2度目のヴァナディール ソロ活動中の妄想屋クルクと仲間達。
にょっぴ~、クルクだよ(・▽・)ノ

ふと思い立って、クルクは学者のジョブを取って来ました。
っていうかね、かぼすに取らせるついでに、クルクも取ってきたのです。

過去のエルディーム古墳にいる、アーリーンって子に話しかけると、軍学について教えてくれます。
アーリーンが学んだのは、古の戦術魔道書「グリモア」を研究したシュルツ流だって言ってたから、いくつか流派があるのかもね。

Klu3675.jpg

グリモアには白と黒があって、時々の戦局に応じて瞬時に切り替えるんだってさ。
クルクには、アーリーンの言ってることがよくわかりませんが(・▽・)

アーリーンと話してたら、ウルブレヒトって人が話に入ってきたよ。

Klu3676.jpg

この人はバスで参謀長をしてるんだって。
まだ若いのにねぇ。
でもちょっと、性格はイマイチよくないっぽいよ。
まぁ、そういう人じゃなくちゃ参謀長にはなれないのかもね。
クルクは人畜無害でお人好しの良い子だから、きっと参謀長にはなれませんね。
ウルブレヒトが言うには、ベラムが不足してるんだって。
ベラムってのは、高級羊皮紙ね。
つまり、クルクにグリモアの書を用意しておいてあげるから、代わりにベラムを用意してこいってことみたい。

ベラムを渡すと、クルク用の写本をくれました。
アーリーンがグリモアについて講義をしてくれたけど、殴るが一番のクルクにはサッパリです。
えーっと、普通は白と黒の魔法を同時には使えないけど、学者は魔法を理論として学んでるからそれが出来る的なコトを言ってた気がする~(・▽・)
よくわかんないけど★

でね、渡されたグリモアをクルクにだけの書にするために、署名の手続きをするんだって。
最初のページを読みながら、「帯魔放出」ってのをするんだそう。
帯魔放出って、初めて聞いた言葉だよ。
んっとね、ファイアとかそういう一気に放出させる魔力じゃなくて、継続する魔法のことみたい。
「魔力の泉」とか、「連続魔」とかだって。
「女神の祝福」はダメって言ってた。
よくわかんないけど、んじゃ魔力の泉を使ってみましょう。
効果中にアーリーンに話しかけたら、儀式完了だって(・▽・)

ベラムを取りに来たウルブレヒトが小難しい講義をペラペラ喋り始めたけど、クルクは眠くなって来ちゃったよ(´_ `).。oO
そしたら、誰か来た!

Klu3677.jpg

Hutomomo・・・じゃなくて、アーリーンが 「先生」 って呼んだこの人は、グンサー・シュルツという名前で、シュルツ流軍学の第一人者なんだそうです。
過去のバストゥークの英雄と、同姓同名なんだって。
過去って、クルクから見て過去のこの時代よりもさらに過去ってコトだよねぇ?

このシュルツ先生も、ウルブレヒトに負けず・・・というか、更に小難しい講釈をしてくれていたけど、ホントごめん、クルクには馬耳東風で馬の耳に念仏なのでした(・▽・)

Klu3679.jpg

この人たちが話してるの聞いてても、チチンプイプイ・・・じゃなくて・・・チンプンカンプンなんだもん。
クルクはね、拳で語るからいいよ~だ。
てことで、あとは君にお任せだ!

Klu3678.jpg

・・・って、誰だか顔が見えないじゃん!( ̄□ ̄)
かぼすだよ。

ちなみに、往復するのがメンドーとか言う無精者は、黒か赤のジョブで、ベラムを1D用意してから行くといいよ。
ベラムの入手法は、合成、ロランベリー12D×4を3回トレード、もしくは競売から。
詳細は調べればすぐにわかるから、そのくらいは調べよう★






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



スポンサーサイト

【2016/12/22 23:59】 | ジョブ取得
トラックバック(0) |
やぴ~ん、クルクだう(・▽・)ノ

Klu3621.jpg

という、前回の続きです。

さてさて。
ナシュモの西にある門からカダーバの浮沼に出て、そこからタラッカ入江に向かったよ。
ココは敵が出ないので、お供も連れずに行きました~。
左側を進んで行くとちょっと広くなってて、岩を調べたらガキんちょがヘキサガンを見つけたよ。
古いから、壊れてて使えそうにないけど。

Klu3622.jpg

そしたらね、奥の方から何か話し声が聞こえるってガキんちょが言うの。
そう~? って行ってみたら、海猫党にいたゴワムって名前のガルカと、白門にいた軍の人がいたよ。

Klu3623.jpg

どうみても敵対してる者同士って感じじゃないよね~。
これはアレかい、内通者がホントにいたっていう?

