわかるよね~www
ケッヘに 「バカでマヌケでテギワもよくない」 って言われて、ガルカからは 「しょせんネコだ」 と言われたヌーイが怒って、リリゼットの頭の上で暴れて、それをリリゼットが取り抑えようとしてバランスが崩れて・・・後ろに・・・。

Klu1353.jpg

たしかにね、そんな顔になっちゃうと思うの。
でもリリゼットはヒロインなんだから、もうちょっと 「きゃ~」 みたいな顔にしてあげてもいいと思うのwww
で、結果がこうですよ。

Klu1354.jpg

白目剥いて、この格好・・・( ̄_ ̄)
そしてこの手、高橋留美子ワールドですかwww

もちろん、見つかっちゃいました。
でね、どうやらヤツラが欲しいのは、「羽根飾りの踊り子」 みたい。
リリゼットとポーシャ、どっちかわからないけど、残りの二人はいらないってさ。
ガルカが 「遊んでやりな」 って言うと、デーモンが襲って来たよ!

Klu1355.jpg

赤いのとか、初めて見たよ。
普通の4匹と赤いの1匹、計5匹とのデーモン戦です。
でも、負けないモン★

Klu1358.jpg





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/19 23:59】 | アルタナの神兵
トラックバック(0) |

…えっと( ̄ω ̄)
らぶりぃ
クルちゃん、おはようニャンコ(*´ω`)ノ

ネコの主人は女神アルタナなのですね~
だけど正しい未来のためにやり直すってヽ( ̄ω ̄;)
そもそもアルタナのいう正しい未来って何なのでしょう?

確かに大戦は起こってしまってたくさんの命が失われたのも事実だけど、
そんな中でも生まれる命もあるし良いコトだってあったと思うのに、
それも全部無しにしちゃうのが正しい未来( ̄ω ̄?

今回は失敗しちゃったけどやり直せば、
今よりももっと良い世界が作れるってゲームのリセットじゃないんだから。
そんな事なら最初からヴァナディールなんて世界を作らない方が、
良かったんじゃないの?なんて思っちゃいます( ̄ω ̄)

覗き見してる2人は何というか…あ、落ちた( ̄□ ̄;)

えっと吉本新喜劇ですかね?
入場料はどこに支払えばイイんでしょう(笑)
もうヒロインというよりオチ担当ってことでイイんじゃないでしょうか?
…好きですけどね(=v=)ムフフ♪

赤いデーモンなんて初めて見ました!
そして3行後に倒れてるデーモンも初めて見ました(* ̄m ̄)ぷぷっ


Re:…えっと( ̄ω ̄)
クルク
らぶたん、こにゃわんこ(・▽・)ノ

どうやらクルクは、アルタナ様の神兵らしいです。
でもねぇ・・・。
クルクたちの現代と未来は守りたいけど、「正しい未来」って言葉に納得いかないクルクです。
それこそ、あってはならない神の介入で、壊れてしまった未来ならともかく、たくさんの命が失われたからって、やり直しっていうのは、命をかけて戦ってきた人たちをバカにしてるっていうか・・・。
それじゃ、やり直しのために流れた嘆きの涙はどうしてくれるんだっていう、ね。
ティルちゃん返してよ~(;д;)
そこらへん、どういうつもりかアルタナ様本人に聞いてみたいですよね。

リリゼットは、もうコメディーですww
まぁ、クルクも似たようなことになってますけどね~★
ストーリーの舞台が戦時中でシリアスだから、バランス取ってるのかな?(^_^;)
あの手(指)は久しぶりに見ましたw

赤いデーモンも、倒れるのはいいけど、カメラ目線で倒れるって・・・ヤツもギャグ担当だったのかも★( ̄▽ ̄;)



kingshuffle
こんにちは サブリガです

さて アルタナ様ですが 実はフリーダの話で このあたりの設定は 話の垣根に関わるくらい重要な内容だったりするのですですが………… そこまで話を続けるのはいつになる事やら 汗

一応 2~5話くらいまでのSSは撮ってるのですが文章を書く時間が………… 無いですね 汗 少なくとも毎日ログインしてワークスコールの消化だけで平日は精一杯ですね ただ限界がある程度一段落したので今後は多少は余裕出るかもしれませんね

リリゼットはヒロインなのにかなりコミカルな一面を見せますよね もうギャグキャラで良いのかもしれませんが それだけのキャラでは無い とだけ言っておきます

赤いデーモン は かなり格好いい良いですね ロボ好きな自分としては 赤いアレ を思い出します そういえば 赤いアレ も扱いが微妙でしたね あっさり倒されてる赤いデーモンに合掌w

サブリガでした



Re: タイトルなし
クルク
サブリガさん、こばわんわ(・▽・)ノ

おぉう!サブリガさんのお話では、アルタナ様が大きくかかわって来るのですね!
ストーリーって、頭の中では完成してるのに、それを文字にして文章化するのに時間かかるし、そのシーンに合ったSS撮ったり、それをまた編集したりするのに時間がかかりますよね~(^_^;)
待ってますヨン♪(*´▽`*)

リリゼットのキャラ、好きです(≧▽≦)
こ~んなストーリーのヒロインなんだもん、ただのコミカルギャグ娘だなんて思っちゃおりませんぜ★(・▽<)b
たいていは、PCが(PCばっかりが)ひどい目に遭ってるのに、このミッションではヒロインがヒロインらしからぬ扱いですごく親近感湧くし、表情がクルクル変わって可愛いのです♪

赤いアレ・・・。
ロボで赤いというと、彗星のヒトしか思い浮かびませんw
初期の3部作しか知りませんが・・・。
たまぁ~に、発作的にDVDが見たくなりますw


コメントを閉じる▲
Klu1345.jpg


i_mog.gif【クルク】
さて、と。
ご主人様がいない留守に~、モグ達の定例会議クポ♪
モグ通信を開いて・・・クポ★

みなさん、お疲れ様クポ。
えー、何か報告はあるクポ?

i_mog.gif【梅】
さっき、うちのサンラーさんが、バスにいるお兄さんのかぼすさんと通信したクポ。
いずれ、みなさんとも通信するようになるかもしれないクポ。

i_mog.gif【ぴよ】
うちのご主人さまとクマさんの間に、割り込んできたタルタルクポね。

i_mog.gif【梅】
サンラーさんは、そのことで心を痛めているクポぉ。

i_mog.gif【うずら】
うちのご主人さまと友達になったチリさんて人は、梅ぽんずさんの妹らしいクポ。

i_mog.gif【梅】
モグがサンラーさんを小姑から守るクポ!

i_mog.gif【ぴよ】
モグだって、クマさんを小姑から守るクポ。

i_mog.gif【うずら】
うちのご主人さまは、弟の嫁をイジメるような人じゃないクポ!

i_mog.gif【バル】
みんなはご主人さまの大切な人もきちんとお世話してるのに、コクトーさんのモグは、うちのご主人さまを長いこと放ったらかしていたクポね。

i_mog.gif【コクトー】
クップ~、過ぎたことクポ。
だけどバルファルさんは、たいして気にもしていない感じだったクポ。

i_mog.gif【うずら】
サンラーさんは、ずっと梅ぽんずさんのモグハにいるクポ?

i_mog.gif【梅】
出ていかなくちゃならない理由は、どこにもないクポよっ!
サンラーさんが出て行くなら、モグも一緒に出て行くクポっ!

i_mog.gif【クルク】
怒ることないクポ。
だけど、モグハには基本、ご主人さま以外の人は入れてはいけない決まりクポ。
入れる場合は、招待状が必要クポ。

i_mog.gif【梅】
そんなこと、モグハウス管理組合に言わなきゃわからないことクポ!
もしも誰かがチクって、結果サンラーさんがうちのモグハを出るようなことになったら、モグはそのモグを絶対に許さないクポォォォオッ!!!

i_mog.gif【クルク】
はい・・・他に何かあるクポ?
なければ今日の定例会は終了クポ。
それじゃ、また明日クポ。

プツッ★







いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/18 23:59】 | * クルク一家
トラックバック(0) |

クポ
らぶりぃ
クルちゃん、やっほほ~い(*´ω`)ノ

私たち冒険者がミッションやクエスト、
レベル上げに行ってる間モグたちはこんな会話をしてるのですね♪

うちのコもどんな話をしてるのか、
クルちゃんに尾行蟲をいくつか貰って( ̄ー ̄)ニヤッ
あとは数日後に…どうやってチェックするんでしょ?

今度うずらちゃんに聞いてみよっと♪


Re: クポ
クルク
らぶたん、ばんわっほ~い(・▽・)ノ

モグハを留守にしてる時、モグ達ってヒマなんだろうね~。
代わりに競売とかバザーとかやっててくれればいいのに(´・ω・`)

尾行蟲って、ケットシーの秘密道具なんだって~★
あぁ~、「なくしちゃった~」 って言って、いくつかもらっておけばよかったなぁ。

うずらになんか持たせたら、何するかわからないからコワイコワイ(≧△≦)

見る時は、空中になんかモヤモヤを出してたけど、あれはどうやって出すんだろう?



はじめまして。
ミチカ
はじめまして、ミチカといいます。
私はずいぶんまえに引退してしまいましたが、なにげに久々にFFXIのブログを見て回っていたら、こちらにたどり着きました。
クルクさんのミッションやクエの記事を読んで懐かしく思い出したり、オチャメなクルクさんに笑ってしまったり、楽しく読ませてもらってます。
そして中でも好きなのが、倉庫番さん達のストーリーでした。
はじめにプロフを読んで、ガーデンのカニまで名前や性格付けがしてあって、どういうことかとビックリしました!
はじめはぴよ君が不憫で好きでしたけど、梅兄さんのトリッキーさは大好きです。
格好いいのにチョコボスーツで樽好きって、笑うしかありません!
うずらさんのハチャメチャな思考は、クッションを叩いて笑ってしまいました。
ラブラブのぴよ君とクマさんの間に入ってきたかぼす君の存在も気になります。
それから、バル君とクルクさんがなかなかラブラブになってくれなくて焦れったくてそわそわしてしまいます。
梅兄さんのモグたちがご主人様よりもサンラーちゃんのことを大切に思っているのもおもしろいです。
ミッションもクエも楽しみですが、クルク一家の続きが待ち遠しいです。
これからも楽しみにしてます。




Re: はじめまして。
クルク
ミチカさん、こんばんは★
はじめまして、クルクです(・▽・)ノ

妄想の樹海に迷い込んでしまったのですねw
いらっしゃいませ~♪
通常の冒険記事から一家のお話まで、読んでいただいてありがとうございます。

ミチカさんは引退されちゃったのですね。
クルクは、出戻り冒険者です★
昔と違ってソロでも十分に遊べるので、妄想炸裂しつつ、ヴァナを駆け回っています♪

梅のことは、クルクにもよくわかりませんww
うずらの言動も、クルクには予想つきません(^_^;)
設定は出来ているので、あとは各自に好き勝手してもらっちゃっています。

クルク?
クルクはアジド院長が好きで~すヽ(*´▽`*)ノ

「トゥルース」の続きは、メンバーがどんどん増えてしまっているので、それが全員集合で、ちょっと手間取っていますが、今週中ごろに更新できると思います。
無駄に長くて、まだ続いていますけど(^_^;)

妄想満載ですけど、楽しんでいただけているようで、嬉しいです(≧▽≦)
コメント、ありがとうございました♪♪
またのお越しをお待ちしています( ・▽・)ノ旦


コメントを閉じる▲
にょっぴ~、クルクです(・▽・)ノ

リリゼットとポーシャと、3人で氷河に行くことになりました。
じゃ、チョコボで行こうかな。
つい最近、バルが氷河に行ったからね、道は覚えてるよ★

はい、すでにここで間違っていますw

東ロンフォからラングモント峠を抜けてボスティン氷河っていう、現代と同じ道程では行けません。
過去って、そういう場所多いじゃない?
なぜ確認しないのか!
チョコボから降りて・・・峠の扉が開かない!(´□`;)
開かないなら・・・仕方ないぬぅ。
それじゃ、歩いて行こうぞ。遠いけど。
えーっと、ロンフォからジャグナー経由して、バタリアに出て、ボスティン氷河ね・・・( ̄_ ̄)

途中でカンパニエが始まったから参加して、再び北へ向かったんだけど、途中になんかいた。

Klu1337a.jpg

調べたら、計り知れません。
挨拶代わりに叩いてみたら、反撃してこないの。
でも、HPのゲージが出てないんだよね。
しばらく叩いてたら、逃げちゃった。
なんぞ?って調べてみたら、本気で怒らせてはいけないコだったみたいです。
また見かけたら、挨拶しとこ~っと♪

で、また走りだしたクルクなのですが、目の前にサンドの城壁が見え始めてきましたよwww
おやぁ~?おかしいぞ。
でもまぁ、せっかく戻って来たから、サバイバルガイドでバタリアまで行って、そこから北に向かおうかね。

バタリアの北って、現代では段差があって行けないじゃない?
過去ではスロープがついてて登れてたのね。
で、(F-5)と(F-6) の堺辺りに、リコポンがいるのね。

Klu1338.jpg

そのこにそっと話しかけてみると、現代でも行き来できるようにしてくれるのです。
実際どんな感じなのかは、まだ試してないからわからないけど、お花をあげるみたいだよ。

そして、クルクはボスディン氷河へ!

はい、長かった前置きが終わり、ここからが今回のミッションですwww

Klu1336.jpg


リリゼットに、氷河は詳しいかって聞かれたけど、う~ん、そうねぇ・・・。
全く知らないわけではないけど、地図がないと遭難するレベルですね。
っていうか、そこな踊り子さん2人~!そんな恰好で氷河に来ないで!

Klu1339.jpg

見てるこっちが寒い、寒すぎる~{{{(>д<)}}}
せめて、何か上に羽織ってよぉ~。
でも、へっちゃらみたい。

魔法塔のあたりでも探してみよっか~って話をしてたら、リリゼットが何かに気づいたみたい。

Klu1340.jpg

いきなりリリゼットにドロップキックされました( ̄□ ̄)
蹴るなら、襲ってきた障害物の方にしてよ。
何でクルクを蹴るのよぅ・・・(;д;)

Klu1341.jpg

上から落ちてきたのって、ケットシー・ヌーイだったみたい。
クルクたちのこと、探してたんだって。
急ぎの頼みがあるって言われたけど、リリゼットはそれどころじゃないの。
自分の存在が記憶から消されていたことについて問い詰めると、ヌーイは 「ついに恐れていた事態よッ!」 だって。
ケットシー達の中に裏切り者がいて、敵に情報を流してるみたい。
リリゼットに、頼みを聞いてくれたら、記憶が戻る「かもしれない」 って。
そんな曖昧なことで、簡単に頷くリリゼットじゃないのねw

Klu1342.jpg

ごもっとも。
自分達には、いろいろなことを知る権利がある! と主張するリリゼットなのです。
いいぞ~!ヤンヤヤンヤ★ヽ(`▽´)ノ

ケットシーは、自分を信じれるか?って聞いてきました。

Klu1343.jpg

クルクはもとより、そのつもりだったんだよ。
初めにケットシーに会った時に、信じたもんね?
ポーシャは、何が何だかサッパリわからないみたいだけど、一緒に行けばラジュリーズの呪いの手掛かりは見つかるかって聞いてます。
呪った相手がわかっているし、そいつらとケットシーの裏切りものが通じているとしたら、きっと何か見つかるかもしれないよね。

ってことで、まずは裏切りものが誰なのか、それを見極めなくちゃならないのです。
5人のケットシー達が氷河のあちこちに待機しているから、そっと近づいて、尾行蟲っていうのをくっつけるんだって。
そうすれば、動向をさぐれるみたい。
でも、見つかっちゃたら何もならないから・・・さて、どうやって?

はい、ミニゲームで~す♪
だるまさんが転んだみたいに、ケットシーが後ろを向いている時に一歩ずつ近づいて、振り返った時に見つかっちゃたら失敗ってやつが3人。
ケットシーがナナメを向いている時が、近づき時です★
吹き矢を吹いたり、雛チョコボでおびき寄せるっていうのもあったよ。
1人に対して3回失敗すると、エリチェンしてやり直しなのね。
でも、この氷河でエリチェンして・・・って、面倒くさすぎるじゃない!
だから失敗しないように、じっくりと、焦らず、確実に!
クルクは1番初めのだるまさんで1度失敗して、ポーシャに指示するだるまさんで1度失敗しただけでした★

Klu1344.jpg

5人のケットシーに尾行蟲をくっつけたから、ヌーイに報告に戻りま~す(・▽・)ノ






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/17 23:59】 | アルタナの神兵
トラックバック(0) |

楽しいお嬢さん♪
らぶりぃ
クルちゃん、こんにモグモグ(⌒~⌒)もしゃもしゃ

もうすぐお昼ご飯の時間だし何を作ろうかな♪
紫色の馬…馬肉はちょっと冷蔵庫に無いからムリ!

でもスゴク綺麗な感じの馬ですね(☆ω☆)
倒してみたけどヤバイ感じもするしHPゲージが出ないって、
何かのクエストで関係する馬なのかな?
いつかクルちゃんの拳で挨拶を楽しみにしてます(笑)

寒い寒い氷河をあんな装束で寒くないのかしら。
せめてその上に何か羽織って欲しいわ((((;・ω・)))ガクガク

そう思いつつ歩いててイキナリ、リリゼットのドロップキックって(笑)
避けて~とキックが同じタイミングなんてムリすぎっ( ̄□ ̄;)

てか、普通は障害物を蹴るよね!…リリゼットの障害物って…(;¬_¬)

障害物はケットシーだったのね。
しかも仲間に裏切者がいるから探すのを手伝って欲しいとか、
散々バカにしておいてこんな時だけ頼み事はおかしいo(`ω´*)o

それでも信じて先に進まなきゃイケないし。
お手伝いは発信機を付けるミニゲームなのね(*・ω・)ノ⌒*
バストゥークで弟の試験を手伝った感じのモノかな?
5匹のケットシーに尾行蟲を取り付け完了お疲れ様でした♪

あとは報告だけど…

コレってもしヌーイが裏切者だったらどうなんでしょう?
ヤバイ話をする時に近くに仲間がいると危ないから、
目ざといコに尾行蟲をつけて近くに誰もいなければ黒幕と話も出来るし。

私ならきっとそうしちゃいそう…はっ、裏切者ってワタシ!?σ( ̄ω ̄ )

えっと近くにクルちゃんもいないしバルちゃんもいない。
ザヤグもチーちゃんもいない…よし、大丈夫!

うずらちゃ~ん、誰にも見られなかったよ♪
それじゃナイショの写真交換ね…うふふふ( ̄ー ̄)ニヤッ


Re:楽しいお嬢さん♪
クルク
らぶたん、こんばんふぅ~(・▽・)ノ

紫色の馬は、ダークイクシロンとかいうやつで、ちょっと叩いてからかうくらいはいいけど、特別必要な何かがなければ、エサで釣ったりして本気で怒らせちゃいけないコみたいです(´_`)

氷河をお腹出してウロつくなんて、どうかしてますよね( ̄_ ̄;)
とかいうクルクも、足は指が出ちゃってますがw
しもやけにならないか心配(´・ω・`)

曲がり角で蹴り飛ばされたり、ドロップキックされたり、ろくなめに遭いません( ̄д ̄;)

バスの弟の試験っていうのはわかりませんが、ケットシーが後ろを向いている時に一歩進んで近づいたり、雛チョコボに変身して鳴いて気を引いたり、吹き矢で狙ったりするんだけど・・・。
雛チョコボと吹き矢はあっけなくクリアしたけど、だるまさんが転んだは、タイミングを狙う時間が長くて、焦らないように我慢するゲームでしたw

ヌーイが裏切り者だったら・・・!
それは考えてなかったーっΣ( ̄□ ̄;)
たしかに、味方みたいな顔してクルク達を利用してるのかも!
なるほど、そういう手を使うのですね、らぶたんは!
らぶたんには気を付けなくっちゃ★


|壁|ー ̄)<ふふふ
クルたんは行っちゃったわね♪
はぁ~い、らぶちゃん♪
今回の隠し撮りは、パイくずをほっぺたにくっつけながらアップルパイを頬張ってるクルたんよ★
ウィンにいる間に、スクープでも撮れたらいいんだけどな♪


コメントを閉じる▲
はっふ~ん、クルクです(・▽・)ノ

では、ミッションの続きです★

Klu1328.jpg

さっそく獅子の泉に行ってみます!
すると、ちょうど中から踊り子仲間が出て来たよ。
だけど、なんか変。
リリゼットが言ってたみたいに、まるでこっちのことを覚えていないの。
たぶんリリゼットは何度も話しかけていたんだね。
しつこいって、ヒドイ言われ様。

Klu1329.jpg

リリゼットのことだけじゃなく、クルクのことも覚えてないみたいなの。

何だか嫌な予感しない?
初めは忘れられて、存在しないことになっちゃって、そのうち姿も透けてきて、やがて見えなくなっちゃたりとか、そんな事態になりませんように(>д<)

っつか、コスプレって言われちゃってるし(´・ω・`)
クルク、踊り子装備でなくてよかった~w
と、ここでリリゼットが肝心なことに気づきます。
踊り子仲間に忘れられているということは、マヤコフ団長やポーシャにも!?
獅子の泉に慌てて駆けこんで、二人に確認するリリゼットなのですが・・・。

獅子の泉に飛び込むと、そうぞうしいって叱られちゃった。

Klu1330.jpg

ポーシャもマヤコフ団長も、忘れてなかった~!(>▽<)
いつものマヤコフで、なんかホッとした。
なんだろうね、この安心感。
揺るぎない自分を持っている、ブレない人。
それがカリスマの条件なんでしょうか。

それにしても、知っている人の記憶から自分がいなくなるって、やっぱり怖いよね(´・ω・`)
そして、変わらない二人に安心もして・・・。

Klu1331.jpg

マヤコフさん?なんでそんなに驚いてるのよw

リリゼットが二人に忘れられたって説明するんだけど、悪ふざけなんじゃないかって言われちゃった。
まぁ、普通はそう思うよね。
でも、忘れられたのはリリゼットとクルク、未来から来た2人。
その記憶がなくなって、存在していないことになってるって・・・。
「未来が・・・なくなる?まさか!」 って呟いたリリゼットに、団長はまたそんな妄想を言ってるって呆れてるの。

Klu1332.jpg

ポーシャはちょっと信じてくれてるみたい。
信じるっていうより、何かおかしいって感じてるくらいかもしれないけど。
きっと、ラジュリーズに呪いをかけた奴らを見ているからかも。
自分たちには想像が及ばないような事が、起きているのかもしれないって。
そして、少なくともリリゼットは、未来について、自分たちが知らない何かを知っているのかもって。

マヤコフも、あの紫色のヤツらは騎士団の間でも噂になってるって教えてくれました。
なんでも、バルドニア方面で目撃されてるとか。
そしたらリリゼットが、バルドニアに急ごうって言い出しちゃった( ̄_ ̄;)
マヤコフも、言い出したら聞かないって諦めたみたい。

じゃぁ・・・って行こうとしたら、リリゼットがポーシャにも一緒に来てほしいって言うんだよね。
え、なんで?
ポーシャはいいよ、待っててもらおうよ。
ポーシャも、ラジュリーズの看病があるからって言うんだけど、マヤコフが 「一緒に行ってやったら」 だって。
リリゼットが心配だからなのかと思ったら、どうやら違ったみたい。

突然、鎧姿の女性が入ってきました。

Klu1333.jpg

マヤコフが言うには、ラジュリーズのことを心配して、ポーシャの代わりに看病するって言われたんだって。
で、断れなかったからってことらしいよ。

ノユリさん、城の中は自分の方が心得ているってポーシャに言うの。
おまけに、「まごころと愛情をこめて、ラジュリーズ殿の介添えをいたしましょうぞ」 とか言っちゃってます。
・・・こういう人なのね~(^_^;)

で、BGMがBFって、不穏すぎるよ!(>д<)
にらみ合う二人(^▽^;)

Klu1334.jpg

ポーシャ、視線を外さず・・・。
そのお辞儀の仕方は、おかしいって(^_^;)

そしてノユリも・・・

Klu1335.jpg

女の闘い・・・コワイねw

これでラジュリーズがノユリに取られちゃったら、リリゼットが生まれなくなっちゃうもんね。
早く行って、早く帰ってこよう!

