FC2ブログ
2度目のヴァナディール 妄想屋クルクと仲間達。
やぴ~、クルクです(・▽・)ノ

それじゃ、後編~★
コルモル博士んとこに行ったんだよね。
そんで、イルディゴルディがウランマフランの術にかかって、連れて行かれちゃったよって報告してたら、ルクスス院長がやって来ました。

Klu47532.jpg

手の院は、ウランマフランが院長をしていた時だけ、赤字じゃなかったんだって。
どうも水の区に住んでるホノイゴモイが、手の院へ寄付をしていたらしいの。
何のために!?
あいつが、己の利益以外にそんなことするはずないよね。
ホノイゴモイは 「渦の魔道士」 の末裔。
ん?
クルク、渦の魔道士についてなんか知ってたっけ?
ホノイゴモイは前に、スターオニオンズ団の子たちから、魔導球を取り上げようとしていたよね。
泥棒ミスラが持っていた物だけど、アレは元々ホノイゴモイの物だったんだっけ?
クルクの記憶では、ホノイゴモイは魔導球を使って渦の魔道士を復活させようとしていたとか・・・。
あってる?
っていうか、この記憶はどの記憶だろう?
クエをやってその話が出て来たのか、詳しく知りたくて用語辞典とかでネタバレを読んで知ったものなのか。
どっちにしても、ホノイゴモイが関わるとろくでもないってことですね。
・・・あれ?
てことは、スターオニオンズ団の子たちが持ってた魔導球って、ウランマフランが手の院の院長だった時にホノイゴモイの援助を受けて作り出した(?)物だったりする?
いずれにしても、ウランマフランは大変なことを企んでいるってわけね。
コルモル博士から、ウランマフランの術を破ることが出来る 【夢幻破りの札】 をもらいました。
何度も言うけど、コルモル博士って、実はスゴイんだねw

ウランマフランを追うために、クルクはラバオへ飛びました。
イルディゴルディのことも心配だよ。
で、なぜラバオか?
それは冒険者の勘だ!

ラバオにいる研究員にイルディゴルディを知らない? って聞いてみました。
そしたらね、「開放の風の音叉」を持ってテリガン岬に行ったって言うの。
あ、そっか。
ウランマフランのヤツは姿を見せず、イルディゴルディを使って研究員から必要な物を手に入れたわけね。
研究員はまんまと騙されて、調査結果を楽しみにしちゃってる。
イルディゴルディの様子、いつもと違くなかった? って聞いてみたの。
そしたら何と!

Klu47533.jpg

正気だ!!
イルディゴルディ、術にかかってないよね!
クルクが捜しに来るってわかってて、追って来れるように 【風の振子】 を預けたんだ!
これがもし罠だとしたら、ウランマフラン恐るべしってとこだけど。
だけど、『罠だとわかっていれば、それはもう罠ではない!』 というのは、クルク一家の家訓の一つですw
よし、行くぜ!!

テリガン岬にある大っきなクリスタルに、振子を使って中に入ったよ(・▽・)ノ
すると、イルディゴルディがガルーダを倒したところでした。
ん? イルディゴルディってモンクなの!?

クルクはすぐに夢幻破りの札を使ったけど、そんなのは効かないってウランマフランが言うの!
コルモル博士~!(´・ω・`)

Klu47534.jpg

知ってるよ!
む?
イルディゴルディたちは、20年前はまだ魔法学校の生徒だったのかな?
・・・ってことだよね?
パパがカーディアンにさらわれて手の院の院長が空席になってて、卒業して院長になったんだもんね?

カラハバルハは、生き物を支配することを考えた。
天才ゆえに、それを実現できる力があり、もう少しでうまくいくところだったってウランマフランは言います。
だけど自分は天才じゃない。
そうだよね、闇牢に入っても魔力がなくならなかったわけじゃなく、入ったと思わせていただけなんだもんね。
だから、「人の心の揺れを、少し自分に有利な方へ曲げてやる」 だけだって。
それだけのことだけど、「だからこそこの術はなかなか解けないのだ」 とも。
心が揺れている時に、考えるのが楽な方、自分が傷つかないように考えてしまうのは、自己防衛の本能。
それを上手く利用しているんだね。