ガキんちょが、二人で捕まえようとか言ってる( ̄_ ̄)
これだからガキは・・・。
オマエに何が出来るんだっていう。
二人でって、クルクの足手まといにしかならないじゃん。
前向きな姿勢、意気込み、そういう方面から言えば、きっと勇気あるヤンチャな子ってことになるんでしょう。
が、クルクに言わせてもらえば、「これは遊びじゃねーんだぞ!ガキ!」 ってことです。
今日もクルクは不機嫌でした(  ̄_ ̄)
そしてホラ、見つかっちゃってるし。

Klu3624.jpg

クルク一人なら、こんな奴らチョイっとやっつけられるのに、ガキんちょに剣を向けられたら暴れられないじゃんかよぉ(`・ω・´)
このガルカはね、元々バストア海の海賊だったから、コルセアには何の恩義もないんだって。
つまり、自分が得する方に寝返ったってわけか。
こういうヤツって、寝返った方にも信用されてなかったりするよね。
こっちが不利になったら、どうせまた寝返るんだろうって思うもん。

絶体絶命のピーンチ☆というトコロに、やっぱり現れました。
コルセアの仲間たちを引き連れて、海猫党の頭クルタダ登場です。

Klu3625.jpg

ねぇ、同じフェイスタイプなのに、うちの梅とこんなにも違うのはどうしてでしょう?
このポーズのせい?
アトロピアーマー着させるから、ちょっと梅にも剣を肩に担がせてくれる?

予想以上に速い不滅隊の動きに、クルタダは不滅隊の情報を持ってきたゴワムを内通者だって疑ってたのかな。
裏の裏をかいて、騙されたふりをしてたってことですね。
しかも、周囲に罠まで仕掛ける周到さ。
「逃げるわけじゃない」 と言って逃げる二人を見逃して、余裕まで見せちゃってますよ。
それに、ガキんちょの扱いも上手いですw
上手いこと言い包めて、店の手伝いをするように仕向けるあたり、流石っス。
クルクにはマネ出来ません、面倒臭くてw

もうね、ホントにイヤなんだ。
こういう子供との絡み、ぶっちゃけクルクは大嫌いなのですww
だってコイツ、クルクに礼の一つも言ってないんだよ。
あ~、ムカつくwww
どうしてタルタルの子供じゃないんだろう。
あ、でも、過去サンドの生意気な小僧共のことは好きだったけどね★

そんなクルクにクルタダは、コルセアのダイスをくれました。
コレって、範囲内のメンバーに経験値アップの効果だけど、自分にも?

何はともあれ、これでクルクもコルセアの仲間入りです。
一応ねw
上げるつもりはそんなにないけど、コスプレはしたいよね~(・▽・)
あ、梅に着させてクルタダとの違いを検証するっていうのもアリかもね★





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2016/11/23 23:59】 | ジョブ取得
トラックバック(0) |
やぷ~、クルクだよ(・▽・)ノ

今日はクルクでコルセアを取って来たよ。
数日前にオトウちゃんでやったから、手順を忘れないうちにw


アトルガンの白門にある茶屋シャララトに行くと、助けに行くとか行かないとか、何やら言い合いをしている親子がいたよ。
なるほど、クルクはこれに巻き込まれるのねw

Klu3617.jpg

子供が助けに行くって言ってるのは、お兄ちゃんのことのよう。
お兄ちゃんはコルセアの協力者だと疑われて、不滅隊に連れて行かれちゃったんだって。
でも父親は、助けに行ったら不滅隊に目を付けられると及び腰。
この場面だけ見ると、子供は自分の感情だけで、それがどんな危険を伴うかわかってないし、親は目を付けられたら商売が出来なくなるって、息子より生活のことしか考えてない。
どっちにもイラっとしちゃうクルクです。
でもね、父親から話を聞くと、息子はこんな事態になるかもしれないから、その時は知らないフリをしてくれと頼んでいたそう。
まだ幼い弟が巻き込まれないようにってことみたい。
だけど、結局弟はじっとなんかしてなくて、一人で助けるって飛び出しちゃった。
で、クルクは父親に頼まれて弟を追うことになりました。
全員ムカつく~!ヽ(`ω´ )ノ
何だろうなぁ、クルクはちょっぴし不機嫌ですw