・・・と思ったクルクですが、寒い氷河で野宿することになろうとは、この時は思ってもいなかったのでしたww








いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/16 23:59】 | アルタナの神兵
トラックバック(0) |

コワイっ(><)
らぶりぃ
クルちゃん、お、おはょぅ……

女の戦いが怖すぎて声が出ません(;¬_¬)ナニモミテナイ
ま、感想は後でするとして。

みんなの記憶から自分が消えてるって怖いですね!
本来ならここにいるはずの無い2人だから、
知られていること自体がヘンなんだけどココまで一緒に歩んで来たのに、
急に、あなただれ?って真顔で言われる恐怖((((;・ω・)))ガクガク

そのうちポーシャやマヤコフ先生も忘れちゃうのかな。
せめて忘れる時は全てが解決して終わった後なら…

マヤコフ先生の立ち姿がイイっ(  ̄▽ ̄)b
なぜ足を交差してモデル風になってるかな(笑)
私の周囲でもそんな知り合い見たこと無いゾッ!

ノユリさん!?
そっか、このヒトって過去世界のヒトだったんだ( ̄□ ̄;)
フェイスではいつもお世話になってますぅ~

しかし…看病するためとは言えまごころに愛情まで込めてって、
その発言はどうみても…ねぇ( ̄ω ̄)
ポーシャとノユリのにらみ合い…真ん中に入るラジュリーズは、
大変なんだろなぅ~と言うかノユリが勝ったら未来がかわりますね?

ヨロイ姿のリリゼット…ちょっと見てみたいかも(笑)

いまはポーシャとノユリだけどそのうち第3夫人候補、第4夫人候補が出たら、
未来は果てしなく斜め下に向かいそうで怖いデス。
クルちゃん、未来(現代)を守るためにラジュリーズの女性関係を、
精算するのを忘れずにネ(・ω・*)ゞ


Re:コワイっ(><)
クルク
らぶたん、こんぬつは(・▽・)ノ

いるべきじゃない過去に存在してるクルクとリリゼットだから、全部が終わって現代に帰るとき、関わった過去の人たちの記憶の修正で忘れられても、それは仕方ないと思うのです。
それでも寂しいけど(´・ω・`)
なのに、こんな中途半端に忘れられるって、嫌な感じです。

マヤコフ団長に忘れられちゃったら、ショックだなぅ~(>_<)
「このヒトがいれば大丈夫」って思える人って、いますよね。
マヤコフ団長は、あんなヒトだけど、妙に、精神的支えになっている気がするのです。
はじめは精神的大ダメージを与えられましたがwww

ノユリはクルクのフェイスにはいなくて、らぶたんとこでしか知らないの。
だから、まさかこんな感じのヒトだったとは思いませんでしたw
鎧に身を包み、忍ぶ恋・・・という感じじゃないですよね~( ̄д ̄;)

ラジュリーズの女性関係・・・うずらを召喚したいです(>ω<)
よけいヒドイことになりそうだけど(^_^;)

鎧姿のリリゼット、いいかも(・▽・)b


コメントを閉じる▲
にゃっぴ、クルクです(・▽・)ノ

今回から、またアルタナのミッションになります。
この回、とっても短いですよ~w

Klu1323a.jpg

リリゼットとはジュノで別れたきりだったから、サンドに会いにきました。
そういえば、物資をちょいと拝借したこと、何か問題になってたりしてないよね?
まぁ、責任はレコが取ってくれるっていってたし、のーぷろぐれむだよね♪

獅子の泉にいるのかな~?ってトコトコ歩いてたら、走って来た人にぶつかってすっ飛ばされちゃった(>д<)
おそらく、思いっきり蹴られた感じ(; ̄д ̄)

「どこ見てやがるンだ! このすっとこどっこい!」

そう言える状態でなかったのが残念だぬ。

Klu1324.jpg

なんだ、ぶつかってきたの、リリゼットか( ̄ω ̄;)アヤマッテヨ
いつも全力だけど、今回も全力で慌ててるみたい。
クルクに、自分のことを覚えているかって聞いてきたの。
なぁに? ぶつかってクルクが頭でも打ってないか、心配してくれてるの?

Klu1325.jpg

Klu1326.jpg

あなたのって言われても・・・www
だってリリゼット、クルクのことジュノで従者って言ったじゃん。
クルク、根に持ってるんだからね!ヽ(`д´)ノ
それに今だって、蹴り飛ばしたこと謝ってないじゃない。
謝ったら思い出してあげる★

5~6回 「アナタのことは存じませぬ」 と返事をしても諦めないから、仕方なく 「覚えてるよ~」 って言ってあげました。
そしたらとっても安心したみたいなんだけど、おかしなこと言うの。

Klu1327.jpg

ん?
誰かの記憶が大丈夫じゃなくなってるの?
どうゆこと?

リリゼットが、説明するよりも来てもらった方が早いとか言うから、ついて行くことにしました。
行き先は、やっぱり獅子の泉です。

獅子の泉の扉を調べると、今回のミッションクリアで、次のミッションに移行します。
てことなので、ここまでね★

前にも書きましたが・・・。
ミッションね、クリア=オファーだから、堺がよくわからないんだよね。
攻略とかでは、もうちょっと先までなんだけど、回想ではココまでなので、そっちに合わせてあります。

え?
短すぎるから何か他にはないのかって?
うん、ないよ(・▽・)
いっつも長いから、たまには短くてもいいじゃないw

それにしても、リリゼットの表情はクルクルとよく変わります。
今現在、ミッションはもう少し先まで進んでいるんだけど、ヒロインにあるまじき顔をしていたり・・・w
親近感の持てる、可愛い子です♪

さて、誰の記憶がどうなってしまっているのか・・・。
それは次回の記事にて★






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/15 23:59】 | アルタナの神兵
トラックバック(0) |

足りない…
らぶりぃ
クルちゃん、おはようさんどりあヾ(⌒ω⌒)ノ

物資を拝借しちゃったのが武器だったら大変でしたよね( ̄ー ̄;
1人ずつ武器を渡して行って最後の1人になって、
「アレ?足りなくね?仕方ないからオマエは素手な!」とか理不尽な…

もしくは配給でカレーが出てお皿が足りなくて最後の1人は、
両手を広げて直接ルゥを乗せられたりとか((( ( ̄ω ̄;)


リリゼットにぶつかったと言うより蹴られたの!?
ちゃんと下を見ながら走って欲しいよねo(`ω´*)o
これがガルカだったらどうなってるんでしょ?

心配してるのは確かなんでしょうけれど、
あなたのリリゼットってヽ( ̄ω ̄;)
しかもその落ち込み方は掲示板でも良く見るorzと一緒って(笑)

記憶云々って言ってるけど、
大丈夫じゃないヒトが出て来たのかな?
過去も現代も一難去ってまた一難…大変ですねヾ( ̄ω ̄;)ノ


Re:足りない…
クルク
らぶたん、こんにちわじゃーむじゅりん(・▽・)ノ
・・・思い付いてよかったw

拝借した物資が、もし武器だったら・・・。
足りなかった人には、木の枝をそっと手渡してあげてください( ´_`)ノ|
食器だったら、代用に葉っぱでもどうぞってw

リリゼットね、勢いよく走ってきたの(´・ω・`)
クルクはテクテク歩いてたんだけど、曲がり角でバッタリ。
他の種族だったら、きっとぶつかってしりもち程度かもしれないけど、クルクの位置が、リリゼットの足元だったから、あの勢いなら絶対に蹴り飛ばされたはず(⊃д⊂)

ガルカだったなら、リリゼットが弾き飛ばされてたのかな?(*´m`*)ぷふっ

リリゼットの格好、orz ですよねww
クルクだと、on ですw
らぶたんだったら、orz~ かな(*´▽`*)

まったく、ヴァナは過去も現代も問題がてんこ盛りですよね~。
だから冒険者が活躍出来るんですけど★

さて、誰の記憶がどうなっているのやら・・・(^_^;)


コメントを閉じる▲
クルクです(・▽・)ノ

アルタナのミッションに戻る前に、クルク一家のお話をはさんじゃいます。

「トゥルース:さざ波」 の続きになります。
最初は「リプル」ってタイトルだったんだけど、お話が続いているので、ちょっと変えましたw
リプル(ripple)もさざ波って意味だったんですけどネ。




i_san.gif
こんにちは、サンラーです。

私のお兄ちゃんは「かぼす」という名前で、バスでおまじない屋さんっていうのをやっているそうです。
色々な目的に応じて、魔符を作ってあげるのですって。
効果がどのくらいあるのかわかりませんが、お兄ちゃんは、口の院の研究生だったのです。
「だった」 と言うのには、訳がありまして・・・。
大きな声で言うことは出来ないのですが、実は私とお兄ちゃんは、今よりずっと後の未来から来たのです。
詳しくは、前の記事をお読みになってください。

「迷子ちゃん、現る」
「迷子ちゃん、探す」
「迷子ちゃん、帰る」

その後、私は梅先生のモグハでご厄介になっています。

バスへ行ったお兄ちゃんは、ぴよりんさんとクマさんと知り合いになったようなのですが、ミスラ好きのお兄ちゃんは、クマさんの彼氏さんであるぴよりんさんからよく思われていないそうなのです。
性格のよくないお兄ちゃんですから、それも仕方ないことです。
ですがクマさんはお兄ちゃんを 「友達」 と言ってくださって、何とかぴよりんさんが仲良くしてくれるようにと、ウィンダスにいるコクトーさんに相談に来たのです。

私は、お兄ちゃんを注意すれば済むことだと思ったのですが、事態はそれだけでは済まなくなってしまいました。

モグさんが、広くていい会場があると教えてくださって、皆で向かった先は、目の院の屋上でした。

144.jpg

二つ目の扉を開けて中へと進むと、広い空間に一人の男性がポツンと佇んでいました。
セルビナで、お兄ちゃんを探してくれると言った、プロの方です。

「ぴよ君!」
「あれ? クマも呼び出されたの?」
「うぅん・・・ごめんね、アタシ・・・」

駆け寄ったクマさんを優しく抱くように顔をのぞき込むこの人が、ぴよりんさんなのですね。
私はぴよりんさんに近づき、お兄ちゃんのことを謝りました。

「あの、私・・・かぼすの妹のサンラーです。お兄ちゃんが迷惑をおかけして、ごめんなさい」
「・・・アイツの・・・」

ぴよりんさんの表情が、明らかに変わりました。
お兄ちゃんは、そんなに嫌われているのですね。

「あの・・・私からお兄ちゃんに注意しますから・・・」
「なんなの、アイツ。もぅ、いい加減にしてほしいんだよね! たかが魔符くらいでクマに恩を売ったり、しつこくつきまとったり。ついさっきも、俺達が死んだ人に似てるとかウソをついたんだ。人の生死を冗談にして、そういうウソを言うなんて、最低だよ!」
「ぴよ君、止めて!」

145.jpg

泣いちゃダメって思えば思うほど、悲しくなってしまいます。
あんなお兄ちゃんですけれど、人から嫌われているのは悲しいし、ウソつきと言われることも悲しいです。
だってそのウソは、本当のことだから。
それに、魔符くらいとぴよりんさんは言いますが、お兄ちゃんが一生懸命に魔法の勉強をしてきたことを私は知っているので、とっても悔しくなってしまいました。
溢れてしまった涙を手で拭っていたら、私の前に梅先生が立ちました。

146.jpg

「えっ・・・梅兄・・・?」
「今すぐサンラーに謝れば許してやろう。さもなくば・・・」
「わっ!スミマセン! 謝ります! ご、ごめんよ、君が悪い訳じゃないのに、八つ当たりしちゃって・・・ごめんなさいっ!」

謝ってくれたぴよりんさんに、私も泣いてしまったことを謝ろうとしたら、梅先生に謝る必要などないと止められてしまいました。

「・・・ふん。だいたいお前は、お前の態度がクマを悲しませていると認識しているのか?」
「だってそれは、あのタルタルが一々邪魔してきて…」
「好きな女を不幸にしておきながら、タルタルのせいにするとは笑止千万。話しにならん。クマ、こんな奴は捨ててしまえ」

そう言うと、梅先生はもう話は終わったとばかり、壁際に腰を下ろしてしまいました。
私がオロオロしていると、「関わるな」 と手招きされました。
関わるなと言われましても、私のお兄ちゃんが原因ですし・・・。
でも、梅先生がそうおっしゃるなら、私が口出しをすることではないのかもしれませんね。
私が梅先生の隣に腰を下ろすと、梅先生が囁くような声で私に尋ねました。

「ぴよが言っていた話は本当か?」
「・・・え?」
「死んだ人に似ているという・・・」
「あ・・・はい」

私は梅先生に、小さく頷きました。

「お兄ちゃんは小さい頃、ヒュームとミスラのご夫婦に、とっても可愛がられていたとお母さんから聞きました」
「ぴよとクマなのか?」
「私は小さすぎて覚えていないのですが、たぶんそうだと思います」

それは、私がまだちっちゃな赤ちゃんだった頃のことです。
留守がちな両親に代わって、お兄ちゃんの面倒をみてくれていたのが、そのご夫婦だったのです。
お兄ちゃんがあんな性格に育ったのは、二人が溺愛し過ぎたからだってお母さんは言っていました。
でもお父さんは、お母さんにそっくりだって笑っていましたけど。

ある日、奥様は久しぶりに会った古い知り合いに頼まれて、ベドーまでの道案内をすることになったのだそうです。
もともと奥様も冒険者でしたが、その頃にはほとんどお使い程度の仕事しかしていなかったようです。
ですが、ただの道案内だということで、その仕事を引き受けたのです。
それが、大伽藍まで行くことになったと、ご主人が持つシグナルパールに連絡が入り、心配したご主人がすぐに奥様の元へと向かったのだそうです。
それきり、二人は戻りませんでした。
いったい、何が起きたのでしょう?
その後、何度も私の両親は大伽藍へと二人を探しに行ったそうです。
ですが、どこを探しても二人の姿は見えず、何の手掛かりも見つけることは出来なかったそうです。

お兄ちゃんは、そのご夫妻のことを、いっさい口に出しません。


*→→→*→→→< コクトー >→→→*→→→*

i_coc.gif
サンラーが梅の横に腰を下ろすのを見てから、私はぴよに話しかけた。

「クマはな、いつもは優しいおぬしが、そのタルタルに酷いことを言う姿が悲しいと、私たちの所へ相談に来たのだ」
「ぴよ君、勝手なことしてゴメンね」
「いや、クマは悪くないよ。・・・俺だって、言いたくないんです。だけど、相手にしないようにしても絡んでくるし、だんだんイライラしてきて、つい」
「そのタルタルと、きちんと話をしたことがあるかね?」
「いえ・・・。いちいち人をバカにするような言動をとるから、話をしたいとも思わなくて・・・」

自分の態度を反省しているのか、ぴよは俯いて言葉を途切れさせた。
初めはただのぴよのヤキモチだと思っていたが、そのタルタルにも問題はありそうだ。

「クマは、そのかぼすというタルタルとはどんな話をしているのだね?」
「アタシとは・・・ん・・・どんなお魚が好きとか、今日は何をしたとか、お友達同士でするみたいな・・・普通の世間話です」
「ぴよについて、何か言われたことはあるかね?」
「ん~・・・ぴよ君が怒ってどこかに行っちゃった後なんかは、ぴよ君を追いかけてあげなよって、笑いながら言われます」
「はぁ~? 自分で俺を怒らせておいて、追いかけてあげなって、どういう神経してるんだ?」

理解できないといった顔で、ぴよが首を振る。
クマの話を聞くと、かぼすは二人の仲をどうこうしようとしているわけではなさそうだ。
ただ構って欲しいだけなのか・・・?

私が考え込んでいると扉が開き、坊ちゃまが入って来た。

147.jpg

「あ、爺や。クルクから、仲間外れにされたくなければココに来いって言われたんだけど・・・」
「クルクが? この場所は、広くて人も来ないからとモグに言われたのですが・・・。坊ちゃまは、クルクに呼ばれたのですか?」
「うん、そうなんだけど・・・何か、取り込み中だったか?」

坊っちゃまはクルリと視線を巡らせると、「そういえば初対面だったっけ」と言い、皆に挨拶をした。
梅とぴよは、坊ちゃまをすでに知っていたようだ。
クマも、噂はかねがね・・・と、笑顔になっている。
そして梅の隣にいるサンラーは、恥ずかしそうに俯いて挨拶をしていたが、坊ちゃまが離れるとじっとその姿を見つめていた。
・・・はて?

それはさておき、坊ちゃまの登場で、やや息苦しくなっていた空気が変わったことはよかった。
一通り挨拶を済ませた坊ちゃまは、私の所へやって来くると、クルクはここにいたのかと聞いた。
私が 「いいえ、来ていませんが。なぜです?」 と言うと、坊ちゃまは急に真剣な表情になった。
何かを探っているように、キョロキョロと視線を彷徨わす坊ちゃまを、その場にいる一同が不思議そうに見つめている。

「坊ちゃま? いかがされましたか?」
「・・・クルクの匂いがする」
「・・・は?」
「クルク! いるのはわかってるんだぞ! 出てこなかったら、二度と・・・えーっと・・・どうしようかな・・・」
「・・・ぷふっ・・・」

驚いたことに、私の真後ろから吹き出すような笑い声が聞こえて来た。
間違いない、クルクの声だ。
振り向いた私の目の前に、パッとクルクが姿を現した。

148.jpg

「なんでクルクがいるってバレちゃったの?」
「クルクがいつも持ってる、おやつの匂いがした」
「え~。・・・むぅ、ポッケに入ってた」
「・・・・・・いつから居たんだ?」
「初めから。クルクが一番乗りだよ」

何ということだ。
インビジで姿を消していたのか!
では、今までの会話は全て聞かれていたということか?

「盗み聞きとは、関心せんな!」
「違うよ~。脅かそうと思って隠れてたら、何か込み入った話を始めちゃったから、出るに出られなかったの」
「それでも、だ。そんなことをしていては、信用を失うぞ」
「はぁ~い、ごめんなさい」

私の注意に、クルクはしおらしく謝ったものの、すぐに顔を上げてこの場にいる全員を見渡した。

「だけどさ、みんなして、クルクに内緒事ばっかりだね。クルクはもともと、みんなから信用されてないから、だから内緒ばっかりなんだよね?」

そう言ってクルクがしょんぼりと項垂れると、全員が慌てて駆け寄った。

「クルたんに相談しようと思ったけど、そんなことで煩わせるのはどうかって思ってさ」
「クルクさんは、色々と忙しいでしょうから・・・」
「俺は隠し事なんかしていないぞ。報告しなかっただけだ」
「すみません!私、梅先生のところにお世話になっているサンラーといいます」

クルクは両手を目に当てて、しくしくと泣いているように見えるが・・・。

「それ、ウソ泣きだぜ」

坊っちゃまが見破った。

「むぅぅ・・・バルは最近生意気だぬ! 可愛くないっ!」
「カワイイなんて言われて、嬉しいもんか。クルクこそ、ちょっとばっかし早く生まれたからって、いつまでもオレを弟扱いすんな!」
「だったら、クルクを負かしてみなよ!」
「そんなの無理に決まってるだろ!」
「無理とか言ってるから、いつまでもクルクに勝てないんだよ!」

バシバシとクルクに叩かれ、坊っちゃまは「イタイ、イタイ」と言いながら逃げている。
そのうち坊っちゃまが謝って、じゃれ合いが終わるというのがいつものパターンだ。
案の定、坊っちゃまが「ごめん!オレが悪かったってば!」と言うと、クルクは坊っちゃまを追うのを止めた。
と、クルクは私を指差した。

「黒糖さんも、クルクに秘密はダメなんだからね!」
「ぅむ・・・すまぬ」

どうやら、私が坊っちゃまの爺やであるとバレてしまったようだ。
が、それならそれでスッキリするというもの。

この一騒動で、何やら雰囲気は和んでしまった。

「あのさぁ、そのかぼすって子、ココに呼びなよ」

クルクがそう言い出した。

「本人がいないところで相談したって、何にも解決しないよ。呼んで、話をして、それでも言うこと聞かなかったら、クルクがゲンコツしてあげる♪」

149.jpg


*→→→*→→→< クルク >→→→*→→→*

i_klu.gif
黒糖さんがサンちゃんにお兄ちゃんを呼ぶように言うと、サンちゃんは 「はい」 と言って立ち上がりました。

「それじゃ、モグさんにお願いして通信してみますわ」
「梅のモグ、小うるさいから大変でしょ?」
「いいえ、とっても親切にしていただいてます」

うっそぉ~ん。
梅のモグ、クルクにはお説教ばっかりなのに~?