Klu47535.jpg

ウランマフランが、クルクにも早く楽になれって言ったけど、何に対して?
クルク、別に困ってることも辛いことも、何にもないけど?
事件の真相を知った時はビックリしたけど、だけどクルクは当事者じゃないから 「そういうことか!」 ってわかってスッキリしたし。
マンティコアが出て来たから、とりあえずやっつけちゃおっか★

Klu47536.jpg

はい、ワンパターンのフェンリルさんです(・▽・)
今回も力押しだよ!
だって、マンティコアのヤツがサイレス使って来るんだもん。
お薬なんか持ってこなかったし。
なんだって、勝てばいいのさ!
クルクのHP赤かったけど★

ウランマフランは、更にモンスターを呼び出そうとしてる!
連戦は無理だ(>д<)
・・・と思ったら!!

Klu47537.jpg

目にも止まらぬ速さで、イルディゴルディが魔導球をウランマフランから奪ったのです!
この機会を狙ってたんだね。
そしてやっぱり、術にはかかってなかったんだ!ヽ(≧▽≦)ノ
ウランマフランに陥れられて魔力を奪われたイルディゴルディは、魔力がなくなったからこそ、ウランマフランの術にはかからなかったみたい。
するとウランマフランは、また 「同窓のよしみで」 とか言って、イルディゴルディに自分の能力を使えば、魔導球に溜まっている力で魔力を戻すことが出来るとか言ってるの!
そんなことが出来るのかどうかわからないけど、あながちウソではないのかも・・・?
だけどきっと、それは魔導球を奪い返すための誘惑に過ぎないと思うよ。
イルディゴルディはなんて答えるんだろう・・・ってドキドキしていたクルクだけど、イルディゴルディの答えに、違う意味でドキドキした。

Klu47538.jpg

カッ・・・コイイ!!!
イルディゴルディがね、魔法の力がなくても自分の中には強い力があるって言ったの。
学生時代の記憶。
目標と努力。
それから多分、仲間との絆もあったんじゃないかな。
目指すものがあることの喜び、それに向かって努力することの楽しさ、一つ壁を乗り越えた時の達成感、きっと、そういうの全部がイルディゴルディを強くしたんだろうね。
ウランマフランは、自分も目的のためならどんな努力も楽しいって言って、魔導球を取り返すことはしないで逃げちゃった。
計画は伸びたけど、また力を集め直すだけだと言ったウランマフラン。
それを阻止すると言ったイルディゴルディ。
因縁の二人の誕生ですね。
非常にオイシイです!
何がって、だって、それからどうなったか、何のクエもないわけでしょ?
妄想&創作のし放題じゃないか!!
え、何を今更?
でしょうねw

さて、コルモル博士のところに報告しに戻ろうっか。

Klu47539.jpg

ルクスス院長は、持つことも出来ないって言うの。
イルディゴルディは、魔力がないせいでこの魔導球の力を感じないのかな?
それなのにコルモル博士、腐っても 色ボケでも 博士は博士ってことなんですね!

これだけの魔力があったら、死者を甦らすこともできるって。
前にコレを聞いたのは、ウィンミッションの時だったっけ?
魔法人形を作った術者が死ぬと、魔法人形は魔力を失って死ぬ。
だからこそ、死んだ魔法人形にむりやり命を与えると、術者は死の闇より蘇る。
・・・ん?
てことは、あれ?
クルク、クエをやった順番のせいで別々に考えていたけど、スターオニオンズ団の子供たちがジョーカーを甦らせたから、ウィンミッションの時に 「黒き使者」 が出て来てたの?
てこと?

これは禁術。
手の院の院長のみに詳細が伝わり、代々秘密にされてきた知識で、もちろん院長だって使うことは禁じられている。
でもゾンパジッパは、それをカラハバルハに教えたんだね。
おそらく、パパは試してみたくて仕方なかったはず。
そこへカラハバルハが計画をもちかけてきたもんだから、これ幸いと話しに乗ったんじゃないかな。
きっと、っていうか絶対、カラハバルハはパパが全面協力するだろうって見越してたんだろうね。
おっと、話しがそれちゃった。

ウランマフランは、渦の魔道士を甦らそうとしていたんじゃないかっていうのが、コルモル博士の見解。
ホノイモゴイも絡んでいたからね。
それをルクスス院長に聞いたから、コルモル博士は手を打っておいたと言うの。
天の塔に保管されている渦の魔道士が作った人形の警備が、今まで以上に厳重になったはずだって。
ホントに、この人はクルクが知っているコルモル博士ですか?