弟の名前はワスード。
コイツを探しにウロウロしてたら、門番が知ってるっぽいこと言ってたのね。
話を聞いてたら、急に辺りが煙くなってきたよ。
と、現れたのは・・・。

Klu3618.jpg

この人たちがコルセア?
兄ちゃんのこと、取り戻して逃げて来たみたい。
もちろん、不滅隊も黙ってるわけがなく追って来たけど、こっちも捕まるようなコルセアじゃないって感じに行っちゃった。
去り際、「海猫の片翼で落ち合おう」 とか言ってたけど、誰に言ったの?
あ、仲間たちに言ったのかな?

海猫党のアジトは、アラパゴ暗礁域のどこかにあるらしいよ。
あの人達、海猫党ってのね。
で、ワスードはどうせ追って行っちゃうんでしょ?
クルクも行かなくちゃいけないんでしょ?
仕方ないねぇ~。

オトウちゃんの時は、ラミアの牙のカギを取りに行ったりしてたけど、クルクは持ってるし、クリスタルもサバイバルガイドも登録してるから、わりと楽に移動ビュ~ン★
兄ちゃん見つけて会ったよ。

Klu3619.jpg

コルセアのメンバーが集まってきて、今回の騒動で不滅隊が来るのが早すぎたとかどうとか。
内通者がいるんじゃないかってさ。
え~、仲間疑っちゃう~?
っていうか、疑っちゃうような仲間なの?

それとは別に、ゴワムって名前のガルカが、不滅隊の情報を掴んで来たみたい。
出撃の準備を始めるって。
だからクルク達は帰れって言われたよ。
クルクは帰ってもよかったんだけど、あのガキ ワスードが自分もコルセアに入りたいとか言い出しやがりました。
で、ついでみたいにクルクもでしょ? とか聞いてきたよ( ̄_ ̄)
何かムカつく。

たぶんね、このガキ ワスードがタルタルだったら、またちょっと気持ちも変わるんだろうなぁ~。
生意気なことを言っても、自分勝手に動いても、タルタルだったらクルクはきっと 「もぉ~、こいつ~」 くらい。
どうしてタルタル以外はムカつくんだろうねwww

Klu3620.jpg

ズィーハが、コルセアになりたければ、自らの勇気と覚悟を証明できるような物を探して来いって。
タラッカ入江にそれはあるらしいよ。
んじゃ~、ちょいと行って来ることにします(・▽・)ノ



後編に続く~★






いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2016/11/22 23:59】 | ジョブ取得
トラックバック(0) |
やっぽ~、クルクです(・▽・)ノ

今日はまず、モモたんの踊り子取って来たよん★
モモたんの時、SS撮るの忘れちゃった~。
まだそんなにレベル上げてないから、ジャグナー入ったらパウダー使ったよ~。
無事終了。

その後、うずら。
うずらは、なんでピュピュル着てたんだろう?

Klu3324.jpg

時間終了で、うずらはここまで~。
うずらは今のとこレベル上げする予定もないから、踊り子は別にいらないんだけどね~。
シーフだって、リラコサ着けるためだけに上げたんだしw
踊り子は、ジグ覚えたらもういいw

で、うずらが取得したら、次はサンちゃんかなぁ~?
サンちゃん帰ってきたことだし。
でも、すでに今いるのはサンちゃんにとっては過去だし、変な影響出ないといいよね~。
っていうか、一人で行かせられません!
サンちゃんにはまだ早い!
レベルは足りてても。

てことっで、明日はブログがお休みだけど、うずらの踊り子取得させてきまーす。





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2016/07/29 23:59】 | ジョブ取得
トラックバック(0) |
へ~い、クルクです(・▽・)ノ

エクセルシスリングをもらったから、暗黒をやろうと思ったわけではないです。
ただ単に、存在を思い出したのですw
前にグンパに話しかけた時にクエが発生しちゃって、そのまま放置して忘れていたの。
過去クエ終わったし、ちょっと気分転換ってことで、取得することにしたよ~ん☆

グンパがね、ウェライがいなくなる前に、お客が来たって言ってたの。
そのお客っていうのはフォルカーで、ザイドの居所を知らないか聞きに来たようです。
本来ならザイドが次期隊長になるべきだったとか言っているから、このクエはバスミッションクリアの前の出来事でしょうね。