「来たくないようなことを言ったら、俺が呼んでいると言っておけ」
「はい」

サンちゃんが梅に頷いて会場から出ていった後、クルクは気になっていたことを梅に聞いてみたの。

「あのさ、サンちゃんて迷子ちゃんなんでしょ?保護者は?」
「俺だ」
「いや、そうじゃなくて。・・・んと、家族は?」
「俺だ」
「・・・えーと・・・つまり、梅とサンちゃんて、どういうご関係?」
「関係?・・・そうだな・・・」

151.jpg

この人、モルボルキャップ被って真面目な顔して、何言っちゃってるんでしょう?
梅の言うことは、やっぱりよくわかんないや( ̄_ ̄;)
とにかく、幼女誘拐とかで指名手配されていないみたいだから、放っておこう。
で、さっきヒソヒソ話してたのは、あれは何の話だろ?


*→→→*→→→< ぴよ >→→→*→→→*

i_piyo.gif
「ぴよ~」と、クルたんが側にやってきました。

「ねぇねぇ、必要ならここにBFを特設してあげるよ」
「いや、それはちょっと・・・」
「そぅ?」

どこまで本気なのか、わからないから困ります。
そして・・・。

「あのさぁ、ぴよはクマちゃんがこんなに好きって言ってくれてるのに、何が不満なの?」

クルたんはそう言いながら、ずっと無口になってしまっているクマを撫でました。

それは、確かにそうですね。
俺はちょっと、ムキになりすぎていたのかもしれません。
するとバル君もやってきて、大きなため息をつきました。

150.jpg

「バル、何でクルクの方見て言うの? ぴよも、何でクルクを見て頷いてるのよ? ムッキィ~!ヽ(*`д´*)ノ」
「わぁ~っ!NMが現れた!」

武器を構えたクルたんに追いかけられて、俺とバル君が逃げ回っていると、クマはやっと笑顔になってくれました。
俺はちょっとホッとしたし、かぼすとも何とかやってくかって気持ちになったりもしました。

この時、扉のすぐ向こう側に、一番のトラブルメーカーがやって来ているとは、俺は知る由もありませんでした。



<つづく>





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



関連記事

【2015/04/14 23:59】 | * クルク一家
トラックバック(0) |

匂いって!?
らぶりぃ
クルちゃん、おはにゃふ(*´ω`)ノ

今日はみんな揃って「話し合い」と言う名を借りた、
ぷち宴会みたいな感じかな♪

ぴよりんの気持ちも分からなくは無いけれど、
目の前で身内の悪口を言われるのはツラいだろなぅ(ノ□≦ )
サンラーちゃんが泣いちゃう気持ちもすごくわかるっ!

梅兄さんってば怒ってるねぇ~
単にタルタル好きってだけじゃなくてサンラーちゃんもぴよりんも、
同じ仲間だからこそガマン出来なくなったのかな?
しかし…さもなくばって…過去に何があったのやら…

バルちゃんはさすがと言うしかないですね(☆ω☆)

あの梅兄さんや黒糖さんすら気付かなかった存在を、
1発で見破ってしまうとは…バルちゃんはインスニ見破りと...φ(・ω・ )

驚かせようとして待機してたけど、
あんなに深刻な話になると「じゃーん」とは出難いですね(笑)
それこそシーンとなって「空気読め」とか言われて泣いちゃうかも!

しくしく泣いてるクルちゃんをウソ泣きだと見破るバルちゃん。
えっとバルちゃんには通用しないと...φ(・ω・ )

梅兄さんはきっと未来から来たヒトですね!?
もう他のみんなと違って何かに達観してて違う時間軸から来たのか、
もしくは…ジラート人の生き残りで特殊能力を持ってる!?
全てを見通してる気がしてなりません(・ω・)

最後のバルちゃんSS画像はイイ表情してます(笑)

ホント、セリフとピッタリすぎて笑わせて頂きました♪


Re:匂いって!?
クルク
らぶたん、こにゃりんこ(・▽・)ノ

身内の悪口を言っていいのは、身内だけですよね!
他人からの悪口は、悪意しかないですもん。
親しい人たちは、悪口言ってても、それ以上のいいところを知っているし、これだけは言ってはいけないっていう一線を心得ていますよね。

会場を決めて、先に待ち伏せしてたけど、出る機会をのがしちゃって、バルに見つかっちゃった(>_<)
クルクのおやつの匂いを嗅ぎ当てるとは・・・次はデオードもしなくっちゃ★

ウソ泣きを見破ったのも、しょっちゅうクルクのウソ泣きに騙されてるから、ウソ泣きの法則を見破られたのかも!
また新しいバージョンを考えなくちゃね♪

梅を買い被っちゃいけませんw
あの人の頭の中は、90%がタルタルで占められていると思います!
残りは、クリスタルが曇っていないかってことと、食事に豆が入っていないかの心配くらい?
サンちゃんいて、クルクとバルがいて、後からサンちゃんのお兄ちゃん来るから、四人のタルタルが集まるのをワクワクしてるのかもですww


コメントを閉じる▲
やっぴ~、クルクです(・▽・)ノ

偉大なる獣、神獣フェンリルと接触するために、カラハバルハのお手伝いで、クルクは3つにちぎれたグレイプニルを探してきました。
その、3つ目の 【ゆらめく紐】 を持って帰ると、「はたして研究は成功するのだろうか」 とカー君の中の人が語り始めました。

Klu1316.jpg

「我の知っている男で、似たよう奴がいたな。
意気込み、命をかけて、大事に挑んだが……それは、成功しなかった。
大切なものを失って、なお戦いは延々と終わらず……
せめて、彼の人が愛した、国の再建を夢見て、戦い続けるばかりであった。
男は、悔やみ続けていたのかもしれん。
もし、あのときに戻れたら……
もっと違った方法で……
彼の人を……救うことができたなら、と……」


カー君の中の人、自分のことなんじゃないの~?(>д<)
しかも、前に言ってた 「争いの世が延々と続く世界」 じゃないか。
でね、カー君に黒い使者を見たよって言ったんだけど、なんかしらばっくれてる感じだった。

色々と書きたいことはあるんだけど、もう少し後にしましょうか。

さて、3つに分かれたグレイプニルが揃ったので、カラハバルハに会いに行きましょう!

天の塔に入ったら、カラハバルハも研究室から出て来ていました。
そしてグレイプニルを渡すと、「私に、繋ぎ合わせることができるでしょうか・・・」って、ちょっと弱気?

Klu1317.jpg

カラハバルハが「否」 って使いました。
これ、元帥の口癖なんじゃなくて、カラハバルハの口癖だったんだね。

そこへ、ロベルアクベルの登場です。
あれ?
北にいるんじゃなかったの?

でもこれで、一人二役ではないと確定しました。
クルクはずっと、カラハバルハとロベルアクベルは同一人物ではないかって疑ってたの。
だけどそれにしては、あまりにも雰囲気が違いすぎるし・・・。
そしてクルクは確信しました。
ロベルアクベルはカラハバルハだった、でしょ?
たぶん、クルクたちとは別の世界で、更にもっと先の時代から来たのかもしれない。
だとすれば、リリゼット=リリスになって、見た目の年齢の違いも説明がつくもの。

元帥にも報告をして、あとはカラハバルハに任せることになったんだけど・・・。
カラハバルハが聞きたいことがあるって、元帥を呼び止めたの。
研究とは関係ない、個人的なことだって。

神子さまがさ、研究を続けるとカラハバルハによくないことが起こるってロベルアクベルから言われたって言ってたでしょ?
それについて、どういうことかって。
それって、研究に関係ないことなんだ?

Klu1318.jpg

ねぇ、カラハバルハが神子さまのことを 「彼女」 って言ったよ。
神子さまに対して使う言葉じゃないよね?
カラハバルハくらいの人なら、言葉が相手に与えるイメージくらいは当然わかっていて使うよね。
これは明らかに、元帥に対しての牽制だとクルクはみたよ!
ちょっとしたヤキモチ混じりの、ね。
だって神子さまは、元帥から何か言われて、自分の研究に必要な物を見せてくれなかったばかりか、止めようなんて言い出しちゃったんだもんね。

元帥はいったい、何をしようとしているのか・・・?
カラハバルハがすごいのは、それを元帥にズバリと聞いちゃったところです。

Klu1319.jpg

あのシャントットさまでさえ、疑いながらも本人に言うことはなかったのにw
クルクも、星月に祈れって言われるのが怖くて聞けなかったのに。

カラハバルハも、ロベルアクベルのことは知っていて、あなたとは似ても似つかぬ穏やかで大らかな男だって言ったの。
しかも、そのロベルアクベルは、大戦の初めに戦線で命を落としたはずなんだって!
これは、軍の上層部と当時の院のものたちのごく一部にしか明かされていないらしいんだけど・・・。
てことは、知っていたけど能力的には本人よりも上だから、中の人が誰だかわかんないけど問題なしでいいや、で済ませてきちゃったってこと?
あっぶなぁ~い!(>д<)
これが敵で、今までは信頼されるための芝居だったら、どうしちゃうのよねぇ?
クルクも、さんざん 「敵なの? それとも味方?」 って悩んでいたもの。

でね、カラハバルハに訊ねられた元帥の答えが、もぉぉ~切なすぎて・・・!

「我にも・・・貴下のように、熱意と、正義と、信念に溢れ、事に臨んでいた時代があった」

Klu1320.jpg

「カラハバルハよ、
我は、今度こそ・・・彼の人を助けたいだけなのだ。
そして、そなたに、このまま生き延びてほしいのだ」


だからか!
切羽詰まったような、あの感じの理由はこれか。

元帥の世界では、召喚が成功しなくて、ウィンダスは滅んでしまったんだ。
それでも戦いは続いていて・・・。
ずっとずっと、20年・・・それ以上も後悔しながら自分を責め続けて、それでも元帥は戦い続けてきたんだね。
それが、何かのきっかけで過去に行けることになって・・・。
(このあたりのことも、何となく察しがつき始めているけど、今はまだいいやw)

叶わなかった自分の未来を、この世界のカラハバルハには叶えて欲しいって願っているんだね(⊃_⊂)
だからカラハバルハの研究を中断させて、何か他に方法はないかって探っていたの?
カー君が言ってたもんね、「もっと違った方法で、彼の人を救うことができたなら」 って。

でも、やっぱり完全召喚しか手はなくて・・・。
この世界で成功させたって、自分のいた世界は変わらないんだよね?
それでも・・・。
元帥は、この世界で、今度こそ完全召喚を成功させたいんだ!
完全召喚は命を落とすとわかっているから、カラハバルハの代わりに、自分がやるつもり?

Klu1321.jpg

キツいなぁ。
なんて究極のラブストーリだろう。
シリアスすぎる~!

・・・待て待て。
まだクライマックスじゃないんだよね。
いや、この後コメディ展開なんて期待はしてないよ!
そじゃなくて、究極と今から言うのは早すぎるだろうってことです。
まだ何か残してるはずですよ!

成功しなかった理由はなんだろう?
今回は成功するはずなんだよね?
どっちが召喚するの?
・・・って、どっちも現代にいませんよね(´・ω・`)
ここって、クルク達の世界に繋がっている過去なの?
現代で、カイルパイルがぼやいてるけど、それって 「穏やかで大らかなロベルアクベル」 のことではないよね?
ココにいる、元カラハバルハのロベルアクベルのことだとしたら、繋がっている世界だよね。
はぅぁ・・・ミッションの方もやらないと、解けない謎もあるのかな。
うん、やるけどね。

おっと、まだクエは終わっていなかったwww

元帥は、「正義が行われ、貴下らが求めれば……何もかもが、明らかになろう」 って言ってました。
よし、うん。
それじゃ、頑張ろう。

レコがね、なんか改まって、クルクにありがとうなんて言うの。
そういえばレコは、未来から来たわけじゃないんだよね?
元帥とは、どんな経緯で知り合ったんだろう?
元帥の正体や目的を知っていて、それに協力してるんだもんね?
罪狩りに狙われているから、なんかあるんだろうけどさ。

そのレコが、「このまま、ウィンダスは最終決戦に突入するだろう」 って言ったの。
どんな結果になるかわからないけど、「最後まで、ともに戦ってくれないか?」 だって。
言わずもがな!
もちろんだよ!
未来に帰れって言われたって、帰らないんだからっ!

Klu1322.jpg

ねぇ?
まさかレコも、死ぬつもりなんじゃないよね?
・・・そう思った理由は何もないんだけど、何となくそう思ったから・・・。

最初はさ、なんだかいけ好かないネコだなぁ~なんて思ったりもしたけどw
調子いいこと言っちゃって、本心はどうだかわからないよね~って思ったりもしたよ。
だけど・・・レコ、いなくなったらイヤだなぁ・・・(´・ω・`)

あ、そうそうそう。
思い出した時に書いておかないと、また忘れちゃうから書くね。
前にシャントットさまが、聖都にはまだ 「あの方がいらっしゃるもの」 ってなことを言っていたけど、それってカラハバルハのことなんだよね?
神子さまのわけないじゃん?
だって、いるのが当たり前だもん。
元帥は、「元帥君」 って言ってるから違うよね。
他に思い当たる人がいないから、きっとそうなんだよね。
・・・そんな風に言っちゃうんだ。
だとしたら、それもちょっぴり切ないね。
ミッションでさ、院長の指輪をカラハバルハが貸してくれなくて、その時のことを思い出したら腹が立ってきたって言ってたけどww
シャントットさまは、まだ当分北にいるのかな?

さて、次はまたミッションの方に戻りますよ~(・▽・)ノ






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/13 23:59】 | 過去 ウィンダス クエ
トラックバック(0) |

其の人の名は…
らぶりぃ
クルちゃん、こにゃぷっぷくぷぅ(*´ω`)ノ
(…仕事先の上司にコレで挨拶したら張り倒されそう…)

本格的に元帥の中のヒトが語り始めましたね。
こうして記事を読ませて貰っていくうちに「あのヒト」なんだろなぅって、
予想はついてるけど「なぜ?」な部分がやっと見えて来ました。

中のヒトも国のため、彼女のために命を懸けて頑張ったけど、
成功せずに戦争は続いたまま…
それって本当にツラかったんだろなぅ(ノ□≦ )
それを繰り返したくない一心で今も動いてるんでしょうね。

中のヒトの正体を知らないカラハバルハからすると、
彼女が元帥の言う事を聞いてカラハバルハの研究を止めるのは、
面白くないわけで…ヤキモチ、うんわかります(笑)

だけど元帥としてはそんなこと言ってる時間も無さそうだもんね。
このまま実験が成功しちゃえば元帥とまったく同じ未来が、
この世界でも起こるわけでそうなるとウィンダスもヽ( ̄ω ̄;)
確かビジョンで見た大樹が枯れて、神子様が倒れてる…
そんな未来は絶対にイヤなのだ!

最後まで進めればいずれ全てが明らかになるのなら、
このまま行っちゃって下さいヾ(⌒ω⌒)ノ
だけどたまに立ち止まって一家のヒトタチに、
顔を見せてあげてね(σ⌒ω⌒)σ

レコのセリフが何とも…
こういう時期にフラグが立ちそうなセリフは怖いよo(`ω´*)o
このヒトもちゃんと守ってあげなきゃ、
ロマーお頭からすっごいお仕置きが待ってると思います。

最後に…

1番最初のカー君SS画像だけどパッと見た時、
鼻血が上に吹き出してるのかと思っちゃった(* ̄m ̄)ぷっ

シリアス展開だったのにこんなオチコメントでスミマセン(泣)



kingshuffle
こんにちは サブリガです

元帥の正体が あの人 だった場合

あの人 は大いなる獣を召喚して亡くなってるので 未来 は無い為 未来から来れるはずが無い

という矛盾点が語られましたね~

しかしもう1つの矛盾点はまだあるのですが…………

どのような経緯があったにせよ 元帥が居た未来から過去に来られたなら 最悪の未来をむかえない為に どのような手段を用いても 歴史を変えたくなりますよね~ 元帥の行動の余裕の無さは彼の必死の行動のあらわれだったかもしれませんね

果たしてこの後 元帥 と 英雄 は どうなるのか

歴史を変えれればカラハバルハは死亡しなかった事になるのでしょうか? それとも歴史は変えられずに冒険者が居た現代そのままなのか 果たして2人のカラハバルハの結末はいかに…………?

そういえば過去のシャントット様が北に居る事で 星の大樹の元気が無い原因が昔 北で見捨てて放置した人形の呪いか? という話が黒のAFクエストにあったなぁ というのを思い出しました 色々と繋がりありますよね

サブリガでした



Re:其の人の名は…
クルク
らぶたん、ぷっぷくぷ~♪ドンドン♪ぱふぱふ♪(・▽・)ノ
(こんな挨拶をしたら、お薬を飲めと言われそうですw)

元帥の正体は、どう考えてもこのヒトしか考えられなかったんですが、それには矛盾と、理由がわからなくて・・・。
そういうことか!と、腑に落ちました。

前に見せられた凄惨なビジョン、あれは元帥がいた世界なのでしょうね。
ずっとずーっと戦い続けながら、もしもやり直せるならって、出来ないことを考えて続けていたんだろうな(´・ω・`)
それが、出来るかもって状況になったら、何がなんでも成し遂げたいですよね。
だからって、自分の世界は何も変わらないんだろうけど。

元帥の世界にはいなかった、クルクと「元帥」がこの世界のこの時代にいるから、絶対に守ってみせるのですヽ(*`▽´*)ノ

レコも、ホントにフラグになるようなこと言わないでほしいです(⊃д<)
レコのことも、守ります!

で、カー君の鼻血・・・!
おかしくて、笑いをこらえるのに、咳したり鼻かんだり、伸びをしてみたりしましたが、ちょっと無理でしたww
トイレ行って、顔だけで思いっきり笑ってスッキリ★

あ、今夜は一家の記事を更新する予定です(・▽・)ノ


Re:
クルク
サブリガさん、こんにちは~(・▽・)ノ

そなのです。
早い頃に、未来から?って思ったのですが、サブリガさんが言うように、成功していたらカラハバルハはいないはずだし、仮にいたとしても(魂とかで)、余裕なく切羽詰まることもないしなぁ…と。

もう1つの矛盾・・・て、なんだろう?(・▽・)

もしも、元帥が召喚を成功させる、または、二人のカラハバルハが召喚を成功させることで、この世界のカラハバルハが死なずに済んだとしたら・・・。
そういう未来の世界が、また別に出来るってことかな?
現代にいるクルクたちの歴史が変わる・・・はずはないですもんね?
あ!
実は生きているんだけど、死んだことにして、どこかで隠遁生活をしているってことになるんじゃ・・・。
現代ミッションの神子さまの様子からみれば、そんなことにはならないかぅ~(´・ω・`)

あ、黒AFのクエ!
3博士が関わるから、ぜひやりたいんですけどね~♪
星の大樹のお話なのかな?
北で見捨てた人形の呪い!?( ̄□ ̄;)
夏に向けて、黒上げしようかしら・・・w


コメントを閉じる▲
やっぴ、クルクです(・▽・)ノ

カラハバルハからお使いを頼まれて、クルクは3つに分かれたグレイブニルの鎖を探しに行きました。
まず最初に向かったのは、グロウベルグの幽境の沢。
「小さきもの」 は、グロウベルグにいて、古来より人と寄り添い、慈悲深くて誠実で、人を助ける存在なんだって。
古の言い伝えを信じて、「盟約せし者」 をずっと待っているらしいって、カー君の中の人が言ってました。

Klu1306.jpg

レコが、彼女ら自信も綺麗な光を放っているって言ってたから、間違いないでしょう。
つか、知ってるなら、ズバリ言ったらいいのにね!(`△´)

グロウベルグにある幽境の沢、その(F-5)に Fey Blossoms ってポイントがあるので、調べます。
すると、妖精がクルクの前にやって来ました。
クルクが 「グレイブニルの切れはしをちょうだい」 って言ったら、驚いて仲間たちとヒソヒソ相談をし始めちゃった。

Klu1307.jpg

そして話し合いの結果、クルクは伝承の人には全然見えないってことになりました。
え~( ̄д ̄;)
「なんでよ~」 って抗議したら、【妖蟲のフラスコ】はとっても綺麗な光を放っているとか言い返されちゃった。
だってクルク、妖蟲じゃないもん( ̄_ ̄)
あ、そのフラスコなら、海岸で拾って持ってるよ(・▽・)ノ△
夜間の方が光るから、それまでちょっと待ってようっと。
18時~6時までの間がいいみたい。

それまでちょっと時間があったから、バルを呼んで遊んでました♪

さあ、さっきの失礼な妖精に、妖蟲のフラスコを叩きつけてやろうじゃないか!
あ、叩きつけたら割れちゃうから、そーっとね。
そしたら、また仲間たちとヒソヒソ会議をしています。

ま~だ~?