ウランマフランを止められるのは、彼の術にかからないイルディゴルディだけ。
そして、鼻の院の研究員にかけられているウランマフランの術については、コルモル博士がヨランオラン博士と研究してみるって。
でね、今回協力したことでウランマフランに目を付けられたかもしれないクルクには、シャントット博士よりも先に 【エボカーホーン】 をくれました♪

Klu47540.jpg

よぉ~っし、シャントット博士に見せびらかしに行ってこようっと♪

Klu47541.jpg

・・・その後クルクがどうなったのか、知る者はいない・・・。

<完>





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪



スポンサーサイト

【2018/02/05 23:59】 | AF
トラックバック(0) |


さくらの
クルクた~~んこんばんわ♪

召喚クエお疲れ様でした。
なんだかすっきりしないと言うか
色々な所につながっているっていうか・・
分からない所は全部クルクたんが作っちゃえ(ほわ~~)

なんと命知らずのクルクたん、あの博士の所に
出向いていくとは・・クワバラクワバラw

Re: さくらのさん
クルク
さくたん、こばわ~ん(・▽・)ノ

ありがと~う♪
未解決の案件って、けっこう多いよね~。
続編、作ってくれないかなぁ(´・ω・`)

せっかくコルモル博士がシャントット博士よりも先にクルクにくれたから、
これは見せびらかさないと!と思ったのww

ん?・・・あれ?・・・暗い?
・・・ここはどk・・・ツーッツーッツーッツーッ・・・・・・


コメントを閉じる▲
やっぴ~、クルクです(・▽・)ノ

カー君に話を聞きに、英雄の家に行ってみました。
ところが今回は中には入れず、中からか細い声が・・・?

Klu47525.jpg

や~だ~。
怖いから、コルモル博士の所に逃げました。
そしたらさ、どこかの鼻の院の研究員のところで事件があったそうだって言うの。
どこかってどこよ?
そういう大事なことを聞いておいてほしいよね。
だけど、これまで大きなクリスタルを調査してる研究員たちのうち、土のバス、氷のサンドときたから・・・まだいっぱいあるじゃん!
いいです、マウラに行きます。
クルクの、冒険者の勘ってことにして!

マウラの研究員に話を聞くと、目の前で冒険者がバッタリ倒れて目を覚まさないんだって。
ん~、アレじゃない?
近くでアンバスやってるじゃん?
毒のまま退出して、力尽きたんじゃない?
それとは別?
冒険者が倒れた時に、青く光った可愛らしいものが北の方へ飛んで行ったんだって。
・・・魂?
カー君ですね、わかってます。
んじゃ、北の方角へいってみよっか。
ここから北だと、ボヤ樹の雷鳴のクリスタルだって。

ボヤ樹のクリスタルに 【雷の振り子】 をトレードするんだけど、トレードじゃなくて調べちゃって、うっかり別のBFに入っちゃうところだった(^_^;)
中に入ると、ウランマフランが捕えたカー君を虐待してるところでした!

Klu47526.jpg

カー君が可愛そう!!(>д<)
こうやって力を吸い取って、魔導球に溜めてるんだね!

Klu47527.jpg

クルクに気づいたウランマフランが、クルクの中にあるカー君の力をよこせって。
イビルウエポンを2匹呼び出して仕掛けて来たけど、今回もクルクとフェンリルで撃退なのだ★
ハッキリ言って、ただの力押しww
召喚獣のそれぞれの特徴とか、サッパリわかっていないクルクだから、なんとなく強そうなフェンリル出しときゃいいか、くらいの気持ちwww
でも、勝ったからそれでヨシ!