ラオグリムが失踪した後に、フォルカーの叔父のウルリッヒが隊長に任命された時は、怒りを覚えたガルカも多かったってウェライが言いました。
でもフォルカーならいいって、ガルカ達は思ってるんだって。
そして、知っていることを教えてくれたのです。

Klu2908.jpg

フォルカーが出て行った後グンパは、ザイドがいなくなっちゃってから、暗黒騎士があんまりいなくなったのはどうしてかって、ウェライに聞いたの。
そしたらウェライが、暗黒騎士はアルテパの時代より伝わっていた技を、ザイドが発展させたようなものだからって教えてくれたんだそうです。
だけど暗黒騎士っていうのは、才能があるというだけでなれるものではないみたい。
悲しみや憎しみの底にある業、それを感じとれる者だけが、暗黒騎士になることが出来るんだそうです。
クルクは過去クエをクリアした後だから、その意味がよくわかります。

Klu2909.jpg

で、パルブロ鉱山に行って来ました。
戦績をためるつもりで白に変えて行ったんだけど、レベルが不適合でちっとも絡んできてくれませんでした(^_^;)シッパイ
ツェールン行の舟に乗るのに、なんかモタモタしちゃって、下に落ちて戻って来てっていうのを2回ほど繰り返してグルグル回ったりしちゃったw

Klu2910.jpg

この舟に乗ることなんて、このクエ以外にもう二度とないんだろうなぁ・・・。
懐かしかった(*´▽`*)

ツェールンに着いたら、ザイドがいたよ。
えー・・・ここなら、わざわざパルブロに行かなくたって、鉱山区からすぐじゃんね!
でね、グンパに聞いてきたんだよ~って言ったら、ザイドが 「ふん、昔から余計なことばかりする奴だ」 って言ったの。
そっか、「昔から」 か。
ザイドめ!
お世話になったくせに!
これも、ミッションや過去クエをやった後だから、言葉の意味がわかるんだよね。

ザイドってば、「フォルカーも相変わらずで何よりだ」 だってさ。
これも、ミッションと過去クエをやった後だから、深読みっていうか、何がどう相変わらずなのかがわかるよね。
クリア前だったら、きっと何とも感じないセリフだっただろうな。

でさ、クルクにも暗黒剣を教えてちょって言ったら、カオスブリンガーを渡されたのね。
でもさ、クルクには無理だよね?

Klu2911.jpg

だって、見て見て!
ガルカが持って、こんなにおっきな両手剣なんだよ?
クルク、タルタルですから!
重くて持ち上げることも出来ないよねッ(>д<)
ザイドはベドーに行くって言って、行っちゃった。
仕方ないから、クルクはカオスブリンガーを引きずって帰りました(´・ω・`)オモカッタヨ…

さて、カオスブリンガーを扱えるジョブは戦士と暗黒騎士だけなので、クルクは戦士に変わらないと装備できません。
戦士はレベルが18でした。
そしたらさ、戦績稼ぎも兼ねて行ってみよっか~♪
着替えて砂丘に飛んで、バルを呼んでみました。

Klu2912.jpg

よぉ~し、100匹倒すぞ~ヽ(`▽´)ノ
もちろんフェイスも呼んで、ガツガツ戦っていました。
そして戦士のレベルが30になった頃、フと気づいたのです。
敵を100匹倒すのって、確か通常攻撃で、しかもカオスブリンガーでトドメを刺さなきゃカウントされないんじゃなかったっけ?
クルク、両手剣スキルが全然ないから、空振りばっかり。
敵を倒してるのは、フェイスとバルばっかり。
つまり、クルクはただの戦士のレベル上げをしてるってこと!?
むっきょ~!(>д<)
やり直し! やり直し~!

グスタに出て、今度は1人でハチとメメゾを狩りまくりました。
当たれば1撃。
経験値は入らないし、戦績も溜まりません。
なんだい!
クルクは戦績を溜めたいのに!( >θ<)ノ

そんなこんなで、面倒だからカウントしてなくて、もうそろそろいいだろうと、ベドーに行ってみました。

Klu2913.jpg

ザイドに 「暗黒騎士として生きるかどうかの選択はおまえ次第だ」 って言われたんだけど、クルクはモンクですから!
黒魔の時でも、心はモンク。
例え暗黒やることになっても、モンク魂は常にあるのです!

ってことで、暗黒騎士習得しました~ヽ(*´▽`*)ノ
おめでと~♪ ありがちょ~♪





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2016/02/28 23:59】 | ジョブ取得
トラックバック(0) |