まさか本当に、伝承のとおりに人の子が受け取りに来るなんて思っていなかったから、みんなビックリしていたようです。
「いつの日か、世界が軋みを上げ始めたとき、きっと、何者かがこれを求めてやってくる。そのときまで、大切に、守っておいでなさい」 って、ピクシー達の先祖が昔から託してきたものなんだって。

Klu1308.jpg

Klu1309.jpg

最初の1つ目、クルクは 【うつろう紐】 を手に入れることが出来ました。
レコにはその都度戻って・・・って言われてるけど、戻らずに全部揃えちゃってもいいみたい。
でも、クルクは一度戻りまーす(・▽・)ノ

クルクが 【うつろう紐】 を持って帰ると、レコとカー君が待っていました。
レコが、もしもフェンリルを捕えることに失敗したらどうなるかっていう話を振ると、カー君の中の人は「荒ぶる獣の前に、
国の被害は甚大だ」と答えます。
それだけじゃなく、カラハバルハ自身もただでは済まない。
彼は民の信頼厚い国の重要人物であり、もしも命を落とすようなことになれば、国は一気に負け戦の雰囲気に満ちてしまうだろうって。

うむむ。

じゃ、2つ目を探してくるね。
鳥の友達で、チョコボではない・・・って、ヤグ?
昔は友達だったの?
でも今は敵だよね?
そんなヤグに言ったって、渡してなんかくれないと思うけど。
カー君の中の人が、「公正なるカー・トルなら・・・」 って。
じゃ、そのカー・トルを尋ねてみるね(・▽・)ノ

サバイバルガイドで、メリファトへと飛びました。
あ、もちろん過去の方ね。
ヤグ城はすぐ隣だから、こそこそ~っと中へ入ります。

Klu1310.jpg

大広場から北の細い通路を抜けて、次のマップの(G-7)にある燭台を調べたら、ヤグが出てきました。
でも、カー・トルじゃないみたい。
まぁいいや。
「グレイプニルの切れはしをくださいな」 って言ったら、愚か者扱いされたよ
出てきたヤグってば、「さような伝承を真に受けてむざむざと人の子が、我らが城深く乗り込んで来ようとは。命知らずにも程がある」 とか言っちゃって襲ってこようとしたの。
やるならクルクだってやっちゃるよ?
・・・そこに 「待たれよ」 と現れたのが、カー・トルでした。
自分達は礼節を重んじる誇り高き種族だから、盟約があるのにそんな非礼は見るに堪えないって、追っ払ってくれました。

今では誰も信じていないけど、その昔、かつての友人から預かったものがあるってカー・トルが言います。
だけど、クルクが本当に伝承の者なのかわからないから、クルクの力の証を持って来いって言われました。
力の証って言ったら、偉大なるジョブの証だよね。
それならクルク、た~っくさん持ってるよ。
どれがいい?
どれにしようかな~♪で決めて、【偉大なる詩人の証】になりました。
クルク、一度もジョブチェしたことありませんww
でも、いいみたいよ。
カー・トルは、約束は約束だから持っていけって。

Klu1311.jpg

Klu1312.jpg

2つ目の 【たゆたう紐】 を手に入れたので、またウィンに戻りました。
出迎えてくれたレコが、「戦いは避けられないかと思ってたけど」 なんて言ってるの。
そう思ってたのに、クルク1人に行かせたの!?

ヤグとの浅からぬ因縁、今後もそうなのかなってレコが言うと、カー君の中の人は 「戦争の局面によるだろう」 だって。
アルタナ連合軍が勝利するか、獣人血盟軍が勝利するか、あるいは・・・。

Klu1313.jpg

そんなことになった暁には、ヴァナは黒き影と死の臭いに溢れて、彼らと再びわかりあう機会は永遠に失われるだろうって。
それどころか、あらゆる魔力は枯渇して、星の大樹は枯れ、世界は闇に落ちてしまう・・・と。
まるで、見てきたみたいじゃない、カー君。

さて、最後の一つは、8つ目の部屋にあるってこと。
レコとカー君の中の人がいうヒントは、部屋がたくさんあって、建国時代からある建物。
意外と近くにあったりして、でも 「今」 は入れない場所かも。
つまり、現代のホルトト遺跡のどこか、ですね。
ホルトト遺跡の地図を見ると、部屋がたくさんある場所がありますね。
4か所に2つづつの小部屋・・・。
アジド院長が入ってたトコです。
え、あそこって、入れるの?

ホルトト遺跡は久しぶり。
絡まれないかと思ったけど、整備されていない場所では絡まれマンボーなのね。
ゴブから小銭を巻き上げつつ進んで、例の部屋の前にやって来ました。
そしたらさ、入れちゃったみたいだよ。
でもそこに・・・!!

Klu1314.jpg

でも・・・すぐに消えちゃった。
いったい、なんだったんだろう?
あの黒い使者って、ミッションの時にも現れて、クルクはカラハバルハの方割れかと思ってたんだよね。
方割れ、か。
ある意味、間違いではなかったかもしれないね。

Klu1315.jpg

さて、3つ目の 【ゆらめく紐】 を手に入れました♪
また、いつも通りにデジョンのお札をもらい忘れて来ちゃってたけど、指輪も杖もあるから大丈夫★
それじゃ、過去に戻りましょう!!








いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/12 23:59】 | 過去 ウィンダス クエ
トラックバック(0) |

ヒモがいっぱい♪
らぶりぃ
クルちゃん、おはおーございますぅ(*´ω`)ノ

3つに別れた魔法の鎖を探しに行って来たのですね♪
小さきものは妖精さんでしたか~
ふよふよと飛んでてこっちの体力が減ってるとケアルしてくれるんですよね。
この妖精さんが3つに分かれたモノを預かってたとは(・ω・)

せっかくクルちゃんが取りに行ったのに、
伝承のヒトには見えないからくれないってヽ( ̄ω ̄;)
それなのにフラスコ持って行ったら伝承のとおりヒトの子が、
ちゃんと取りに来たって…伝承に書いてあるヒトってどんなヒトなのか、
とっても気になるわぁ(☆ω☆)

翼はヤグだったのですね!
あれを翼と言っていいのか悩むけれど、
昔は飛べたのかもしれないですねぇ~バッサバッサと飛んでる姿…

想像付かないからやめときます(笑)

最初に追い返されたのはきっと手土産がなくて、
怒ってたのかもしれないですよ~
現代の調理ギルドならヤグの好物もあるので今度持参すると、
ヒモの他にも小さいつづらと大きいつづらが貰えちゃうかも♪

最後のホルトト遺跡の宇宙人からは何も言われずに、
部屋に入ったらヒモが落ちてたのかぅ( ̄ω ̄)
せめて「ここに置いときます(はぁと)」みたいに、
メモ書きでもあれば良かったのに気がきかない宇宙人だこと!

3つのヒモを集めてどうなっちゃうんでしょう?
私から言えることは、絡まっちゃってもチカラいっぱい引っぱったら、
よけいに絡まるから気を付けてね(*⌒ω⌒)ノ


Re:ヒモがいっぱい♪
クルク
らぶたん、こにゃ~ちは(・▽・)ノ

鎖って、3つにちぎれると紐になっちゃうのですね★
それを編んで鎖にするのかな?

失礼な妖精たちだけど、ケアルしてくれるから許してあげるのだ(`・ω・´)

んとね、伝承に書いてある人は、カー君が言ってた人みたい。
光を手にしてればいいなら、手持ち花火とかでもよかったのかな(・▽・)

それから、飛んでるヤグは、アジド君が見たって言ってた!
クルクは、浮いてるヤグなら見たよ(・▽・)b

ホルトトにいた黒き使者は、照れ屋さんなのかな?
その正体は・・・。

紐が三本集まったから、あとはカラハバルハが三つ編みにしてくれるはずです!
こんがらがっちゃった紐を、一生懸命にほどいているカラハバルハ・・・想像して笑っちゃった(*´m`*)ぷふっ


コメントを閉じる▲
Klu1305.jpg


i_klu.gif
お使いを頼まれて、グロウベルグの幽境の沢まで来んだけど、
ちょっと時間があってヒマだったから、バルを呼んでみたの。

水が湧き出してるんだから、吸い込まれたりしないのにねぇ~?(*´m`*)ぷふふ

ここって、現代ではどうなっているんだろうね?



i_bal.gif
久々にクルクに呼ばれて行った場所は、キレイな所だったなぁ。
そしたらクルクが、また変なことを言い出したんだ。

オレだって、一応は泳げるぞ。
そういえば子供の頃は、よくクルクに池に突き落とされて溺れてたなぁ・・・。







いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/11 23:59】 | * クルク一家
トラックバック(0) |

綺麗♪
らぶりぃ
クルちゃん、こんにち…あっ、バルちゃんとデートでしたか(/ω\*)

それじゃお邪魔しないように、そっと回れ右して帰ろうっと♪
そしてここから独り言...φ(・ω・ )

夜の幽境の沢って綺麗ですね~♪
踊り子AFを取得しに行ってこんな風に座ってたら、
ぜったい躊躇しちゃいそうです(笑)

バルちゃんは泳げるのね!
私は泳ぎはちょっとニガテなので羨ましいヽ( ̄ω ̄;)

幽境の沢って水が沸き出してるトコロが明るいから怖くないけど、
もし真っ暗なら怖すぎてダメです(⊃ω⊂;)

もし怖いモノ見たさがあるのでしたら検索で、
「海 怖い 深い」で出て来る中心が真っ暗の海にぜひ( ̄ー ̄)ニヤッ

あ、うずらちゃんがカメラ持ってウロウロしてたような…
きっと気のせいかもしれないですね♪

それじゃ2人でごゆっくり☆彡

Re: 綺麗♪
クルク
らぶたん、こにゃんちは(・▽・)ノ

デ、デートじゃないよぅ(*>□<*)
ちょっと時間があって、退屈だったから・・・ぁぅぁぅ。

幽境の沢は、夜に限りますね★
ほんとキレイで、何にもしなくても見ていられます(*´-`*)
あ、泉だけど、夜は光っていて怖くないけど、昼間に見ると真ん中が暗~くて、水が湧き出ているとわかっていても、吸い込まれちゃいそうよ(・▽<)b
今度、覗いてみてね!
昼と夜と、どっちのSSを使おうか迷ったんだけど、やっぱり夜になっちゃった♪

バルってば、クルクがよく突き落としてたなんて言ってるけど、人聞きの悪い!(`・ω・´)
バルがいつもぼけ~っと突っ立ってるから、走って来たクルクにぶつかって、転げて池に落ちちゃってただけなのにさ。
いつか溺れ死ぬって思ったから、泳ぐの練習してたんだって。
落ちないように気をつければいいのにね★

らぶたんは、ほぅほぅほぅ・・・泳ぐのが苦手...φ(..)メモメモ
クルクは、息継ぎすると沈んじゃうよ(・▽・)ノ

・・・え、うずらが!?
うずらはレベルが1だから、こんな所まで来れるはずは・・・いや、うずらは何するかわからないからなぁ~(;一_一)
気配に注意しておかなくちゃ!

さて、と。
バル~、深くて怖い海の動画、一緒に見よう~?
もちろん、部屋は暗くして雰囲気出さないとね♪
・・・あれ?どこ行っちゃったのかな?


コメントを閉じる▲
こにゃちは、クルクです(・▽・)ノ

えーと、この記事は、昨日の記事の前にプレイしていたものなので、順序的には逆になってます。
クエがまだ途中なので、逆にしてもいいかなって。
記事は逆だけど、前回のクエのすぐ後のことなので、その辺の辻褄はご了承くださいね~。


=-*-=-*-=-*-=-*-=-*-=-*-=-*-=

んとね、前回クエのショックが後を引いていて、ちょっと違うことしようかなって思ってたのね。
で、まだカルゴナルゴにいたから、デジョンのお札で戻ったら、過去ウィンでした。
はい。
戻ったら、レコがクルクを待ってました(^_^;)

「これから、ちょっと急ぎの、大事な用があるんだけど…一緒に来るかい? 」 って言われました。
行くけど、その前にちょっと、気晴らししてきてもいい?(´・ω・`)

Klu1297.jpg

神子さま!?
神子さまに会うの?
じゃ、先に行く~。

今回のクエのタイトル、「隠者と神獣と」 でしょ?
これはもう、ズバリじゃない。
神子さまに会うってことは、カラハバルハとフェンリルのことが聞けるかもしれないよね♪

天の塔、神子さまのお部屋に案内してくれるのは、若いズババ様w

Klu1298.jpg

神子さまのお部屋に入り、ご挨拶とクルクの紹介が終わったら、レコが 「どうか我々を彼の元へお通しください」 って言ったの。
「彼」 っていったら、彼でしょ!
え~!会えるの!?
話が聞けるのかと思ったら、会えちゃうんだ!

神子さまのお部屋から、直通の心の院。
や、過去クエの後に現代ウィンのミッションやったら、そりゃ~さぞかし切ないだろうなぁ。
だってさ、今はもうそこにはいない人なんだもん。
それを思っている今も、けっこう切ないけどね。

「彼」 は、ウィンダスを滅びの宿命から救うために、とある研究をしているのだと、神子さまがお話してくれました。
大いなる獣の召喚、だよね。
神子さまはその研究に賛同したんだけど、今はとっても怯えているの。
この時の神子さまは、クルクには1人の女の子に見えました。
神子さまは、彼のしようとしていることが正しいのかどうか、もうわからなくなってしまったって言うの。

Klu1299.jpg

それは、ウィンダスを救うってことよりも、彼がどうなってしまうのかっていう不安からだよね。
神子さま、やっぱりカラハバルハのことが好きだったんだね。

そして、心の院へと入ります。

Klu1300.jpg

本物のカラハバルハだ・・・!
これはちょっと、いや、思っていた以上に感動です。
クルク、緊張しちゃったよw
リアルの何かに例えると・・・・・・思いつかないけどwww
だけどさ、ウィンダスの子達は、きっと誰でも 「英雄カラハバルハ」 の話を聞いて育ってきているんだよね。
多分、ウィン国民でカラハバルハの名前を知らない人はいないってくらい。
その本人が目の前にいて、しゃべってるんだよ~!
・・・っていう、緊張と興奮です。

レコが 「ついに、城砦も機能を失ってしまった」 と言うと、カラハバルハは 「やはり、そうでしたか」 と。
北東の方角の大きな魔力が消えるのを感じて、もしやと思っていたんだって。
ほぉ~う・・・そういうもんなんですね。

カラハバルハの研究は、ほとんど完成してるらしいの!
でも、肝心なものを神子さまが貸してくれないみたいで・・・。
レコが促すと、神子さまは 「ダメです!やめましょう」 だって。
今更なにを・・・。
だって、完成しなかったら、今までのカラハバルハの研究の苦労は水の泡よ?

神子さまね、このまま研究を続ければ、カラハバルハに恐ろしいことが起こるって、ロベルアクベルに言われたんだって!
そう言った神子さまの口ぶりからすると、命を落とすって感じのことを言われたみたいだよ。

どういうこと?
元帥は、カラハバルハの研究を阻止したいの?

神子さまは、戦闘魔導団もミスラ傭兵団もたくさんいるから、彼だけでちゃんと守りきれるはずだなんて言うのよ。
いや、そんなにいませんから( ̄_ ̄)
元帥に、何を吹き込まれたのやら・・・。

そんな神子さまを、カラハバルハは 「そのようなことを仰ってはなりません」 と諭します。

Klu1301.jpg

あぁ~、それも恋する乙女には辛いことだねぇ(>д<)
神子さまは謝ると、神々の書を差し出し、首からまがつみの玉を外してカラハバルハに手渡しました。

Klu1302.jpg

ちょっと見つめあっていたように思ったのは、クルクの気のせいでしょうか?
神子さまは、そのまま部屋から出ていってしまいました。

カラハバルハはここで、ウィンダスを救う方法を模索し続けていたと言います。
そして、たったひとつの手段に行き着いたのだそうです。
それが、この世界を司る偉大なる獣、フェンリルを従える術。
初代の神子であるリミララさまは、フェンリルを捕らえるために、自らの魔力で 「グレイブニル」 というしなやかな鎖を作り出したんだって!
そして、大いなる魔力と慈愛の心で、捕らえたフェンリルと心を通わせることに成功したとか。
すごいね!
もはや神話級のお話ですよ。

それだけ途方もない魔力を持っていたリミララさまなのに、怯嬬には勝てずに、滅びを願ってしまったんだよね。
その預言が今、現実になろうとしていて、それを回避しようとカラハバルハが研究をし続けて・・・。

カラハバルハは、もう一度その鎖でフェンリルと接触できないかって考えたみたい。
では、その鎖はどこにあるのか・・・?


  役目を終えしグレイブニルは、3つにちぎれたり。
  我、それを余人に預けし・・・。
  ひとつを、小さきものに。
  いまひとつを、翼持つ友に。
  そして、もうひとつを、我らが8つ目の部屋に・・・。



神々の書には、こんな謎かけが書いてあったんだって。
カラハバルハは、3つに散らばったグレイブニルを繋ぎ会わせることが出来ないかって思ったけど、この広い世界をくまなく探すには、どれだけ時間がかかるか・・・と。
そんな悠長な時間はないんだもんね?

するとレコが、任せてくださいだって。

Klu1303.jpg

なんだい、クルク任せかいw
まぁね、そんなことだろうとは思っていたさw

よっしゃ!
それじゃクルクが一走りしてくるよ!(・▽・)ノ
それが、クルクが過去に呼ばれた理由かもしれないもんね★

で、どこを探せばいいのかな?

水区に戻ると、レコが指笛でカー君を呼び出しました。
そんなんで呼び出せちゃうんだね?(^_^;)

Klu1304.jpg

文句を言うカー君に、そんなこと言ってる場合じゃないだろうってレコが言ったの。
しかも、「誰より一番詳しいんだ。よろしく頼むよ」だって。

はじめクルクは、神獣だからカー君が詳しいって意味かと思ったんだ。
レコも、「餅は餅屋、神獣のことは神獣に」って言ってたから。
でも、中の人がロベルアクベルだとしたら、意味が全く変わってきます。
誰よりも一番詳しいのは、その研究をしてきた人。
あの人の正体、クルクの中で確定しつつあります・・・。

カー君になんでも聞くといいよって、レコが気軽に言ったから、謎かけについて訊ねてみました。

まずは、「小さきもの」について。
小さきものっていったら、すぐに浮かぶのはタルタルだけど、タルタルから見て小さきものって言ったらなぁに?
マンドラちゃんとか?
ほら、ウェイレアとかさ(・▽・)
・・・違うみたいだよ。

二つ目の、「翼持つ友」 について。
翼といったら、鳥。
鳥で友といえば、チョコボしかいないでしょ!(・▽・)
・・・違うんだって。

最後の、「8つ目の部屋」 について。
8つ目ってことは、他に7つは存在してるってことでしょ?
5院と、第6の院。
もしかしたら、第7と第8の院もあるのかな?
・・・ないみたい。

なによ、二人とも知ってるんじゃないヽ(*`д´*)ノ
クルクに珍回答させて、後でぷぷぷって笑うんでしょ!
いいよーだ。

それじゃ、クルクは世界と時空駆け回り、3つに分かれたグレイブニルを見つけてきます(・▽・)ノ






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/10 23:59】 | 過去 ウィンダス クエ
トラックバック(0) |


kingshuffle
こんにちは サブリガです

話の内容的にコメントしたいのですが 話の内容的にどうコメントしてもネタばれになりそうでコメントしにくいですが 汗 ネタばれはなしで

クエストのタイトルからしてもいよいよ過去ウィン関係の核心にせまるような内容になってきてますね~

そしてついに あの英雄 登場ですね

カーバンクル(?) が出てきた事から クルクさんのなかでは元帥の正体が あの人 に確定しつつあるようですね

しかしその推測には矛盾点が2つばかりありますが~

果たして真相はいかに!

いや~ 話の続きが早く見たい

あと ウィンに集まりつつあるクルク一家の話の続きも気になります

サブリガでした



Re:
クルク
サブリガさん、こんばんは~(・▽・)ノ

このクエ、ネタバレするなって言われたら、絶対にコメントに困っちゃいますよね(^_^;)
クルクも自分だけじゃなくて、色んな人の意見を聞きたいのですが、クリアしている方はすでに真実を知っていらっしゃるわけだし、そうなると 「あぁ~、聞いちゃった~(>д<)」 って悔しくなってしまうから、聞きたくても我慢なのですw
なので、「うぅ~、言いたい!」 と思っても、もう少し我慢してくださいww

元帥の正体、クルクの中で固まりつつありますが、うん、この時点ではまだ不特定要素がありましてね・・・。

あ、そうそう、クルク一家のお話はですね、全員集合させてしまったら、収集付かなくなりましてww
一度白紙に戻して書き直したのです。
が、それでも長くて、何が何だかわからなくなっているので、サラッといくか、とことん煮るか、今ちょっと調整中ですww
なまじ一人一人の設定が出来てしまっているから、余計面倒なことになっちゃっています(^_^;)


彼の家
らぶりぃ
クルちゃん、こんばんわん(*´ω`)ノ

今日は朝からお出掛けしててやっと帰って来ました♪
クルちゃんは神子様と一緒に彼の家にお出掛けしてたのですね(σ⌒ω⌒)σ

ちゃんと動いているカラハバルハはどうでしたか?
現代の今でこそ「英雄」と呼ばれてるけど、
当時のカラハバルハは普通の目の院院長って感じなのかな(・ω・)

ある研究のために神子様の部屋から直通で行けちゃうお部屋で、
召喚魔法の研究をしているのかぅ( ・ω・)ノ
最初は賛同していたけれど研究が進むにつれて、
カラハバルハの研究が怖くなって来ちゃったのね。
やっぱり神子様には何か予感めいたものがあったのか、
もしくはカラハバルハをずっと見てるからこそだったり(/ω\*)

フェンリルを鎖で飼っちゃうってスゴイ魔法です!
そこまでいっちゃうと只の飼い犬みたい(笑)

役目を終えた鎖は3つに分かれて、
ひとつは小さいモノ…チゴー?
羽のあるある…アーリマン?
8つ目の部屋…男性の8つ目の隠し部屋…見たいけど見ちゃいけない?

カーバンクルは通信手段の役目なのね(笑)
きっと研究してるカラハバルハが見たら腰抜かすかも(* ̄m ̄)ぷっ
そして中身のヒトの正体はあのヒトなのかな~

クルちゃんは魔法の鎖捜索なのですね♪
気を付けて行ってらっしゃいませヾ(⌒ω⌒)ノ

やっと
らぶりぃ
クルちゃん、2度目のこんばんわふ♪

コメントを書いて送信すると不正な内容でエラーが…
何でなのかな~って気になる場所を修正したりしても
まったくダメで何度目かの確認でようやく発見( ・ω・)b

魔法の鎖の名前を入れるとアウトでした(笑)
よくよく見て…あ~にゃるほどと。
ソコに引っかかったところはスゴイな~と感心しちゃって、
おもわずコメントしちゃいました( ̄ー ̄)ニヤッ

それでわ、おやすみなさいませ♪


Re: 彼の家
クルク
らぶたん、お帰りなさいのこばわんわ(・▽・)ノ

生きて動いてしゃべっているカラハバルハは、ちょっとした感動モノでした!
「英雄」と呼ばれている人だと思うからなのか、普通の院長っていう感じではありませんでしたよ★
院長と言うよりは、本当に研究者で、物静かで知的で・・・。
変わり者しかいないウィンダスの院長たちとは、まったく別の次元の人でしたw

神子さまは、元帥に言われて、それで怖くなっちゃったみたいです。
それも、フェンリルをどうこうすることが・・・ではなくて、カラハバルハがどうにかなってしまうっていうことの方が。
神子さまは、一人の女性である前に、神子さまでいなければならない立場の人だから、見ていて可哀想なの(´・ω・`)

3つに分かれて・・・。
チゴー( ̄◇ ̄)
たしかに小さいですね!
小さすぎて、探すのが大変そう(⊃_⊂)

羽のあるアーリマンだったら・・・イヤすぎます(´д`)
アイツらってば、憎たらしいんだもん!