ウランマフランに 「随分と体力も精神力も消耗しただろう」 って言われたけど、まぁねw
勝ったけど、クルクのHPは赤くなってますw
ウランマフランに声を聞けとか言われてあわや! という時、イルディゴルディが来てくれましたヽ(*´▽`*)ノ

Klu47528.jpg

するとウランマフランは、記憶を消したのは覚えていられると自由に動けないからだって答えるの。

Klu47529.jpg

悪い顔~!
ウランマフランは、あの事故を覚えているかってイルディゴルディに尋ねます。
忘れるはずないじゃんね。
そうして語り始めたウランマフランの話は・・・。
二人は手の院の院長候補だったけど、イルディゴルディはあの事故のせいで魔法が使えなくなり、ウランマフランが院長に就任することになった。 
だけど、もしもあの事故がなかったら?
イルディゴルディは、自分は手の院よりも鼻の院の方が向いていたと言いました。
ウランマフランも、手の院の院長に向いていたのは自分だと言った。
それはコルモル校長先生もよくわかっていた。
ではなぜ?
それは、ウランマフランの中にある危険な思想を、コルモル先生が感付いていたから。
だからあえて、イルディゴルディを候補に選んだ。
イルディゴルディが優秀だったせいで、ウランマフランを止めるべくコルモル先生に選ばれてしまったんだね。
・・・てことは、もしもウランマフランに危険な野心がなかったら、今の手の院はウランマフランが院長で、鼻の院はイルディゴルディが院長だったのかもしれないってことだね。
つーか、コルモル先生デキル人だったんだね!
そりゃそうかww

ココまで聞けば、あの事件はウランマフランが仕組んだことだってわかるよね。
だけど、同じように闇牢に閉じ込められていたのに魔力を失わなったのは、やっぱりそれなりの力があったから?
・・・そうじゃなかった!

Klu47530.jpg

ウランマフランは、「人形使い」 と言われるほどの、魔法人形の使い手。
実際は、魔法人形に幻影の魔法をかけて、一緒に闇牢に閉じ込められていたとイルディゴルディに思わせていただけ。
イルディゴルディの魔力がすっかり吸われてしまうまで、闇牢に閉じ込めていた・・・。
こんなことを聞かされたら、そりゃショックだよ。
魔法で暗示をかけられていたにしても、突然行方不明になって姿を消したウランマフランのこと、みんなは心配していたんだから。
あ、そうか。
闇牢に二人が閉じ込められてしまったっていう暗示は、生徒たちにもかかってしまっていたんだね。
だけど、その後の存在を消す暗示は、コルモル先生のおかげでかからずに済んだ、と。

ウランマフランに 「忘れてしまえ」 と言われたイルディゴルディは・・・なんか様子がおかしい!!

Klu47531.jpg

術にかかっちゃった~!?
ぎょ~っ!!
イルディゴルディが、ウランマフランに連れて行かれちゃったよー!
大変!
コルモル博士に報告しなくちゃ!!





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2018/02/04 23:59】 | AF
トラックバック(0) |
やっぴ~、クルクだよ(・▽・)ノ

召喚士AFクエ3の前に、箱開けしに行って来ました♪

胴装備の 【エボカーダブレット】 はウガレピ寺院。

Klu47519.jpg

両足装備の 【エボカーピガッシュ】 はトライマライ水路にある宝箱。

Klu47520.jpg

両手装備の 【エボカーブレーサー】 は、また 「ボルグヘルツの失われた魔手」 をやるんだけど、箱開けは海蛇の岩窟です。

Klu47521.jpg

レベルは72あったから、ウガレピも海蛇の岩窟も練習ばっかりだったよ。
トライマライはウィンの石区にある入り口から入ったから、最初だけジグって移動したけどね★
今回ウガレピがメンドーって思ったけど、行ってみたらそうでもなかった。
クルクはねぇ、ズヴァール城の箱開けがキライ。
なくてよかった。
でも小手でトーチ調べてボム出すやつ、いっくら調べても気配だけで出て来なくってさ、何か手順を抜かしたかって思ったりもしたけど、ちゃんとやってある。
なんでーなんでー( ´ △ ` ) って何度もトーチ調べてたら、突然現れたよ。
クルクの前に、ボム出してた人でもいたのかな?
帰らないで、ねばっててよかったw

ってなわけで、残りは頭装備のツノだけになりました~♪
全部揃ってからって思ってたけど、着てみちゃった( *´ ▽ ` *)
頭は黒AFのウィザードペタソスを被ってみたの。

Klu47522.jpg

ちょっと地味ね。
じゃあ、ケロナハットはどうかな?

Klu47523.jpg

ふむぅ・・・。
ま、頭とるまでの間ね★





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2018/02/02 23:59】 | AF
トラックバック(0) |
やぴ~、クルクでっす(・▽・)ノ

昨日は酔っぱらってたから途中で切っちゃったので、今日は後編。

えっと、ウランマフランの同期に、彼が現れたことを知らせに行くんだったっけ。
フエペペは耳の院、フラックノラックは目の院、サンニパボンニはシャントット博士を崇拝していたから口の院に進んだんだって。
でも、口の院にサンニパボンニって名前のタルタルいたっけ?
シャントット博士が引退した今は、どうしてるんだろう?
ついでだから、シャントット博士のところに寄ってみました。
サンニパボンニのことを聞いたら、挑戦者がもらえるという強力な防具を探しに、サンドリアへ行ったっきり連絡がないみたい。

Klu47510.jpg

うーむ。
サンドリアには後で行ってみるとして、フエペペとフラックノラックの所に行きましょう~。

水の区に飛んで、先に目の院にいるフラックノラックを訪ねました。
居眠りしてたみたい。
ウランマフランのことを伝えたら、生きててビックリみたいな反応。

Klu47511.jpg

イルディゴルディは闇牢の事故で、ひどい体になったってフラックノラックが言ったの。
みんなでお見舞いに行って、どんな魔法でもアイテムでも治せないって聞いた時のことは忘れないって。
フラックノラックは、ウランマフランはイルディゴルディの体を治す方法を探しに出て行ったんじゃないかって言ってた。
この人は、その「闇牢の事故」 っていうのがよっぽどショックだったんだろうね。
確かに、クルクもミッションで闇牢のことを聞いて回った時に、タルタルが最も恐れていることがわかったし、タルタルにとって魔法はそれほど・・・あ、そういうこと!?
闇牢の事故でひどい体って・・・!
だけどさ、どうしてわざわざ自分のことをみんなの記憶から消す必要があるの?

クルクは次に、耳の院にいるフエペペに会いに行きました。
フエペペはね、ウランマフランにとって一番会いたくない相手はイルディゴルディだろうって言ったの。

Klu47512.jpg

その事件に、ウランマフランも絡んでいたんだ?
フエペペは、ウランマフランがみなの記憶を奪って消えたのは、罪の意識から逃れるためだと思うって言ったの。
つまり、ウランマフランが起こした事故に、イルディゴルディが巻き込まれたってこと?
もっと詳しく知りたいよ~!
てことで、サンニパボンニに会いに、サンドリアに飛びました(ノ・▽・)ノ

サンドリアにいると言っても、広いからねぇ( ̄ω ̄)
とりあえず、今回は大きなクリスタルが関わっているから、サンドにいる鼻の院の研究員に挨拶しに行ったよ。
グルママちゃんだっけ?
久しぶり~(・▽・)ノ

Klu47513.jpg

いきなり助けを求められましたw
どうしたのか聞いてみたら、シャントット博士の一番弟子だと連呼しまくるケモリンが、【開放の氷の音叉】 っていうのを無理矢理奪っていったんだって!
サンニパボンニに違いないw
フェ・インに行って取り返して来てって、【氷の振子】 を渡されてお願いされました。
サンニパポンニには用があるもんね。

フェ・インにある大っきなクリスタルを見てたら、威張ったタルタルがやってきました。

Klu47514.jpg

彼がサンニパボンニだね。
さっそく、グルママから開放の氷の音叉を取り返すように言われてきたよって伝えたら、「そういう、わかんないこと言うやつは、ぜんぶ無視、無視!」 だって。
「シャントットさまのため、サンニパボンニは、歩みを止めないのだ!」 なんて言ってるけど・・・。
これは、ケモリンだけに 「虎の威を借る狐」 のようですねw
ペットのタネをクルクに仕掛けようとしたんだけど、どっか行っちゃたみたいだよ?
あ、タネっていうのは、樹人族の若木が 【〇〇のタネ】 をドロップするから、クルクは昔からそう呼んでるの。
サンニパボンニはタネのことを 「サニ子ちゃん」 って呼んでたよ。
そのタネのサニ子ちゃん、なんか増殖して襲いかかってきた~!
サンニパボンニはパニックになって逃げちゃったから、やっつけちゃうね?