男性の8つ目の隠し部屋ですって!?
そんなにたくさん隠し部屋が!( ̄□ ̄)
そんな部屋がバルにもあったら、端から順にバーン!と開け放っていきますww

カー君の仕組みは、いったいどうなっているんでしょうねぇ?(^_^;)



Re: やっと
クルク
らぶたん、2度目のこんばんわっふんふん(・▽・)ノ

例の魔法の鎖に、そんな罠が!!( ̄□ ̄)

・・・あぁ~、たしかに・・・(^_^;)

そういうのでも引っかかっちゃうわけですね。
だけど、そのつもりじゃない場合は、わからないですよね~?
NGワードはこれよ~って、教えてくれてもいいのにね(´・ω・`)

では、おやすみなさ~い★
また明日♪(*´▽`*)ノ



コメントを閉じる▲
こにゃっぴ~、クルクです(・▽・)ノ

ホントはウィンの過去クエの続きのつもりで、記事も作りかけてあったんだけど、記事を差し替えることにしました。
今日の記事は、夕べのお話♪

んとね、ライたんの彫金トルクげっちょのために、お手伝いをしに行ったのです。
場所は怨念洞で、獲物は乱獲。
怨念洞は、スターオニオンズ団のクエ「子供たちへ」 のために受けたクエ 「月の導き」 で来たことがあるから、クリスタルの登録は#2だけしてあったの。
だから丁度よかったんだ(・▽・)

前からお手伝いするよ~とは言っていたけど、なかなかオファーが入らなくてねw
今はたまたまウィンの過去クエの途中だったから、どうしようかなって思ったの。
だって、今やってるクエのタイトルって、「隠者と神獣と」 なんだよ!?
その途中で、いろいろと気になることたっくさんだったから・・・。

でも、ライたんから連絡があって 「そうじくんにトルク狩りに誘ってもらった」 って、クルクの都合はどう?って聞かれたの。
「そうじくん」 とは、クルクが1stの時にたまに遊んでもらっていたフレで、クルクは 「そうちゃん」 と呼んでいました。
そうちゃんは、クルクのことを 「クル君」 と呼ぶたった一人のお友達でした。

懐かしいなぁ~。
でも、もうずいぶん前のことだし、クルクのことは忘れちゃってるかもしれないよね。
だけど、行っちゃおうかな★

茶箱出しの乱獲PTでなかったら、きっとクルクは参加しなかったかもしれません。
だって、PTスキル皆無だからwww

初めはそうちゃんに内緒でこっそりと行こうと思ってたの。
でも、現地に着いたら目の前にそうちゃんがいたwww
で、クルクが反応する前に、ビックリされちゃったのだ(*´▽`*)エヘヘ
覚えててくれて嬉しかった~(*´-`*)
しかも、あの頃と同じに 「クル君」 って呼んでくれました♪
肝心のライたんは、最後に到着だったよ~www

Klu1287_201504090111025a6.jpg

さて、ライたんの茶箱出しですが、何をどうすればいいのかよくわからないけど、とにかく敵を倒して茶箱を出させればいいのよね?
お魚、スライム、コウモリ、ピンクの変なデッカイの。
見つけ次第戦ってたんだけど、どうもクルクの攻撃が弱いのね。
なかなか倒せなくて、時間かかってるの。
やぁねぇ~・・・って思いながら殴ってたんだけど、あれ?もしかして、クルク素手で殴ってる?
武器の装備を忘れていました(^_^;)
あれ~? いつから?

Klu1288_20150409011944969.jpg

赤い装備のタルちゃんは、そうちゃんの2アカの子だそうです。
箱開けはお任せして・・・というか、PTで箱が出た場合どうなってるのかよくわかりませんwww
だからクルクは、とりあえず殴る担当♪
通路にコウモリが湧いたら釣って来たり。
クルク的には結構出てると思ったんだけど、あんまり出ないって二人が言ってたから、そんなもんなのかしら~って。
で、ライたんが 「1ぐ」 とか暗号を言っていたけど、何だったのでしょう?
わからないけど、まぁいいやって聞かなかったんだけどww

時間は1時間ちょい?
いくつ茶箱が出たのかわからないけど、お目当てのトルクは出なかったようです。
残念だのぅ(´・ω・`)

最近はずっとミッションとかクエをしてたから、手あたり次第の乱獲って久しぶり。
おかげでクルクはメリポが溜まって、四神円舞を2段階目にすることが出来ました♪

それから、PTもどえらい久しぶりだったんだけど、やっぱり自分に役割が出来ちゃうPTは、もう出来ませんねwww
自分に何をすればいいのかはわかるけど、メンバーに何をすればいいのかはサッパリわかりません( ̄▽ ̄)アッハッハ

そしてクルクは、また過去へと戻って行ったのでした(・▽・)ノ

ライたん、また呼んでね~★





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/09 23:59】 | ヴァナ日記
トラックバック(0) |

乱獲!
らぶりぃ
クルちゃん、おはようごぜえますだぁ(*´ω`)ノ

昨夜は乱獲パーティに参加して来たのですね♪
1stの頃からのお友達さんとライカちゃんの3人での
久しぶりのパーティは如何でしたか?

茶箱って普通にレベル上げしていれば数はそれなりに出るけど、
中身に目的を持つと難しいですよねヽ( ̄ω ̄;)
だけど合成職人様のライカちゃんにとっては、
トルクシリーズは欲しいんだろなぅ~♪

私の倉庫に眠ってる裁縫革骨鍛冶トルクを、
進呈出来ればイイのにo(≧ω≦)o

狙うとなかなか大変だと思うけれど、
いつか茶箱を開けて目的の品が入って大喜びしてるライカちゃんを、
こちらの記事で読める日がくるようodinサーバから応援しています♪


Re:乱獲!
クルク
らぶたん、こんにちはでごぜぇますだぁ(・▽・)ノ

久しぶりだったけど・・・って、8年ぶりとか?(゜□゜)
もっと緊張しちゃうかなって思いましたが、昔と同じくらいの緊張でしたw

適当に、って言葉はちょっといい加減に聞こえちゃうけど、自分スタイルで文句言われないくらいのPTだったので、楽しくできました♪
途中まで、素手で殴っていたし(^_^;)

茶箱を開けてアイテムげっちょって、けっこう大変なのですね~。
下手にやって失敗したくないので、クルクは手を出しませんでしたが。

ライたんにはもらいものしてるし、ちょっとでも貢献できたらいいなぁ~って思っているんだけど、受け渡し出来ないアイテムだから、一人で行っても仕方ないしねぇw

取れたよ~♪って報告、近いうちに出来るといいな★(・▽・)


コメントを閉じる▲
わっふん、クルクです(・▽・)ノ

今回、SSが多いです。
いつも多いけどw
この記事分だけで、撮ったSSが300枚以上w
イベントシーンが長かったって言うのもあるんだけど・・・。
どれも使いたいSSだけど、そんなに使えないし、長くなるとその分SSも増えちゃうから、なるべく抑えました。

では、「朔北の爪牙」 の後編です。

---*---*---*---*---*---

えーっと、軍の備蓄品をちょいと拝借しに、東ロンフォに探しに行きました★
場所はね、過去の東ロンフォ(J-11) でした。

【暗黒の灰】が手に入ったから、次はこれを誰かに調合してもらって 対魔装甲用の弾を作ってもらわなくちゃ。
だけど、破邪の弾を扱えるのはバスの火薬研究所くらいしかないみたいだし、この大戦時に部外者なんか立ち入らせてもらえない。
そいたらね、レコに 「・・・ね?」 って言われましたw
クルクにしか出来ないこと。
ハイハイ、了解で~す(・▽・)ノ
それじゃ、ちょっくら現代のバスまで行ってきます★

現代バスの大工房2階(H-8)にいるStriking-Snake ってガルカの人に話しかけてみたら、20年前の大戦時に使われた特殊弾じゃないか?って。
なんでそんな古臭いものを欲しがるのか聞かれたけど・・・。
古臭いけど新しい物じゃないと、使い物にならないでしょ?
このガルカさん、作れるみたいだよ(・▽・)
【炎の水銀】 と 【氷の硫黄】 を集めてくれば作ってくれるって♪
でもね、今ではどこで手に入るかわからないみたい。
昔は、北グスタで掘れたんだって~(´▽`)
おけ~★
じゃあ、昔の北グスタで掘ってくるね(・▽・)ノ

過去のバスへ飛んで、そこから外に出たら、すっごく青くてきれいでビックリしちゃった(*´▽`*)

Klu1275.jpg

えっと、掘り掘りポイントなんだけど、過去北グスタ(I-7)~(J-7) のガーゼムの丘山腹~頂上辺りか、(I-4)~(J-4) 付近らしいの。
まずは丘の方から、ずーっと登りながら探してみたんだけど、どこにもないのよね~。
山の向こう側に降りて、もうひとつのポイントに行ってみました。
そっちは二ヶ所見つけたよ♪
あ、最初のポイントを二回掘って両方出たけどね。

そしたらまた現代に戻って、大工房にいるガルカの人にアイテムを持って行ったら、ヴァナ0時越えで作って渡してくれました(・▽・)
ガルカさんは、たまには変わり種を作るのもおもしろいもんだって。
またなんかあったら持ってこいって言ってくれたから、その時はヨロシクね★

じゃ、カルゴナルゴに行くよ!

城砦ではすでに厳戒態勢に入っているみたい。

Klu1276.jpg

レコが持ってきた破邪の矢尻と、クルクが持ってきた破邪の弾、両方対魔法装甲用の特殊弾です♪
・・・でもさ、ここにいるタルタルはクルク一人よ?
そのクルクも、魔法は使わないよ?
対魔法装甲の敵は、装備してるだけ無駄なんじゃ・・・?
よっぽど北に届けてあげたいっていうか、ね(^_^;)
まぁ、何かしらの魔法が飛び交うんでしょう、きっとww

Klu1277.jpg

やつら、空からきましたよ!
しかも、目玉がデーモン連れて飛んできたΣ( ̄□ ̄;)

Klu1278.jpg

でもコレなら、ペリィ団長とナホの隊に狙い打ちしてもらって、落ちて来たのをコブラが片付ければ楽勝なんじゃない?
と思ったら、正面からも「お得意先」のご到着の知らせがありました。

Klu1279.jpg

お得意先・・・ヤグ共か。
っていうか、どえらい数ですよ!( ̄_ ̄;)

Klu1280.jpg

各隊へ指示をだすレコ。
クルクは初めて知ったんだけど、このカルゴナルゴ城砦にある五楼と魔魂塔って、聖都の結界と連動してるんだって。
だから敵はカルゴナルゴを狙ってくるし、ウィンダスは何がなんでも城砦を守ろうとしているのね。

Klu1281.jpg

それがたった1つの命令です。

各団長たちが武器を合わせて、そしてそれぞれの持ち場へと散ります。
みんなミスラだから、動きがカッコいいの(*´▽`*)

クルクは、ティルちゃんミルちゃんと一緒に戦ってたの。
そしたらロマーお頭から、他の楼の守りを固めろって指示が出て、クルクたちは走りました。

Klu1282.jpg

そしたらさ、扉を出た瞬間、狙われたのか偶然か、爆弾で吹っ飛ばされました(>д<)
頭をぶつけたみたいで泣いてるミルちゃんに、ティルちゃんが手を差し出して・・・。

Klu1283.jpg

この二人は、ホント仲良しの姉妹みたいだよね。
そしてクルクは、何か小動物みたいだww

と、目の前の塔に取り付こうとしている敵を発見!
ちょっとマズイ数に目を奪われていたら、いち早く気づいたティルちゃんが、インビジで背後から襲ってきた敵から庇ってくれました。
ティルちゃん、見破り級なのね!
ここは自分に任せて、塔に行けって言うティルちゃん。

ダメだよ! みんなで敵を倒してから・・・。

そんな悠長なことを言っている余裕さえない状況で、絶対に守らなくてはならない塔に行くことが出来るのは、今この場にはミルちゃんとクルクだけ。

Klu1284.jpg

わかった、すぐに戻るから!
だから、絶対に待っててね!
すぐ戻るからっ!!

クルク、どうして泣きそうになってるんだろ?

一方、西は大丈夫かって言うペリィ団長に、ロマーお頭がクルクたちがうまくやってくれてるといいんだけどって答えてます。
大丈夫!
西は守るから、そしたら三人でそっちに合流するから、大丈夫!

だけど・・・。

ティルちゃんが、足を負傷してしまいました。
歩くのも辛そうだよぅ(´・ω・`)
どこか安全な場所で手当てを・・・。
そんな場所、今のカルゴナルゴ城砦にはありません(⊃д⊂)
入った通路の先にある扉が開いたと思ったら、そこにはたくさんの敵。

Klu1285.jpg

なだれ込んで来ようとしていた敵を手榴弾で吹き飛ばしたけど、敵は背後からも続々と現れて・・・!
ティルちゃんは手榴弾を手に、敵に突っ込んで行ってしまったのです。

Klu1286.jpg

通路から爆炎が噴き出してきたけど、それでもなお敵は通路に向かって・・・。
ティルちゃん!(≧△≦)

西側の広場にある(E-7)の扉を調べると、いきなり戦闘が始まります。
目玉が二匹、デーモン三匹で、内一匹がボスです。
目玉から倒すのがいいらしいけど、そんなのクルクには関係ありません。
SSを撮るヒマもなく、瞬殺。
もう一度扉を調べます。

どうやら敵は撃退したみたいなんだけど・・・。
被害は尋常ではありません。
クルク達が守った二つの塔と魔魂塔は無事だったけど、他は破壊されてしまったみたい。

Klu1287.jpg

つまり、聖都の結界は、もはや風前の灯状態ってわけね。
被害はそれだけじゃなく、人員も相当・・・。

そして、「お頭ぁ! ティルちゃんが・・・ティルちゃんが!!」 という、ミルちゃんの叫び声が・・・。

Klu1288.jpg

もうダメ。
クルクなんにも見えません(⊃д⊂)
コブラ隊に入った時から、ついさっきまでのやりとり・・・。
あれは全てフラグだったの?

王子様と恋に落ちる妄想をしていたり、退屈な任務より前線で戦いたいって言っていたり、敵を待つ間の緊張感がゼロだったり、会議中なのにレコを見てキャッキャしていたり、クルクのことを親友って思ってくれていたり・・・。

ミルちゃんが、「わたし…が、あの時ぃ…」って、泣いています。
それは、クルクも同じだよ(ノ_・。)
やっぱりあの時、三人一緒に行動していれば・・・。
そしたらお頭が、「泣くな!!」って。
「これは戦争だ」ってお頭が言います。
ティルちゃんは勇敢に戦って、役目を果たしたんだって・・・。

Klu1289.jpg

だけど、やっぱり悲しいよ。
もちろん、この戦いで命を落としたのは、ティルちゃんだけではありません。
ティルちゃんがミルちゃんにとって大切な人だったように、亡くなった人達にもそれぞれ大切に思う人達がいるのです。

Klu1290.jpg

お頭は団長だから、皆の前では毅然としていたけど、悲しくなかったわけじゃないのです。
まだ少女だったティルちゃんに、魚の捕り方や木の実の採り方を教えたのは、ロマーお頭だったんだって。
そして、剣の振り方と戦い方も…って。

Klu1291.jpg

ロマーお頭は、ティルちゃんの養母だったのかなぁ。
もしかしたら、ミルちゃんもそうなのかも。
それで二人は姉妹みたいに育ったのかな。

Klu1292.jpg


ひどい有様だな、と、突然誰かの声が聞こえてきました。
レコが顔を上げると、そこにいたのは・・・え?

Klu1293.jpg

ちょっとお待ち!
何でここにカー君が出てくるの?
レコも驚いていたけど、でも知らないわけではないみたい。
「出てきちゃっていいのかい?」 とか 「もう、なりふり構っている余裕はない、か…」 って。
どうやら、カー君の声はレコには聞こえているけど、お頭には聞こえていないみたいだね。
って言うか、カー君のしゃべり方、やけに偉そうっていうか・・・ロベルアクベル元帥みたい。

城砦の機能がほぼ死んでしまったことに対してレコが謝ると、カー君は 「否、ここまで粘ったのだ。まだ可能性は、ある」 と言いました。
ちょい待て待て待て!
「否」 って、ロベルアクベルの口癖じゃん?
ってことはだよ、ロベルアクベルの正体って、カー君だったのね!

・・・・・なわけないでしょw

北にいる元帥が、カー君を通して話しているのかな?
だからカーバンクルなのに名前が「???」ってなってるのかな?
てことは・・・召喚士。
え~。

カー君は(ハッキリわかっていないから、とりあえずカー君てことで)、本当はもっと早くにこうなっていたって言ってたの。
本当は、もっと早くに・・・。
つまり、カー君の中の人は、未来から来た人で、今とは違う過去を知っているってこと。
てことは?
クルクやリリゼットとは、違う未来から来た人?
クルク達とは違う未来って、どんな未来なの?
リリスがいる未来?

あ、解答やヒントはいりませんので、クルクの独り言は聞き流してくださいねw

ロマーお頭が、クルクに 【ステラピアス】 をくれたの。
ティルちゃんがもっていたのと同じものだって。

Klu1294.jpg

クルク達は、聖都へ戻ります。







いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/08 23:59】 | 過去 ウィンダス クエ
トラックバック(0) |

大事な人
らぶりぃ
クルちゃん、おはよんございます(*´ω`)ノ

軍の備品を拝借って無くなった方は後でビックリかもですよね!
これが人数分のお弁当とかだったら確実に数人が食べれないカモ(笑)

過去へ採掘に行って現代で特殊弾丸にしてもらって、
届けたのは魔法を使わないミスラ軍団( ̄ω ̄?
テキが対魔法装甲をしてても別に関係ないし、
みんな接近してぶん殴るだけだもんねo( ̄△ ̄○☆

うわぁ、ヤグやらデーモンやらテキだらけ((((;・ω・)))ガクガク
過去のテキって相当強いから大変そうなのだぅ。
ティルちゃんもミルちゃんも普段はオトボケコンビだけど、
いざ戦闘になったら、さすがコブラ兵団の一員だね!

でも…あのセリフはイヤな予感しかしない…

前にも後ろにもたくさんのテキに囲まれて、
それでも逃げずに戦うティルちゃんの姿はカッコイイです!
足を負傷してもなお砦のため、みんなのために、
手榴弾でテキを吹っ飛ばす…

やっと退けたけれど砦も甚大な被害が出たのね。
それでも聖都と繋がる結界だけは死守出来たみたいで良かった。

だけどティルちゃんは…もう何も言えないです(⊃ω⊂;)

こうなるんだろなって思ってても悲しいですね。
良く頑張ったねって褒めてあげたい。

大切なヒトが亡くなったのはミルちゃんだけじゃなくて、
他の場所でも大事なヒト、家族、友達の命が消えたんでしょうね…
それでも前に進まなきゃイケないし立ち止まっては、
命を懸けて戦った戦士たちに申し訳なさすぎです。

それまでは泣かずに前だけを見て全てが終わったら、
いっぱい泣いてあげて下さいρ(>ω< )ヽ(・ω・ )

で、カーバンクル…Σ( ̄△ ̄ノ)ノ

この時代って召喚魔法は無いですよね!?
なのにカーバンクルがいるってことは…元帥…なにしてるんでしょ?
しかもレコもわかってる風だし、そもそもどこで知り合ったのよ!

ロマーお頭にもらったステアピアス。
どんな性能かわかりませんがしばらく付けてあげて欲しいと、
切に願うらぶりぃでした…


ちょっと別件♪
らぶりぃ
クルちゃん、2度目のおはよんよん(*´ω`)ノ

内容が全く違うので最初のコメントとは分けさせてもらいました♪

4月のログインキャンペーンが発表されましたね(*⌒ω⌒)ノ
しかもピュピル装備って何ですか!?
とぉぉっても欲しいんですけどヾ(⌒ω⌒)ノ

みんなに着せてあげたいと思うけど、
またしても同一アカウント宅配不可ってヽ( ̄ω ̄;)
みんなに着せようと思ったらその分ログポが必要ですね。

しかもアライアンス装備も出てるし~
桜の木ってどんな調度品なのよ!
これだって欲しいわよっ!

全部300ポイントで貰えるみたいだけど、
ピュピル3部位、アライ3部位、桜、で7個x300の2100ポインツ!
これに新しい盟を合わせると2600ポインツですか(・ω・)

欲しいものがありすぎて困るキャンペーンでした(笑)



kingshuffle
こんにちは サブリガです

戦時中なので仕方ないとはいえ…………

アルタナ関係のミッションやクエストでは 多々 こうな感じ場面があります この話はウィンの連続クエストですがサンドやバスも状況は似たようなものなんですよね

生き残った者達が出来るのは 亡くなった人のぶんまで前に進む事

現代で闇王と戦ってるのでわかると思いますが 彼の目的は 人間を滅ぼす事 ですし 何やら黒い連中が暗躍してますし 悲しくても前に進むしかないですよね

せめて亡くなった方達に 黙祷を捧げつつ…………

いきなり出てきた カー君(?)のかんしては………… ノーコメントで 汗

このあたりから色々情報が出てきて 色々な謎が こうなのかな? とか こうなんじゃないかな? とか 色々と憶測がでてきますが………… まだ全体の1/3から半分くらいなので まだまだ色々とありますよ~

あと4月のログインキャンペーンですが 何気にまた3000ポイントで黒帯の上位トリガー交換出来ますね あと普段2000で交換してるアイテムが1000になってたり 普段1000(黒帯のトリガーとかね)のが500になってたり 色々あってログポ足りませんよね~ 汗

サブリガでした





Re:大事な人
クルク
らぶたん、こんこんにちにゃ(・▽・)ノ

人数分のお弁当!
たしかにそうですよね(゜□゜)
作ってもらった特殊弾ですが、ちゃんとバリアーがパリーンて壊れるエフェクトがあって、凝ってるなぁ~って思いましたが、必要はそんなになかったのかも?(^_^;)

背後から襲ってきた敵から庇ってくれた時、そういうことかって思ったの。
だけど、戦いが終わった後に、心配するミルちゃんの前に現れて、あのくらい!って言うティルちゃんも期待していたの(⊃д⊂)
ロマーお頭の、「これは戦争なんだ」っていうセリフが重かったです。
その戦争で、最期まで勇敢に戦ったティルちゃんに「親友」って言ってもらったクルクは、ティルちゃんに負けないように、この時代で戦い抜くのです(≧△≦)ノ

そして、カーバンクル( ̄_ ̄)
クルクが会ったことのあるカー君は、「ボク」って言ってたし、しゃべり方も違ったけど、カー君はたくさんいるみたいだし、こういうカー君もいるのかもね★(・▽・)
・・・って、そこまで能天気には考えられませんw
カー君を中継して元帥が話しているとしか思えないので、つまり元帥はこの時代の人じゃないってことですよね~。
ふむぅ・・・。

あ、お頭からもらったピアスですが、何とも微妙すぎて・・・(^_^;)
もらった後に装備して、翌日モグハに帰ってから、なくさないように、大切に金庫にしまっておきました!(・▽・)b
捨てられないアイテムって、どうしてどれもこれも性能が微妙すぎるんでしょうね?


Re:ちょっと別件♪
クルク
らぶたん、も一度こにゃこっこ(・▽・)ノ

4月のログインキャンペーン、さっそく見てきました!
ピュピル装備ってらぶたんのコメ見て、ネタ装備かな?って思ってましたww
これは欲しいですねっ!(≧▽≦)
桜の木っていうのには、ちょっと笑っちゃいましたww
っていうか、桜の木もピュピル装備も、なんで今なんだろ?
どうせなら3月のアイテムにしてくれればいいのに。
揃う頃には、若葉の季節じゃないですかねぇ( ̄_ ̄;)

アライアンス装備も、持ってない子いるし♪
+装備にすれば、アドゥリンでのお買い物が割り引きって・・・ww

ちゃんと毎日ログインしなくちゃですね~(^_^;)


Re:
クルク
サブリガさん、こんにゃちは(・▽・)ノ

どこの国でも死闘を繰り広げている時代ですもんね(´・ω・`)
北に進攻しなくてはならないくらいに、どこも追い込まれている状況ですね。

誰がどうなっていくのか・・・。

カー君やその他の謎については、この先もノーコメントでお願いしますww
クエはそろそろ大詰めに来ているようですし、ミッションはまだ半分も終わっていません。
まだまだ色々とあるのは承知です(・▽<)b

4月のログインキャンペーン、そうなんですよね!
倒したってドロップするとは限らない、つか、確率が低いんだから、もっと少ないポイントで交換できるようにしてほしいです(>д<)
クルクはフェイスを諦めて(ドルチェはいるし、ブリジッドは支援だろうし)、切り詰めないと!
倉庫番達も、ちょっと考えて交換ですね(^_^;)
ピュピル装備が楽しみです♪

サブリガさんはサブリガ装備だけど、セットになっている両脚装備って、いつももらっているのですか?
素朴な疑問ですw


サブリガが好きですが…………
kingshuffle
こんにちは サブリガです

セットになってる装備の脚装備なのですが…………

AF等含め 実は持ってます 汗

キングシャッフルと名前にサブリガと付くキャラは脚はサブリガで固定してますので別の装備を履いてる姿は 絶対に見せませんが 中の人が基本コレクター気質なので取れる物はとりあえず取ってる感じですね 特にAFとかは1部位欠けてると何か気になりますしね

まぁ

繰り返しますが サブリガ以外は 絶対に 履きませんけどねw

というわけで今回のピュピル装備も履きませんが脚装備も貰うと思います(アラインスの脚はすでに持ってたりします

あ 絶対に と書きましたが らぶりぃさんと会った時 爺で ちらっとだけサンタのズボン履いたような…………? 汗

サブリガでした






Re: サブリガが好きですが…………
クルク
サブリガさん、おこんばんは(・▽・)ノ

あ、やっぱり一応揃えてはあるのですね!

でも、「サブリガ以外は 絶対に 履きません」と言い切るところがカッコよすなぁ(´▽`)

サブリガに対する、愛とプライドを感じます★


コメントを閉じる▲
にょい、クルクです(・▽・)ノ

ウィンダスに戻って来ました。
あ、過去のね。
そしたら、ティルちゃんとミルちゃんの二人がクルクを待ってたの。

Klu1262.jpg

天の塔で会議があるるみたいで、傭兵団の皆が元帥に呼ばれてるんだって。
それでロマーお頭に、クルクも呼んで来るように言われたみたい。

天の塔に行くと、さっそく会議が始まりました。
ウィンダスはね、今までの戦いで、もう作戦を選ぶ余裕すらなくなってきている状況なんだって。
だけどそれは、他の国も同じ。
そこでアルタナ連合軍は、敵陣へと進攻して、ズヴァール城の包囲戦を展開するつもりみたい。

北へ軍を動かせば、当然ヤグたちは聖都を狙ってくるだろうから、戦力を二分するようです。
クルクが所属しているコブラ傭兵団は、北組です。
寒いの嫌だなぅ(´・ω・`)

北には元帥とレコも行くみたい。
二人とも聖都を留守にしてて平気?

北へ行く各国の隊は、サンドリアに集合なんだって。
それじゃ、支度をして、向かいま~す(・▽・)ノ

解散した後、元帥とレコ、それから側近の眼鏡タルの三人になって・・・。
側近が、サンドからはまだ北に動きはないって報告があったけど、斥候を派遣しましょうか?って聞いたら、元帥が 「北方で動きがあれば、アレが黙ってはおるまい」 だって。
アレって、ウィンダスの黒い悪魔のことですねww

Klu1263.jpg

獅子戦闘魔導団って、ドロンフルンの隊ね。
・・・というより、シャントット様に乗っ取られた隊って言う方がわかりやすいねww

そして、元帥が言う 「彼」 とは・・・?
これはどう考えても、彼だよね、カラハバルハ。

んとさ、クルクは 「ロベルアクベル=カラハバルハ」 をちょっと疑ったのね。
一人二役なんじゃないかって。
でも、雰囲気が違い過ぎるし、今のセリフでそれは違うってことがわかりました。
カラハバルハ、まだ心の院にお籠り中なのかしら?


さてさて、支度が済んだ傭兵団のみんなで、サンドへと移動です。
サンドリアの道には詳しいティルちゃんとミルちゃんが、隊のナビゲーションをするそうです。
うん、クルクは地図を見ながら逆走しちゃうからね(・▽・)

ティルちゃんがね、クルクとまた一緒にサンドに行くことになるなんてって、ちょっと嬉しそう(*´▽`*)

Klu1264.jpg

二人には、クルクがコブラ団に入った時から仲良くしてもらってるもんね♪
そしたらミルちゃんがね、ティルちゃんが団の仲間にクルクのことを、「あたし、アイツのこと、親友だと思ってんだ」 ってくっさいこと話してたって教えてくれたのw
うっふっふ(*´-`*)
そう言ってくれるの、うれしいね♪
クルクも二人のことは大好きよ(*´▽`*)
こんなご時世でなかったら・・・ん~、逆に仲良くなれなかったかもしれないか・・・。
戦時中に非番なんてないだろうから、休憩中や寝る前なんかに、いろんなことお話してるんだろうな(*´-`*)
クルクも、本来いるべき場所ではないから、二人には案外と素直なこと言ってたりしてね。
ほわほわしている割には、現実的なミルちゃんに突っ込まれつつ、さ(*´▽`*)
それじゃ、またサンドまで一緒に行こ~♪

サンドリアのお城に行ったら、クルクが一番最後だったみたいなの!
え~、もう始まっちゃってる~(>_<)
別に、ティルちゃんミルちゃんたちと道草くってたわけじゃないよ~?

Klu1265.jpg

皆の前に立っているのは、サンドリアの近衛騎士団長のヴァレンラールで、戦況の説明をしているところだって。
長々といろいろ説明してくれたけど、具体的な戦況と戦略は、現地で指示してくれるみたいだよ。

Klu1266.jpg

北へ行く全員が、チョコボに騎乗してロンフォに集合です。
クルクのチョコボ、どうして色が違うのかな?
ロマーお頭は赤いチョコボだね。

Klu1267.jpg

すると、パットナオットナが走って来て、獅子戦闘魔導団から通信が入ったと元帥に報告しました。
通信して来たのは、獅子戦闘魔導団の師団長ドロンフルンです。
至急お伝えしたいことがあると言った後、叫び声が!
何があったの!?
パットナオットナは魔物に襲われたのでしょうか?って心配したけど、実際は・・・。
ドロンフルンが報告をしようとしていると、突然体が炎に包まれたのです!
そして倒れたドロンフルンの隣には、えぇ、もちろんあのお方がwww

Klu1268a.jpg

シャントット様からの報告は、ズヴァール城近辺で連合軍を迎え撃つ本隊以外に、大規模な別働隊が準備中なのを確認したというものでした。
目指しているのはアラゴーニュ方面で、このままカルゴナルゴ城砦を突破して、聖都へなだれ込む心づもりなんだろうって。
そしてその数が、1万以上って・・・!

さすがのわたくしも、この多さではね。
ボンクラ獅子戦闘魔導団のお守りをしながらでは、手に余りますわ。
元帥くん、何をぼやぼやしてらっしゃるのかしら?


元帥が、これから連合軍はバルドニアへ進攻するから、こちらと合流するようにって言うと・・・。

よろしくてよ。
せいぜいわたくしの足を引っ張ることのありませんように!


ボンクラって・・・(^_^;)
そして相変わらず、どうしてもこうも偉そうなんでしょうかww

こうなると、北へ行っている場合ではなくなってくるのです。
元帥は魔導団を率いてこのまま北へ向かうから、レコにはカルゴナルゴ城砦に引き返すように言いました。
ロマーお頭のコブラ傭兵団も、一緒に行くのです!
もちろん、クルクもだよ!

レコがね、傭兵団のみんなに、お土産を持って帰ってあげようって言うの。
お土産?
連合軍の備蓄物資を運んでいるのを見かけたから、それを拝借しちゃおうだって!
男でも、さすがミスラww
逆に、ロマーお頭が 「勝手にパクったりしたらマズいんじゃ・・・」 なんて言ってるよ(*´-`*)ふふふ
レコはね、連合軍全体の物資なんだから、僕らだって使う権利があるよって、もっともらしいことを言ってるけど、それとこれは違う気もするクルクですw
でもまぁ、いっか♪(・▽・)ノ

Klu1269.jpg

血盟軍は特殊な装甲を用意しているから、【暗黒の灰】 と 【凝光の石】 に装甲を無効化させる材料を調合して矢弾を生成して、それで装甲ごと吹き飛ばしてやったらどうかってことみたい★

それじゃ、さっそく担当さんに接触してみましょう♪

Klu1270.jpg

色々と質問されるのでそれに答えて疑いが晴れると、物資は周辺地域での戦いに備えて移動したと教えてくれます。
クルクは東ロンフォって言われたけど、他の場所をいわれることもあるみたい。
獣人たちに悪用されないように、わからないように隠してあるんだって。

ロマーお頭は、カルゴナルゴ城砦に戻って警戒態勢をひいておくそうです。
そしたらクルクは、レコとお土産見つけてから戻るから、待っててね★(・▽・)ノ






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/07 23:59】 | 過去 ウィンダス クエ
トラックバック(0) |

仲良し♪
らぶりぃ
クルちゃん、おはよーぐるたみんさん(*´ω`)ノ

外回りの営業を終えてやっとウィンダスに戻ったのに、
さっそく天の塔に呼ばれてお仕事なのね( ・ω・)b

連合軍はこれから本格的に闇の王たちと激突かな?
兵力はギリギリっぽいし自分たちの本拠地を守るだけで精一杯。
だけど敵軍をこのままにしておけないもんね。

そしてイザ出発って時に通信が入って叫び声って!?
そんなの聞いたらテキにやられたって思うのに、
犯人はまさかのシャントットでしたか(笑)

師団長でエライはずなのにこの雑な扱われ方ヽ( ̄ω ̄;)
まさか味方に燃やされるとは夢にも思ってなかったでしょうね…
あ、でもシャントットが一緒って時点で覚悟はあったのかも(* ̄m ̄)ぷっ

テキの数は1万…シャントットが通信で話すくらいだからよっぽどかぅ。
こんなもんが雪崩れ込んだら間違いなくウィンが壊滅しちゃいそう。

クルちゃんたちは北予定を変更してこのテキに当たるのかな?
でも数が多すぎだし本当に大丈夫なんでしょうか( ̄ω ̄)
他から支援が欲しいけどどこも手一杯で大変なんでしょうね。

で、物資をお土産に頂いたらニャンコ2人にもおすそ分け(*⌒▽⌒)_(▲)
獰猛で戦闘が好きそうな中にもホンワカしたコがいると、
一服の清涼剤みたいな感じで落ち着きそうです♪
戦闘が落ち着いたらみんなで花見しながら騒ぐのも楽しいかもヾ(⌒ω⌒)ノ


Re:仲良し♪
クルク
らぶたん、ぐるたみんさん(・▽・)ノ

降伏騒動で三国を回ってジュノにも行って、各国の状況を見る限り、どこもじり貧状態でした。
このまま守っていても状況は悪くなる一方だから、敵の本拠地に攻めに向かうことになったけど・・・。
そなのですよね、攻めに行くにも自分達の国は守らないと意味ないから、北から入った緊急連絡で、クルクたちはレコと引き返すことになったのです。

その通信・・・ドロンフルン師団長は、不憫すぎます(^_^;)
炎に包まれて倒れた後、レイズで復活して、泣いて逃げて行きましたww

一騎当千ならぬ、一騎当億を公言したシャントット様が手に余るって・・・。
魔導団のお守りをしながらでなければ、好き勝手に破壊しつくせるってことでしょうかw
なら魔導団は撤退させて、雪に埋もれた北国を、ぜひとも焦土と化していただきたいものです
ww
だって、カルゴナルゴに来ちゃうんだもん(⊃д⊂)

この戦いが終わったら、ティルちゃんとミルちゃんとクルクの三人で、おやつ持ち寄って女子会するんだ・・・(*´-`)



kingshuffle
こんにちは サブリガです

さてこの後 カルゴナルゴ城砦では何がおきるのか…………

激しい戦闘がおきそうな気がしますが………… 1万以上の兵とか言ってますしね~

そしてミッション中にヴァレンラールが登場しましたね~♪ ナイトレリックの見た目が好きなのでサブリガはメインの盾フェイスで使用していていつもお世話になってるので 出番は少なくても こういうのは嬉しかったりします

サブリガでした



Re:
クルク
サブリガさん、こんにゃちは(・▽・)ノ

カルゴナルゴ城砦・・・・・・(´・ω・`)

ヴァレンラールが出て来た時、この人知ってるけど誰だっけ?って、しばらくわかりませんでしたww
フェイスはクルクじゃなくて、誰かのトコロにいたはずです。
・・・思い出せません(^_^;)

イベントシーンは見るの好きだから長くていいんですけど、SSをバカみたいに撮ってしまうので、選ぶのが大変ですw


コメントを閉じる▲
i_bal.gif
やぁ、バルファルだ(`・∀・)ノ

アドゥリンでコツコツと仕事をこなしていたら、いつの間にかナイトが55になっていたんだ。
そこで、またジュノのマート爺さんのところに行こうと思ったんだけど、次って山登りだろ?
前にクルクから聞いた話によると、フェイス達を生贄にするクエだとか・・・。
ま、限界のためには仕方ないよな!

そして、手っ取り早く安全にインスニするために、オレはナイトではなく踊り子でいくことにした。
もちろん、レベルは55まで上げてあるぜ★
生贄作戦だし、今回はお金も必要ないし、爺やには黙って行くことにしたよ。

よし!準備は整った!
さっそくサンドリアへ飛んで、あんまり好きじゃないチョコボに乗って、北へ向かったオレである。

Klu1271.jpg

クルクから聞いたんだけど、チョコボに乗っている時に敵に襲われないのは、チョコボが使っている寝藁のニオイが敵を寄せ付けないらしい。
鼻の院の研究の賜物らしいぜ。
だったらさ、その寝藁を編んで服を作ったらいいじゃないか?
・・・あれ?
誰もそのことに気付いてないのか?
だったらオレが特許を取って、億万長者だ!
・・・と、バカなことを言うのは止めて、現実を見よう。

現実は、目の前に暗~い穴が続いている。
ちゃんと出口はあるんだろうな?
敵は練習ばっかりだし、ボチボチと行くか。

たいていの場所はクルクと一緒に来てるから、迷うことはない。
だけど、話し相手がいるのといないのとでは、心細さが違うな。
・・・こ、心細くなんてないぞ!?
今のはちょっと例えを間違えただけだ!

フェイスを呼んじゃおうっと(`・_・)

Klu1272.jpg

峠は途中から敵がとてとてになるから、気をつけないとな。
インスニしてしまえば何も問題はないから、後は出口を目指すだけだ。

出口が見えたと思ったら、すっげー吹雪いてやがる。
遭難しないだろうな?
まずはOPを目指して・・・と、一歩足を踏み出そうとしたその時!
あることが、フッとオレの頭をよぎった。
そして、その場で凍死しそうになってしまった!!( ̄□ ̄|||)

Klu1273.jpg

くっそぉぉぉぉ~~~っ!
クルクじゃあるまいし、何をやってるんだ(>д<)
まぁ、こうなったら先にOPでサバイバルガイドの登録を澄ましておこう。
なんだったら、ザルカバードまで行っちまおうか。
あぁ、そうさ!
初めから、そのつもりだったんだ!
・・・クルクのマネをして自分に言い聞かせてみたけど、ショックは変わらないや(´・ω・`)

とりあえずザルカバードまで進み、OPにあるサバイバルガイドを使ってジュノに戻った。
戻ってから気付いたんだが、これってクエを受けてからじゃないと、アイテムは取れないのかな?
・・・取れないんだよな?
そうだよな?
取れたとしても、取れないってことにしておいてくれ。

マート爺さんから話を聞いて、よし、戻るぜ!(`・∀・)ノ
庭のサバイバルガイドから、もう一度ザルカバードへ!

・・・お金が足りないみたいだ Σ( ̄□ ̄|||)

ウソだ!
だってこの間・・・あぁ、爺やに借りたお金を返したからな。
やっぱりチョコボの寝藁服、特許を取るしかないか・・・。

仕方なく爺やに借金をして、その代わりにまた爺やがくっついてくることになっちゃったよ(`;∀;)
今回は、知らないからな!
オレが走ったら、フェイス達や敵なんか放っておいて、一緒に逃げるんだぞ?

Klu1274.jpg

フェイスは、体力がありそうな盾と回復を適当に選んで呼びだした。
そして目的の洞窟の前で、ジグでインスニをかけて、中へ。
トラの姿が見えたから、あぁ~ここはトラだったか~なんて思いながら進んで行ったら・・・駆け寄って来たトラに、トラパンチを食らって・・・え!?
ここって、見破りだったっけ!
すっかり忘れてた(>д<)
すぐに攻撃を開始して、タゲを外して「???」探しだ!
見つけた~!
出口に向かって走れぇ~!(ノ>д<)ノ

そんなことを3回繰り返して、何とか3つの石は手に入れた。
後はマート爺さんの所に戻るだけ。
ホッとして気を抜いたからか、ジグのインスニが切れていることに気がつかなくて、ボケっとしてたらOPの真ん前で骨に絡まれてしまった( ̄□ ̄)ギャッ
ここでもタゲを取ってくれたフェイスを生贄に、オレはジュノに帰還したww
爺やは無事だったかな~?

マート爺さんに報告をして、無事に限界突破終了だ★
次は60かぁ~。






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/06 23:59】 | バルファルの冒険
トラックバック(0) |

おめでとう!
らぶりぃ
バル殿、限界突破おめでとうでござる!

フォルガンディ地方へ抜けるための峠は大丈夫でござったか?
拙者も昔、らぶりぃと通ったのでござるが、
普段からあまり立ち寄らないゆえつい道を間違うでござるよ。

しかし、マート老からクエストを受け忘れたと言うのは、
バル殿らしくて思わず笑ってしまったでござる(笑)
そんなところはお主の主人に似たのかもしれぬかな?

コクトー殿も一緒に行ったのでござるか!
クルク殿もバル殿もまだ若い故、ムチャをされる御仁ですから、
しっかりコクトー殿の慧眼にて見守ってあげて下され。

拙者はマート老との勝負を数度繰り返してるでござるが、
やはりあの御方は只者ではござらぬ…
また近いうちに挑戦して必ず限界突破してみるでござる!
では、これにてごめん。

----------§----------§----------§----------

クルちゃん、こんぬつわんだほー♪

バルちゃんの限界突破、おめでとうございますo(≧ω≦)o
マート爺ちゃんからクエストを受け忘れたって、
そのまま行かなくて洞窟にいかなくて良かったです!

クエストを受けていないと???は取れないのだ♪

なんで知ってるのかは聞かないで下さい(笑)
同じことをやってるんだぁ~と知ってちょっと嬉しかったの(/ω\*)

黒糖さんの作戦名がヘンっ( ̄□ ̄;)
確かに合ってるけどもう少しオブラートに包んで下さいませ~
あ、でも発案はらぶりぃだから合ってるカモしれないですね(笑)

次回はミッションも進めなきゃダメなので、
大変だと思うけれどバルちゃんの愛と勇気で乗り越えて下さいね(*⌒▽⌒)b


Re:おめでとう!
クルク
ザヤグさん、ありがとう!(`・∀・)ノ

峠は迷わず進めたよ!
クルクと来た時に、急に振り返って逆戻りするから何事かと思ったら道を間違えたってことがあって、それで覚えてたのかもな。

それにしても、マート爺さんからクエを受けてない!って気づいた時は、しばらくその場で固まっちまった^^;
クルクがよくやってて、しっかりしろよ~なんて言ってたけど、人のこと言えないなぁ。

今回こそは一人でって思ってたのに、また爺やがついてきちゃった。
次こそは一人で!

あ、ザヤグさんは爺さんと勝負をしてるのか?
やっぱり、タダモノじゃないかぁ~。
だけど、その爺さんに勝っちゃったらぶりぃさんやクルクも、タダモンじゃないよな。
でもザヤグさんだって、オレからしたらタダモノとは思えないから、絶対に勝てるよ!
吉報、待ってるな!