Klu47515.jpg

今回もフェイスは出さずに、フェンリルを呼んでみました。
だけどタネの数が多かったからね、地味に叩かれてちょっと危うかったけどw

態度がデカかったサンニパボンニだけど、学生の頃から突発的な事件に弱かったんだって。
学生時代の話ついでに、ウランマフランのことを聞いてみました。
もちろん覚えてるって。
それと、校長先生がウランマフランが現れたってことを知らせるように言ったのは、それは警告かい? って。
ほーう、「警告」 だと思うような何かがあったわけね。
でも、ウランマフランのことを覚えている自分たちを彼が消すつもりだったら、とっくにしていただろうって。
いや、ただ消すだけじゃなく、何かに利用しようとして、その準備をしていたって考えることもできるよ。
っていうか、消すつもり!?
そんな重大な事件だったの?

ちょっと待ってよ。
ルクスス院長もイルディゴルディもコルモル博士も、なんで初めに事件の仔細をちゃんと教えてくれないの!?
ちょっとずつ真相がハッキリして来るのは、分からないことを調べている時だけにして!
初めからわかってることは、初めに教えて!
もーう( ̄ω ̄)

サンニパボンニが教えてくれました。
卒業研究でイルディゴルディとペアだったウランマフランが闇の札をなくして、2人は闇牢に閉じ込められてしまったんだって。
イルディゴルディは闇牢に魔力を吸い取られてしまって、魔法がいっさいがっさい使えない体になってしまった。
でも、同じくらい長く閉じ込められてたウランマフランの方は、魔力を失わずに済んだんだそう。

Klu47516.jpg

アジド院長とかね!
そんな人が何かをしようとしていたとしたら、止めることなんか出来ないってサンニパボンニは言うの。

んーむ・・・。
自分のミスで友達を巻き込んでしまって、その友達が魔法を使えなくなってしまった。
「ひどい体」 と言われてしまうほど、タルタルにとって魔法の力は絶対に必要なものなのに、友達はその力を失い、自分は失うことはなかった。
だとしたら、自分の存在をみんなの記憶から消して、いなくなってしまいたいって思う気持ちはわかる。
フエペペやフラックノラックが言っていたみたいに、罪の意識と、治す方法を模索する旅に出るっていうのも納得出来る。
だけど、腑に落ちない。
だって、一番覚えていて欲しくなかっただろうイルディゴルディや同期の仲間たちからは、ウランマフランの記憶が消えてないんだもん。
とりあえず、みんなには知らせたから、コルモル博士のところに戻ってみようっか。

ルクスス院長と、イルディゴルディも来ています。
そこで教えてくれたんだけど、ウィンダスの街の人たちはウランマフランを忘れているのに、彼の同期が忘れていなかったのは、コルモル博士のおかげなんだって!
その時コルモル先生が盾になって、生徒たちを守ったんだって!
なにそれ、カッコいい!!
コルモル博士ってば、自分は忘れっぽいから、忘却の魔法がかかってもかからなくても忘れると思って、とか言って笑ってるの!
やだ、カッコいい・・・でも惚れはしないw

でね、手の院の者たちも、ウランマフランのことを覚えている人はいなかったって。
それから大きなクリスタルの中にいる 「大いなるもの」 に勝つと、「大いなるもの」 たちの力の一部が手に入るとイルディゴルディが報告してました。
その力って、召喚獣ってことかな?
ウランマフランは冒険者に褒美をちらつかせて、冒険者が手に入れたその力を吸い取っているみたいだって。
それが、カー君が最初に言ってた 「降りた力が奪われている」 ってことなんだね!
それで、奪った力を何に使うつもりなのか・・・?

Klu47517.jpg

そしたらコルモル博士が、ウランマフランの力は繊細なものだから、大いなるものを組み伏せることは出来ないだろうって。
生徒の実力をよくわかっているし、近くで本物の大天才の力を見て知っているからこその言葉だね。
とても色ボケジジイとは思えません。
イルディゴルディはウランマフランと話をするって捜しに出かけて、ルクスス院長は手掛かりを探しに行ってしまいました。
その後でコルモル博士が、ポツリと言ったの。

Klu47518.jpg

察してたんだ!?
それだから、ウランマフランの忘却の魔法から生徒たちを護ることが出来たんだ!?
ダンブルドア校長先生!
・・・じゃなくて、コルモル校長先生とコルモル博士が同一人物だとは思えません!!
で、【エボカースパッツ】 をくれたよ。
ウランマフランが手の院の院長を突然しりぞいた理由、それを探ってみなくちゃね。





いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2018/02/01 23:59】 | AF
トラックバック(0) |
やぷ~、クルクです(・▽・)ノ

クルクが召喚獣のクエをしたのって、ちょうど3年前になるんだね。
っていうか、3年もクルクは何をしてるんだ!?
もうとっくに星唄完結しててもいい時間の長さだよねw
まぁ、それだけクルクは長く楽しめてるってわけですね!(そう言っておこう)

その当時はウランマフランのことよくわかってなくて、なんだか知らないけど記憶を操作してるっぽいタルって程度の認識だったね。
それが今回、ホントに記憶の操作、しかも消してるっていうのがわかりました。
それから、イルディゴルディはウランマフランを知っていて追っているということも。
ウランマフランが記憶を消している目的って何だろう?
カーくんはウランマフランのことを知っている・・・というより、感じてるのかな?
[英雄の家]に 住み着いてるみたいだから、会いに行ってみました。

Klu47505.jpg

奪われた力が大きくなってるみたい。
カー君が、カーバンクルの紅雫をくれました。
これが、記憶の扉を開くカギになるのかな?
コルモル博士は、何か思い出したかなぁ?

行ってみたらコルモル博士は何かの実験中みたいで、悶々と頭を悩ませている最中でした。
シャントット 博士から、何か頼まれているみたい。
クルクの話はそれどころじゃないって感じで、ちっとも聞いてくれないの。
と、その時、カー君がくれた紅雫が床に落ちて光ったの。

Klu47506.jpg

その光を見て、コルモル博士は何か閃いたらしくて、クルクに 【アストラガルス】 を4つ持って来いって。

それで昨日は梅に、作って~ってお願いしてたんだ(・▽・)
4つ送られてきたから、それ持ってコルモル博士んとこに行ったよ。
渡したらそれを使って・・・失敗したみたいw
爆発しちゃってた(^_^;)

Klu47507.jpg

でもその衝撃のおかげで、ウランマフランのことを思い出したみたい!
ウランマフランはコルモル博士が校長先生を勤めていた時代、「人形使い」 と呼ばれたとっても優秀な生徒だったんだって。
ちょうどその時期、手の院の院長が空席になってて・・・アジド院長のパパがカーディアンにさらわれちゃったからねw
そこでコルモル博士は2人の生徒を選んで、卒業までにどちらかを院長に決めなくてはならなかったのだと言いました。
その2人のうちの1人が、ウランマフランだったんだって。
だけどいくら優秀とは言え、5院の院長を卒業する生徒から決めなくちゃならないって、そんなに人材不足だったのかな?
結局、臨時の院長になったのはウランマフランだったみたいなんだけど、彼はしばらくして突然姿を消してしまったそうです。
その時に人形を使って、ウィンダスの民から彼に関する記憶を、きれいさっぱり消してしまったんだって。
でもそれは禁術だってコルモル博士は言いました。

その時、ルクスス院長とイルディゴルディがやって来たの。

Klu47508.jpg

ウランマフランが魔法人形で幻影を操って、巨大なクリスタルの中に何度も冒険者を送り込んでいるって。
巨大クリスタルの中には 「大いなるもの」 が眠っていて、鼻の院が作った 「音叉」 を使って近づくと戦いを挑んでくるって。
・・・ん?
それって、クルクも送り込まれたよね?
そんで勝つと、何が欲しいかって聞かれて・・・。
聞いてきたのは、ウランマフラン?

Klu47509.jpg

コルモル先生、カッコいいぞ!
ウランマフランが現れたことを、あの代の卒業生に伝えるように、クルクが言い付かりました。
忘れてたら、くすぐりの刑だってw
あの代は、ひどい事件がいろいろあったせいか、もっとも絆の強い代となったってコルモル博士が言ってた。
ひどい事件ってなんだろうね。
ウランマフランの同期には、ルクスス院長とイルディゴルディの他に、フエペペとフラックノラックとサンニパボンニの3人がいるみたい。
じゃ、クルクはその人達に話して来るね。
イルディゴルディとルクスス院長には、別の任務があるんだって。

てことで、続くw




いつも遊びに来てくれてありがちょん(・▽・)
ポチッと押してくれたら嬉しいな♪




【2018/01/31 23:59】 | AF
トラックバック(0) |