オレも頑張る(`・∀・)ノ


÷÷÷×÷÷÷×÷÷÷×÷÷÷

らぶたん、わっほ~ぅい(・▽・)ノ

ふふふ・・・らぶたんも引き返しましたかww
しかも、洞窟から!?(^▽^;)
あぁ~、やっぱり、爺ちゃんからクエを受けるのがトリガーになってるのですね(>_<)

フェイス生け贄作戦は、クルクはらぶたんから伝授してもらったものね♪(*´▽`*)
恐がりのバルがこれから頑張ろうって時に、勝手についてきた黒糖さんが 「人でなし」 って、ねぇ~?( ̄д ̄;)

そうそう、次はミッションもやらなくちゃなのよねぇ(´д`)
中の人は、どうして一人しかいないんでしょう?
時間がもっとあったらいいのにな。

バルへの愛と勇気なんて、そんな、らぶたんっ!クルクは別に…≧(〃□〃)≦
・・・・・・ん?
あ、「バルの」だった・・・(///_///)

ザ、ザヤグさんも爺ちゃんに勝てるように、応援してます(〃・▽・)ノ



kingshuffle
こんにちは サブリガです

バルさんでの限界2突破おめでとうございます

たぶん話の都合で現地まで歩いたと思うのですが 自分は面倒だった(キャラ多い)のでユニティでワープしてサバイバルガイド登録しました

そして当初 サブリガやフリーダでNM倒してクリアする予定でしたが自分もらぶりぃさんのとこのブログ見て 生け贄作戦 を試してみて何の問題も無く成功したので ほぼ全キャラ生け贄作戦でクリアしました ほぼ というのは試練鯖のキャラですね 別鯖のキャラはおでん以外はLV足りてなくてまだ限界やってないのです

なお 自分のとこの 生け贄 は キャラにより所持してるフェイスに若干の違いがあるのですが ヴァレンラール ラーアル ルガジーン メネジン あたりですね 特にラーアルとルガジーンは入手経路から全キャラ持ってたので重宝しました

次の限界3はミッション進めないと必須な だいじなもの が貰えないためミッションやるのが必須になりますね~ 自分はサブリガとランク5だったアソーカで開けてクリアしましたが 試練以外の鯖ではこの手は使えないので おでんのキャラは限界3で止まってます

とはいえ限界は1回クリアすればあとはそのキャラではやる必要ありませんし メインのキャラ以外も育てるのも楽しいですよね~♪

ではお互いに良いヴァナライフを♪

サブリガでした



Re:
クルク
サブリガさん、こんばんは(・▽・)ノ

ありがとございます(*´▽`*)

バルは・・・クルクもですが、ユニティーは未登録ですww
だから今、へぇ~ワープできるんだ~・・・って素で感心してましたw

生贄作戦は、フェイスを使う上で必要なスキルですよね★
サブリガさんは何度もやっているから、フェイスの生贄スキルは青字かな?(*´m`*)

次はね~、やること多くてねぇ~(^_^;)
ま、ボチボチ進めればいいんですけど。
バルの場合、レベルを上げた目的が、フェローの時と同じ装備にしたいっていうだけだったの。
でもたまに、違うキャラで冒険するのも視点が変わって楽しいです♪

それでは、良いヴァナライフを(・▽・)ノ


コメントを閉じる▲
クルクです(・▽・)ノ

前回のミッションで、レイヤーエリアの敵を殲滅すると、自動的にミッションが移行します★

Klu1251.jpg

オークだけかと思ったら、ヤグやカメもいましたね。
ぜーんぶやっつけました★

Klu1249.jpg

すると、手を叩きながらナグモラーダが姿を見せました。
さっき逃げたくせに!(`д´)
コイツ、どうも怪しいですよ。
リリゼットの耳飾りが気になるみたい。
同じものを知ってるの?
ナグモラーダは、「ジュノ攻防戦はただのとば口」 とか言って、去って行きました。

とば口?
何の?

と、考える間もなく、後ろから現れたのは・・・!?

Klu1252.jpg

ナグモラーダですよ!(゚□゚)
各国を回っていたら、既に援軍を派兵した後だって聞いて、急いで帰国したんだって。

やっぱりアイツは偽者だったんだ!
ん?・・・いつから?
降伏するってサンドで話してたのは、本物だよね?
で、ポーシャに壁ドンしたのは・・・あれは偽者ね?
で、もしかしたら、降伏に決まるように内部で動いていたのかもね。
その正体は、またアイツなんだろうな( ̄_ ̄)
二度も騙された!

本物のナグモラーダが、地上の獣人軍は、転進をはじめたところだって言ったの。
転進って、どこへ?

で、ジュノに戻ってみたら、酷い有り様になってました(´・ω・`)
親衛隊隊長のブランドルフとバーナバスがやって来て、お礼を述べてくれたんだけど・・・。
バーナバスが、ジュノの大公旗をくれました(・▽・)
ウインク付きでwww
リリゼットが、いつものポーズでそれに応えてたよw

と、宮殿のバルコニーに、カムラナートが姿を見せました。
やっと出て来たよ!
あんた、今まで何やってたの?
な~んにもしてないくせに、いきなり勝利演説をはじめちゃいました。

Klu1253.jpg

まるで舞台で演技をしているみたいに、大袈裟過ぎる身ぶり手振り。
やだ・・・変!
特に前髪が!


Klu1254.jpg

言ってることも、舞台のセリフみたいで、浮きまくり。
なんなの?この人wwwww
ちょっとキモくなってきたよぉ~。
もうこの人、ネタでしかないよねw

Klu1255.jpg

こう言ってはナンだけど・・・。
カムラナート、バカみた~いw
おかしすぎて、失笑しちゃった┐( ̄ー ̄)┌
ふん、傀儡め。

大公の演説聞いて「ワー!」とか感激しちゃってる人たちは、ついさっきまで大公が降伏しようとしてたって、知らないんだろうね。
クルク、しらけちゃった。
地下で戦ってたみんなも、どっちらけ~(´д`)
「何を考えてるんだ?」って、コイツは楽園の扉が開くなら、ジュノなんかどうなってもいいって考えてるのよ。
クルクはまだそのこと知らないんだけど★

さてさて、転進したっていう獣人軍、どこに向かってるのかと思ったら、タブナジアですってよ!
ジュノを離れていく獣人軍を見下ろしているのは、ケットシーたち。

Klu1256.jpg

ジュノは助かったけど、そのかわりにタブナジアに被害が出ちゃうの!?
かと思ったら、そういう事ではないらしく・・・。
つまり・・・。
本当はタブナジアに行くべき敵軍が、ジュノに来ちゃってたってこと?
もしかして、あのフォルモみたいなヤツラが過去を変えようとしていて、それを修正しようとしてるのがケットシー達?

うにゃにゃ・・・まだハッキリしないの(´・ω・`)

ヌーイが、みんな来るのが遅いって、まだ来てないケットシーに何かあったんじゃないかって心配してる。
だけどお仕事があるから、チャッチャとやるわよ!って。
そしたらシアってコが、「もちょっと、みんなまってみうです」って残りました。
このコ、カワイイ(*´▽`*)
同じケットシーでも、性格やしゃべり方はそれぞれみたい。

で、遅れてきた誰かに 「おそかったよう」 と声をかけながら振り向いたそのとき・・・!

Klu1257.jpg

前の二匹の時みたく、石にされちゃって、落下して砕け散っちゃったの(⊃д⊂)
やったのは、コイツ!

Klu1258.jpg

その数を聞いて、残りはどうした?と問うのは・・・ナグモラーダ!
いいえ、オドラールです!
アクウィラは逃がしたことを報告していなかったみたいで、叱られて泣いてやんの( ̄_ ̄;)

そして、裏切り者が一人・・・一匹。

Klu1259.jpg

こいつが居場所を教えてたんだ!
なんで?

それから、オドラールとアクウィラの二人は、リリゼットのことを何か知ってるみたいな口ぶり。
「この時代」 や 「いてはならぬ存在」 とか言ってるとこをみると、こいつらも未来からきたのかな?
それで、過去に干渉して、未来を獣人支配に変えようとしてるの?

話の中で 「玉体の確保を急ぎ…」 って言ってたの。
誰のことだろう?
リリゼットやクルクじゃないよね、邪魔な存在らしいから。

そして、時間だからって迎えに向かった先は、アトモスの空間。
光の粒が降りてきて、やがて姿を現したのが、どうやらボスの【リリス】 らしいよ!

Klu1260.jpg

ってことは、二人だけじゃないんだね。
いずれ戦うんだろうな~( ̄_ ̄;)

ん?ん?ん?
ちょっと待って・・・!
ポーシャに壁ドンしたのがオドラールだったとしたら、「玉体」 ってもしやポーシャ?
だって、一緒に来いとかいってたもんね。
え、何で?
ポーシャって、未来ではリリゼットの母親で・・・未来からきたヤツラにとって玉体ってことは・・・?
リリゼットとリリス、この名前の相違。
過去をどうにかしようとしてるんだか知らないけど、この人たちも未来からきたって、それはクルクとリリゼットがいる同じ未来?
もしも違う未来だったとしたら・・・過去に干渉することで、何をどうしようとしてるんだろう?

あ・・・。
ポーシャは、二人にとっての母親なの?
だけどそれは、リリゼットか、リリスか、どちらかの・・・?
え、母親争奪戦?
違うよねwww

わかりかけているような気がするんだけど、気のせいかもしれないw
にょ~っ!(>△<)

そうそう、リリスって、こんな顔w

Klu1261.jpg

さぁ~、ボスの登場で、ますます面白くなってきましたよ~ん♪






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/05 23:59】 | アルタナの神兵
トラックバック(0) |

偽物!?
らぶりぃ
クルちゃん、おはにょん(*´ω`)ノ

まずは最初にごめんなさい(m_ _)m☆彡
昨日はヘンテコなコメントをしちゃったようで反省中デス。
どういう事なのかは最後に釈明を(笑)

でわ、……ナグモラーダが2人いる!?
このヒトって兄弟とかいたんだヽ( ̄ω ̄;)
現代にも過去にも他色んなトコロに顔を出してるということは、
もしかして4つ子とかですか( ̄ω ̄?
こんなのが4人も並んだら壮観だけどウザそうですよね(笑)

ジュノも親衛隊やみんなの頑張りで獣人軍を撃退したのに、
ヘンテコ演説でみんなの気をひくカムラナートのお出まし。
降伏するってことを知ってたヒトにはさぞ滑稽に映ってたんだろなぅ。

だけど何も知らない住人は歓声を上げてるんだから、
人心掌握が上手なんだと思います。
選挙カーにでも乗ればいいのに(笑)
で、そのままどっかに行ってくれれば現代のジュノは平和だろうにね♪

ジュノへの攻撃をやめた獣人軍はタブナジアへ…
そしてFF11のオープニングムービーの悲劇が始まるのですね(ノ□≦ )
本来ならそっちがクルちゃんが知ってる未来だったのに、
リリゼットやフォモルが介入したことで何かがズレてるのでしょうか?

最後に出て来たボス?のリリス…過去でのボスっぽい顔ですね。
一体何が目的で違う未来にしたいのか、裏切ってる?ネコは何者なのか、
気になることだらけで先の話も知りたいですヾ(⌒ω⌒)ノ


----------***----------***----------***----------


さて冒頭にお話したごめんなさいですけれど、
旅行に行ってた友達が日曜の朝から遊びに来てて、
撮って来たビデオ鑑賞をしてたんだけどついでに他の友達も呼ぼう!
ってなって午前中から女4人で酒浸りというヾ( ̄ω ̄;)ノ

そして完全に出来上がった頃に1人は寝ちゃってるし、
1人はDSしたまま天井を見つめてるし1人はまだ飲んでるし(笑)
で、私はパソコン立ち上げて昨日のコメントをしたんだけど、
見事にお酒がまわってて今朝見たらなんて恥ずかしい内容(/ω\*)
そう言えばアニメでキザなセリフがどうのこうのって話を、
直前までしてたような…冷や汗モノです( ̄ー ̄;
しかも意味不明っぽい内容で本当にごめんなさいなのでした(m_ _)m


Re偽物!?:
クルク
らぶたん、おはうおん(・▽・)ノ

ナグモラーダは怪しいって思っていましたが、やっぱりニセモノでした( ̄д ̄;)
こんな顔のやつが四人もいたら、とってもスゴく嫌ですねw
あの、ハチャメチャ3兄妹どころではない(^_^;)

カムラナートは、セリフもムカついたけど、動きがおかしくて、なんなんだオマエは!って感じでした。
まぁ、政治家っていうか、そういう人種なんでしょうねえ。
あ、人種はジラート人でしたねw

あぁ~そっか!
オープニングはタブナジアですね。
丘から、指で大きさ測ってましたもんね。
最近全く見ていないから、ジュノだと勘違いしてました。
クルクが知っている本来の過去と変わっていて、それが現代にどう影響が出ているのか・・・。
でも、普通に現代に戻ると何も変わってないから(笑)、どういう落とし前をつけてくれるのか、楽しみです♪


~~~※~~~※~~~※~~~

昨日のコメント、「違う場所でも同じ月」は、よく思うことなので、のーぷろぐれむデス(・▽<)


お友だちと酒盛り、楽しそうです♪(*´▽`*)
そのうち、皆だんだん違うことをやり出してって、アルアルですね★

二日酔いにはならなかったかな?(´m`)


コメントを閉じる▲
Klu1250a.jpg



i_kab.gif
・・・・・はぁ~ぁあ、仕方ない。
せっかくウィンダスに来たから、顔だけでも出してあげようかな。






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/04 23:59】 | * クルク一家
トラックバック(0) |

月を眺めて
らぶりぃ
クルちゃん、こんにっち(*´ω`)ノ

バルちゃんとクルちゃんが見てるお月様は、
場所は違っても同じなんだろなぅ(〃ω〃)ゞ

寂しそうだからアドゥリンだけじゃなくて、
ちゃんと顔を出してあげてね♪


Re: 月を眺めて
クルク
らぶたん、こんばんちゃ(・▽・)ノ

場所は違っていても、見ているのは同じお月~(*´▽`*)
ロマンチックです(/▽\)キャ

あ、でもクルクは今過去でしたwww

そういえばバルは、山に登るとか言ってたような・・・。
アドゥリンの山かな?(・▽・)



コメントを閉じる▲
にゃぴ★クルクです(・▽・)ノ

降伏調印式が行われる地下へは、バタリアの防壁の上にあるハッチから入ります。
クルクね、ちょっと迷って一週しちゃったw

もらったカギを使って中に入ると、いたいた!
二匹のオークとナグモラーダです。

Klu1234.jpg

と、クルクの横で、リリゼットが 「うつくしく!勇ましく!愛らしく!」 とか言いながら、準備運動を始めましたよ。
マヤコフ団長の教えですね!(・▽・)ノ

オークたちは、カムラナートが来ていないって、文句言ってるみたい。
そりゃそうだ。
こんな大事なことを代理で済まそうなんて、オークの言うことは最もだけど、知ったことではな~い( ̄ー ̄)

サインしろと差し出したオークの腕に、リリゼットが投げた短剣が、グッサリと刺さりました★
ナイスコントロール(・▽・)
リリゼット、ナイフ投げダンスとかやったらいいのに♪

「何奴ッ!?」と問われ、答える代わりに飛び出したリリゼットの、蹴り上げから始まった一連の流れるような動きと攻撃は、まさしく踊り子ならではの華麗な舞の如し♪

Klu1235.jpg

Klu1236.jpg

Klu1237.jpg

Klu1238.jpg

Klu1239.jpg

Klu1240.jpg

この最後の決めポーズ、使わせて欲し~い!

で、リリゼットに比べてクルクの動きは・・・エイ、エイ!って感じ~( ̄_ ̄;)
まぁ、仕方ないんだけど、もうちょっとスマートで見栄えよく、せめてWSでもぶっ放してくれたら嬉しかったのにね~。

でもまぁ、これで調印式はぶち壊し♪
イェ~イ★( ・▽・)人(・▽・ )
と思ったら、リリゼットの後ろに突然ナグモラーダが現れて、リリゼットを羽交い締めにしたの!
ちょっと待って。
ナグモラーダ、おかしいよ?
消えて現れたよね?

Klu1241.jpg

おわかりいただけただろうか・・・。
とても人間業とは思えません。
こいつ、ホントにナグモラーダ?
駆け付けようとしたクルクも、動けないように変な術かけられちゃった!

Klu1242.jpg

せっかく倒したオーク達が、のそのそと起き上がり始め・・・。
するとどこからか剣が飛んできて、オークに突き刺さりましたよ!

Klu1243.jpg

ラジュリーズ、登場の仕方がずる~い!
そして、もちろんこの方も★

Klu1244.jpg

ラジュリーズが、ここまでの道中に敵がどっさり配置されていたって言うと、ナグモラーダは 「物足りなかったか?」だって!
コイツ、偽者!?

またオークが集まってきたと思ったら、その一匹が誰かに殴られて、超ぶっ飛んで壁に激突★
威力がおかしすぎるww

「遅くなってすまないね」 と現れたのは、ロマーお頭ヽ(≧▽≦)ノ

Klu1245.jpg

それと、オークをぶっ飛ばしたザザーグさんと、サンドの人も傭兵隊長なのかな?(・▽・)
ただならぬものを感じます。

Klu1246.jpg

ナグモラーダのやつってば、そ~っと後ずさりして、その場から逃げたよ!

オークがね、「騎士道にのっとり、紳士的に事をなすつもりであったが・・・云々・・・」 って言ったの。
まぁ~ね、確かに、これはこっちが悪いよねw
だって、降伏するってこっちから言ったのに、いきなり攻撃仕掛けてさ。
だけど、その降伏に決定したこと事態が、なんか怪しくなってきたワ。
どっちにしても、降伏したくないから、戦いましょう?

ジュノでは、異変に気づいた親衛隊が、剣を抜きました!
そして、前に送り込んだ援軍として入っていた、ウィンダスの巨蟹魔導団が援護につきました★

Klu1247.jpg

Klu1248.jpg

こうなると、地下にもそれは伝わってくるのね。
それぞれ4手に別れて、敵を殲滅するよ!

もう一度ハッチを調べると、レイヤーエリアに移ります。
クルクは状況を把握しつつ、各隊を回って敵を撃破していきます。
つまり、このエリアにいる敵を一掃すればいいってこと★
もしも隊長が倒れちゃってても、敵を倒せばいいみたい。
でね、それぞれの所にいる敵を倒した後、隊長に話しかけると、テンポラリアイテムがもらえます。
でもクルク、そのことすっかり忘れてて、もらい忘れちゃった。

敵を全て倒したらクリアで、自動的に次のミッションへ移行します。

今回画像が多くなっちゃったから、ちょっと重いかも?
文字の少なさを、SSで誤魔化しちゃった(^▽^;)

さぁ、次はアノヒトの登場だよ!(・▽・)
超おかしくって、ムカついちゃったwww

あ、あのさ、このジュノ攻防戦って、オープニングムービーのアレでしょうか?
それとも、その前の戦いなのかな?





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/03 23:59】 | アルタナの神兵
トラックバック(0) |

見せ場!
らぶりぃ
クルちゃん、おはようもんす(*´ω`)ノ

こんな地下で怪しげな調印式が行われようとしてる、
その横で準備運動って戦う気まんまんですねo( ̄△ ̄○☆
マヤコフ先生の教えも完璧みたいだし(笑)

オークのアゴに蹴りがさく裂してからの
流れるような攻撃モーションはどこかで見たような…!?
はっ、昔FF11の曲を集めたニコ動で見たアレかな(☆ω☆)
まさに踊り子の名に恥じぬ戦いでカッコ良過ぎ!

知ってるカモですけれど、
「FF11 戦闘曲 メドレーII」って検索すると出て来ますよん♪

ナグモラーダは…さすがあちこちの時代に顔を出すだけあって、
未来人なのか古代人なのか存在そのものが不明ですね( ̄ω ̄)

この後はどうなっちゃうんだろって思ったら、
みんなの出方がヒーロー大集合みたいでイイ!(*⌒ω⌒)v
ホントFF11の主役はダレだと聞きたいですよね(笑)

ラジュリーズにマヤコフまで存在感あり過ぎだし、
ロマーお頭にザザーグや他のメンバーも勢ぞろいとは♪
さすがにナグモラーダも逃げるしかないみたいだけど、
何がしたかったんでしょう( ̄ω ̄?

ジュノの親衛隊も徹底抗戦の構えになったし、
あとはクルちゃんたち遊撃隊で各個撃破ですねo( ̄△ ̄○☆
過去世界のクエストは戦闘系が多いけど楽しそうです♪

ムカつくアノヒトはどうなっちゃうのか、
次回を楽しみにしてまーすヾ(⌒ω⌒)ノ


Re:見せ場!
クルク
らぶたん、こんぬちもす(・▽・)ノ

調印式をこんな地下でするっていうのがおかしいですよね!
しかも、ジュノ側からはナグモラーダだけって・・・ありえないです( ̄_ ̄)

リリゼットは、意外にもちゃんと戦えてて…ってどころではなくて、ビックリでした!
しかも、あの動き!
見惚れちゃった後に、クルクがポカンポカンやってるから、悔しくなりましたwww
剣とか槍だったら、もっとカッコよく様になったのかなぁ~?
今度ジョブと装備を変えて、回想見てみようかな★
装備固定になったから、クルクも踊り子装備で…って思ったりもしましたが、逆に踊り子装備じゃなくてよかったデス。
差が出過ぎちゃうトコでした(^_^;)

ラジュリーズ達と隊長達は、ほんとに、あんたらはナントカ戦隊か!ってくらい、カッコいい登場でした★
クルクはもう、従者でイイデスって感じw

過去はイベントでも戦闘シーンが多いので、大戦中なんだなってしみじみ思います。

動画では、まったり系のメドレーは何度か視聴していましたが、戦闘曲って視聴したことなかったかも!
特にアルタナやろうって決めてからは、ネタバレになりそうなものは見ないようにしてきたのでw
じゃ、ちょっと見てみようかな~♪(*´▽`*)


コメントを閉じる▲
にょっぴ~★クルクです(・▽・)ノ

クルクとリリゼットは、獣人軍に降伏するっていうジュノに 「ちょっと待った!」 をかけるため、駆けつけて参りました!

Klu1227.jpg

ソロムグにはたくさんの敵が、次の攻撃に備えているところみたい。
ジュノの降伏を待って、一気になだれ込むつもりなのかも!

ソロムグ(F-6)にあるジュノの扉を調べると、イベントが始まります。
ゲート前にいるのは、コルモル先生を送った時になかなか中に入れてくれなかった人です。
この人にハルヴァーからの寸書を渡して、ナグモラーダに会わせてもらうように頼みました。
その時にね、リリゼットがクルクのこと「従者」って言ったのヽ(`д´)ノ
リリゼットのバカ~!
ラジュリーズの代理人を名乗るの、リリゼットとクルクの連名でいいじゃないさ!
未来戦士ダッグは解散じゃ~(ノ`д´)ノ~┻━┻

ジュノの中に入ると、そこには怪我をしている兵士達、疲れ果てた人々、泣いている子供達の姿が・・・(´・ω・`)
どこも同じなんだね。

部屋に通されて待ってると、入って来たのはジュノ親衛隊隊長のブランドルフって人と、親衛隊の人達でした。
ナグモラーダは所用で出てて、今はいないんだって。
まだ三国を回ってるのかな?
だとしたら、派兵の報告を聞いてるはずだよね。

リリゼットが、援軍の要請を取り付けてきたって言ってるのに、ブランドルフ隊長は既に決定したことだって言うの。
大公の意思は変わらないって。

Klu1228.jpg

だったら、三国も後に続けなんて言わないでよ!
そして、民間人を脱出させなよ!
動ける兵士達を、今のうちに三国に移しなよ!
大公とあんた達だけで、ジュノと心中したらいいんだよ(`・ω・´)
ジュノの外には、敵が降伏の合図を待ってるんだよ。
降伏したって、皆殺しに決まってるじゃん!
・・・ってムカムカしてたら、リリゼットがキレましたww

Klu1229.jpg

ジュノ大公の親衛隊隊長に向かって、この暴言www
国際問題になりますよ( ̄_ ̄;)
でもね、ブランドルフ隊長の本心は、リリゼットと同じなんだって。
たとえ味方が自分一人だけになっても、剣が折れるまで戦うつもりだったんだって。
最後の時まで立ち上がり続けるのが、ジュノ親衛隊の誇りであり、正義であると思ってたんだって。

ブランドルフ隊長、その気持ちはみんな一緒なんだよ。
だから三国は、ジュノの援軍に向かってるんだよ。

でもね、ブランドルフ隊長は、「命をかけることだけが、正義ではないのだ」 と言います。
それも、わかる。
わかるけど、相手は獣人なんだってば!(>д<)
ここで命をかけなかったら、あんた達はいつ命をかけるのさ?

ナグモラーダがね、大公の前でいかにもっていうような演説ぶって、「人々が生きていれば、それは終焉ではない」 って言ったらしいよ。
国はなくても、やり直すことができる。
機を待って、再び一矢報いることもできる、って。
それは負けた後に言うセリフだ、バカめ!ヽ(`д´)ノ
そんな言葉に、大公はホイホイと降伏を決めちゃってるわけね。
なに考えてんの?( ̄_ ̄)

ブランドルフ隊長は、親衛隊は大公の進退に従って、命運を共にするのが使命だって。
だから、諦めるってことなのね。
だけどね、大公とナグモラーダと側近達の間で検討していた今回の件、やけに早くから上層部が降伏の空気に染まってしまったって言うの。
怪しいね!

と、ナグモラーダが部屋に入ってきました。
これから降伏の調印式が執り行われるとか言ってるよ!
場所は、ヘブンズブリッジの真下にある地下だって。

Klu1230.jpg

はぁ~?
何言ってるの?
どうしょうもなくて、最後の手段として降伏するんじゃないの?
それじゃまるで、国を終わらせようとして降伏するみたい。

止められなかったってしょげるリリゼットに、どうしよう?って聞かれたクルクは・・・。
「諦めよう」 って言ってみましたww
だって、絶対に諦めるようなリリゼットじゃないじゃん?
なのに、どうしようだなんて、リリゼットらしくないのです。
だから言ってみたんだけど、やっぱり 「コラー!なんでクルクまで諦めるの!」 だって(*´m`*)プフフ

Klu1231.jpg

ほほぅ、クルクはまだ二十歳前って設定なのですか(・▽・)b
じゃ、そういうことでwww
ヒゲのエル爺でも同じこと言うんだよね?きっとw

とりあえず、時間稼ぎをするために、地下に行ってみようってことになりました。
入り口はどこかな?
そしたらね、親衛隊のバーナバスって人が出てきて、入り口のある場所を教えてくれたの!
しかも!

Klu1232.jpg

ハッチのカギを渡してくれたのです!
・・・っていうか、小首を傾げてウィンクwww

ブランドルフ隊長のことは何とか説得するから、クルクたちの作戦にあわせて最後の攻撃を開始するって言ってくれたの!
この人たち・・・親衛隊の人達ね、一番初めに過去に飛ばされた時に出会った人たち!・・・だよね?
倒れてたクルクに、怪我はないかって聞いてくれて、ここは危ないからって言ってくれたオジサン★
こんな所で再開するなんてね♪
でもきっと、クルクのことは覚えてないんだろうなぁ~。

さぁ、リリゼットのやる気も上がってきましたよ~♪

Klu1233.jpg

ヒロインなのに、なんて悪い顔w
何企んでいるのやらw

じゃ、地下に向かうよ!(・▽・)ノ



ちょっと記事を作る時間がなくってね、ここまでを前半として区切りま~す(・▽・)ノ







いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2015/04/02 23:59】 | アルタナの神兵
トラックバック(0) |

(≧▽〃)-☆パチッ
らぶりぃ
クルちゃん、こんにちわっふん(*´ω`)ノ

ジュノへ降伏撤回のため向かった続きですね!

ソロムグにはテキの前線部隊が待機してて、
降伏で扉を開けた瞬間に襲い掛かってくる算段ヽ( ̄ω ̄;)
もう降伏しようが突っぱねようがどうせ戦闘になるなら、
最後まで戦えばイイのにジュノ大公とナグモラーダは何を考えてるんだろ。
しかもこの頃の大公はアノ2人ですよねぇ。
あのチカラがあればそう簡単に堕ちないと思うんだけど…

ジュノ親衛隊は本心では戦闘続行を望んでいるけど、
御上が決めたことなら仕方がないってことなのかな(・ω・)
確かに忠誠を誓うのは大事なことかもしれないけど、
街の住民を守るのもアンタたちの仕事でしょo(`ω´*)o

水晶大戦に負けてリリゼットもクルちゃんも、
この世に居なかったという世界になるとさすがに困っちゃいますね!
この後バルちゃんにも出会わなきゃダメだし、
一家のみんなと出会うイベントも全てなくなっちゃう( ̄□ ̄;)

そんなことにはさせないようにってカギを開けてくれたのが…
ヒゲのオジサンのウインクですか(≧▽〃)-☆パチッ
クルちゃんってそっちの方にモテモテですな(笑)

あ~、ヒロインとシャントットが重なります( ̄ー ̄)ニヤッ


Re:(≧▽〃)-☆パチッ
クルク
らぶたん、ここにゃんこ(・▽・)ノ

「決まったこと」だとか立場とか、そういうことを言う人ばっかりで、それは当然なんだろうけど、だけどそれより大事なことがあるでしょ!って、リリゼットの真っ直ぐさが届いたみたい★

この頃の大公は、あの二人・・・あ、兄ちゃんの方は姿を隠してるのかな?
20年前からあの姿じゃ、ちょっと怪しまれちゃうもんね!

大戦に負けちゃって、リリゼットもクルクも生まれない世界になっちゃってたら・・・。
にょ~っ!
だめだめだめ~っ!
あの泣き虫小僧をからかって遊んでいいのは、クルクだけなのだ~ヽ(*`д´*)ノ

ヒゲのオジサン、いい人です(・▽・)
ウインクされた時は、笑っちゃったけどwww

リリゼットはヒロインなのに、ぶすったれた顔や悪い顔が多いですw
でも次のターンで見せ場があって、ちょっとズルいですw
ヒロインはリリゼットかもしれないけど、主役はクルクなのにぃ~い!


コメントを閉じる▲
i_kum.gif
こんにちは、クマです。
バスでクルクさんの倉庫番をしているぴよ君は、アタシの彼氏です♪
ぴよ君のモグハで一緒に暮らしてるけど、アタシ達はとっても仲良しで、今までケンカなんてしたことないの。

136.jpg

少し前、おまじない屋さんをやっているっていう、タルタルの男の子とお友達になりました。
名前はかぼす君で、アタシはかぼちゃんって呼んでいるの。
かぼちゃんは、ウィンで倉庫番をしている梅兄さんの知り合いが探していた人なんだって。
梅兄さんに頼まれて、ぴよ君が探していたの。

そんな縁で知り合ったんだけど、ぴよ君はかぼちゃんのことが好きじゃないみたい。
誰にでも優しいぴよ君なのに、かぼちゃんには意地悪なことを言うんだよ。
アタシは仲良くしてもらいたいんだけどな・・・。

一応アタシも冒険者なんだけど、最近はバスの人達のおつかいをするくらいで、危険な場所に行ったりすることは少なくなりました。
だけどたまに、モンスターがいるような場所に行かなくちゃならないこともあって、そんな時はいつもかぼちゃんが御守りの魔符をアタシに届けてくれるの。
おかげで、アタシはまだ危ない目に遭ったことがないんだよ。
ぴよ君てば 「そんなモンがなくたって、クマは俺が守る」 だって(≧ω≦)キャッ
そしたらかぼちゃんが、「ぴよ君が一緒じゃない時は、誰が守ってあげるのさ?」 って。
そこでまた、ぴよ君の機嫌が悪くなっちゃった。

この前ね、セルビナで美味しいお魚の干物を買ってきたの。
いつも魔符をもらってるお礼に、かぼちゃんを夕飯に招待しました。
そう伝えたら、ぴよ君はご機嫌ナナメになっちゃったの。
なんでそんなに嫌うのかしら?
ぴよ君は、かぼちゃんがアタシに馴れ馴れしいって言うのよね~。
だけどアタシはたまに、かぼちゃんとぴよ君が羨ましく思えたりもするんだ。
ぴよ君はかぼちゃんに言いたいことやヒドイことを言ってるのに、かぼちゃんはそんなの全然気にしていなくて、逆にそれが楽しそうに見えたり。
そんな二人のやり取りを見てるのも、ちょっと面白いなぁ~なんて・・・。

でもね、お夕飯の時のかぼちゃんは、とっても静かだったんだ。
初めアタシは、お料理がかぼちゃんの口に合わなかったんじゃないかって、ちょっと心配になっちゃったの。
でもすぐに、「すっごく美味しい」 って言ってくれて、それからはいつものかぼちゃんだったけど。
ぴよ君はまた、「わざとらしい」 とか 「褒め方がウソ臭い」 とか文句を言ってたよ。
う~ん、そうね、ちょっとだけね、オーバーリアクションのようにも思えたけど、アタシはかぼちゃんが泣きそうに見えたんだ・・・。
美味しくないのを、我慢して食べてたのかな?

かぼちゃんが帰った後、ぴよ君がもう呼んじゃダメって言ったの。
どうして?って聞いたら、「あぁいうヤツは図に乗って、しょっちゅう来るようになるから」 なんて言うのよ。
ぴよ君のこと好きなのに、こういう言い方するぴよ君は悲しくなっちゃうよ。

どうしたらぴよ君がかぼちゃんと仲良くしてくれるようになるか、アタシはウィンにいる黒糖さんに相談してみようと思ったの。
黒糖さんもクルクさんの倉庫番をしている人で、ガルカのお爺ちゃん。
前にぴよ君がウィンに会いに行った時に、アタシも挨拶だけはしたんだ。
黒糖さんなら、何かいい方法を教えてくれるかも!


*→→→*→→→< コクトー >→→→*→→→*

i_coc.gif
バスにいるクマが、私に相談があるとやって来た。
さっそく話を聞いてみたのだが、どう聞いてもぴよのヤキモチとしか思えない。
妙齢の男女間におけるこの手の話しは、老齢である私には微笑ましく聞こえてしまう。
ぴよとそのタルタルのことは、放っておいても問題はなかろう。
だが、それではクマとぴよの間に問題が出てきてしまいそうだ。

138.jpg

ぴよとは一度会っているが、嫌味のない明るい青年だという印象だった。
相手のタルタルのことは知らないので、何とも言えぬが。
聞けばタルタルは、梅の知り合いの関係者らしい。
梅の知り合い・・・タルタル・・・。
ということは、梅のところにいる、あの娘の知り合いなのだろうか?

私はクマを連れて、梅に会いに出かけた。


*→→→*→→→< サンラー >→→→*→→→*

i_san.gif
黒糖さんがミスラの人を連れて、梅先生に会いにきました。
相談事のようです。

私はモグさんとお茶の用意をしていたのですが、「かぼす」 と聞こえてドキッとしてしまいました。
お兄ちゃんが、何か問題を起こしたのでしょうか。
それとなく聞いていると、やっぱり・・・!
すると、梅先生が私を呼びました。

「話は聞こえていたな?」
「・・・は、はい・・・」

私は梅先生の横に座って、黒糖さんとミスラのクマさんに頭を下げました。

「そのタルタルは、私のお兄ちゃんです。お兄ちゃんは自分勝手で、無神経なところがあるんです。迷惑をおかけして、ごめんなさい」
「サンちゃん、だっけ? そんなことないよ。かぼちゃんはイイ子だよ。アタシ、かぼちゃんのこと好きだもん。だからぴよ君にも仲良くして欲しいんだけど・・・」

クマさんの言葉は妹としては嬉しいんですけど、お兄ちゃんのミスラ好きと他人を苛立たせる能力の高さについて、クマさんはご存知ではないのかもしれません。

139.jpg

「私、お兄ちゃんに注意します。私の言うことなんか、バカにして聞いてくれないかもしれませんけれど・・・」
「注意をするなら、ぴよの方だろう。ヤキモチを焼いてタルタルに暴言など、以ての他だ」

梅先生がモグさんにモグ通信を開くように言っている時、クマさんがポツリと「どうしよう、大事になっちゃった」 と呟きました。
とっても不安そうです。

「ぴよ君は、アタシが言いつけたって知ったら、アタシのことを嫌いになっちゃわないかしら?」
「大丈夫です! 梅先生と黒糖さんがいらっしゃいますもの。きっと、よい方向にまとめてくださいますわ」

それに、私もお兄ちゃんを呼び出そうと思っています。
原因はお兄ちゃんに決まっていますもの。
梅先生にお願いして、お兄ちゃんの悪いところを注意してもらわなくっちゃ!


*→→→*→→→< ぴよりん >→→→*→→→*

i_piyo.gif
梅兄からモグ通信があって、すぐにウィンダスに来いと呼び出されました。
用を聞いたら、「いいから、すぐに来い」 とだけ言って通信は切れました。
もぉ~・・・。
ま、いつものことだけどね。
クマがいなかったから、俺はモグに伝言を頼んでモグハを出ました。

「あ、ぴよ君。ちょうどよかった」
「何か用かよ。クマならいないぞ」

小憎らしいタルタルが、俺を見つけて近づいて来ました。

「ぴよ君に用があったから呼び止めたんだよ。これ、あげる」
「・・・なんだ?」
「クマちゃんからもらった装備に似合うように、揃えてみたんだ」

137.jpg

「カボチャとお揃いなんて、お断りだ!」
「カボチャじゃなくて、かぼすだよ。いい加減、覚えてよ」
「わざと言ってるんだ!」
「アハハ・・・。ねえ、どこかに行くの?」
「お前には関係ない」
「ふぅん・・・。ぴよ君は、よっぽどボクのことが嫌いなんだね」
「嫌われてるって、自覚はあるのか。だったら、俺に近寄るな」
「冷たいなぁ」

これほど言ってやっても、かぼすはニヤニヤ笑って去ろうとしません。

「何で付きまとうんだよ。嫌がらせも大概にしないと、今に酷いからな」

どうせまた言い返してくるのだろうと思っていたら、かぼすはちょっと首をかしげてから呟くような声で言いました。

「・・・ボクのね、大好きだった人たちに似てるんだ」
「は?」
「その人たちは、死んじゃってもういないんだ。だから何となく懐かしくなって、側にいたかったんだ・・・」
「・・・・・・」

俯いたかぼすに俺が 「うそつけ」 と言うと、奴は顔を上げて舌を出して見せました。

「やっぱりバレた?」
「オマエ・・・」
「ん~、もうちょっと真実味のある嘘を考えておくべきだったかな。アハハ」

かぼすの頭を叩くと、被っていた帽子が地面に落ちました。
「イタイ」と言いながら帽子を拾うかぼすを無視して、俺はクリスタルに向かい、ウィンダスへと飛びました。


*→→→*→→→< クルク >→→→*→→→*

i_klu.gif
クルクが久しぶりにウィンダスのモグハに戻ったら、モグがちょうどいい時に帰ってきたクポって言うの。
なに?

「ついさっき、梅さんのモグハに、コクトーさんとクマさんが来たクポ。ぴよさんも、じきに来るらしいクポ」
「へぇ~。うずら被害者の会かなんか?」
「今回は違うクポ。・・・これは極秘情報クポ。そのうずらさんも、ウィンダスに向かっているらしいクポ」

え~、みんなウィンに集まるの?
クルクには内緒で?
なんだろ?

「もしかして、クルクにサプライズプレゼントか何か用意してるのかな?」
「ストライキかもしれないクポよ」
「黒糖さんがいるから、そんなことしないもん!」

何にしても、皆が集まるんじゃモグハはせまいよね。
クルクね、広くて誰もいない場所を見つけたんだ♪

143.jpg

「ご主人さまの宴会場じゃないクポよ」
「それから、バルに繋いで」
「アドゥリンから呼ぶクポ?」
「みぃ~んなが集まってるのに、自分だけ呼ばれなかったって後で知ったら、絶対にショック受けるもん」

バルはけっこう気にし屋だし、メンタル弱いから、引きずっちゃうに決まってるもんね。
そしたらまた、クルクが引っ張り上げないといけなくなっちゃうでしょ。

「ご主人様、繋がったクポ」
「ん。・・・バル~? クルクだよ」


*→→→*→→→< バルファル >→→→*→→→*

i_bal.gif
「おぅ、クルク。どうした?」
「仲間外れにされたくなかったら、ウィンダスにおいで~」
「え?え? 仲間外れって、何のことだ?」
「来なかったら、バルだけ仲間外れってことだよん」
「え?だから、何の話だよ?」
「来ればわかるよ。じゃぁね~」
「ちょっ、クルク! おーい!・・・・・・」

142.jpg

ウィンダスに行かないと、仲間外れだと?
何やってるんだ?

オレはすぐに爺やのモグハに連絡してみたが、爺やは留守みたいだ。
何だかわからないけど、仲間外れはイヤだもんな。
途中の仕事だけ片づけたら、すぐにウィンに行けるようにモグに支度をさせて、オレはモグハを出た。


*→→→*→→→< うずら >→→→*→→→*

i_uzu.gif
その頃あたしは、チリちゃんとタロンギにいたわ。
武器も持たないか弱い女の子の二人旅。
途中でチョコボに乗ったステキな人がナンパしてくれるんじゃないかって期待してたんだけど、チョコボどころか冒険者の1人ともすれ違わなかったわ。
最近は、クリスタルを使った移動が主だものねぇ。

ミンダルシア大陸は、あたしもチリちゃんも初めて。
空気が乾燥していてお肌に悪そうだけど、サルタバルタまで行っちゃえば、そうでもないのかしらね。

旅の間、あたしはカメラで色々なものを撮っていたの。
景色や草花もいいけど、だけどやっぱり、あたしは人を撮る方が好きだわ。

140.jpg

昨夜はマウラで1泊して、今朝は早くにウィンダスに向けて発ったのよ。
夜までには・・・着くかしら?

141.jpg



<つづく>





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪





【2015/04/01 23:59】 | * クルク一家
トラックバック(0) |

びっくりした!?
らぶりぃ
クルちゃん、おこんぬつわほ(*´ω`)ノ

今日は一家の話でしたね~とさっそく読もうと思ったら、
ぴよりんがクマちゃんにデコチューしてる!?
と、勘違いしてビックリしました(/ω\*)
ホント、この2人は仲が良くて羨ましいよね~♪

そんなクマちゃんには心配事が出来たみたいで、
やっぱりあのかぼすくんが原因でしたか( ̄ω ̄)

ぴよりんとかぼすくんのやりとりはヤキモチですねぇ。
私も黒糖さんの意見に賛成です(* ̄▽ ̄)∩
かと言って野放しにでも出来ないので、
みんなで相談なのかな( ̄ω ̄?

梅兄さんの発言は完全にタルタル寄りだし、
サンラーちゃんは間に挟まって慌ててるし大変そうデス。
クマちゃんもここまで大事になるとは思って無かったみたいだけど、
みんなに広まったなら本人たちも呼んじゃえってことかな。

うずらちゃんやチリちゃんも来る時点で、
すでに春の宴会模様なんですけど(笑)

バルちゃんもちゃんと呼ばれたみたいだし、
これで一家のみんなに集合指令が届いたのかなヾ(⌒ω⌒)ノ

本当はクマちゃんとぴよりんとかぼすくんの話のはずが、
どんどん大事になりつつ脇道にそれてるような気がするのはナゼ(笑)
もうここまで来れば大宴会で親睦を深めた方が早そうかも♪

さてさてみんなが集まって、
どんな話が飛び出すのかとっても楽しみなのです(σ⌒ω⌒)σ


Re:びっくりした!?
クルク
らぶたん、ほわわちほわ(・▽・)ノ

むふふ(=m=)
デコチューに見えちゃいましたか★
それも狙って編集すればよかったなぅ♪
全く考えていませんでした(^▽^;)

春の大宴会ヽ(*´▽`*)ノ
まさにそんな感じになっちゃいますね★

ちょっと相談しちゃったら、思いもよらずに事態が広がってくって、たまにありますよね(^_^;)
でもやっぱ、他人に相談したって本人同士の問題は、本人同士がどうにかしなくちゃ解決しないもんですよね~w

手っ取り早くぴよを呼んだけど、そんなこととは知らないクルクはバルを呼んじゃうし、うずらは自分の野望(禁断のロマンス鑑賞)のためにチリちゃん連れて向かってるし・・・ww

この人数で、どうやって話をまとめようかと思案中です(^_^;)
どんちゃん騒ぎでお茶を濁すか・・・w



コメントを閉じる▲